Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

『古くもあり、新しくもあるバスロッド』

 

 

2019年1月から2月にかけて横浜と大阪にて開かれたフィッシングショーにて、


TENRYUのブースではスピードスティックの展示コーナーを設けた。


巷で噂を耳にした方が多かった様で、沢山の方に展示をご覧頂けたかと思う。

 


ディスプレイの中には現在進めている試作品のロッドと一緒に、


当社にて保存されていた最初期のスピードスティックも展示させて頂いた。


3本展示した古いロッドのうちコルクグリップのタイプは、


スピードの名を持ったガイドとリールシートが見て取れる。


シート形状が後期の物と異なり、後に発売となった同社のリールが取り付けられない。


これより後期のロッドは、リールに合わせて形状を進化させたのではないだろうか。

 

 


創業者に当時の事を伺うと、バスロッドのハンドル部は金属製の物が主流だったが、


富士工業社とタッグを組み生み出された樹脂製のリールシートは革新的であった。


合理性を求めるアメリカらしい発想と言えばそれまでだが、新しい物への挑戦は


ロッド自体の形を改め釣り文化の発展に大きく寄与したのは明白であった。

 

 


今回、フィッシングショーの会場にてお客様からのご意見として、


当時のグリップ(オフセットハンドル、ラバーグリップ)が欲しいとの声もあった。


もちろん、弊社内からも同じ声も有った。


しかし、当時のモデルを復刻することは不可能となっている。


富士工業社で同規格のグリップが生産終了となっており、


市場に出回っている物を集めたとしても安定供給が難しい面があった。

 

 


ただ…もし完全に同じロッドを再現出きたとしても、


ビンテージを好む方が求めているスピードスティックでは無いと思う。


ビンテージに必要なのは、その物が過ぎてきた年月であり、


長い時間を掛かって醸し出した雰囲気そのものが大事となってくる。


新しく作った物に足りないのは、エイジングを重ねた時間であり


決してお金では買える事のない物が付いていないからだ。

 

 


それよりも現代的なエッセンスも取り入れ、


もしルー氏が今の時代に生きていたらこんな風に遊んでいたのではないか…


そして、当時スピードスティックで遊んだ世代の方が、


次の世代の方と新型のスピードスティックを持って遊びに行けたら…


そんな事を想像したら新しいバスロッドのイメージが浮かび上がってきた。


スタイルとしては『ネオ・トラディショナル』と呼べば良いだろうか。


これから開発の一部始終をお伝えしていこうと思うので、


気になった時にでも当ブログをご覧頂きたい。


Staff Funaki

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

TENRYU × SPEED STICK

 

 

先日発表となったスピードスティックを、知らない世代の方も多いかと思う。


現在テスト中の新型スピードスティックのプロトタイプを、

 

週末の横浜フィッシングショーにて展示を予定している。

 

スピードスティックとは、およそ50年前


アメリカのルーチルドレ・サンダース社から発売されたバスロッドシリーズだ。


後に同社は社名をルーチルドレ社に変更するのだが、


このロッドを知る方はダイコー社より販売されていたモデルが大半だと思う。


販売がダイコー社に移る以前、最初期のモデルはTENRYUのロゴが入っていた。


そう、TENRYU製のスピードスティックが存在していた訳だ。


今回、当社で保存されていたロッドをフィッシングショーにて展示する。

 

当時を知る人には懐かしく、初めての人には目新しく感じるかもしれない。


新旧合わせたスピードスティック。ぜひ、この機会にチェックして欲しい。


またスピードスティックに纏わる、ヒストリーは別の機会で紹介していきたい。

 


Staff Funaki

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

スピードスティック・プロジェクト始動

 

 

名作から50年の歳月が過ぎた。


その後、各社から星の数ほどロッドが発表され、


多種多様な使用用途に応じたモデルが市場を彩っている。

 

以前に、倉庫で発見したロッドを見てから何かが燻っていた。


バスフィッシングは、ルアーの種類も豊富で釣り方も色々。


トーナメントも開かれ、競技として既に成熟の域に達している。

 

 


弊社も『Fates』シリーズから始まり、


開発してきたルアーロッドは数えきれない。


ロッドの素材も、カーボンへ移り変わり、今ではナノ素材を扱う時代である。


でも何かが足りないと感じていた。

 

「新しいバスロッドを作ろう!」燻っていたのはコレだった。


今まで発表してきたロッドも、完成するまで手塩に掛けて作り込んだモノばかりで


それぞれに思い入れが籠ったモデルばかりである。


しかし倉庫の奥で『SPEED STICK』を見つけた時から、


このロッドで遊びたいという気持ちが大きくなっていた。


面白い竿に出会うと、持った時にフィールドが見えてくる。


そんなロッドを作りたいと思えたのだ。

 

 

 

先に謝っておかなければならない事もある。


私達が求めたのは当時のロッドの復刻ではなく、


『SPEED STICK』の信念を受け継ぎ、


現代的に表現したモノを作り上げようと考えている。


もし、当時と同じアクションを求めるならば、


トップ系ブランドより販売されているモノをお求め頂くのが良い。


当時のアクションを忠実に再現して作り上げているからだ。

 

 

 

最新の技術を披露するような、スペック重視のモノにしたくなかった。


大人の遊び心をくすぐる内容にしたいと思っている。


もし、ルー氏が今の時代にいたら、こんな風に遊んでいたのではないだろうか?…と。


道楽的な考えかもしれない、でも漁師の道具を作るわけでもない。


大の大人が、心から楽しめる道具を作りたいと思った。

 

そこから、スピードスティック・プロジェクトは始まった。

 

 

 

Staff Funaki

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

熱は冷めない

 

 

先日釣ったバスに気を良くした私、

 


二匹目のドジョウならぬバスを求めて地元の池に行ってみた。

 

 

 →前回の記事『バス熱の再発』(2019年12月5日)

 

 

 


今回のお供のリールは前回の釣行の後、

 


実家に戻った際に引っ張り出してきた年代物。

 


オーバーホールをして中身をピカピカにしたとはいえ、

 


重いルアーを投げるなら最新のリールを上回るほどの飛距離が出ることにビックリ。

 


やはり名機と言われる物には、何十年経っても驚かされます。

 

 

 


さて肝心の釣りの方ですが、

 


小さい野池をグルリと回りながらバイブレーションを投げ続けました。

 


朝晩の冷え込みと昼間の冷たい風のせいか、

 


横方向の巻き物にはサッパリ反応がありません。

 


保険と思って持って来ていたワームで立て方向の動きを演出。

 


太陽光がよく当たっており、

 


何かが底に沈んでいるポイントで小さいアタリが有りました。

 


スーッとワームを持って行ったので、ストロークを大きめにフッキング。

 

 

 


釣れたのは30cmくらいのちょっと色白のバスです。

 


今回も何とかバスに遊んでもらうことができましたが、

 


1匹のバスに会うのもなかなか難しい季節になってきました。

 


また時間を見付けてバス釣りに行きたいですね。

 

 

Angler : Staff M

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

バス熱の再発

 

 

最近めっきり日が暮れるのが早くなってきた。

 


夕方頃には寒くなり早く帰らねばと思うと同時にバス釣りに行きたくなる。

 


何故かというと、冬が来る前にバスを釣らなければ、

 


寒さとともにバスが釣れにくくなる気がするからである。

 


先日早朝から仕事を頑張って、夕マズメの1時間バス釣りをすることができた。

 


営業からの帰りに寄った野池は20年ほど前に1度釣りをしたことのある池。

 


その時の釣果は覚えていないが、今は型は小さいが数が出るという前情報だ。

 

 

 

 

 


車を地元の人の通行の邪魔にならないように停めて、いよいよ釣りのスタート。

 


まずはバイブレーションで広範囲をチェックしながら野池を半周歩いた。

 


バスからの反応は足元のコンクリート護岸と土の境目で2回ほどコンコンとあった。

 


どちらも小さい魚のようだったので、次はその野池で水深が深いであろう場所を

 


数箇所バイブレーションのリフト&フォールでチェックした。

 


するとガツンとひったくるようなアタリがあった。

 


油断をしていた私はアワセを入れたもののフッキングには至らなかった。

 


少しポイントを休めて同じポイントに違う角度でバイブレーションを通した。

 


ガツンとひったくるようなアタリがあり、今度はバシッとフッキングが決まった。

 


サイズは30cm強と控えめだが、コンディションの良い綺麗なバスだった。

 

 

 

 


記念写真を撮り終える頃には日が沈みかけ、肌寒い風が吹き始めた。

 


冬が来るまでにあと何回バス釣りに行けるか分からないが、

 


時間を見付けて池に通ってみたい。

 

 

Angler : Staff M

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

私のルーツ

 

 

 

 

最近スタッフMがバス釣りやろうと誘ってくる。

 


どうやらバス熱が再燃し始めているらしい。

 


私も10代の頃は週末ごとに実家近くの野池群を

 


自転車で回りながらバスフィッシングを楽しんでいた。

 


寝ても覚めてもブラックバスの事ばかり考えていたし、

 


今思えば本当にハマっていたと思える。

 


最近実家へ帰った時、当時使っていたルアーを探した。

 


懐かしいルアーを見つけ触っていると、

 


当時の思い出が鮮明に蘇ってきて何かウズウズしてきた。

 


そんな訳で、ちょっと時間を見つけては近くの野池に繰り出してみる。

 


簡単には釣れないけど、色々なルアーをとっかえひっかえ投げていると、

 


時間を忘れて夢中になっている自分に気が付いた。

 


どうやら自分も、バス熱が再発しそうだ。

 


Staff Funaki

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

練習、練習また練習

 

 

スピードスティックとアンバサダーを手に入れた私。

 


実はベイトタックルを所有するのは初めて。

 


当時大ブレーク中の十市の池に行くにも

 


ベイトタックルでキャストが出来なければ始まらない。

 


家の近所の久万川や国分川で放課後や休みの日にキャスト練習を繰り返した。

 


どうしてバックラッシュをするのだろう。

 


何度も何度もバックラッシュをほどきながら考えた。

 


レコードライン(バルクライン?)じゃなくて、

 


高級ラインにしてみたらバックラッシュしないかもと、

 


ストレーンやアブロンも使ってみたが、

 


高級ラインでバックラッシュしたときの喪失感は

 


小学生の私には耐え難いものがあった。

 


数十年たった今でも、

 


バスのベイトタックルをキャストするのはそれだけで十分楽しく、

 


竿屋としてこのベイトタックルのキャストの楽しさを伝えたいと思っている。

 


Staff  M

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

今も昔もバスはバス

 

 

 

 

以前に見つけた古いロッドが気になっていた。

 


弊社のスタッフ達とブラックバスの話になると色々と話が盛り上がる。

 


昔馴染んだ遊びは、いつまでたっても色褪せないもんだ。

 


例の、倉庫の奥から出てきたロッドを振る機会があった。

 

 

クランクベイトを投げてみると、グッ!とロッドが絞り込まれる。

 


なかなかのファイトを楽しませてくれた。

 


大人になって色々な釣りを知ったけど、やっぱりバスは面白いもんだ。

 


一周回って行き着く世界が見えてきた気がした。

 


Staff Funaki

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

倉庫の奥より

 

 

 

とある日に倉庫を片づけていると、古いロッドが出てきた。

 


いったい何年間、眠っていた物だろうか。

 


だいぶ古くに作られたロッドで、どうやら全て試作品の様だ。

 


ホコリまみれのグリップを拭うと、Fiji社のロゴとSPEEDのロゴが確認でき、

 


バスロッドの黎明期に作られた物と推測できる。

 


ブランクはグラス素材の様で、振った感は案外ダルさが無く収束が早い。

 

 

今後の参考資料として保存しておこう。

 


Staff Funaki

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

出会い

 

 

 

 

当時父親の仕事の関係で高知に住んでいた私は、

 


近所の釣具店で真っ赤なアンバサダー5500DAを見つけた。

 


その存在感は凄まじく、絶対に自分のモノにしたいと考えた。

 


1年近く待って貯めたお年玉を持って父親と釣具店に向かった。

 


当時5500DAは22,000円ほどだったと記憶している。

 


本当はフェニックス社の竿も欲しかったが、それでは合わせて5万円の出費になる。

 


5万円などという金額は小学生の私にとってまさに桁違いな金額である。

 


とは言うものの実は予算30,000円で、

 


5500DAと竿のセットを買うつもりで店に向かっていた。

 


今思えば小学生の息子の、

 


「2万円のリールが欲しい」という話を認めてくれた父親に感謝したい。

 


店に入り一目散にリールコーナーに向かい5500DAを指差し「これください」と言った。

 


一瞬店員さんに「えっ?」という顔をされたが、

 


後ろにいる父親を見て、店員さんが展示してあった5500DAを箱に入れてくれた。

 


そしてレジに支払いに行く途中に竿コーナーへ行き、

 


プラケースに入った1本の竿を取ってレジに向かった。

 


実はその竿がLews SPEEDSTICK #1-16HOBBである。

 


ロッドが高くて買えないとなってから、

 


店にある全ての竿を見て5500DAに似合う竿を予算8000円で探したのだ。

 


だからLewsって何?SPEEDSTICKって何?って状態で購入したのが#1-16HOBBである。

 


STAFF:M

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー