Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

POWER MASTER HeavyCore 開発記

 

POWER MASTER HeavyCore

 

 

 

 

ヘビーコアの必要性

 


日本の海岸線は変化に富んでおり、人工的な岸壁からサーフ

 


磯場など様々な要素が複合的に混ざり合って形成されている。

 


ターゲットも様々だが、中でもブリやヒラマサ・カンパチなど青物は

 


岸から狙えるルアーのターゲットの中でも難易度は高いと言える。

 


イナダなど幼魚サイズであれば比較的ライトなモデルで

 


充分に狙えることもあって近年のブームとなっているが、

 


大型を狙おうと思った際ターゲットに合わせて専用タックルが必要だ。

 

 

 

 

 


今まで弊社では『スタンダードモデル』が存在した。

 


当時、ショアジギ(ショア ジギング)といった言葉さえ確立されていなかった時代、

 


陸から青物を狙えるタックルを開発しリリースしてきた。

 


以前に比べると釣法やルアーの細分化であったり、

 


ターゲットの大型化に対応するためタックルは進化を続けてきている。

 

 

 

 

 


この度発表したモデルは、大型青物をターゲットとした上級者向けに開発したシリーズである。

 


沖堤や船渡しが必要な磯など、限られたタックルでしか挑めない場所が存在し、

 


そういった場所ではバーサタイルに使える性能を必要とする。

 


今までのスタンダードモデルは機種によってジグには対応するが

 


いざプラグも…と考えると使い難いという弊害が出ていた。

 


また、温暖化の影響なのか狙えるターゲットの北限域が移行し大型化も進んできている。

 


そこで考えたのは、『C・N・T』によるロッドの強化と最新パーツ採用し、

 


将来を見据えた新しいショアジギロッドを作ろうと思ったのである。

 

 

 

 

 

 

前作からの伝統

 


スタンダードモデルにおいて PWM100H という名作があった。

 


キャストフィール、ルアーの操作性、パワーバランス等が優れており、

 


今作においてベースとして考えた機種でもある。

 


このモデルを基準に、ただの焼き直しではなく

 


レングスとパワーを調整していき各々の個性を持たせ作り込んでいった。

 

 

 

 

 

 

実際のフィーリング

 


先ず感じるのが『軽さ』だろう。

 


この軽さはパーツ重量配分を徹底してバランス良く纏めた結果である。

 


ブランクの肉厚量は厚くし、強度は落とさない様に務めた。

 


ガイドをチタンフレームのトルザイトリングを採用し持ち重り感を解消。

 


結果としてモーメントが改善され、

 


バランスをグリップ付近に集中する事によって軽く感じられる様になっている。

 

 

『ヘビー ≒ 硬いロッド』といったイメージは持たせていない。

 


ガチガチのロッドでは無く、しなりを活かしたアクションに仕上げた。

 


弊社スタッフで試投会を行った際の感想は、

 


「キャストの際ブランクが勝手にルアーを運んでくれる」と述べている。

 


テーパーデザインによる反発力と素材の弾性率、ロッド全体の自重バランスが

 


マッチングする事により不必要な力を使わず安定したキャストが可能だ。

 


回遊を待つなど投げ続ける事が必要な釣りにおいて、

 


キープキャスト出来るバランスは精神的・肉体的共に大きなアドバンテージをもたらしてくれる。

 

 

 

 

 

 

ドラッグ値について

 


この数値はロッドとラインの角度が常に90度方向に向いている場合の数値であり、

 


角度が急になる場合はドラッグ値は低く設定する必要がある。

 


強いロッドは必然的にドラッグ値の数値が高くなり、もちろん強いに超したことは無い。

 


しかし、磯場やテトラの上など不安定な場所でのファイトを余儀なくされる場合も多く、

 


常にMAX値だけで挑むのも危険が伴うことも考えられる。

 


その為、ロッドには全体的に『しなり』を持たせた経緯もある。

 


ブランクがしなり、弾性を活かすことでショックを吸収するアブソーバーの役割となり、

 


ファイト時に曲がるブランクが戻ろうとする力が魚にプレッシャーを与え、

 


無理な力を必要とせず余裕を持ったファイトを可能とした。

 

 

 

 

長所と短所

 

 

前作より長所を伸ばしたシリーズではあるが、短所もある。

 


市場に出回っている同クラスパワーのロッドと比べると、若干だが柔らかく感じられるかもしれない。

 


それは前述のアクションを求めたからであるが、

 


人によって硬く張りの強いアクションを好む方も居るのは事実である。

 


こればかりは好みの範囲であるため、パリっとしたアクションを求める方はに向かない。

 


言葉や文字だけでは伝えにくいフィーリング的な部分ではあるが、

 


店頭にて触って頂きアクションを確かめて頂きたい。

 


ひとつ言えるのは天龍らしいアクションに仕上げたという事だ。

 

 

 

 

 

 

次回、各機種に迫っていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

雨のち川へ

 

 

纏まった雨が降った。

 

 

前日に河川の様子を見に行くと適度な濁りが入っている。

 

 

水位も少し高い。

 

 

翌日には濁りも落ち着くだろうとタイミングを図る。

 

 

 

 

 

 

 

 

この日を待っていた。

 

 

水温は摂氏16度ほど。

 

 

 

 

増水と共に渓流域へ遡上する大型のアマゴを狙うのが面白い時期となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

タックルは決まっている。

 

 

選んだロッドは Rayz Spectra RZS53LML

 

 

増水し勢いを増した流れの中で、ミノーを操るために作ったロッド。

 

 

まさに、この日のような状況で活きるアイテムだ。

 

 

 

 

 

 

鮎のシーズンとも重なり、河川敷には鮎師が散見できる。

 

 

この鮎を追い回す鱒を狙う。

 

 

型を狙うにはベイトサイズを上げ、

 

 

本流で使用する6〜7cmクラスのミノーをラインに結んだ。

 

 

クロスでキャストし、流れに同調させながらルアーを沈める。

 

 

ダウンストリームで、じっくりとルアーを見せていく。

 

 

この早い流れの中でジャークを行おうと思うと、

 

 

やはり適度な張りがあるロッドが使いやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

しつこくジャークを繰り返していると、8寸ほどのイワナが遊んでくれた。

 

 

ターゲットが違っても、やはり釣れると嬉しい♪

 

 

 

 

 

 

 

 

後輩2人も合流し、何か所かポイントを回ったが

 

 

全く反応は得られないまま納竿となった。

 

 

そう簡単には出会えないサイズではあるが、

 

 

チャンスはまだ残っている。

 

 

雨後が楽しみな時期である。

 

 

 

 

 

 

Tackle Data

 

Rod : Rayz Spectra RZS53LML (Jerkin' Custom)

 

Reel : #2000class

 

Line : Nylon 5lb

 

Lure : ぷらぐ屋工房 kagura 7cm

 

          Woodream Arbor 7cm

 

Wear : Tenryu Cap ( Dark Gray)

 

           AnglersDesign CHEST HIGH SOX WADER


                                  ADVACE WADING SHOES


Angler : Staff Funaki

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

フラット レポート

 

 

フィールドテスターの久保田です。

 


最近は湘南・西湘を中心にフラットフィッシュゲームに力を入れています。

 

 

 

 

 

 

 


5月初旬までは広範囲に薄く広がっていた感のあるフラットフィッシュ。

 


1つのサーフで数人が釣果を上げるといった展開でしたが、

 


5月中旬に入ると渋い、釣れないという声が良く聞こえるようになりました。

 


これはヒラスズキやマルスズキにも言えることですが、

 


5月後半から6月初旬になると一気に暖まった海水温の影響で

 


湘南・西湘の沖合に大規模な赤潮が発生します。

 


この大規模な赤潮発生の準備段階なのか

 


例年5月中旬、後半辺りになると沿岸部の魚の動きが変わってきます。

 


このタイミングで今まで釣れていたパターンも通用しなくなります。

 


フラットフィッシュゲームでは

 


極端にヒットパターンが狭まったり、接岸場所が変わったり。

 

 

 

 

 

 


さて、今シーズンのフラットゲームではSWAT SW107MLを多用しています。

 


昨シーズンまでSWAT SW97MLをメインで使っていましたが、

 


なぜ最近は?という質問をよく受けます。

 


前述のパターンが変わって渋くなる季節。

 


この時期に入る前は通常では様々なヒットパターンで食ってくることが多いのですが、

 


今年はどうもリトリーブメインの横の展開のみのパターンで食ってくることが少なく、

 


リフトやボトムコンタクトなどの縦の動きを入れないと

 


バイトに至らないという傾向を感じていました。

 

 

 

 


縦方向の動きを加えるにはロッドワークも必要になります。

 


私の場合はロッドを立てて構える事が多く、その立て具合で

 


リフトアップの高さやフォールの速度などのレンジをコントロールします。

 


リトリーブ主体のゲーム展開ではSW97MLは抜群のパフォーマンスを発揮します。

 


シーバスに比べ吸い込みの少ないバイトをしてくるフラットフィッシュ。

 


SW97MLのしなやかなティップの追従性はバイトを弾くことなくフッキングへと導きます。

 


ファイト時の急激な魚の突っ込みに対しても、

 


アングラーサイドでは何もしなくてもロッドが対処してくれてバレることも少ないです。

 

 

 

 

 


しかし、そのしなやかさ故にロッドを真上に立てた状態で

 


訪れたバイトに対してはしっかりとしたアワセを入れ辛くなります。

 


そこで縦の展開でのバイトが多い最近は97MLより

 


張りがありレングスの長い107MLを多用しています。

 


長さの割に持ち重りしないバランスの取れた軽量感のおかげで、

 


ロッドワークを必要とする釣りでも疲れる事無く眼前の海況に集中できます。

 

 

 

 

 

 

 


その時期の状況、ヒットパターンに合わせてロッドチョイス。

 


今までの私はあまりそのような事はしてこなかったのですが、

 


最近の好釣果はそんなロッドチョイスも影響しているのかもしれません。

 

 

 

 

 


TackleData


Rod : TENRYU  SW107ML  (Variable Master)


Reel : DAIWA 13'セルテート3012


Line : 山豊テグス STORONG8


Lure : ZipBaits MONSOONBRAKER ヒラメエディション


          BuddyWorks 45HEAD+FlagShad


          SHIMANO SPINBEAM TG


Angler : Y.Kubota

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー