Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

週末は東大和(東京)にて展示会です。



今週末 5月28〜29日に、


アウトドアワールド東大和店様にて


ソルトロッドの新製品受注会を開催いたします。


発売直前のスパイク・ボニートや、


この夏リリース予定のパワーマスター・ヘビーコアも展示予定です。


同時にトラウト用品を集めたイベントも開催されるとの事です。


沢山のご来場、お待ち申し上げます。


















JUGEMテーマ:フィッシング


















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • 0

    Spike Bonito スパイクボニート 機種別の紹介


    前回ログを読んでいない方はコチラ

      →  Spike Bonito スパイクボニート シリーズ紹介











    さて、今回は各機種の説明に移りたい。






    SK722BN


    オーバーヘッドキャスティングは勿論、


    喫水の高い船ならアンダーハンドでもキャストが容易なモデルだ。


    モーションMO722Mに比べ若干張りを持たせたことにより、


    ペンシルベイトやジャークベイトをトリッキーに動かすことが得意である。


    前作のSK702Mと比べても、全体的にシャープな印象を受けるだろう。


    50g前後のプラグ類が使い易い範囲とした。


    近いスペックの機種SK772YT-Lとの違いでは、


    全体的に曲がり込むアクションに設定しているので


    SK722BNの方が若干ライトゲーム向きとなっている。


    10kg程度までならキャッチ出来るパワーとし、


    よりライトラインでの使用が出来るレギュラーアクションとした。


    リアグリップをSK672BN-Lと同じ短いレングスに設定し、


    アンダーハンドキャストであったり取り回しの面において


    自由度が高いグリップ長に仕上げている。


    これから始めたいと思っている方なら、このモデルをオススメしたい。






    SK672BN-L


    都市近郊のエリアでは、乗合船でのゲームになることが多く、


    人口が多いほど魚がスレる確率は高くなる。


    そうしたタフな状況では小型ルアーの使用であったり、


    トゥイッチ&ジャークなど小技を効かせて攻略するのが定番だ。


    20〜30g程度のルアーがベストで、50g程度までが使い易い範囲。


    レングスを短く設定し、アンダーハンドでのキャストが得意で、


    狭い釣座においても取り回しが良いスペックとなっている。


    あえてライトタックルでゲーム性を優先しても面白い。


    チャーター船など仲間が周囲にいる場合なら、


    時間を掛けてのファイトも楽しめる機種でもある。


    近いスペックのSK682YT-Lと比べると、


    SK672BN-Lの方がライトでターゲットのサイズは小さく設定した。


    5〜6kg程度までのターゲットが面白く、


    状況次第で10kgまでなら何とかキャッチ出来る程のパワー設定だ。






    SK782BN


    少しでも遠くへ飛ばしたいのがアングラーが思うところ。


    シイラを狙っていると船の周囲はペンペンサイズばかりで、


    その外周に大物が付いている場合が多い。


    そんな時ほど遠投出来るタックルが欲しくなるわけだ。


    ただ、あまり強すぎるタックルだと面白味が欠ける為、


    PE2号クラスまでで遊べるパワーレンジとしている。


    ルアーは50g前後のウェイトが使い易く、


    チョイ長のレングスなので少し喫水線が高い船や


    ミヨシからのアプローチに向いた機種となっている。


    イエローテールのSK772YT-LやSK812YT-Lと比べても、


    全体的にライトに仕上げている。


    オーバーヘッドでのキャストがメインのエリアなら、


    このモデルを選んで頂くのが良いだろう。






    パーツ類


    ガイドは全て、ステンレスフレームのSiCガイドを採用している。


    バットガイドのみ『オーシャンガイド』を逆付けし、


    他のガイドはシングルフットのKガイドを使う事でライトな仕様になっている。










    もし更なるゲーム性を求めるなら、メーンラインをナイロンで挑戦して頂きたい。


    PEラインが主流の現代において、些か懐古主義的とも言えなくもないが、


    リールのドラッグ調整やラインシステム等において改めて見直せる点も多い。


    伸縮するライン特性を活かしたファイトであったり、


    ダブルラインを組んで細いラインで記録に挑戦したりとゲーム性を深める要素もある。


    参考までに紹介すると、12〜20lbのラインを基準にビミニツイストでダブルラインを組み、


    リーダーとしてメーンラインの倍の太さのリーダーを付けるのが一般的だ。










    シーズン性のあるゲームではあるが、


    やはり鳥山が立っている時などワクワクしてしまう。


    昔はシイラで遊んだ…と思えたら、もう一度挑戦するのも一考のうち。


    ジギングでイマジネーションの釣りも面白いが、


    魚のチェイスやバイトが見えるのもキャスティングの面白さだ。


    ゲームの幅は一気に広がるので1タックルは揃えては如何だろうか。





















    JUGEMテーマ:フィッシング




























     
    • にほんブログ村 釣りブログへ
    • 0

      Spike Bonito スパイク ボニート シリーズ紹介





      Spike Bonito スパイク ボニート

      2016年5月末〜6月上旬 リリース予定






      カツオやシイラ、サワラなどをターゲットとした


      比較的ライトなキャスティングゲームが再燃している。


      近郊のエリアで手軽に行ける事だけでなく、


      タックルが進化した事によりイージーでありながら


      スリリングなゲームを楽しめる様になった。







      キャスティングゲームというと、一昔前はオフショアへの登竜門として、


      カツオやシイラ、小型の青物などを狙ったゲームが人気が高かった。


      近年はヒラマサやマグロがフューチャーされる事が多く、


      カツオやシイラを楽しめるタックルが少ないのも事実。


      そこでキャスティングゲームをより身近にするタックルを、


      模索しようと始めたのが開発のキッカケでもある。






      『ボニート』とは鰹を指す呼び名であり、


      同種を中心としてオフショアでのライトゲームを意識し、


      『イエローテール』よりライトなスペックのキャスティングシリーズとして位置付けた。






      地域によって狙い方は様々で、


      遊漁船においてもオーバーヘッドでのキャストが可能であったり、


      アンダーハンドのみといったルールを持つ船もある。


      そこで其々のスタイルに合わせた機種を考えてみた。






      スペックを見て気付いた方も居られるだろうか?


      以前、『モーション』というキャスティングシリーズを出していた。


      今回は同シリーズをベースにリファインを行った経緯がある。


      ただし全く同じブランクといった事は、


      ロッドメーカーとしてのプライドが許さない。


      ライト感を持たせるためブランク全体に軽くパリッとしたフィーリングに仕上げており、


      負荷が掛かると徐々にレギュラーに曲がり込むアクションとした。


      モーションは全体的にモチっとしたイメージではあったが、


      今作においては天龍らしい粘り強さに加え、軽快なイメージに仕上げている。






      次回、各機種を紹介したい。お楽しみに。























      JUGEMテーマ:フィッシング



















       
      • にほんブログ村 釣りブログへ
      • 0

        • にほんブログ村 釣りブログへ
        • GyoNetBlog ランキングバナー