Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

サクラマスDVDが発売

 

 

釣り東北社より、フィールドテスター佐藤氏が出演するDVD

 

『赤川&米代川 激戦区サクラマス攻略』が発売となります。

 

テスト中のプロトモデルでの実釣映像は貴重ですよ!

 

 

同時に『トラウトステージ Vol.13』も発売です。

 

サクラマスのシーズン中、何かの参考になると思います。ご覧あれ。

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

西日本釣り博、開催中止のお知らせ

『西日本釣り博』開催中止のお知らせです。


新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、開催中止が決定されました。

 

開催を楽しみにしてくださった皆様には、急なご案内となりご迷惑をおかけしますが、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。

 

 

西日本釣り博 公式ホームページ

 

https://www.nishituri.jp/index.php?id=495

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

Scabbard fish (タチウオ)

北風が吹く真冬の2月初旬、


アジを狙うべく志布志港内の常夜灯をチェックしていく。


数か所を見て回り、最後に例年、釣果がでている有力ポイントに到着した。


様子を観察すると何者かが水面でボイルしている。


今回チョイスしたのはルナキア(752)で、感度と操作性に優れた逸品である。


スレやすい港回りで、ロッドワークを駆使する釣りにジャストフィットする。


ジグヘッド(1.5g)にグラブをセットし、キャスト開始。


すると一投目でアタックがあったが同時に一瞬でラインブレイク。


どうやら犯人はタチウオのうようである。


小型のバイブレーションに変えてキャスト。


そしてリフト&フォールさせると勢い良くヒット。

 


キャッチしたのは指4本サイズの良型のタチウオであった。


その後もロッドアクションでリフト&フォールに


緩急をつけながらリトリーブし、計8本ほどをキャッチした。

 


最後にジグヘッドでボトムをトレースすると本命のアジがヒット。

 


数匹をキャッチし納竿とした。


3時間程度の釣りであったが、十分楽しむことができた。


皆さんも寒さに負けず港のライトゲームにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 


【TackleData】


Rod : Lunakia LK752S-MMHT


Reel : MS2004


Line : フロロ(5lb)


Lure : ジグヘッド(1.5-2.5g)・メタルバイブ(5g)


Angler : Fieldtester Kuranaga

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

リアクションテンヤ追加モデル RF2342S−HS

 

 

2019年にリリースした新型リアクションテンヤモデルだが、


発表した際に1機種だけ完成していなかった機種が存在した。


スタッフ間では『Hモデル』の名で通っていたヘビーアクションモデルだ。


なかなか納得のいく調子が出ていなかった為に、


他の機種と同時リリースすることを延期してまで開発を進めた経緯がある。


今回は、通称Hモデル(RF2342S-HS)の全貌を紹介していきたいと思う。

 

 

 5〜20という数字 


このモデルに設定したスペックは、下限として5号の豆テンヤから、


上限として20号のテンヤまで使える様にしたいと考えていた。


硬いロッドだからといって、重たいテンヤだけという訳では無く、


浅場で軽いテンヤを使って大型を狙うロッドが必要だと感じていた。


テストフィールドの1つでもある外房(飯岡)を訪れた際に、


30m以内の浅場に漁礁が絡むポイントで大型が混じる時期があった。


5〜6号程度の軽いテンヤを使ってスローに誘うと、


突然のアタリと共にラインを引き出していく。


ラインを出し過ぎると漁礁に擦られてブレイクしてしまうため、


強めのタックルと軽いテンヤというアンバランスなタックルが必要とされた。


また、瀬戸内海では跳ね上げによって誘う『リアクションテンヤ』向けに、


もっと張りが強くテンヤをリズミカルに動かせるロッドも必要とされた。


硬いだけでは駄目で、適度な感度も持ち合わせているのも条件で、


パンッパンッ!とエギングの様に誘えながら、ティップが少ることで


魚信や着底感を捉えられるアクションが理想だった。


適度な張り感と、繊細なティップ、強めのバットといったバランスは、


他の機種よりもテストに時間が掛かってしまっていた。

 

 

 チューブラとソリッドティップ 


最後まで悩んだのが、チューブラのティップにするか、


ソリッドティップを採用するかという点であった。


手元に伝わってくる感度は一般的にチューブラが良いと言われているが、


近年の技術革新でソリッドでもチューブラに匹敵する感度が出せている。


例を挙げれば、当社のルナキアも良いお手本と言える。


また、スタッフTが荒れた海でテストした際、


チューブラティップの反響感度だけでは着底した抜け感が分り難く、


少しの力でも曲がってくれるソリッドティップの方が


着底した時のテンションの抜けを捉えやすい事が分かっていた。


出した答えは、犂凝戮鯣爾Ε愁螢奪疋謄ップ瓩箸垢襪海函


マグナフレックス製法を活用し、穂持ちとなる部分の弾性を変化させ、


適度に入る穂先ながらも感度を鈍らせない製法に辿り着いた。

 

 

 リアクションテンヤのスペシャルモデル 


正直なところ、万人に向けた機種とは言い難いかもしれない。


一般的にはRF2342S-MHSといった硬さの方がオールランドに使える。


ただ、大物が掛かった時、深場で重たいテンヤを使った時、


キビキビとした跳ね上げが効果的な時などでは、


他のモデルでは太刀打ちできないスペックに仕上がったと思う。


先のフィッシングショーでも、これだ!と唸った方もいた。


ザ・リアクションテンヤと言える機種を体感してほしい。

 

 

 

RedFlip ReActionTENYA ( RF2342S-HS )


TENYA : 5-20号(MAX80g)


Line : PE MAX 1.2号


Price : ¥41,000(税抜き)


2020年3月に発売予定(予約受付中)

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

2020新製品キャンペーン(3月1日よりスタート)

 

 

2020年 新製品での釣果写真を募集致します。 


皆様からの、インプレッションをお聞かせ下さい。 


投稿写真ギャラリーにて掲載された方には 


『限定タオル(限定ステッカー付き)』をプレゼント致します。 

 


 開催期間    


2020年3月1日〜9月30日まで 

(2月29日付のメールは無効となります)

 


 プレゼント品 


・限定タオル(販売予定無し)キャンペーン中のみ手に入れる事が可能です。

 


★通常・写真投稿の景品、限定ステッカーもプレゼント!

 

 


 対象製品   ☆2020年 新製品・追加モデルに限ります☆


レッドフリップ・リアクションテンヤ(2020年 3月発売 追加モデル)


スパイク(2020年 初夏発売予定)


スワット(2020年 初夏発売予定)


レイズ・スペクトラ(2020年 追加モデル)


レイズ(2020年 リニューアルモデル)

 


 応募方法 


写真投稿と同じ手順となります。
 

 ←こちらをクリック


・送って頂いた写真は弊社ブログ(投稿写真ギャラリー)にて掲載されます。


・期間中、何度でも応募可能です。


・写真投稿ページを参照のうえ、メールにてご応募下さい。

 


 注意事項  


・注意事項は写真投稿と同じとなります。


・写真やコメントは、予告なくウェブサイト・SNS・カタログ等にも


 掲載させて頂く場合もございます。予めご了承下さい。


・内容が不適切と弊社が判断した場合、掲載を取りやめることもあります。


・個人情報の取り扱いについて(詳細はコチラ → 個人情報の取り扱いについて

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー