Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

ホライゾンSLと、LJの使い分け

 

 

お問い合わせでホライゾンの違いに聞かれることが多い。

 


今回は ホライゾンSL と、ホライゾンLJの違いについて説明していきたい。

 

 

 

 

 

 

簡単に分けると、ホライゾンSL は【スロー系ジギング向け】。

 


ホライゾンLJ は【ライトジギング向け】だ。

 


厳密にはジャンルで分かれているが、使用方法などクロスオーバーしている部分も多く

 


スロー系であってもライトジギングが可能になってしまっている。

 

 

では、何を基準に分ければよいか?

 

 

 

 

 


答えは、 『ティップの硬さ』で使い分ける。

 

 

スロージギング系ロッドの特徴として、ティップの先まで張りが有る事だ。

 


ホライゾンSL はティップに張りがあるので、短いストロークのジャークで

 


メタルジグを横に向けさせることが可能になっている。

 

 

ライトジギング向けである ホライゾンLJ は、比較的ティップはソフトに仕上げてあり、

 


ジャーク後にステイさせた際のバイトを拾える点もある。

 


シーバスの吸い込み系バイトや、太刀魚がジグのテールだけをバイトする時期など、

 


ソフトなティップであるとバイトを弾きにくくヒットに持ち込みやすくなる。

 

 

このティップの硬さを基準に、

 


ターゲットに合わせてタックルバランスを構築すれば良いわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ…操作方法(ジャーク)で、ジグの動きに差が出る事を意識したい。

 


写真では、ほぼ水平にロッドを構えている。ラインは垂直(バーチカル)に入っている。

 


赤い矢印と、青い矢印の位置でジャークした場合で、

 


ティップの戻る割合が変わりジグの動きにも影響してくる。

 


赤い矢印の間で操作するとティップの戻りを活かせるジャークになり、

 


ジグの初速を上げやすく、ジグを横に向かせて滑空状態を演出しやすい。

 

 

逆に青い矢印ではティップの戻りが鈍くなり、ジグの動きを抑制することが出来る。

 

 

 

 

 

 

 

例えば、図の様にジグを小刻みにレンジを刻みながら使用するには

 


ティップの初速を出しやすい ホライゾンSL が向いており、

 


ロッドは水平方向に構え赤い矢印方向でジャークするのがオススメだ。

 


反対に、ジグの動きを押さえヒラを打たせる様に操作するには、

 


ホライゾンLJ が向いており青い矢印方向で操作するのが良いだろう。

 

 

 

 

 

 

この様に意識してティップを戻す様に使用すれば、

 


ロッド本来のアクションを活かしきることが出来る。

 


道具を使い切ることで遊び方はどんどん深まっていくので、

 


もし選ぶことに迷ったならば上記の内容を基準に選んで頂きたい。

 

 

Staff Funaki

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

鯛ラバ早掛けロッドの選び方

 

 

新製品のレッドフリップ(早掛けモデル)が、

 


釣具店様に並び始めていると思いますが皆さん手に取ってもらえましたか?

 


RF5111B-ML (以降ML)が良いか?

 

 

RF5111B-M (以降M)が良いか?という質問を受けることが多いのですが、

 


本音を言うと2本とも必要です。

 


何本ものプロトの中から、どうしても外せない2本に絞ったので選ぶのも悩みます。

 


とは言ってもお小遣い制の私も一度に2本は買えませんから、どちらを先に選ぶかという話をしましょう。

 

 

 

 

 


汎用性の高いのはスタンダードモデルであるMです。

 


水深50m以上対応でバーチカルとドテラの両方の流し方をする船に乗るのであれば、まずはMをお勧めします。

 


その次に買うのはライト(フィネス)モデルのMLです。

 


水深50m以下のバーチカルの状況下で特に力を発揮するモデルです。

 


特に潮の動きが悪い状況のバーチカルで早掛けをするのならMLは必ず必要です。

 


私のお勧めはまずスタンダードモデルのMを買ってから、

 

 

ライト(フィネス)モデルのMLを買うというものです。

 

 

 

 


皆さんの釣りに行かれる海域の状況に合わせて最初に買う一本を選んでみて下さい。
 

 

簡単にですが、レッドフリップシリーズの使い分けをフローチャートにしてみました。
 

 

ロッドを選ぶ基準にして頂けたらと思います。
 

 

Staff M
 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

レイズ・スペクトラ Rayz Spectra RZS82M(実釣編)

 

 

Rayz Spectra RZS82Mを実釣で紹介。

 


撮影場所 : 犀川(長野県)、北上川(宮城県)

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

RV75S-L (Rock Finesse) 2017 New Item

 

ROCKEYE VORTEX RV75S-L

 

 

 

 

イトリグでお手軽ロックフィッシュ。

 


時間に追われることが多い現代の日本では、なかなか遠征釣りが難しい時代だ。

 


それでも釣りに行きたいと思うのは、全てのアングラーに言えることではないだろうか。

 


近郊の港湾エリアで、週末ファミリーで賑わう防波堤であっても、

 


ライトタックルであれば大きな魚で無くても充分遊べるターゲットが多い。

 


ちょっとした余暇でも、スリリングなゲームを味わえるロッドはいかがだろうか?

 

 

 

 

 

 

ターゲットサイズとして、20〜30センチほどの根魚を考えている。

 


案外この手のロッドは種類が少なく、

 


弊社製品であればルナキアとヴォルテックスの中間のアイテムが欲しかった。

 


要するに、メバルロッドとハードロックフィッシュロッドの間くらい。

 


ルナキア・マグナムでも狙えるサイズではあるのだが、

 


メーンラインをフロロ5lb前後、もしくはPE0.6〜0.8号クラスを扱いたかった。

 


(この太さだと、ルナキア・マグナムでは若干太い。)

 

 

 

 

 


主に使うリグは、5〜7g程のライトテキサスリグやジグヘッドリグ。

 


漁港など砂地が多く、所々に捨て石が転がっている程度のフィールドが狙いだ。

 

 

タックルとしては、エギング向けに近いものがある。

 


エギングロッドとの違いは、底でリグを操作しやすいアクションと、

 


根に潜られないように少し強めに設定したバットパワーだろう。

 


2500番クラスのスピニングリールが丁度良く、

 


実際にエギングで使用しているリールをそのまま流用するのもありだ。

 


その場合は、リーダーを少し太めの12lb程度にすると良いだろう。

 

 

 

 

 

 

数釣りが望めるタックルなので、

 


資源保護の観点から小さすぎるサイズはリリースを心掛ければ、

 


普段では見過ごしてきたフィールドが案外面白くなると思う。

 


ライトタックルで、スリリングなゲームを味わって頂きたい。

 

 

 

 

 

 

ROCKEYE VORTEX RV75S-L


Length : 7'5"(ft) 


Sections : CenterCut 2pcs


Lure : 5-20g


Line : 5-12lb


Price : ¥37,000-(希望小売価格)

 

 

2017年5月末頃リリース予定。

 

 

 

 

 

 

Staff Funaki

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

RV74B-M (Rock Light Versatile) 2017 New Item

 

ROCKEYE  VORTEX  RV74B-M

 

 

 

 

コンセプトは、気軽に防波堤で遊ぶ。

 


ハードロックフィッシュと聞くと、ヘビーリグとハードなタックルが必要と感じてしまうが、

 


都心部から近いフィールドでは少しオーバースペックな感がある。

 


湾港エリアで遊ぶなら、重くても1オンスまでのリグで充分だ。

 


しかし、既存のヴォルテックスのシリーズでは強い(硬い)との声もあり、

 


3/8〜1/2oz(10〜14g)程を使い易いモデルで様々なシチュエーションで遊べる機種が理想。

 

 

 

 

 

 

ボトムと中層

 


カサゴやソイ、アイナメなどをターゲットにするとボトムを意識したリグを使い、

 


バイトと同時に障害物から引き剥がすパワーを求めたベイトタックルが望ましい。

 


近年では、ハタゲーム向けのタックルを要望する声も多く、

 


スイミングで中層を意識したリグにも対応させたかった。

 


ボトム系であればファーストテーパーのアクションが扱い易いのだが、

 


中層を意識して泳がせるイメージで扱うことも考えると、

 


レギュラーファーストテーパーのアクションがスイミングさせる事に向いている。

 


そこで、ベイトタックルでレギュラーファーストアクションとし、

 


全体的にピンとした張りを持たせることでボトム感知能力も求めた。

 

 

 

 

 

 

タックルバランス

 


ボトム〜中層を選ばず扱うなら、今や主流のテキサスリグだ。

 


表記では5gから対応するが、これはテキサスリグ等のシンカーの重さを基準にしており、

 


ソフトベイトと合わせて7g程からが扱い易い範囲で、上限ではリグの総重量が1oz(28g)まで扱える。

 


近年流行しているブレード系ベイトであれば、15g前後のモノを選ぶと良いだろう。

 


メーンラインはフロロカーボン10〜12lb程が扱い易く、モノフィララインであればリーダーは不要だ。

 


PEラインなら1〜1.2号に、フロロカーボン12〜14lb程のリーダーがバランスが取れる。

 

 

 

 

 

 

気軽に防波堤で遊ぶ

 


港湾エリアは人工的なストラクチャーがメインとなり、

 


ケーソンの隙間や消波ブロックがロックフィッシュの恰好の住処となる。

 


カジメやホンダワラなど、海藻が密生していない場所であればライトなタックルで充分。

 


バスタックルの延長で、ゴツ過ぎないタックルで遊ぶことが好きな方にオススメだ。

 

 

 

 

 

 

ROCKEYE VORTEX RV74B-M


Length : 7'4"(ft) 


Sections : CenterCut 2pcs


Lure : 5-28g


Line : 6-14lb


Price : 未定

 

2017年初夏リリース予定。(予約受付中)

 

 

 

 

 

 

Staff Funaki

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

いよいよデリバリー開始

 

 

 

 

続々と、検品チェックを終えた製品が仕上がってきました。

 

 

いよいよ、新製品 レッドフリップ(早掛けモデル)のデリバリーが始まります。

 

 

順次、全国の販売店様へ発送される予定です。

 

 

そろそろタイラバのトップシーズンも近くなり、

 

 

アングラーの方たちもソワソワする時期となっていると思います。

 

 

乗っ込み時に有効な、『早掛け』を体験してみて下さい。

 

 

今までにない、面白さを体験出来ると思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

早掛けの記事はコチラ↓

 

 

・タイラバ 早掛けとは

 

 

・タイラバ早掛け (タックルバランスについて)

 

 

・タイラバ『早掛け』テスト釣行(バーチカル編) 

 

 

・『ドテラ ・ 鯛ラバ ・ 早掛け』釣行

 

 

・タイラバ『早掛け』テスト釣行(ドテラ編)

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

ヴォルテックス2017追加モデル

 

 

 

 

開発中のモデルを動画で告知し、

 


フィッシングショーにて発表した2機種がこの度発売になる。

 


既にカタログや、ホームページをご覧になっていれば分かる通り、

 


既存のモデルに比べると、硬さが大きく違いライトなモデルに仕上げている。

 

 

 

 

 


今作はライトタックルを中心として、手軽に遊べることをコンセプトに作ってみた。

 


沖磯や沖堤防などに渡れば、普段ではお目に掛かれないサイズの魚が望める。

 


しかし、手軽に遊びに行こうとしても渡船を利用するなど時間に制約されてしまう。

 


そこで身近なフィールドでライトタックルを使い、

 


レギュラーサイズのターゲットでも充分に楽しめるタックルにしてみよう考えた。

 


スニーカースタイルで遊べるほど気楽にできるのが理想だ。

 

 

 

 

 


現状のタックルだとメバル系のロッドは極端なライト志向となり、

 


その反対に大物を狙うために、ハード系ロッドは長く硬くなる方向にある。

 


欲したのは、その中間のロッドだ。

 


思い描いたのは、5〜7g程度のリグを扱い易いスピニングタイプと、

 


10g程のリグを扱い易いベイトタイプの2機種。

 


追って詳しい紹介をしていきたい。お楽しみに。

 

 

Staff Funaki

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

Rayz RZ75ML Variable-Shooter(改筆)

 

 

RZ75ML(Variable-Shooter)はレイズシリーズ最初の本流モデルだ。
 

 

南信エリアを中心に本流域とダム湖での使用を目的に開発を進めた。
 

 

天竜川と木曾川をメインフィールドに動いていると、7ftクラスのロッドは必須となってくる。

 


他の河川でもそうだが、本流で求められるのは遠投性能だ。

 


月並みな言葉なので目新しさはないが、

 


ロングキャストで探れる範囲は広まりヒット率も高まる。

 


特にダム湖では、遠投性能の良し悪しが釣果への影響が顕著だ。

 

 

 

 


長いロッドは遠投に直結する場合が多いが、

 


ルアーをイメージ通り操作したい場合は短い方が有利な訳で、

 


結果として7ft半ばのレングスに落ち着いてくる。

 


また遠投に特化しすぎても駄目で、

 


魚の定位しているスポットにルアーを流し込む技術も必要となってくる。

 


狙っているスポットへ流し込むには、

 


落とすべきスポットにキャスト出来ないと駄目だ。

 


要するに本流であっても、キャスト精度は要求されるということ。

 


天竜川や木曽川といったフィールドでは、

 


岩と砂で形成された複雑な流れを読み、ルアーを流すコースを絞り込んでいく。

 


そうした流れに合わせて流し込むには、

 


案外ピンポイントへのキャストしなければならない訳だ。

 

 

 

 

 


昨今のヘビーシンキングブームは本流ルアーにも顕著に出ており、

 


巷に溢れるロッドは張りが強く好みに合わない。

 


張りは求めず、ジワっと残る粘りを伴った硬さが欲しかった。

 


7cm前後で5〜10g程度のミノープラグや、

 


7〜14g程度のスプーンを使い易い範囲と設定している。

 


感度の面も高さは要求していない。

 


…と言うのも感度を高めたければPEラインを使えば充分であったからだ。

 


バラシ難くするならナイロンを使い、

 


飛距離と感度が欲しければPEを使うといった具合で両方に対応出来る設定とした。

 


実際にリールを取り付け、ラインを通して曲げてみて欲しい。

 


綺麗なレギュラーテーパーに曲がり込むのが分かると思う。

 


この癖の無い曲がりもコダワリの一つで、スムースなキャストフィールと、

 


ターゲットを掛けてからのバラシ難さに一役買っている。

 


本流から湖まで、とりあえず一本で済ますなら、間違いなくこのモデルをオススメしたい。

 

 


Staff Funaki
 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

Rayz RZ78LML Satsuki(改筆)

 

 

長野県、岐阜県、愛知県を流れる木曾川、長良川、揖斐川。

 


この木曾三川へ春になると遡上し、

 


皐の花が咲くころに上ることからサツキ鱒と呼ばれる。

 


このターゲットを狙うためのロッドを求めていた。

 

 

 

 


本流向けにはRZ75MLが既に有ったが、

 


この河川群を釣り歩くと専用モデルが要求された。

 


…と言うのも、稚鮎の遡上と共に遡上し、

 


必然的に稚鮎を模したサイズのルアーを使う事が多くなる。

 


5〜7cm程度のサイズを多用し、

 


若干ティップがソフトなロッドの方が扱いやすい。

 


その頃、同時期に RZ68LML(Super-Yamame) を開発していた。

 


ティップはL(ライト)、バットはML(ミディアムライト)といった似たようなパワーを要求されたが、

 


想定しているフィールドでは遠投性能も必要となる。

 


対岸へフルキャストしても届かないような大河から、

 


中流域までを想定しており遠投が出来る方が有利。

 


またドリフトさせながらルアーを操ることも視野に入れており、

 


流れに乗せながら縦にロッドを操作するにはRZ75MLよりも若干長い方が使い易く、

 


遠投性能とのバランスを鑑みながら行き着いた長さが7'8"ftであった。

 

 

 

 

 


問い合わせで多い内容として、RZ75ML(Variable-Shooter) との違いがよく聞かれる。

 


バットのパワーは、ほぼ同等程度であり、

 


違いはティップに張りが有るか無いかという点である。

 


前述の通り RZ78LML(Satsuki) は5〜7cmクラスのルアーに焦点を当ててあり、

 


フローティングミノーだと7cm前後、

 


シンキングだと10g程度までのショートリップのミノープラグに丁度良い。

 


スプーンなら7〜10gがピッタリだ。

 


7cmのディープダイバーも使えるが、

 


あまり急流のポイントだとティップが負けてしまい使用感は落ちる。

 


抵抗の強いプラグや水勢が強い場所での使用が多い様なら、

 


RZ75ML(Variable-Shooter)を選んで頂いた方が良いだろう。

 


私個人の使い分けとしては、本流域で虹鱒や岩魚を狙う際はRZ75ML、

 


サツキを狙う場合はRZ78LMLといった具合。

 

 

 

 

 


虹鱒や岩魚の場合、川底を意識した釣りとなる事が多く、

 


ヘビーウェイトのプラグやディープダイバーの多用を考えると

 


必然的にRZ75MLに行き着くことが多い。

 


サツキマスの場合、流れを意識した釣りとなる事が多く、

 


中層までのレンジを意識したルアーの使用はRZ78LMLに分がある。

 


繊細なティップの方が微妙な流れを感じやすく、

 


ラインを張った緩めた…という微妙な操作が可能だ。

 

 

 

 

 


ただしバランスの良いタックル設定も必要である。

 


よく使うタックルは下記の通りだ。

 


(個人差もあると思うので数値は参考程度に)

 


Reel : D社2500番 or S社C3000番(自重250g以下)


Line : PE 0.4〜0.8号 & ナイロンリーダー6〜10lb(1mほど)


       ナイロン 5〜6lb & フロロリーダー7〜10lb(1mほど)

 

 

 

 


サツキマスは遡上魚であり遡上スピードが速いことで

 


アングラーを悩ませテストも容易には行かない。

 


キャストフィールや、ルアーの操作性だけでなく、

 


実際にターゲットとのファイトしてこそ実釣テストと言える。

 


4〜5月末ごろといった狭い期間ではあるが、この時期に集中してテストを行ってきた。

 


木曾三川以外にも天竜川でも試し、

 


納得のいく結果を出せたことでGOサインを出した次第だ。

 


サクラマスと同じく貴重なターゲットであるからこそ、

 


狙う際はタックルにコダワリを持って挑みたい。

 


サツキマスを狙う際には、ぜひ一考頂きたいモデルである。

 


Staff Funaki
 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

ホライゾン・プログレッシブ と ホライゾンSL の違いについて

 

 

ホライゾンのスロー系ロッド、ホライゾン・プログレッシブ (HPG)と、

 


ホライゾンSL (HSL)について違いを教えて欲しいと問い合わせが多い。

 


今回は各々の違いについて、ディープに掘り下げていきたい。

 


まずは違いをおさらいしておこう。

 

 

 

 

 


HORIZON Progressive  (HPG)


ブランク : 高弾性カーボン & C・N・T & 4軸カーボン


ガイド:チタンフレーム & TORZITEリング


グリップ(リールシート) : Fuji(TCS18 塗装有り)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


HORIZON SL  (HSL)


ブランク:中弾性 & 高弾性カーボン


ガイド:チタンフレーム & SiCリング


グリップ(リールシート):Fuji(TCS18 無塗装)

 

 

 

 

大雑把に挙げたら以上だろう。

 

 

 

 

 

 

『力と張りについて』

 


パワーランクは両シリーズとも4種類、ML・M・MH・Hに別れる。

 


それぞれ使い易いジグウェイトは同じに設定してある。

 


そこが分かりにくいと質問が多い。

 


同じMパワーであるならば、HPGはHSLに比べると『1.5倍程の張り』を感じられる。

 


この張りがジグをシャープに操作出来る所以だ。

 


だが勘違いして頂きたく無いのが、張りは強いが『同じパワーランク』ということ。

 


この張りの違いは、ティップを戻す速さの違いであり、決してMがMHになる訳ではない。

 


Mパワーであれば、同じ150gのジグウェイトに対応するということだ。

 


使い分けを考えると、青物などをターゲットとした場合、ジグにキレを求める様な時はHPGが良い。

 


逆に遊泳力が弱い底モノ系ターゲットなどは、

 


ジグのダート幅を抑えられるHSLが向くといった具合だ。

 

 

 

 

 

 

他社では表記に2ozクラス、3ozクラスといったパワー表示が多い。

 


もしホライゾンを、オンス表記するならば下記の数値になるだろう。

 


ML ≒ 2〜3oz


M ≒ 3〜4oz


MH ≒ 4〜5oz


H ≒ 5〜6oz

 


厳密に言えば違うので、およその目安として判断基準にして頂きたい。

 

 

 

 

 

 

『感度』

 

 

こればかりは、HPGに軍配があがる。

 


高弾性素材がベースなので、アングラーへの伝達速度が早く感度が高いと言える。

 


HSLでも充分に感度は有るが、それ以上に高感度という訳だ。

 

 

 

 

 

 

『TZとSiC』

 


HPGはトルザイトリング(以下 TZ)の仕様となっており、HSLはSiCリングを選んでいる。

 


こちらも性能で言えばTZが上だろう。

 


富士工業社の説明にある通りだが、使った感想が欲しいと思うはずだ。

 


私も初めは眉唾物と思っていたが、実際に使用して考えを改めさせられた。

 


滑りが良いのは勿論、軽く出来ることで感度UPに繋がっている。

 


感度が求められる様なシーンでは、TZ仕様のHPGを選んで頂ければ良い。

 

 

 

 

 

『総合点』

 

 

総合すればホライゾン・プログレッシブ(HPG)に軍配が上がるだろう。

 


ただ…初めてスロー系のジギングのロッドを探している方で、

 


とりあえず1本を選ぶならホライゾンSLで良いと思う。

 


使っていくうちに、もっと操作性や感度が欲しくなって来た時にHPGが欲しくなるはずだ。

 

 

上記の内容を参考にして頂き、ご自身に合ったロッドを選んで頂きたい。

 

 

 


Staff Funaki

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー