Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

ルナキア LK822S−HT 開発秘話

 

 

Lunakia LK822S-HT  8'2"(ft)  2pcs Lure(MAX25g)  Line(MAX10lb , PE0.8)

 

 

『遠投&パワー重視フィネスモデル』


アジング向けとするならオーバースペックだが、大型メバルや他魚種への対応も考えた


ライトゲームロッドの中ではかなり強めに設定したモデルと言える。


パワーバランスを簡単に表現すると


アジ・メバルロッド エギングロッド シーバスロッド …といった具合だが、


この機種はアジ・メバルロッドとエギングロッドの中間のパワーバランスを狙っている。


想定しているのは、5〜10g程のジグヘッドリグから10〜20g程のキャロライナリグ


フロートリグ、他には14〜20g程のメタルジグを扱い易い設定だ。


テスト時のリールは、D社2500番クラス(自重210g)を使っていたとの事で、


リールセット時にリールシートの頭にバランスが来るので参考にして頂きたい。


展示会などで聞かれた質問は、どんな対象魚まで対応出来るか?などだ。


大型メバル、大型アジは勿論の事、ハタ類やチヌ、シーバスなどが掛かっても


問題なくやり取り出来るだけのパワーを持たせたモデルに仕上げている。


ただし、ガイド設定はウルトラライトクラスのサイズとしているので、


太いリーダー(3号以上)の使用をすると糸抜けが悪くなりトラブルの恐れもある。


基本はメバル・アジのロッドであり、ライトタックルのバランスを考えて遊ぶのが適切だ。


下記のタックルバランスを参考に、ロッドの性能をフル活用して釣りを楽しんでほしい。


参考タックルバランス


・ジグヘッド単体(5〜10g):PE(0.5号)、リーダー(フロロ6-8lb)


・キャロ&フロートリグ(〜20g):PE(0.6号)、リーダー(フロロ6-10lb)


・メタルジグ(10〜20g):PE(0.6号)、リーダー(フロロ6-10lb)

 

 

 

 

 テスターからの要望 


ロッドを企画する段階でのテスターへのヒアリングでは、


キャロライナリグ、フロートリグ、メタルジグを遠投出来るモデルが欲しいとの事だった。


前作にはルナキア・ソニックにはLKS710MHという、とがったコンセプトのモデルが有り、


全体的に張りを強く持たせてあったのでキャロやジグの操作に向いた機種であった。


ただ、更なる遠投を考えるとパワー不足は明らかで、もっと重たいリグへ対応出来る様に


ボアアップした機種の開発が必要との事だった。


同時期に開発を始めていたエギングロッドもあり、スペックを考えるとエギングロッドをベースに、


パワーバランスを調整すれば良いのでは?と考え開発に取り掛かった。

 

これが一番開発に時間が掛かるとは思いもよらなかった。

 

(話は脱線するが、この試作のエギングロッドは2019年フィッシングショーに参考出品されている)

 

 

 

 難航した開発 


開発を進めていたが、なかなか目標としているアクションが出なかった。


2017年6月にテスターの蔵野氏から貰ったレポートでも、


「ベリー、バットの全てにパワーが足りない為、キャスト性能が無い…


 75の延長になっている気が…」と厳しい言葉が返ってきた。


他の機種を作っていても同じだが、長いロッドにするほど曲がり(タワミ)が


大きくなりやすく、それを抑制するために高弾性のカーボンを肉厚に巻くのだが、


肉厚にしすぎると自重を重くしてしまい、操作性や感度を落としてしまいかねない。


逆に軽くしようとして、肉薄のブランクにするとパワーが足りず、


魚とのファイトどころかキャストにさえ不安を残してしまうロッドになってしまう。


C・N・T素材も使っていても同じことで、新素材を使っても肝心の基本性能が高くないと、


いくら良い素材を使っても最大限に良さを引き出すことは不可能ってことだ。

 

 

 

 開発期間2年8ヶ月 


開発中の5機種のうち、3機種(582 , 632 , 6102)にGoサインが出せていたが、


この段階でも納得のいくレベルに仕上がっていなかった。


軽さを求めるとパワーが足りず、パワーを求めると重くなる…。その間を上手く突き、


操作性とパワーを両立させた黄金比を見つけ出す地道なテストが続いていた。


これがシリーズ発表をしても、同時期にリリース出来なかった理由。


そしてリリースが遅れる事…5ヶ月。やっと目標となるスペックに辿り着けた。


初めに指示を出したのが2016年2月で、完成が2018年9月。


2年以上の時間を掛けて仕上げたモデルとなってしまった。


妥協してしまえば、もっとリリースは早く出来る訳だが、テスターの熱意と


竿屋の意地が発売を遅らせても良い物を作りたいという事に繋がったのだと思う。


Staff Funaki

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

SALT & STREAM 2019 Spring

 

 

ソルト&ストリーム(2019春号)が発売になりました。


フィールドテスター久保田氏の記事では、


激渋の湘南でヒラメを狙ったゲーム展開を掲載。

 

春の渋い時期にこそ発揮するメソッドを紹介されています。

 

興味があれば、ご一読ください。

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

フィールドレポート(フィールドテスター佐藤)

 

前回のレポートから二週間。(→前回レポート2019年3月11日


時間を作ってはフィールドに繰り出しておりましたがご存知の通りサクラ鱒はなかなか気まぐれ!


ホームである北上川水系もぽつぽつではありますが釣果が上がっていました。


しかしタイミングが合わず今期は2バラシ(>_<)

 

 


それではと他河川でのデータ採取とばかりに隣県である山形県赤川に二度、釣行しました。


一度目はフラットでオープンなポイントでした。


明確なストラクチャーがなく広範囲に探る必要性からスプーンゲームを展開。


日の出から日の入りまで投げ通しましたが見事な無反応。


そして二度目は前回の釣行を踏まえ広範囲をサーチするゲームだけではなく、


ストラクチャーをタイトに攻めるようなポイントを選択しました。


これには引き抵抗の大きなルアーの操作性を考慮しての側面もありました。

 


例のごとく日の出から入水。


はじめてのポイントだったので隠れているストラクチャーを確認する作業から始めました。


小一時間を要して大体を把握出来ました。そこから本格的にアプローチ開始。


7時半頃、ショートストロークでのジャークをしていたミノーにバイト。


それはスラックを出すためにポーズした時だった為あわせきれず!

 

 


その後も執拗にキャストを繰り返しましたが再びバイトを得る事はできませんでした。


そうこうしている内に時計は8時半を指していました。


太陽も上がり周りのアングラーも休憩をとっています。


朝のバイトはミドルレンジだったがその後は無反応。


連日攻められているポイントだけにナーバスなんだなと判断して


得意のディープダイバーミノーを使ってのストラクチャーをなめるアプローチにシフト。


ストラクチャーをノックしながら流れに乗せて丁寧に丁寧に攻めます。


するとすぐに結果が出ました。


コンコンと伝わっていた情報の中にほんの少し、押さえ込むような情報。


スイープに合わせを入れると重みが。次の瞬間いやいやをするように首を振る様子。


サクラ鱒を確信しつつ、フック位置を確認するとリアフックのみ。


テンションを掛けすぎないようにしながらベリーのフックを掛けました。


こうなれば後はゆっくり寄せるだけです。


足元のトンバックから出ているロープに絡みそうになりながらも


差し出したネットに滑り込ませることが出来ました。


アベレージサイズながら今季ファーストキャッチです。


これをスタートに調子を上げて行きたいと思います。

 

 


追伸


フェイテスネットは枠が大きくてとても掬い易かったです!

 

 


TackleData


ロッド:テンリュウ(プロトタイプ)


リール:ダイワ(イグジスト3012)


ライン:バリバス(スーパートラウトアドバンスマックスパワーPE、Sスペック08号)


リーダー:バリバス(トラウトアドバンスビッグトラウトショックリーダーフロロ14lb)


ルアー:ジップベイツ(リッジ90ディープSS,YSシルバーブラウン【オリジナルカラー】)


他:テンリュウ(フェイテスネット 60


アングラー:フィールドテスター佐藤

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

投稿写真ギャラリー

 

ご投稿有難うございました。


特典としてステッカー(限定カラー)をプレゼントさせて頂きます。


今後も弊社製品のご愛顧宜しくお願い致します。


**************************************

 

 

投稿日 2019年3月18日


1.お名前  pika1.com 様


2.魚種名 ホウキハタ


3.魚サイズ 60  3.2kg


4.場所・年月日 2019年3月18日


5.使用ロッド名 HORIZONSL/HSL66B-MH


6.コメント


大うねり、大風の悪コンデション  ベイトの大群の下着底後二巻目です。

 

**************************************


ご投稿して頂ける皆様へ

 

4月1日より、新製品キャンペーンが始まります。


2019年 新製品での釣果写真を募集致します。


昨年のキャンペーンが好評につき、今季も開催致します。


皆さんからの、インプレッションをお聞かせ下さい。


投稿写真ギャラリーにて掲載された方には


『限定タオル(限定ステッカー付き)』をプレゼント致します。


応募方法はコチラ → 写真投稿について


皆様からの沢山の投稿をお待ちしております。

 


株式会社天龍 釣具事業部 写真投稿係

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

テスターK氏への挑戦

 

昨年の12月。フィーモの動画撮影を終えたとテスターの久保田氏から連絡を受けた。


今回は愛知県の渥美半島を舞台に、ショアからシーバスを狙った動画取材で有った様だ。


取材の結果を聞くと、初めての渥美半島にも関わらず目を見張る内容であった。


その結果は、フィーモTVで確認して欲しい。

 

 

 


私達も同時期にオフショアから、ジギングでブリを狙って挑んでいた。


ブリを狙って伊勢湾ジギング(2018年12月14日記事)

 


伊勢湾青物チャレンジ(2018年12月20日記事)

 


しかし、ショアから狙った経験が今まで無かったので、


取材の報告を聞いて同じことをスタッフUも考えていた様で、


ならば同条件の下で久保田氏に挑戦してみようと考えた。


オフショアによるジギングでのアドバンテージは有るが、


実際に海岸線上の地形変化などは見たことも無く、立たされた立場は同じ様なものだ。


知りえる情報は、グーグルマップから得られる航空写真のみ。


下手にWebで情報を探すと、自分達の力量が測れなくなるのでネット検索は辞めた。


久保田氏からも一切、ポイントについての情報は貰っていない。


同じロッドも手元にある。あとは釣ってみるだけ。

 


12月下旬。スタッフUを連れて、長野県より渥美半島の突端である伊良湖岬を目指す。


当日のコンディションは、北西風が強くなる予報で朝の段階で5m以上吹いていた。


とりあえず風表となるサーフエリアをラン&ガンし、


状況を探りながら当日のゲーム展開を考えていくつもりだ。


以前に船から釣っていたエリアで、沖の水深は比較的浅かったポイント。

 

 


この時期はゼンメ(ヒイラギ)やサッパ、コノシロがベイトとなっていた。


シルエットの似たルアーを中心に、1キャスト毎に歩きながら探っていく。


玉砂利が多いサーフで、潮通しが良いエリアという事が分かる。


予報通り風が強くなり、正面から風を受けてキャストしても飛距離が半分程まで失速する。


1時間ほど探ったが、ベイトの気配は無く海鳥も全く見当たらない。移動だ。

 

 


風の影響が少ないエリアを探し、気になっていたポイントをラン&ガンしていった。


遥か遠くの沖に、鳥山が見えた。


何キロも沖に見えるが、尋常じゃない量の海鳥が集まっており、


確実に海の中では小魚が捕食者に追われているのがイメージ出来る。


恐らく捕食者は青物だろう。


こっちに近寄ってこないか暫く鳥山を眺めながらキャストを続けたが、


沖で移動するだけで接岸して来る気配は無かった。

 


風で飛ばされた砂が顔に当たって痛い。気温は摂氏5度だが体感は氷点下。


更に風が強くなってきた事もあり、この日はこれでロッドを畳んだ。


テスター久保田氏への挑戦は、なかなか壁が高かった。まだまだ自分達の技量は低い様だ。


ちょっと悔しいので、近いうちに再度挑戦をしてみたい。

 

 


TackleData


Rod : POWERMASTER SandWalker  PMS1032S-MLM


Reel : STELLA  SW4000XG


Line : PE1.0 号 & Leader 25lb


Angler : Staff U  &  Staff Funaki

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー