Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

タイラバ早掛けのセッティングについて

 

 

タイラバの早掛けが段々と浸透してきた。


初めのうちは、フッキングを入れる事すら受け入れられない事も多かったが、


状況を判断して『早掛け』と『向こう合わせ』を使い分ける事で


それぞれの有効性が認知されてきたと思っている。


ただし、闇雲にフッキングを入れれば良い訳ではない。


ここの所、フッキングでタックルを破損してしまった事例も多い。


天龍のロッドは、そんな簡単に折れる様には設計していないが、


PEラインは伸びが少なくなり、フックも折れ難くなると負荷は逃げ場を失う。


ロッドは使い方を誤ると、簡単に折れてしまう事もあるので、


船に乗る前に適切なセッティングを行うことが重要だ。


注意して頂く点は、リールのドラッグ調整が最重要と言える。


ロッドに表記している最大ドラッグ値は、静荷重の状態(ロッドを水平に固定して


垂直方向にユックリと負荷を掛けた値)としている。

 

 


タイラバ向けのレッドフリップには、


各ロッドに最大のドラッグ値を表記しているが、


これは最大であって適切な値は別にあると考えている。

 

 


ラインの強度、フックの強度と貫通力、ターゲットのサイズ…など、


状況によって変化していくが、タイラバを楽しむにあたっては、


平均して800g〜1200gの初期ドラッグ値が適切かと思う。

 

 


水深50m程で潮流が1ノットも無い状況で、


バーチカルにタイラバを落とした状態で早掛けのフッキングを入れると、


「ジッ!」とリールのドラグが鳴るのが基準だと思って頂いてよい。


これでは早掛けなどフッキングが決まらないのでは?と思うかもしれないが、


瞬間的な負荷はドラグが滑り出すよりも早く伝わり、


ターゲットにフックセットされる事が多い(魚が反転したパワーも加わる)。


フッキングが決まりファイトに移っても、


同じドラグ値を保つように心掛ければフックアウトすることは少なくなるはずだ。


これよりもラインを出されたくなければ、本人の手を使って


スプールが回り始めるのを押さえつけてあげれば良い。


道具の限界を知り使いこなす事で、もっと深い面白さが見えてくると思う。


ご自身のタックルを再度チェックしてみては如何だろうか?


Staff Funaki

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

中深海ジギングタックル考察

 

 

フィッシングショー等の展示会や弊社HPへの問い合わせで、


中深海ジギングで使うロッドはどれが良いか?と聞かれる事が多い。


専用ロッドとして開発はしていないが、弊社ラインアップの内では


スロー系ジギングロッドとして開発したホライゾン・プログレッシブ


中深海でのジギングに適していると言える。


今回は、中深海でターゲットとなる事が多いムツ類(1kg程度)を狙っての、


状況別に応じてのロッド選びやタックルバランス等について説明していきたい。

 

 

 

水深とジグウェイト


狙う水深によって、使うメタルジグの重さが大きく影響する。


100mより浅い海域であれば、船長の指示した棚(レンジ)が少し外れても、


ジグの交換などをして投入し直せば大きく外すことは少ない。


中深海の場合だと、投入してジグのフォール時間や回収時間は水深が深いほど


手間が掛かり、手間取っているとバイトチャンスを逃しかねない。


また、潮流の強弱や二枚潮などの影響で状況に合ったジグウェイトでないと、


棚ボケしてしまい釣れないだけで無く同船者とオマツリなどトラブルの元にもなってしまう。


そういった意味もあり、ジグウェイトの選択には気を使いたい。

 

 

 

ロッドとのバランス


水深別のロッド選択は以下の通り。(ジグウェイト 潮流弱い → 強い)


水深200m前後 ジグウェイト200g→300g : プログレッシブ HPG66B−M 


水深250m前後 ジグウェイト250g→350g : プログレッシブ HPG66B−MH 


水深300m前後 ジグウェイト300g→400g : プログレッシブ HPG66B−H 

 

 

 

ラインのバランス


基本的にはロッドは一律同じで、潮流の強さによってメーンラインの太さを替えたい。


ロッドテスト時のラインバランス


メーンライン:PE1.2〜1.5号(低伸度タイプ)


リーダー:フロロカーボン 20lb前後(5号)3m


あまり太いライン(リーダーも同様)を使うと、潮流の影響を大きく受けてしまう為、


出来るだけ細いラインを使った方が結果的に釣果に繋がっていると思っている。

 

 

 

ホライゾンSLの使用は?


同じスロー系ジギングロッドとして先にデビューしている、


ホライゾンSL(後述HSL)では中深海での使用はどうだろうか?


ホライゾン・プログレッシブ(後述HPG)に比べ、


少し張りが少なく操作感と感度の面も少し劣るのは否めない。


それでも使用する事は充分に可能となるが、HPGとタックルバランスが変わってくる。


HSLとのバランス(ジグウェイト 潮流弱い → 強い)


水深200m前後 ジグウェイト200g→250g : ホライゾンSL  HSL66B−M 


水深250m前後 ジグウェイト250g→300g : ホライゾンSL  HSL66B−MH 


水深300m前後 ジグウェイト300g→350g : ホライゾンSL  HSL66B−H


以上の様に若干だが使えるジグウェイト幅が狭くなってしまう。

 

ラインの選択は、HPGと同じ考え(上記参照)で大丈夫だ


この点だけ考慮して頂ければ、HSLで有っても対応は可能だ。

 

 

 

ロッドの使用方法


誘い(ジャーク)はスローなワンピッチジャークを基本として、


激しいジャークは必要無く、フォールを意識してバイトを取っていきたい。


少ない経験でしか話を出来ないが、なぜか強めの誘いを入れるとクロムツばかりとなり、


丁寧な誘いで狙うとアカムツのバイトが集中した事も有った。


苦い経験としては、クロムツが強い誘いで狙って釣れるならとジャークを強くし過ぎたため、


フックがラインに絡まりエビ状態となってしまって、回収がとんでもなく大変だった(笑)


また、気を付けたいのはジグウェイトが通常より重たいため、


投入時にラインがガイドに絡まっていないか配慮して頂きたい。


乱雑な扱いをしてしまうと、ガイドが抜けてしまうトラブルもあるので、


焦らずに丁寧なタックルの使用が快適な釣りに繋がってくる。


また、メーカーとして保証の面でもルアーの基準がキャパを大きく超えているので、


同条件下でトラブルが発生しても全ての保証は難しくなってくる点だけ了承頂きたい。

 

 


以上の事は、テスト時の経験値から出した答えなので全てでは無いが、


ジグウェイト・ラインの太さや種類など色々と変化を交えて釣りを楽しんで欲しい。


Staff Funaki

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

リニューアル『レッドフリップ・リアクションテンヤ』

 

 

2019年夏、レッドフリップ・リアクションテンヤ がリニューアルされる。


ルアーロッド主体の レッドフリップシリーズ において、


特異点とも言える『真鯛テンヤ』向けのシリーズだ。


発売の日程は6月末から7月初旬頃を予定している。

 

 


先日の横浜フィッシングショーでは、プロトタイプを展示させて貰った。


Webとカタログでしか発表していなかったが、多くの方より熱心な質問を頂けた。


大阪フィッシングショーでは、その完成品を展示予定だ。

 


前作との違いは、ブランクやパーツなど色々と進化を遂げている。


ロッドの生命線となるブランクにはマグナフレックス製法を活用し、


穂先にソリッド素材を用いたモデルとチューブラモデルの2種類に分けてみた。

 


繊細な釣りに向くソリッドティップには、穂持ちの部分に低弾性カーボンを使用し、


まるで繋いでいないかの様に感じられるほどスムースな曲がりを体感出来る。


ガイドには小口径リングのガイドを配し、出来るだけブランクに近づける事で


一体感のある操作性と感度を高められる様に狙ってみた。

 

 


コスメの部分では、各所に西陣織カーボンを採用し個性が光るデザインに仕上げている。

 

 


他にも色々とコダワリが有るので、


大阪フィッシングショーで弊社ブースに来られた際にご紹介したい。


追って詳細も当ブログで紹介していく予定だ。ご期待下さい。

 


Staff Funaki

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

グラス100%の近海ライトモデル(JDF5101B-G4/5)

 

 

ドラッグフォースシリーズに、ベイトタイプの追加モデルが発表となった。


モデル名は、JDF5101B-G4/5


Gのマークが入る通り、グラス素材をメーンとしたモデルだ。

 

 


既存3機種(JDF581B-G5 , JDF581B-G6 , JDF561B-G7)はご存知の通り、


ブランクのメーン素材にグラス100%を用いている。


そのライトモデルとして今回デビューするのが『JDF5101B-G4/5』だ。


基本的にはバーチカルにジグを落とし、スローなワンピッチで誘い、


急流の中に潜む青物をターゲットとしている。


使用するフィールドの例を挙げると、瀬戸内海の明石海峡や鳴門海峡、


三重県・鳥羽沖など太刀魚パターンと呼ばれる状況に合ってくるだろう。

 

 


このモデルの存在は、2015年に京セラドームでのジギングフェスティバルにて


参考出品した事を覚えている方も居るのではないだろうか。


昨年10月のジグフェスで初お披露目したのが本作となっている。


フィールドや使い方は既存3機種と同じとなるが、


今までのタックルでは全ての状況に対応出来る訳では無く、


潮流が緩んだタイミングなどでジャーク時のパワーを適度に逃がし、


ジグを暴れさせず誘いを入れていくには少しライトなモデルが欲しかった。


その逆もあり、激流になるほどジグウェイトは重さを増し、


G5、G6、G7といったモアパワーのモデルも必要にもなる。


決して、G4/5の番手だけで全てが賄える訳ではないのは覚えておいて欲しい。

 

 


既存3機種を含め、使い方などについては以前の記事を参照頂きたい。

 

 

 →ドラッグフォース・ベイトモデル 2015年2月20日記事)

 

 

 →ドラッグフォース・ベイトモデル◆2015年2月23日記事)

 

 


また、近年は九州北部などで電動リールを使用したスタイルが再注目され始め、


各社から専用タックルがリリースされる様になってきている。


そうした要望もあり、今作は5フィート10インチといった長さに設定し、


ドテラ流しで使用してもジャーク時にストロークを稼げる様にしている。


グラス素材のおかげで、少々重めのウェイトを使ってもブランクが


抵抗を吸収してくれるのでアングラーの負担が大きく軽減される。


この楽に操作できるのを覚えると、病みつきになるのは必須だ。


急流エリアのバーチカルで青物狙い。ドテラ流しでの電動スタイルなど、


こういった状況に当てはまるなら、このモデルは大きな活躍をしてくれるはずだ。

 


Staff Funaki

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

ホライゾンLJの追加モデル

 

 

ホライゾンLJに追加モデルが有る。


もう既にホームページなどを見て、知ってるよ!って方も居られると思う。


今回はスピニングタイプを、2機種追加となった。


内容は、スーパーライトジギング向けの HLJ631S-FLL と、


ネギングを得意とした HLJ621S-FML だ。


それぞれ発売は、2019年3月を予定している。


昨年、ベイトタイプ4機種、スピニング2機種といった内容で、


国内のライトゲームを広く遊べるシリーズとして一新した。

 

 


2018年は、各地でスーパーライトジギングの人気が高まり、


現行モデルだけでは物足りなさを感じていた方も居たかと思う。


遊漁船の船長達からも、ベイトタイプのHLJ641B-FLLをスピニングにして欲しいと声が有った。


そんな声に応えるのが、スーパーライト向けのHLJ631S-FLLだ。

 

 


もう一方のモデル HLJ621S-FMLは、


山陰方面で人気の高まっている『ネギング』に向けた機種だ。


ネギングとは地方で発祥したライトジギングの総称で、根魚だけでなく青物にも有効の釣法。


『早いピッチ』と『誘い上げ』がキーとなり、この釣りを覚えると少しクセになる面白さがある。


山陰だけでなく全国のエリアでテストを行って来たが、


フィールドの特性さえ外さなければ充分に効果を感じられた。

 

 


週末のジャパンフィッシングショーでも展示するので、


詳しく知りたい方はスタッフまで聞いて欲しい。


機種別の紹介は、また後日発表したい。

 

 


Staff Funaki

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

今更聞けない、イカメタルゲーム

 

 

今年も多くのお客様にスクイッドARについて、

 


お問い合わせいただきました。誠にありがとうございます。

 


初代スクイッドARの発売から5年が過ぎ、

 


この5年で竿・仕掛け・釣り方なども大きく変化し、

 


スクイッドARも初代からリニューアルし2世代目。

 


今年追加発売の2機種も人気を頂いております。

 


お問い合わせを頂く中、現在私が思うスクイッドARを使った

 


基本的なイカメタルの考え方を紹介させて頂きます。

 


少し長いですが お付き合いください。

 

 

 

 

 ● どうしたら釣果があがりますか?

 


簡単です。

 


船長さんや、同船者さんとのコミュニケーションをしっかり取りましょう。

 


釣り開始直後は釣れたら「水深○○m 何色で釣れました〜」など、

 


棚を合わせたり鉛スッテやドロッパーのカラーやサイズ、

 


誘い方など状況によって合わせたり、釣れてない時は皆で探してみたり。 

 


釣れ始めたら棚を合わせていく。

 


船長のアナウンスを聞きながら釣っていけば、

 


その日の釣果が渋くとも竿頭になれるかも知れません。

 

 

そして時期によって変化するパターンを知る。

 


ネット検索すると論文など多くの情報を得ることができます。

 


古い資料もありますがそれらを基に考察してみると、

 


ケンサキイカの産卵は5〜10月で、6月前後が最盛期になります

 


(地域差も有ります)

 


産卵タイミングは日没後から日の出までで、産卵場所は砂地なので底べったりになる。

 


つまりはシーズン初めの6月〜7月は、

 


40cm越える大型ケンサキ(大剣)が狙える地域もあるという事です。

 

 

7月までで大剣は姿を消すとのことなので、

 


8月からは15〜30cmほどのケンサキを数釣ってを楽しむシーズンです。

 


それこそ周りと棚を合わせないと、

 


棚ボケしてしまい沢山釣る事が出来なくなってしまいます。

 

 

大剣も8月から全く居なくなると言う事ではないですが、

 


より深い場所を求めて移動しなければ釣果は難しく、

 


数を釣りたいか・大きな価値を求めるかはそれぞれで、

 


棚ボケのリスクは確実にあるという事を理解して頂くと良いでしょう。

 

 

時期の変わり目など判り難いですが、 

 


それこそ船長や周りの仲間とのコミュニケーションで釣果は確実に変わるでしょう。

 

 

 

 

 ● 仕掛けはどうしていますか?

 

 

 


・ライン

 


私の場合、AR70B-FLL / AR75S-FLL は、PE0.4号 リーダー1.75号。

 


  AR68B-FL / AR66B-FML は、PE0.6号 リーダー2号。 

 


初めて使われる方には PE0.6〜0.8がオススメです。

 


深場で釣りをする地域・遊漁船なんかは、

 


同船者さんと合わせたほうかトラブルが無いので、

 


乗船する遊漁船さんへ予約時に確認しましょう。

 

 

細いラインを使う利点は 潮通しがいいことです。

 


潮流が緩い時はドロッパーを太くして潮受けを作ります。

 


逆に潮受けしたくないときはドロッパーを細身のタイプにします。

 


太いラインであれば考え方は逆ですね。

 

 

リーダーの長さは1ヒロほど。

 


ドロッパーから鉛スッテまでは1ヒロ無いぐらい(1mほど)

 


私は1.75号〜2.5号を使いますが、

 


セット仕掛けを買うと3号などが多いと思います。

 


イカに傷つけられ頻繁に交換することを思えば太くてもOKです。

 


 
・ドロッパー (浮きスッテ・小型エギ)

 


基本は1つだけですが 多くても2つまで。

 


地域によってルールは色々ありますので、遊漁船さんに確認しましょう。

 


トラブルレス & ゲーム性を求めるなら『1つ』です。

 


上記で書いた様に潮流の状況によって、ドロッパーの大きさ・太さを変え、

 


潮受け ・ 潮通しを意識し誘いを入れると共に、

 


周囲のアングラーとオマツリしない様に心掛けています。

 

 

・エダスの長さ

 


船の揺れで上下してしまう、

 


ドロッパーを枝の長さを利用して穏やかにすることを考えているので、

 


その日の状況で変えられるのがベストですが、

 


おおよそ10〜20cm(3号)がオススメ。

 


荒れている日は少し長めに取ります。

 


AR70B-FLL / AR75S-FLLについては、

 


竿に揺れを吸収させるというコンセプトですから私はエダスを取りません。

 


以前からをAR70B-FLL使っているお客様に、

 


荒れた日で一人勝ちした…などと、お声を聞きするのはその効果と思えます。

 

 

・スッテ (鉛スッテ・メタルスッテ)

 


浅い時・深い時 色々必要ですが、

 


先ずは遊漁船さん同船者さんに合わせた重さを使いましょう。

 


サワラ・サゴシなど歯が鋭い魚にスパスパ切られる時もあるので、

 


いくつも持っていても困りません。

 


鉛が良いか、タングステンが良いかは状況次第です。


・ドロッパー・スッテの色

 


白・赤・黄・緑 が基本でしょうか。  

 


色んな組み合わせで持っていたら良いと思います。

 


その日のアタリカラーは解りませんからね。

 


いろいろと選択出来ると更に面白さが増えると思います。

 

 


(前回初夏なのに7セット切られたので潮受けの太い浮きスッテが写っていません)

 


 ● 誘い方はどうしてますか?

 

 

スクイッドARのキモは全てベリー部分にあります。

 


誘うにしても、掛けるにしてもベリーです!!

 


バットでアクションはしません。

 


バットは掛けてから乗せるため、ティップはアタリを取るためです。

 


オカッパリ・エギングの様な、大きく機敏なアクションは不要です!!

 

 

誘い方と掛け方の理想は、弊社YouTube動画

 


ブリゲイド・スクイッドAR  Newスピニングモデル」 の

 


2分40秒〜ラストまでを参考にしていただけたらと思います。

 

 

 


スピニング・ベイト共通の考え方で、

 

 

ベリーでドロッパーが舞うイメージで誘ってください。

 

 

フワフワ・チョンチョンが基本です。

 


深場では、気持ち振り幅が大きくてもいいでしょう。

 

 

棚を変えるだけでも誘いになります。

 


棚を変えるときはクラッチを切って落とすか、ハンドルを回して巻き上げてください。

 


そして、ステイ(待ち)は長めに30秒以上。

 


大きく機敏にアクションしてしまうと、

 


待ち時間が増えると考えて頂いてもいいと思います。

 


ロッドワークの大きさで、イカを誘い集めることはできるので、

 


誘いの大きさを使い分けると更に深いゲーム展開が出来ます。

 


ケンサキイカが近くに集まっている状態と考えたときは、

 


大きくフッキングしてしまうと掛からなかった時に逃げてしまうので、

 


誘いと同じ幅くらいでフッキングし、掛からなかったらそのまま戻します。

 


掛かったら、バットに乗せていくイメージです。

 


テンションフォールパターンでは、アタリがあったら巻き合わせが基本です。

 

 

ジギングの様な鬼合わせは不要です!!

 


ポンピング・ファイトも不要です!!

 


ドラグ・フルロックは身切れの原因です。

 


フッキング時、ドラグが少し出るくらいがオススメです。

 


映像を見ていただくとドラグ音がしていると思います。

 


それがベイトリールであっても考え方は同じです。

 

 

 ● スクイッドARの特徴は?

 


「全ては 復元力と 柔らかさとのバランス」です

 

 

ティップが『グラスチューブラー』にこだわり、柔らかくも復元力を持たせ、

 


太目のティップが視認性を高めることでアタリを明確にするだけでなく、

 


マグナフレックス製法により中弾性カーボンへと違和感を無く継ぐことで、

 


アクションポイントであるベリーにスムーズなアクションとフッキングを可能にしています。

 


バットからティップまでスムーズな曲がりをさせることで、船の揺れを吸収させ

 


継目と曲がりの違和感を無くすことにより、アタリを見極められる竿になっています。
 


ベリーが曲がる・戻る(復元する)感覚を持って釣をして頂けると、

 


より楽しい感覚を持っていただけると思っています。

 

 

 

 

そして「スクイッドAR」ではゲームフィッシングとして、

 


持って行くアタリ・抱え込んでくるアタリは勿論ですが、

 


触ってくるアタリを取れることに拘ってみるのが良いでしょう。

 


食腕2本で掛けたときは、ちょっとドヤ感が出ますね。

 

 

現在各地で数釣が面白いことになっている情報も入ってきています。

 


まだまだシーズン中のイカメタルをお楽しみください。

 

 

 

 

 

Staff H

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

トラベルを楽しむ

 

 

そろそろ、スパイク・トラベル がお手元に届いただろうか。

 


これから遠征を企画している方など、心強い相棒になってくれるはず。

 


頻繁に行ける所ではないので、一度に沢山のタックルを持ち込み

 


ロッドも複数本を用意する方が多いのではないだろうか。

 

 

 

 

 


今作のスパイク・トラベルでは、パワークラス別に

 


#1と#2間のジョイント部にカラー違いのスレッドを巻いている。

 

 

 

MHは、シルバー


Hは、メタリックレッド


HHは、メタリックブルー

 


おそらく複数本のロッドを纏めて入れると思うので、

 


もしティップとバットがゴチャゴチャになっても一目で判断出来るはずだ。

 

 

 

 

 


また、ジョイントが甘く入っていると破損の原因にも繋がるので、

 


しっかりと入っていることを確認してからご使用頂ければと思う。

 


ただし、無理に入れ過ぎて固着する場合もあるので、

 


『使用方法に関する注意事項』をよく読みご使用頂きたい。

 

 

 

 

 


案外現場で多いトラブルが、炎天下で釣りを終えて仕舞おうとしても、

 


ジョイントが外れないケースが多い。

 


おそらく熱膨張が要因と考えられるので、こういった場合は無理に引き抜こうとせず、

 


キンキンに冷やしたタオル等を巻きジョイント部を冷やすと素直に外れてくれることも多い。

 

 

 

 

 


遠征釣行は色々なトラブルが付き物で、

 


普段の釣行では考えられないことが起きることも良くある。

 


トラブルの原因や直し方などを事前に知っておくと現場であたふたせずに済むので、

 


ぜひ事前にチェックしておく事で遠征釣行が楽しめるはずだ。

 


Staff Funaki
 

 

 

 

 

 

関連記事

 

スパイク・トラベル(開発秘話)

 

スパイク・トラベル(機種紹介)

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

スーパーライト系ジギングモデル HORIZON-LJ

 

 

 

 

発表して大きな反響を頂いている ホライゾンLJ

 


モデルチェンジした中で今まで無かったパワーランクを設けた。

 


近年、タックルの進化は進み、PEラインは細くて強くなり、

 


タングステン製のジグの台頭でライト化は急速に進んでいる。

 


そうすると今まで狙い難かったターゲットが、

 


手軽に挑めるようになりライトジギングの世界も一気に広がった。

 


これが人気となり巷では、

 


スーパーライトジギング(SLJ)やマイクロジギングなどと呼ばれている。

 


弊社ではスーパーライト系として相称したい。

 


このスーパーライト系のモデルを今作に取り入れた訳だが、

 


ベイトモデルとスピニングモデルで各々に使い分けが出来る様にしてみた。

 


今までの開発経緯も踏まえながら紹介していきたい。

 

 

 

 

 

 

HLJ641B-FLL(ベイトモデル

 


全長:6'4"(ft) パワーランク:LL(ULとLの中間)

 

 

 


バーチカル(垂直)にルアーを落として探る状況ではベイトモデルが扱い易い。

 


今まで既存のモデルでは80gがベストのモデル(HLJ64B-FL)は有ったが、

 


更に軽量なジグに照準を合わせたモデルが無かった。

 

 

以前に掲載したBlogで伊勢湾でのテストを書いた。

 


 → 秋のスーパーライトジギング(2017年12月22日掲載)

 

 

 

 

 


この日はターゲットが絞れず、漁礁周りを探っていき五目釣りが狙いだった。

 


ストラクチャーの近くでは根魚などが主体だが、上層にはワラサなどの青物が回遊しており、

 


あまり細いラインだとラインブレイクの恐れもある。ただし使用するジグは60gだ。

 


その為、船長からは少し強めのライン設定(PE0.8&リーダー16lb)が望ましいと伝えられていた。

 


また、風が強い日でありスピニングタックルで挑んでいた方は棚ボケしてしまい、

 


根掛かりでルアーをロスとしている方が多く見受けられた。

 


こうした状況などでは少し重ためを選び、着底を捉え易いベイトタックルが向いている。

 

 

漁礁や根周りなど、ジグをストラクチャーに対してタイトに落としていき

 


ターゲットのレンジ(泳層)を探ることが出来るモデルとしたかった。

 

 

 

 

 

 

 

 


使い易いメタルジグの重さを、マックス100g・ベスト60gとし、

 


バランスとしてPEライン(0.8号前後)リーダー(16lb前後)と設定。

 


ターゲットは広く、シーバス・太刀魚・マダイ、

 


小〜中型回遊魚・根魚・海マスなど日本中の魚を狙う事を想定した。

 

 

地域別に使用法も変わり、

 


東京湾では冬季のシーバスジギングに活躍し、

 


ソフトなティップが吸い込み系バイトを逃さず深場に落ちた魚を狙う事に向く。

 


駿河湾や富山湾など、夜間での太刀魚ジギングでは浅棚に浮いてきたターゲットを

 


軽量ジグで誘うことにも向いている。(夏季に浅場に入った太刀魚にも有効)

 


東北から以北では季節限定ではあるが、海マスをジギングで狙う際にも有効で、

 


ソフトに仕上げたアクションがフッキング後に身切れを防いでくれる。

 


今までのライトジギングタックル(リール・ライン・ルアー)をそのままに、

 


ロッドを入れ替えるだけでも更に世界は広がるはずだ。

 

 

 

 

 

 

 


HLJ641S-FUL(スピニングモデル)

 


全長:6'4"(ft) パワーランク:UL

 

 

 


スピニングの強みは、ちょい投げなどキャストが容易なことだ。

 


魚が浮いている状況や浅場を探る際には、

 


キャストして斜めにジグを引いた方が効率的といえる。

 


ターゲットや船の流し方が分かれば、スピニングモデルが有効な場合が多い。

 

 

スーパーライト系のターゲットとして注目されてきたのが、

 


イサキやオキメバルなど今までは稀に掛かる程度の魚種達だ。

 


細いラインと小粒で比重が高いジグが増えたことで、

 


オキアミを餌に釣っていた魚もターゲットにする事が出来る様になってきた。

 


しかし、これらの魚の場合中層に浮いていることが多く、

 


たとえヒットに持ち込めても口が小さく身切れし易い為かバラシも多い。

 

 

 

 

 

 

2016年4月に山形県にて、真鯛をジギングで狙った取材があった。

 


 → SALT WORLD( 2016年6月発売号に掲載)

 

 

 

 


この時は真鯛狙いであったが、潮が緩い時間帯にオキメバルが多く掛かった。

 


水深50m程であったが、風はなく潮流も緩い状況で40gのジグでも

 


充分底を捉えられる状況であった。

 


底からユックリと巻き上げ、おそらく20〜25m付近を探っていると

 


グッと抑えられるバイトがありフッキングを入れるとオキメバルが掛かったきた。

 


偶然と思えたが、何度も再現性があったのが記憶に残っている。

 


この時レッドフリップ・マダイジガーよりソフトなロッドが、オキメバルに向いていると思えた。

 

 

 

 

 

 

時は進み、伊勢湾でスーパーライトでイサキを狙うことになった。

 


 → 伊良湖沖のスーパーライトジギング(2017年7月3日掲載)

 

 

 


水深は30〜40m程。ちょい投げして斜めにトレースラインを取り、

 


フォールを意識しながら探るとアタリが来る。

 


大きさの割には引きが強くバレ易い。そういった意味でも今作のアクションは

 


バイトを絡め取る様な柔らかい調子が向いている。

 

 

 


表示ではUL(ウルトラライト)パワーに設定してあるが、

 


TENRYU特有のネバリ強さを持たせてみた。

 

 

 

 

 

 

写真は敦賀湾にてテストしていた際にキャッチしたシーバス。

 


なかなかスリリングなファイトを楽しめた。

 


バット部にCNTを採用した事で、ULパワーであっても安心感がある。

 


無理に大型ターゲットを狙うことを推奨している訳ではなく、

 


今まで狙えなかった魚を釣るのも一興という事。

 


ぜひ、この面白さを体験して頂きたい。
 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

真鯛ジギング『レッドフリップ・マダイジガー』RedFlip MADAI-JIGGER(改筆)

 

真鯛ジギングという言葉が改めて浸透してきた。


以前に書いた記事を改めて紹介したい。

 

**********************

 

 


各地で伝統的な真鯛狙いの仕掛けが伝わり、

 


漁具から発展した釣法は形を変え多岐に渡っており、

 


タイラバ、テンヤなどはその典型例だ。

 

 

さて、真鯛ジギングという言葉を知っているだろうか。

 


20年以上前からオフショアを楽しんでいる方なら、

 


関西地区を中心として知っている方が多く決して目新しくは無いが、

 


近年東北エリアで真鯛ジギングの人気が高まってきており、

 


これを契機に九州北部でも同じ釣法で釣果が上がっている。

 


その専用ロッドとして開発したのが今作のマダイジガーだ。

 

 

 

 

 

 

 釣り方の説明 

 


ベイトフィッシュを追う時期から本格的なシーズンとなり、

 


乗っ込みを控えた春頃と、産卵してから回復してきた魚が多くなる夏頃が

 


メタルジグで狙うことに適した時期と言える。

 


アバウトに説明すると中層に浮いた魚を狙うことになり、

 


ルアーを投入後、着底を感じたらリトリーブ中心で誘うのが基本だ。

 


フォール中にジグを追っている事もあるので、着底後すぐに巻き出すのが肝になる。

 


巻き出しすぐのバイトも多いので、着底すぐは集中しておくことをオススメだ。

 


この釣りが盛んな日本海側エリアでは船をドテラ流しで流すことになり、

 


潮下に向かって投入するのでリトリーブコースは斜め(べベル)になってくる。

 


誘い方はタイラバと同じタダ巻きが基本ではあるが、

 


アクセント的にシェイクも効果的で

 


軽くロッドを揺する程度に喰わせの間を作るのも有りだ。

 


リールを巻くスピードはタイラバと同じ程度だが、

 


その時によって効果的なスピードが変わるので色々と試してみるのが良い。

 


時期によって魚の泳層が変わり、底付近でアタリが出る時や

 


水面から10m程度の浅い層で当たる時もある。

 


こうしたレンジが浅い時にはキャストして狙うのが有効になり、

 


アンダーハンドで投げやすい様にリアグリップを少し短めに設定してある。

 


アタリは明確で、ガツガツと手元に伝わるバイトが多く、

 


フッキングは鋭く大きく入れると良い。(動画を参照)

 

 

 

 

 

 

 

 タックル設定 

 


水深50m程なら40〜80g程のメタルジグが基準となり、

 


潮が緩い状況や浅い層を狙う際は20〜30g程をキャストして探り、

 


潮流が速い時や深場では100〜120gといった重さまで欲しくなる。

 


使用するジグのウェイトと水深・潮流・風などを計算し、

 


ロッドを使い分けることでゲーム性が高まる。

 


メーンラインはPE0.6〜1.2号、リーダーは12〜20lbで充分対応できる。

 


リールについてはHPのスペック欄に『対応リール参考サイズ』を参考に、

 


ギア比の違いによって使い分ける事で奥深いゲーム展開が可能だ。

 


ターゲットも真鯛だけ釣れるだけなら良いが青物も混じる状況もあるので、

 


船長にタックルバランスを事前に聞いていくことをオススメする。

 

 

 

 

 

 

山形県(温海沖)のタックルバランスを例にすると、

 

 

水深50m程、潮流緩い状況


Rod : RF652S-L


Reel : S社#4000class


Line : PE0.8号 & Leader 16lb


Lure : TackleHouse Taijig 40-60g 

 

 

水深80m程、潮流緩い状況


Rod : RF752S-ML


Reel : D社#3000class


Line : PE1.2号 & Leader 20lb


Lure : TackleHouse Taijig 80-100g

 

 

魚のレンジ水面より10m程、キャストして狙う状況


Rod : RF752S-ML


Reel : S社#4000class


Line : フロロカーボン(8-10lb) & Leader 14-16lb


Lure : JIG 20〜30g or スプーン 20〜30g

 

 

 

 

 

タイラバや鯛テンヤなど、各地で進化してきた釣法が

 


段々と他の地域でも有効なことが分かり人気が出てきている。

 


タイラバが中心のエリアでも、船長が許してくれるならジグも試してみるのも面白い。

 


気になったら、ぜひトライしてみて欲しい。

 

 

(※2014年3月7日に掲載したBlogを改筆しました)


 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

スクイッドAR(イカメタル)2018年追加モデル

 

 

イカメタルという言葉が浸透して日は浅いが、

 


メタルスッテを使ったゲームは年を追うごとに進化している。

 


同じターゲットであっても地域によって狙い方が変わり、

 


リグに合わせてロッドもバリエーションが欲しくなってきた。

 


さて2018年、ブリゲイド・スクイッドARの追加モデルとして2機種、

 


キャスト&カーブフォールを得意としたスピニングモデルと、

 


重いスッテとオモリグにも対応するベイトモデルが登場する。

 


既存モデルと使い分ける事で、

 


バーチカルに探るだけでなく、多角的に狙う面白さがあるのだ。

 

 

 

 

 

 

AR75S-FLL(スピニングモデル)

 


このモデルを紹介するには、既存のAR70B-FLL(ベイトモデル)の存在があった。

 


今までアタリを感じるには、穂先のテンションが抜ける(目感度)か、

 


手元に届く(手感度)によってアタリを聴き分けていた。

 


だが…それ以外に第三のアタリとも言うべき

 


『違和感』を捉えるのがエキスパート間で話が出ていたらしい。

 


ケンサキイカ(マイカ)だけを釣り分け様と思うと、

 


スッテを大きく動かさず自然なアクションで誘うのがキモになる。

 


またステイ中に船の揺れを吸収し、不自然な動きも少なくすると、

 


今までのロッドでは捉え難かった『違和感』と言うべきアタリが見えてくる。

 


アタリを言葉で表現すると、揺れていたティップが止まる様な感覚だ。

 


これが分かるアングラーは、

 


AR70B-FLLを使って船の上で独り勝ちだった方も多かった。

 

 

 


そして、今回のスピニングモデルだ。

 


今までバーチカル(垂直)方向での誘いで探っていたが、

 


キャストする事が簡単なスピニングモデルとなったことで、

 


集魚灯の光と暗闇との境界を探る事も容易になってくる。

 


船上で皆同じ方向に落としているとイカも学習してスレるが、

 


角度を変えた誘いをしてあげると簡単に釣れてしまう事も有るのだ。

 


スピニングモデルは、軽量なメタルスッテとの相性も良く、

 


レンジ(泳層)が浅い状況ならキャストしてフォールで誘ってみて欲しい。

 


もしタックルにコダワリたいなら、レバーブレーキが付いたリールを使うと、

 


アタリを逃してもクラッチを切ってフォールで誘うなど小技で楽しめる。

 


ぜひ、ベイトには出来ない面白さを体験してみて欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

AR66B-FML(ベイトモデル)

 


毎回同じ状況で釣れてくれるとタックルを絞り易いものだが、

 


天候や潮流・ターゲットの泳層がコロコロと変化するので厄介だ。

 


使うリグの重さはバリエーションを多く持っているほど、

 


状況に合わせた使い分けが楽しめるし釣果も伴ってくる。

 


船によって流し方も変わり、20号や25号、場合によっては30号など

 


極端に重いメタルスッテを必要とする状況がある。

 


こうした時に今までのロッドでは、ティップが負荷に負けてしまい

 


アタリが獲り難かった方も多かったと思う。

 


そこでヘビーウェイトのリグにも対応するロッドを作ろうとなった訳だ。

 


既存のAR68B-FLよりも、ベリーからバットにパワーを付け、

 


20〜30号程のメタルスッテの重さに負けず機敏な誘いを可能にしている。

 


ティップはグラスフレックスを採用し、深場でも明確なアタリを伝えてくれる。

 

 

 

 


北陸や山陰地方の一部では、ドテラ流しに対応するオモリグも使用される。

 


オモリグも30号〜40号といったオモリを使うこともあり、

 


ヘビーウェイトのメタルスッテやオモリグにはバッチリの機種に仕上げてみた。

 


このモデルで全てをカバーするのは難しいかもしれないが、

 


地域によってスペシャルなモデルとなる。

 


フィールドに合わせてタックルを色々と試してみて頂きたい。

 

 

 


 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー