Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

秋めいてきた頃に

 

 

フィールドモニターの中野氏よりレポートです。


*************************

 

 


皆様、台風18号の被害は少なく済んだでしょうか?

 


こちら宮崎県も大雨、強風に見舞われましたが近年の情報の速さや、

 


備えのお陰で最小限に止まったのではないかと思います。

 


台風通過後は、嘘の様な晴れ間がひろがります。

 


数日地元の河川を観察し、頃合を見て釣友とシーバスを狙ってきました!

 

 

 

 

 


ポイントは志布志湾に注ぎ込む河川を、ランガンスタイルで攻めていくプランです。

 


初めに向かったのは、とある河川の上流息の堰。

 


先日、デイゲームでは反応が得られたポイント。

 


私は大型ベイトを意識しているであろう大型シーバスに狙いを定め、

 


ロッドはSW88H-BCを選択。ルアーはもちろんビッグベイト。

 


早速キャストを開始します。

 


流れの変化を見ながら、様々な角度からアプローチしてみたが反応は無し。

 


ここでルアーローテーションもしてみますが、

 


結果は出ずポイントを変えてみることにしました。

 


次に向かったのも同じようなシチエーションのポイント。

 


適度に増水していて良さそうな感じ。

 


ファーストルアーのビッグベイトを装着し、ヨレを中心にキャストしていきます。

 


数投するが反応が無かった為ルアーにアクションを入れながら誘う。

 

 

 

 

 


このポイントはアップクロスにルアーを投げる為ロッドの長さを最大限に利用します。

 


着水後、速い流れに乗ってこちらへと向かって来るルアーをコントロールし、

 


どうしてもリールの巻上げだけでは追いつけないラインスラッグを竿の長さで補うのです。

 


ショートロッドでも良いのですが、この適度な長さが必要だと考えています。

 

 

 

 

 


そしてアクションを入れての2投目。

 


イメージではチョンチョン…スーー。

 


アクション後にフリーなタイミングを作っていく。

 


2度目のアクション後のスーに強烈なバイト!ガチン!!

 


躊躇無く大きく合わせた。

 


一気に上流域へと走る!良い魚に間違い無さそう。

 


ロッドの柔軟さを上手く使い丁寧にファイトをし

 


キャッチしたのは80cmを優に超える良型のシーバス。

 

 

 


至福のひと時。

 

 

 


その後、最高のシーズンを迎えるべく鮎の有無を確認してみます。

 


どの河川にも大小様々な鮎の存在を確認できる。

 


そこで私達の中で、最も優良な鮎河川へも足を運んでみます。

 


するとライトを照らした瞬間にザーーーっと、「凄いね!」

 


会話は弾む、2人は計画も立てずにウェーダーを履いていた(笑)

 


次は俺が仕留めますと釣友が言う。

 


操るロッドはSW83LML-BCルアーをコントロール出来るベストな選択。

 


流れを中心に攻めていたが、増水の影響で上手く流せない。

 


そこでセオリー通り、脇のヨレをダウンに攻めた1投目。

 


歓喜の水飛沫!

 


ヒット!の声が響く。

 

 


慎重にやり取りし、キャッチしたのは70cmクラスの元気なリバーシーバス!

 


非常に満足した釣行となりました。

 


秋の本格化が待ち遠しいと思う今日この頃です。

 

 

 

 


TackleData


Rod : SWAT SW88H-BC  SW83LML-BC


Line : SUNLINE Castaway


Lure : Jointedcrow178


Angler : FeildMonitor Nakano
 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

投稿写真ギャラリー

 

 

 

投稿日 2017年9月24日

 

 

1.お名前 江口船長


2.魚種名 アカムツ


3.魚サイズ 35cm


4.場所・年月日 糸魚川沖 9月24日


5.使用ロッド名 HORIZON Progressive HPG66B-M


6.コメント カヤックからのスロージギングでも大変使いやすく重宝してます。
 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

みちのくの渓に秋を探しに!

 

 

夏の終り、秋色に染まりつつある渓へ。

 


7月に来た時はF君が1時間半歩いた最上流部で良い思いをした。

 


その事が気になっていて9月中旬にチャレンジ。

 


東京から5時間、朝8時半にやっと林道の車止め地点に到着。

 


先行者がいたようだが下流区間を釣ってるようで一安心。

 


我々が目指すのは最上流区間、ここから1時間半のトレッキング後に入渓して釣り上がるプランです。

 

 



揺れるススキが秋の気配を感じさせます。

 

 


 


地図を見ながらルートを確認

 

 


 


このトンネルが中間地点

 

 


 


今回使用したのが6ピースの フェイテスパッカー FP703-6 (7'ft #3)

 


仕舞い寸法が40センチとバックパックに収納でき、両手フリーでストレス無く軽快に歩けました。

 

 

 

 

 


そして最上流部に到着。

 


汗は掻いたが秋の風が気持ちよく意外と快適に歩けました。

 


先行者の姿は無く水量もベストコンデションです。

 


はやる気持ちを抑えながらタックルをセットします。

 


まずは重量感のある10番のカディスを結ぶ。

 


パッカー703は適度な張りを持ちロングキャストにも対応できます。

 


緩和滞をフライがゆっくり流れると早速元気なイワナがフライを咥えます。

 

 

 

 

 

 

 


ヒレがでかい9寸イワナ! このほか沢山釣れました。

 

 


 


尺は出ませんでしたが、良型のイワナが沢山アタックして楽しませてくれました。

 


まっさんと交代で釣り上がり気が付けば既に3時半、

 

 

「時間経つのが早い〜」

 


もっと釣り上がりたい所だが帰りの事を考えこの辺で下る事に(涙)

 


帰りに途中の堰堤でイブニングをやり、ここでも沢山のイワナが釣れました。

 

 

 

 

 

 


 


秋の渓はシーズン終盤という事もあってか何か寂しげな空気感です。

 

 

 

 

 

 

2日目

 

 


この日も秋晴れで気持ち良い朝です。

 


2日目は新規開拓で行った事の無い支流を釣り上がりました。

 


まっさんが「行った事の無い川ってドキドキするよな〜」と言うものですから(笑)

 


入渓点は里川の様なロケーションでイワナが釣れました。

 


2時間ほど釣りあがると山岳渓流っぽいロケーションになり良型のヤマメが連発!

 

 

 

 

 

 

 

 



下流がイワナで上流がヤマメと区間が逆では?と思いましたが、

 


秋で産卵を意識して遡上し移動しているのかもしれないですね?

 


この日は、ストリームウオーカー FSW733-4 (7'3"ft #3) を使いました。

 


写真のヤマメクラスですとかなり竿は曲がります。

 


魚の動きに追従してスリリングなファイトが楽しめました。

 

 

 

 

 


1時まで釣り上がり車に戻ったのは2時過ぎ、

 


街に下りて鶏がらスープの美味しいラーメンを食べて帰りました。

 

 

 


鶏がらのスープと程よい塩加減、あったまる優しい美味しさです。

 


今更ですが渓流の釣り上がりは本当に面白いと改めて感じました。

 


また来年ですかね渓流は、寂しくなるな〜!

 

 

 

 

 

 

TackleData

 

*********************


Rod : Fates PACKER FP703-6


Line : #3

 

*********************

 

Rod : Fates StreamWalker FSW793-4


Line : #3

 

*********************

 

Angler : Staff T

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー