Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

ホライゾン・プログレッシブ と ホライゾンSL の違いについて

 

 

ホライゾンのスロー系ロッド、ホライゾン・プログレッシブ (HPG)と、

 


ホライゾンSL (HSL)について違いを教えて欲しいと問い合わせが多い。

 


今回は各々の違いについて、ディープに掘り下げていきたい。

 


まずは違いをおさらいしておこう。

 

 

 

 

 


HORIZON Progressive  (HPG)


ブランク : 高弾性カーボン & C・N・T & 4軸カーボン


ガイド:チタンフレーム & TORZITEリング


グリップ(リールシート) : Fuji(TCS18 塗装有り)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


HORIZON SL  (HSL)


ブランク:中弾性 & 高弾性カーボン


ガイド:チタンフレーム & SiCリング


グリップ(リールシート):Fuji(TCS18 無塗装)

 

 

 

 

大雑把に挙げたら以上だろう。

 

 

 

 

 

 

『力と張りについて』

 


パワーランクは両シリーズとも4種類、ML・M・MH・Hに別れる。

 


それぞれ使い易いジグウェイトは同じに設定してある。

 


そこが分かりにくいと質問が多い。

 


同じMパワーであるならば、HPGはHSLに比べると『1.5倍程の張り』を感じられる。

 


この張りがジグをシャープに操作出来る所以だ。

 


だが勘違いして頂きたく無いのが、張りは強いが『同じパワーランク』ということ。

 


この張りの違いは、ティップを戻す速さの違いであり、決してMがMHになる訳ではない。

 


Mパワーであれば、同じ150gのジグウェイトに対応するということだ。

 


使い分けを考えると、青物などをターゲットとした場合、ジグにキレを求める様な時はHPGが良い。

 


逆に遊泳力が弱い底モノ系ターゲットなどは、

 


ジグのダート幅を抑えられるHSLが向くといった具合だ。

 

 

 

 

 

 

他社では表記に2ozクラス、3ozクラスといったパワー表示が多い。

 


もしホライゾンを、オンス表記するならば下記の数値になるだろう。

 


ML ≒ 2〜3oz


M ≒ 3〜4oz


MH ≒ 4〜5oz


H ≒ 5〜6oz

 


厳密に言えば違うので、およその目安として判断基準にして頂きたい。

 

 

 

 

 

 

『感度』

 

 

こればかりは、HPGに軍配があがる。

 


高弾性素材がベースなので、アングラーへの伝達速度が早く感度が高いと言える。

 


HSLでも充分に感度は有るが、それ以上に高感度という訳だ。

 

 

 

 

 

 

『TZとSiC』

 


HPGはトルザイトリング(以下 TZ)の仕様となっており、HSLはSiCリングを選んでいる。

 


こちらも性能で言えばTZが上だろう。

 


富士工業社の説明にある通りだが、使った感想が欲しいと思うはずだ。

 


私も初めは眉唾物と思っていたが、実際に使用して考えを改めさせられた。

 


滑りが良いのは勿論、軽く出来ることで感度UPに繋がっている。

 


感度が求められる様なシーンでは、TZ仕様のHPGを選んで頂ければ良い。

 

 

 

 

 

『総合点』

 

 

総合すればホライゾン・プログレッシブ(HPG)に軍配が上がるだろう。

 


ただ…初めてスロー系のジギングのロッドを探している方で、

 


とりあえず1本を選ぶならホライゾンSLで良いと思う。

 


使っていくうちに、もっと操作性や感度が欲しくなって来た時にHPGが欲しくなるはずだ。

 

 

上記の内容を参考にして頂き、ご自身に合ったロッドを選んで頂きたい。

 

 

 


Staff Funaki

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

ソルトワールド(Vol.122)

 

 

 

 

ソルトワールド(Vol.122)が発売となりました。

 

 

今回の掲載記事は、タイラバ早掛けの初披露となります。

 

 

早掛けの面白さは、体験したことが有る方にしか分かりません。

 

 

紙面に、タックルや使い方など詳しく書いて頂いています。

 

 

シーズンに向けて参考にして下さい。

 

 

天龍 営業部

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

タイラバ早掛け (タックルバランスについて)

 

 

前回まで早掛けについて説明してきた。

 

 →『タイラバ早掛けとは』(2016年12月2日掲載記事)

 

 

 

 


今回はタックルバランスについて説明していきたい。

 

 

 


早掛けの利点が見えてくると、タックルの選び方で差が表れてくる。

 


『早掛け』を行うには、アタリを直ぐに伝える高感度と

 


入力に対して直ぐに反応出来るアクション(調子)のロッドが必要だ。

 


そして、暫くテストを行ってきて行き着いたのが今回発表した2機種。

 

 

 

RedFlip  RF5111B-ML 浅場を中心とした早掛けモデル


RedFlip  RF5111B-M  :  早掛けモデルのスタンダードモデル

 

 


感度と反応速度を補うため、ロッドは全長を短くファーストテーパーに仕上げている。

 


既存のロッドでも『早掛け』は不可能では無いが、

 


こればかりは専用ロッドを使って頂くと納得して頂けるだろう。

 

 

 

 

 

 

ロッド以外にも着目していきたい。

 


ラインは、フッキングを入れることを意識して少し強めを選びたい。

 


推奨しているのは、メーン:PE1号、リーダー:20lb といった具合だ。

 


近年のタイラバタックルを見ると、

 


PE0.6〜0.8号、リーダー14〜16lb等が主流となっている。

 


しかし細いシステムを使うと、

 


フッキングの際に(アワセを入れた時)衝撃で切れてしまう恐れがある。

 


ロッドもファーストテーパーで張りが強く、硬い竿を使うほど切れるリスクは高い。

 


どんなサイズが掛かるか分からないため、慣れるまでは少し太めをお勧めしたい。

 

 

 

 

 

 

次にリールだ。

 


張りの強い竿を使うのでバラシを軽減する為に、ドラッグ性能の高いリールの使用が理想だ。

 


近年のソルトウォーター向けの両軸タイプなら、充分なドラッグ性能を有している。

 


およそ800g〜1kg程のドラッグ値を掛けていれば殆どのエリアで対応が可能なので、

 


低負荷でも滑り出しが良い物を選んで頂きたい。

 

 

 

 

 

 

最後にフック。

 


現在、市場に出回っているタイラバは、針先が【ネムリ】の場合が多い。

 


これは向こうアワセを意識して選ばれていると思われる。

 


『早掛け』の場合はフッキングのレスポンスを高めるために、

 


針先は【ストレートポイント】を選びたい。

 


これは、フッキングした際に力を針先まで直に届けることを意識してだ。

 


ただし、針形状については色々と試している段階であり、

 

 

現在スタッフ間での見解は、親針に(ヘッドに近いフック)ストレートポイントを選び、

 


子針はサポートの役割としてネムリ形状を選んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

おそらく更に進化が進めば、

 


早掛けに向いた鯛ラバのヘッド形状なども有るかもしれない。

 


釣り方が増えると、とことん突き詰めたくなるのも一興。

 


シンプルな釣りだからこそ面白い。

 


今後、更なる早掛け向きのセッティングが出来上がれば紹介していきたい。

 

 

Staff Funaki

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー