Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

レッドフリップ 追加モデル(早掛けスピニング)

 

レッドフリップの追加モデルが、2018年の3月にリリースとなる。

 


次作は『早掛けスピニング』がコンセプトだ。

 


既にテスト中の動画や、釣行記事で小出しにしてきたのでご存じの方も多いはず。

 

 

 


2017年にリリースした『早掛けベイトモデル』は、

 


鯛ラバの常識と言われていた釣り方を激変させる機種となった。

 


そして『早掛け』と『向う合わせ』を取り入れることによって、

 


ターゲットのコンディションに合わせた深いゲーム性が生まれたわけだ。

 


近年の鯛ラバ事情を見ていると、

 


各地域で船の流し方によってタックルを変える必要が大きくなってきている。

 


それは『バーチカル』と『ベベル』の違いだ。

 

 

 

 

 


船の真下にルアーを落とすバーチカルに対し、斜めにルアーを引いてくる状態をベベルと呼ぶ。

 


ベベル状態には、キャストして斜めに引いてくる方法と、

 


ドテラ流しといった船が動いて斜めに引いてくる方法に別れる。

 


そう、この斜めに引いてくる事に特化したモデルこそ、今回リリースするスピニングモデルなのだ。

 

 

例えば、浅いエリアであったり、魚が広範囲に散っている状況では、

 


斜めに引いてくる方がヒットチャンスを多く取れる場合がある。

 


水深が極端に浅い場合、船のエンジン音が障害となって魚にプレッシャーを与えてしまうことになる。

 


エンジンを切り、風や潮流を使って静かに流しながら探った方が良いことも有るのだ。

 

 

 

 

 

RF742S-M(ドテラ流し・早掛けスペシャル)

 


風や潮流で船を流すドテラ流しなど、

 


真下にルアーを落としても着水点より遠ざかっていきラインの角度が斜めになっていく。

 


水深が50m程であっても、送り出したラインは100m近くになる事も多く、

 


アタリを感じてフッキングを入れても今までのロッドではパワー不足であった。

 


そこで、ファーストアクションでロッド全体に張りがあり、

 


フッキングストロークを取れる長めのロッドが欲しかった。

 


そしてフッキングが決まった後は、バットまでスムースに曲がりこみ

 


魚の引きを受け止めるアクションであって欲しい。

 


このモデルは、ベイトタイプのRF5111B-Mが完成したと同時に開発が始まった。

 


ベイトモデルのアクションを維持したまま、ブランクを延長したモノから始まり、

 


ダルさを消すために更にベリーからバットにかけて強烈な張りを持たせた。

 


恐らく初めて触った方は、これがタイラバ向けのロッドとは思えないかもしれない。

 


目を瞑って触ると、ヴォルテックス(ロックフィッシュロッド)のMHクラスに匹敵する張りが有るからだ。

 


ただ…現場で使うと、コンッ!と当たった瞬間にフッキングを入れようと思うと、

 


この硬さが無ければフッキングパワーが伝わらないのだ。

 


また、潮流に乗った鯛の引きはバーチカルに比べ強烈に高まり、

 


大鯛の引きを受け止めようと思うとロッドのパワーは必然的に強くなる。

 


フィールドで使ってこそ分かるモデルと言えるだろう。

 

 

 

 

 


RF682S-ML(キャスト・早掛けスペシャル)

 


潮流が緩い時間帯や風で船が流れない時など、キャストして広範囲を探った方が良い場合もある。

 


春先など産卵を意識した個体が浅場に差し上がってくるが、

 


中層に浮いていることも多くポイントが浅いのでバーチカルでは誘いが難しい。

 


こうした時も、軽めのタイラバをキャストして斜めに探る方法で好反応を得られる事もある。

 


大概はガツンとヘッドを噛みに来るバイトが多いので、

 

 

早掛けでフッキングさせてしまった方がこの釣り方に合っていると思えていた。

 


そこで 早掛けベイトモデルのRF5111B-ML をベースに、

 

 

キャストに向いた長さとアクション、ガイド設定を模索していく。

 


潮流が緩いときなどブランクに張りを持たせ過ぎると『潮噛み』を感じ難く、

 


ティップは適度な柔らかさが必要で、ベリーからバットにはフッキングに必要な張りも欲しい。

 


そして 早掛けスピニングのRF742S-M と同じく魚がヒットすれば、バットまでスムースに移行するアクションも必要だ。

 


見た目は華奢に見えるが細くてもピンと張りがあり、曲げ込むと想像以上のネバリも持たせた。

 


既に公開している動画でご覧になると分かるが、

 


グッドサイズのヒラマサにも負けないネバリ強さには私達も驚いた。

 

 

 

 

 


タックルバランスも重要

 


両機種ともに言える事だが、使用するラインは太くて良い。

 


早掛けのベイトモデルでも推奨している通り、PE1号に20lb程のリーダーが好ましい。

 


そしてリールのドラッグ値も、1kg前後に設定するのが良いだろう。

 


フッキング(早掛け)を入れると、細いラインでは負荷に耐えられず切れてしまう恐れがある。

 


ドテラ流しなどは、魚の抵抗と潮流が抵抗となってバーチカルに比べラインに掛かる負荷も増す。

 


せっかくのチャンスを、フッキングで切れてしまっては勿体ない。

 


いつもより少し強めのタックルを選んで頂くのがオススメだ。

 


もちろん、慣れてくれば細いラインでも対応出来るようになってくるので、

 


アングラーの力量に合わせたタックルセッティングを推奨したい。

 

 

 

 

 


フッキングのコツ

 


基本は、大きく・鋭くだ。

 


バーチカル時は短く・鋭くだったが、ラインのフケが大きくなるほど

 


フッキングのストロークを大きくした方が良い場合が多い。

 


タックル設定さえ間違ってなければ、思いっ切りフッキングするほど効果は大きいので、

 


フッキングの方法は動画を参考にして頂きたい。

 


今までタイラバを経験してきた方ほどフッキングが弱い傾向がある様で、

 


タイラバを初めて経験する方ほどフッキングが上手にいく傾向がある。

 


要は、バラシを恐れず思い切りフッキングを入れるのが良いのだ。

 

 

 

 

 


これまで各地でテストを繰り返し、九州の玄海灘をはじめ、

 


関東の鹿島灘や東京湾や外房エリア、瀬戸内海の備讃瀬戸エリアなど必要と思える状況は多くあった。

 


ただし、この2本だけではゲームは成り立たない。

 


バーチカルの早掛けに向いたショートロッドや、向こう合わせに向いたロングロッドなど

 


色々な組み合わせを取り入れるとタイラバは更なる面白味を持ってくる。

 


今持っているタックルと合わせて、様々なゲームプランを取り入れてみては如何だろうか。

 

 

 

 

Staff Funaki

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

新生『ホライゾンLJ』

 

 

 

 

 

・ライトジギング向けシリーズ

 


シリーズの始まりとなった『ホライゾンLJ』が、この度リニューアルとなる。

 


ユーザー間では噂されていた様で、展示会などで聞かれる事も多かった。

 


以前の釣行記事でプロトタイプと表記していたロッドがそうだ。

 


ホライゾンをご存じない方向けに、簡単にシリーズを紹介しておこう。

 


初登場は2012年。旧作オフショアライトの後継シリーズとして発表された。

 


太刀魚やシーバスなどをターゲットに、

 


ベイエリアから近海でのライトジギング向けに開発されたのがLJタイプであった。

 


その後スロー系向けのSLや、その上級機種のプログレッシブが続いている。

 


そしてターゲットや釣法の細分化に伴って、更なる進化を遂げて今年リニューアルとなった。

 


さて、今作がどう進化したか掘り下げていこう。

 

 

 

 

 

・カーボン・ナノ・チューブを採用

 


前作との大きな違いは、 『C・N・T』 をバット部分に採用した点だ。

 


今までよりライトなモデルでも無理が効くようになり、

 


ライトジギング系であっても近海で通用出来るパワーを持たせることが可能になった。

 

 

  製法の説明はコチラ → 【 C・N・T (カーボン・ナノ・チューブ) 】

 


この効果はドラッグフォースやプログレッシブで照明されている通りで、

 


その違いを感じているアングラーは多いと思う。

 


負荷試験において、ドラッグ値のおよそ倍の数値で曲げてみた。

 


前作よりも安心感が増しているのが感じられる。これも『C・N・T』の効果だろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おや?と感じた方が居るかもしれないのが、ロッド全体には『C・N・T』を採用していない点だろう。

 


もちろんティップまで『C・N・T』を使った試作は行ってきたが、

 


素材の特性上なのだろうか、グラスフレックスの良さが若干スポイルされた様に感じていた。

 


ティップのグラス部は、吸い込み系のバイトをする魚に効果を発揮したり、

 


ジャーク後のステイさせた際のバイトを拾えるなどが利点といえる。

 


ただ…ティップまで『C・N・T』を使うと若干張りが強くなってしまい、

 


長所と言えるソフトなティップを崩してしまっていると思えたからだ。

 


そこでアクションを活かしながらネバリ強度を上げるという意味で、

 


およそバットガイドからグリップエンドあたりに『C・N・T』をコンポジットしたのが狙いだ。

 

 

 

 

 

 

・マグナフレックス製法

 


各機種にはマグナフレックス製法を採用している。

 


今回の6機種には『グラスフレックス』を用いており、ティップ部がグラス素材となっている。

 


  製法の説明はコチラ → 【マグナフレックス製法】

 


旧モデルはグラス部の長さが統一されていたが、今作は機種別に微妙に長さと硬さを変化させている。

 


シーバスやハタなどは吸い込み系のバイトが多く、ソフトなティップで飲み込ませるのが好ましい。

 


逆に太刀魚の様に噛み付き系のバイトには、やや強めのティップで掛けていくのが効果的だ。

 


そういった面で機種別にティップを変化させてあり、

 


アングラーのタックル選択次第でゲームの展開が面白くなっていく。

 

 

 


・PEラインの進化がカギ

 


技術革新でPEラインは細く強いモノになってきた。

 


それに伴ってスーパーライト系といった極細ラインを使ったスタイルや、

 


2号以下のPEラインでも近海ジギングに匹敵する釣りが可能になってきている。

 


たとえば…スーパーライト系に2機種。

 


 HLJ641B−FLL(ベイトタイプ)


 HLJ641S−FUL(スピニングタイプ)

 


イサキをはじめとして、極細ラインで広がるターゲットが魅力だ。

 


また、限界突破を狙うクラスを超えた2機種。

 


 HLJ611B−FM(ベイトタイプ)


 HLJ611S−FM(スピニングタイプ)

 


PE2号クラスで狙う限界へのチャレンジモデルとなっており、

 


ジグザムシリーズにも匹敵するパワーを持たせた異色なモデルもある。

 


各機種については、また別の機会にて紹介していきたい。お楽しみに。

 

 

 

 


Staff Funaki

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

タイラバ『早掛け』スピニング・テスト釣行

 

 

 

タイラバの早掛けを提唱して、様々なエリアで釣りをしてきた中で

 


やはりバーチカルだけでなくドテラ流しの様に斜め(ベベル)に引く状況も多い。

 


そんな状況に活躍するロッドが今回発表するロッドだ。

 


ベイトタイプの早掛けモデルと並行して開発を進めてきて、

 


やっと発表できる段階に仕上がった。

 


まだ詳細については非公開だが、モデル名ぐらいは発表したいと思う(動画を参照)

 


プロトタイプではあるが、かなり面白いロッドに仕上がったと自負している。

 


この機種が出来たことにより、バーチカルの早掛けと、ベベルの早掛け、

 


それに向こう合わせのモデルを含め、タイラバは更に戦略的なゲームを楽しめる。

 


詳細は、また改めて発表したい。ご期待ください。

 

 

 

また、撮影時の記事はコチラ → 『九州行脚Part2』

 

 

 

 

 

Staff Funaki

 

 

 

 

 

レッドフリップ・早掛けスピニングモデル)

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

スパイクの季節

 

 

 

 

今年も熱い季節がやってきた。

 

 

オフショアを嗜むアングラーにとって、

 

 

この季節になるとシイラやカツオといった

 

 

キャスティングゲームを思い浮かべる方も多いはず。

 

 

地域によっては、キハダマグロの開幕直前であったり、

 

 

ブリの幼魚(イナダ、ハマチ、ヤズ…)も面白い季節だ。

 

 

水面が沸騰したように起こるボイルを見ると、

 

 

どんな方でも胸が高まることだろう。

 

 

未経験で今年こそキャスティングゲームを体験したいと考えている方、

 

 

もしくは以前に楽しんでいたが最近行けていない方。

 

 

今年は、近海キャスティングゲームへ足を運んでみては?

 

 

ロッドを選ぶ際は、ぜひ スパイクシリーズ をどうぞ。

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

鯛ラバ早掛けロッドの選び方

 

 

新製品のレッドフリップ(早掛けモデル)が、

 


釣具店様に並び始めていると思いますが皆さん手に取ってもらえましたか?

 


RF5111B-ML (以降ML)が良いか?

 

 

RF5111B-M (以降M)が良いか?という質問を受けることが多いのですが、

 


本音を言うと2本とも必要です。

 


何本ものプロトの中から、どうしても外せない2本に絞ったので選ぶのも悩みます。

 


とは言ってもお小遣い制の私も一度に2本は買えませんから、どちらを先に選ぶかという話をしましょう。

 

 

 

 

 


汎用性の高いのはスタンダードモデルであるMです。

 


水深50m以上対応でバーチカルとドテラの両方の流し方をする船に乗るのであれば、まずはMをお勧めします。

 


その次に買うのはライト(フィネス)モデルのMLです。

 


水深50m以下のバーチカルの状況下で特に力を発揮するモデルです。

 


特に潮の動きが悪い状況のバーチカルで早掛けをするのならMLは必ず必要です。

 


私のお勧めはまずスタンダードモデルのMを買ってから、

 

 

ライト(フィネス)モデルのMLを買うというものです。

 

 

 

 


皆さんの釣りに行かれる海域の状況に合わせて最初に買う一本を選んでみて下さい。
 

 

簡単にですが、レッドフリップシリーズの使い分けをフローチャートにしてみました。
 

 

ロッドを選ぶ基準にして頂けたらと思います。
 

 

Staff M
 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

タイラバ早掛け (タックルバランスについて)

 

 

前回まで早掛けについて説明してきた。

 

 →『タイラバ早掛けとは』(2016年12月2日掲載記事)

 

 

 

 


今回はタックルバランスについて説明していきたい。

 

 

 


早掛けの利点が見えてくると、タックルの選び方で差が表れてくる。

 


『早掛け』を行うには、アタリを直ぐに伝える高感度と

 


入力に対して直ぐに反応出来るアクション(調子)のロッドが必要だ。

 


そして、暫くテストを行ってきて行き着いたのが今回発表した2機種。

 

 

 

RedFlip  RF5111B-ML 浅場を中心とした早掛けモデル


RedFlip  RF5111B-M  :  早掛けモデルのスタンダードモデル

 

 


感度と反応速度を補うため、ロッドは全長を短くファーストテーパーに仕上げている。

 


既存のロッドでも『早掛け』は不可能では無いが、

 


こればかりは専用ロッドを使って頂くと納得して頂けるだろう。

 

 

 

 

 

 

ロッド以外にも着目していきたい。

 


ラインは、フッキングを入れることを意識して少し強めを選びたい。

 


推奨しているのは、メーン:PE1号、リーダー:20lb といった具合だ。

 


近年のタイラバタックルを見ると、

 


PE0.6〜0.8号、リーダー14〜16lb等が主流となっている。

 


しかし細いシステムを使うと、

 


フッキングの際に(アワセを入れた時)衝撃で切れてしまう恐れがある。

 


ロッドもファーストテーパーで張りが強く、硬い竿を使うほど切れるリスクは高い。

 


どんなサイズが掛かるか分からないため、慣れるまでは少し太めをお勧めしたい。

 

 

 

 

 

 

次にリールだ。

 


張りの強い竿を使うのでバラシを軽減する為に、ドラッグ性能の高いリールの使用が理想だ。

 


近年のソルトウォーター向けの両軸タイプなら、充分なドラッグ性能を有している。

 


およそ800g〜1kg程のドラッグ値を掛けていれば殆どのエリアで対応が可能なので、

 


低負荷でも滑り出しが良い物を選んで頂きたい。

 

 

 

 

 

 

最後にフック。

 


現在、市場に出回っているタイラバは、針先が【ネムリ】の場合が多い。

 


これは向こうアワセを意識して選ばれていると思われる。

 


『早掛け』の場合はフッキングのレスポンスを高めるために、

 


針先は【ストレートポイント】を選びたい。

 


これは、フッキングした際に力を針先まで直に届けることを意識してだ。

 


ただし、針形状については色々と試している段階であり、

 

 

現在スタッフ間での見解は、親針に(ヘッドに近いフック)ストレートポイントを選び、

 


子針はサポートの役割としてネムリ形状を選んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

おそらく更に進化が進めば、

 


早掛けに向いた鯛ラバのヘッド形状なども有るかもしれない。

 


釣り方が増えると、とことん突き詰めたくなるのも一興。

 


シンプルな釣りだからこそ面白い。

 


今後、更なる早掛け向きのセッティングが出来上がれば紹介していきたい。

 

 

Staff Funaki

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

タイラバ 早掛けとは

 

 

 

 

遂に発表となったタイラバ『早掛け』専用ロッド(2機種)

 


RedFlip  RF5111B-ML


             RF5111B-M


発売時期:2017年3月末頃(予注承り中)

 


動画でも紹介してきたが、釣り方を紹介していきたい。

 

 

 

 

 

 

『早掛け』とは、アタリが有ったら間髪入れず即フッキングを入れるスタイルだ。

 


今までは…アタリが有ってもリールを巻き続け、

 


リーリングでフッキングに持ち込むスタイルが一般的であった。

 


近年フッキングを入れる事に着目され始めているが、

 


『いつフッキングを入れる?』と迷ってしまわないだろうか?

 


答えは単純だ、当たったら即フッキングしてしまえば良かったのだ。

 

 

 

 

 

 

このスタイルには長所と短所が存在する。

 


それぞれを説明するには、ターゲットの習性を知ることから始まる。

 


真鯛は雑食性で、魚類や甲殻類・多毛類など季節や場所によって様々な餌を捕食している。

 


捕食するシーンを全て理解している訳ではないが、

 


市場に出回っている一般的なタイラバならヘッドごと丸呑みしてしまうと思っている。

 


だが魚の活性次第で捕食方法に差が発生する。

 


一飲みにバイトしてくる状況や、ヘッド部とラバーの付け根を狙ってくる個体には、

 


圧倒的に『早掛け』が有効と思えている。

 


逆に魚の活性が低く、ネクタイに噛み付く様なバイトには向かない。

 


活性が低ければ今までの『巻き』のスタイルが有効という訳だ。

 

 

 

 

 

 

今まで一辺倒であったタイラバの使用法が、

 


『早掛け』が出来ることで新たな局面が生まれた。

 


ロッドを変え、タイラバの形状を変え、固定か誘導かを選ぶなど

 


選択方法が広がり釣りの深み(ヤリコミ要素)が増している。

 


今後、早掛に向いたタイラバのヘッド形状や、フック形状など進化は進んでいくだろう。

 


シンプルだからこそ面白い『早掛け』にチャレンジしてみては如何だろうか。

 

 

Staff Funaki

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

ベイブレイズ ビッグベイト対応モデル

 

 

以前に公表させていただいた追加モデル

 

 

BBZ682B-XXKがいよいよ発売となります。

 

 

スペックについては以前のログを参照頂ければと思います。

 

 

ビッグベイト対応モデル BBZ682B-XXK (加筆)

 

 

 

 

 

 

各地にてビッグベイトが有効な機会が増えている中

 


この機会に是非ロッドを手に取ってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

ディープライダー解読書

 

 

ジギング人気の影響かジグザムの問い合わせが後を絶たない。

 


ディープライダー(以後JDR)について質問も多く、

 


今回は質問の多い内容とその回答を掲載していきたい。

 

 

 

 

Q1. 新旧の違いが知りたい

 


簡単に分けると『アクションの変更』と『パーツの変更』である。

 


アクションは極端に変更した訳ではないが、

 


全体的にスムースに曲がるアクションとし、バットを若干強化している。

 


そのため旧作と比べると少し柔らかく感じ、

 


曲げ込むことでシリーズが誇る復元力を感じられる様になった。

 


ただし、番手によってバットを強化したが故に、

 


硬く感じられる機種もある。(JDR581S-3Kなど)

 


近海ジギングでの流行ではないが傾向として

 


『しなやか』に曲がるロッドが好まれる様になり、

 


アングラーの負担を軽減するタックルを手にする方が増えている。

 


そうしたニーズに答えられる様に、

 


若干ではあるがアクションの変更を行った経緯がある。

 


ただ…店頭で曲げ比べした程では分り難いかもしれない。

 


ラインを通して実際にフィールドで操作すると実感出来る。

 


目に見えて分かる変更としてパーツの変更だ。

 

 

旧 ディープライダー(JDR631S-3)

 

 

新 ディープライダー(JDR631S-3K)

 


ガイドを一部チタンフレームに変更し、形状も『Kタイプ』に変更している。

 


ライトな機種はシングルフットを多用し、

 


パワーを求める機種には全てダブルフットのガイドを採用した。

 


チタンフレームにしたことで穂先側が軽量となり、持ち重り感の改善が出来ている。

 

 

 

 

ベイトタイプのリールシートは、

 

 

ドラッグフォースでも採用した『PLSシート』に変更した。

 

 

トリガーの位置が小指より後ろ側になり、

 

 

パーミングが楽になり違和感なく操作が可能となっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

Q2.なぜ『C・N・T』を使わなかったのか?

 


ディープライダーらしさを求めると、

 


素材の変更はロッドの味付けを変えてしまう恐れがあった。

 


カーボン素材は単純に弾性だけ語れる訳でなく、

 


繊維の太さや方向性、樹脂量など様々な要素が複雑に組み合わさって構成される。

 


C・N・Tを使うと現状より耐久性は上がるかもしれないが、

 


操作性などフィーリングが全く違ったロッドに仕上がってしまい、

 


結果として後継モデルはC・N・Tは使用しない事に決まった。

 


今後、技術力が向上すればC・N・Tの実装も可能性が出てくるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

Q3.ブラックリミテッドの再販は?

 


限定販売のため、今後同じモデルを再販する予定は残念ながら無い。

 


当時のハイエンドスペックを求めて作ったのがブラックリミテッドであり、

 


今後考えるのであれば現行モデルをチューンしたロッドだろう。

 


ただし、リミテッドモデルの予定は未定だ。

 

 

 

 

 

 

Q4.電動ジギングは可能か?
 

 

電動リールを使用したジギングに関して、全く問題なく使用が出来る。
 

 

リールシートを新型(PLS)に変更したことで、
 

 

大型のリールを装着しても持ちやすいデザインとなっている。

 


サイズはS社であれば800〜1000番クラス。

 


D社なら200〜300番クラスが使い易い範囲だろう。

 

 

 

 

 

Q5.ローレス系に向くか?

 


路線的にはローレス系なアクションに仕上がっている。

 


低反発のブランクを採用しスペック表記の最大ウェイトを使用することで、

 


ジグの動き出し(初速)を落としローレス系の使用が可能となる。

 

 

ただし専用ロッドでは無いのでアングラー次第で色々と試して頂きたい。

 

 

 

 

 

 

今後、質問等がありましたら追記致します。

 

 

Staff Funaki

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

イカメタルゲーム

 

BRIGADE・Squid AR (ブリゲイド・スクイッドAR)

 

 

AR68B-FL

Length : 2.03m / 6'8"    Lure : 18-90g(5-25号)    Line : 0.3-1.0号

 

AR70B-FLL

Length : 2.14m / 7'0"    Lure : 18-80g(5-20号)    Line : 0.3-1.0号

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー