Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

ロックショア 隠岐の島釣行

 

 

お久しぶりです。スタッフKです。

 

 

今回はショアからヒラマサを狙うべく、渡船で隠岐の島へ1泊2日の釣行。

 

 

お世話になったのは、島根県の七類港から出る 浜吉丸 さん。

 


オフショア・瀬渡しと船が出ており、

 


渡船が初めての私にも優しく瀬渡りのレクチャーをして頂けました。

 

 

結果から書かせて頂きますと、2バイト・ノーフィッシュ。

 


数多くの宿題が残る釣行となりました。

 


なので、今回はタックルの紹介やロックショアゲーム、

 


磯泊まりの楽しさを紹介させて頂ければと思います。

 

 

 

 

 

暗いうちから、七類港から隠岐の島へ出船。

 


丁度朝マズメ時に目的のポイントに到着し、早速ロッドを準備してポイント選び。

 

 

ポイントは、傾斜がキツく波打ち際にはフジツボなどの貝類でビッチリ。

 


私は磯ゲームでキャストポイントの選択が重要と思っています。

 

 

特に今回は一人での釣行になるので波を極力被らず、

 


キャスト・ファイト中にしっかり踏ん張れ且つ一人で、

 


安全にランディング出来る場所が必須条件となり慎重選んで行く必要があります。

 

 

魚を掛けた後に、ランディングポイントを探していたのでは致命的に遅い。

 


慌てて動き足元に注意が向かなくなり、踏ん張りが利かずに滑って転んでしまったでは、

 


魚をバラスとか以前に大怪我へと繋がりかねないからです。

 

 

 

 

探索を終え実釣スタート、船長の話では瀬がキツイのでトップゲームが有効との事

 


トッププラグメインのタックルセッティングで実釣スタート。

 

 

今回の青物狙いで準備したのは、PMH100HPMH100HHの2本です。

 


PMHシリーズは、ティップ〜ベリーがソフトでバットが強い事が特徴的で、

 


キャストの際は、ルアーのウエイトが乗せ易く私のような小柄な体系の人間にも、

 


比較的楽にキャストを続けられ安定した飛距離が出せる機種となっています。

 

 

 

 

 

 

この2本の個人的な使い分けですが、

 


PMH100Hには、60〜90g前後のプラグをメインで使用。

 


ソフトなティップが軽量のプラグでも水絡みが良く、ミスダイブが少なくバイトもはじき難い。

 


ジグは、60〜100gをメインで使用。

 


比較的柔らかいロッドとなるので、中層〜トップ付近を誘うイメージ。

 


ヒラマサのファーストランにも耐えやすい様に使用しています。

 

 

PMH100HHには、80〜120g前後のプラグをメインで使用。

 


100Hに比べると全体的にパワーが強くなりファーストアクションのロッドなので、

 


大型プラグをキャストし易くプラグの操作も入力が速くなり、

 


浮力が強くダイブ時に瞬発力の要るルアーやポッパーなども扱い易い。

 


ジグは、80〜120gをメインで使用。飛距離が欲しいときやトップで反応がない際に

 


中層付近を探りたいときに使用しています。

 

 

 

 

 

 

朝一は潮目が遠かったので、飛距離とアピール力重視でPMH100HHに、

 


20cm前後100gクラスのトッププラグでひたすら誘い出します。

 

 

朝マズメは、ベイトはイワシだと思われる小さな群れがチラホラ現れるが追われてる気配が無い。

 


風も微風で凪の状態が続き厳しい状態が続きました。

 

 

しかし、潮が下げ始めると今までのトロンとした雰囲気が嘘のように、急激に潮が動き始めた。

 


潮目も射程距離に入り、テンション急上昇の私はフルキャスト。

 

 

数投後ショートピッチで誘い出していると今回初バイト。

 


しかし、誘いの間が作り切れず喰わせきれずにミスバイト。

 


自らのイメージ力の無さに愕然としチャンスタイム終了。

 

 

そして、ここから夕マズメにブリっぽい尻尾アタック一発がありましたが、後は何も無く1日目終了。

 

 

 


一人なので、まだ明るいうちに磯泊まりの準備を始めます。

 

 

いつもは、カップラーメンなどの簡単な晩御飯にしてしまう私ですが、

 

 

折角の沖磯でのソロキャンプ。いつもとは違いカルボナーラを作ることに。

 

 

 

 

 

 

パスタを茹でソースを温めるだけですが、潮風が吹き気温が低い中で

 


出来立てのカルボナーラが身体の中から暖めてくれます。

 


食後にコーヒーをいれライトを消し、磯での満点の星空を満足いくまで観察。

 


ソロキャンプを堪能し、翌日に備え早めに就寝。1日目が終了。

 

 

 

 

 


2日目は、朝から何事も無くルアーマンが3名渡って来た所で後は帰るだけかと。

 


お迎えが来る前にPMH100HHの1セットだけ残し帰りの準備。

 

 

と、ここで前日と同じで潮の下がり始めでチャンスタイム到来。

 


ヒラマサが2,3匹以上で狩を始めボイル乱発。

 


ですが、遠い。

 


全くルアーが届かずジグでも20〜30m先で反応させることは出来ず終了の時間に…。

 


リベンジする事を、心に誓い帰港となりました。

 

 

 

PS. ちょっと合間に、サンドウォーカーでソフトベイトを投げたらガシラが遊んでくれました。

 

 

 

 

 

 

TackleData

 


Rod : POWERMASTER HeavyCore PMH100H
 

Reel : Twimpower SW 12000HG
 

Line : PE4号


Leader : Nylon 100lb


Lure : Plug 80〜100g

 

 

 

Rod : POWERMASTER HeavyCore PMH100HH


Reel : Twimpower SW 10000PG


Line : PE5号


Leader : Nylon 100lb


Lure : JIG 80〜125g


          Plug 80〜125g

 

Angler : Staff K

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

GW遠征(紀州のヒラスズキ編)

 

 

こんにちはスタッフUです。GW中の釣果報告です。

 


皆さんは連休中、家族サービスの合間を縫ったり帰省を利用した釣行と、

 


平日より忙しいGWを楽しまれましたでしょうか。             

 

   
僕はGWはfacebookが釣果情報でにぎわっていたりと、

 


どんどん更新される情報に感化される毎日でした。      

 

         
ちょうど低気圧が近づいており、これはチャンスと思い紀州へ遠征してきました。  

 

         

今回はいつもお世話になっている方と、助っ人のK氏に同行して頂きました。

 


お二人に話を伺うと昨年のGWは青物の釣果に恵まれていたようで、

 


今回も期待が持てるのではないかと言うことでした。          

 

     
天気は大荒れに近く例年より水温が低いので、いいサラシが期待出来るとの事で、

 


ヒラスズキメインの釣りにしましょうと決まりました。          

 

 

 

 

 

     
その日は北西の風速が15mになり、波も4mを超えるという予報でしたので、

 

                
朝マズメ満潮までは風裏とベイトの有無を確認しながらポイントを探し車を走らせました。

 

 

 

 

風裏になる漁港を見つけ、ガシラ狙いのライトタックルで探っていると、

 


同向していただいているE氏に重量級がヒット!!        

 


まだ暗い早朝四時ごろ。あれ、これヒラかもしれない…と上がってきたヒラスズキ。        

 

        
慌ててタモでランディング。E氏早々に目標達成で嬉しそうでした。  

     

 

 

        
朝が明け満潮時になった頃、ポイントを地磯に移します。

 


サラシの際にベイトがたまっておりそこを通すE氏にもバイトが出るようだが乗らない。

 


遠目だが隣の磯に立つ僕にもサラシの際でベイトが沸いているのが見えました。

 

           
そこで立ち居地を移し、二人でポイントを見ながら何度かサラシを見逃し後の一投げでした。      

 

         
以前から2度通った和歌山ですが以前も釣果も出ず、今回3度目の正直で念願のヒラスズキ

 

 


        


3本目と4本目はK氏はマルチヒット

 

 

 

 


 

 

フックが伸ばされる大物のバラシ、惜しかったですね。  

 

             
これで全員安打達成でした。

 

 

 

 

 

 

 

和歌山ラーメンでお腹を満たし、遠征の楽しみも満喫ししました。

 

 

 

 

 

GWと言えば 渋滞です。もちろんそちらも堪能させていただきました。       

 

         
おまけにPAで車を止めて休憩しているとバッテリーが上がり、

 


レッカー会社さんを呼ぶことになるとは…。

 


何とも色々体験出来る連休でありました。

 

 

さて皆さんからの釣果報告が沢山届いております。

 


新製品キャンペーンも沢ご応募楽しみにしております。

 

 

 

 

 

 

TackleData            

    
(Tackle-1)


Rod : POWERMASTER SandWalker  PMS1032S-MLM    

            
Reel : Shimano 4000class


Line : PE2号+Leader 45lb

 

 

(Tackle-2)     

      
Rod : Prototype


Reel : Daiwa 3000class      

         
Line : PE1.2号+Leader 18lbs     

 

           

(Tackle-3)


Rod : Lunakia(Prototype)


Reel : Shimano 2000class
            
Angler : Staff U                

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

知人に誘われエリアフィッシング

 

 

先日、滋賀と京都の県境にある管理釣り場、

 


朽木渓流魚センター・ルアーフィールドさんに遊びに行ってきました。

 

 

 

 

京都東ICから湖西道路を通り新緑の木々を眺めながら、

 


ゆっくり進むこと約1時間。7:30頃に到着。

 

 

釣道具が無くてもレンタルもあり魚も持ち帰れるので、 

 


近くのキャンプ場を利用したりと考えると色々楽しめるスポットだ。

 

 

レストハウス近くの第1ポンドは手ごろなサイズの魚が多く、

 


奥の第2ポンドは、なんとイトウやサクラマスがいるとのこと。

 


水深はどちらとも2mくらい。

 


雨の翌日に行きましたが濁りは無く、

 


視認性の良い偏光サングラスがあれば底も見える位だ。

 

 

いつもは山岳渓流がメインの私。

 


ここ最近エリアフィッシングに行く事が多いが、

 


ここまでクリアウォーターのエリアは初めてでワクワク感がこみ上がる。

 

 

 

 

 

 

まずは、第1ポンド・レストハウス側の水車の近くでスタート。

 

 

知人は毎回、年明けの寒い頃に訪れていて、

 


暖かくなってからはあまり来ないから〜と言っていたが、

 


スプーンでサクッと釣り上げる。

 

 

私もスプーンで釣り始めるが、

 


何度も小さなアタリはあるものの、なかなか乗らない…。

 

 

第2ポンドに移り、やっぱり知人はポツポツ釣り上げる。

 

 

 

 

日が西に傾きはじめた頃トップで虫系ルアーに反応がよく、

 


やっぱり知人はポツポツ釣り上げる。もう10匹少々は釣っているか??

 

 

 

 

心が・・・折れそうだ・・・

 

 

見かねたのか?知人が昼休憩へと誘ってくれた。

 


レストハウスに入り話をしながら食事をしていると、

 


今日はフロロラインの日ではないか?…とのこと。

 


そうだ、フロロラインだ!

 


半ば強引に自分にそう言い聞かせ、

 


知人からこれまた強引にフロロラインを譲って貰い、

 


せっせと巻き変えた。終了まで残り…2時間半。

 

 

ラインを変えて試してみると、待望の1匹目!

 


RZA60MLM-Tが気持ちよく曲がる。

 

 

 

 

その後も 何かのスイッチが入ったかのように釣り上げる。

 

 

 

 

 

 

そして、終了間際!大物が〜〜!!

 


掛かったもののネットを持って来ていなかったので、

 


ルアーに手が触れた瞬間フックアウト・・・

 


魚も逃げていきましたとさ・・・

 

 

それでもドキドキの最後を向かえ、終わり良ければ全て良し。

 


見える魚達に悩まされながら楽しめた1日でした。

 

 

 

 

 

 

TackleData


Rod : Rayz Alter RZA60MLM-T , RZA61L-T , RZA62UL-S )


Ree : #2000class
 

Line : Nylon 3lb  → Fluro 2lb
 

Lure : Spoon (0.7-2.6g)  ,  ZAGGER 50F-1  etc...


Angler : Staff H

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

初夏の渓流

 

 

今年の春は極端だった。暑かったり寒かったり、

 


なかなか安定しない天気に翻弄されたアングラーも多かったのではないだろうか。

 


それから初夏に季節が進み、気候も安定してきた頃、ぷらぐ屋工房のN氏から釣りのお誘いが。

 


テスト釣行として、本流に出掛ける事は何度も有ったが、今期はまだ南信の渓流域に入っていなかった。

 


今回は久しぶりに、長野県の南端エリアを攻めてみようと考えてみた。

 


そこは天竜川の支流にあたり、アマゴがメーンターゲットになる河川で、

 


釣行の2日前に雨が降り適度な水量が期待できる。

 


期待を持って件の河川に向かった。

 

 

 


天気は晴れ。朝の気温は低く10度程しかないので少し肌寒い。

 


水量は期待していたよりも少ないが平水を保っており、水温は摂氏12度と少し低い。

 


魚の活性はどうだろうか?

 


N氏のルアーをラインに結び、探り始めてみる。

 


適度な淵と瀬が連続し、教科書通りのポイントが続いている。

 


初めに瀬を探るが、全く追ってくる気配がない。

 


まだ陽が昇りきっていない為、水温が低く活性が低いのだろうか。

 


遡行して上流の淵を探ってみると、青い影がルアーを追った。

 


ただ…興味本位で追ってきた様に思える。

 


レンジが有って無いのか?

 


ルアーを変えて探ってみるが、次のチェイスは無かった。

 


ヤマメも同じだが、1度だけしか追わないのは良く有ること。

 


こういった場合は早めに見切りをつけて、次のポイントを探るのが賢明だ。

 

 

 

 

 


足元には先行者の足跡は有るが、

 


クモの巣があちこちに有るので、少なくとも前日からは誰も入っていないのが伺える。

 


いくつかの瀬と淵を越えた。

 


教科書通りとも言える、絵にかいた様なポイントが続く。

 


山を見渡すと広葉樹が多く、山全体が荒れていないので川も綺麗だ。

 


こういった川は大切にしたい。

 


いくつ目かの淵で、やっとヒットを獲られた。

 


ルアーを試作のミッドダイバーに変え、少しレンジを深くしたのが功を奏した。

 


フロントフックに掛かっているのを見ると、しっかりと喰わせられたのが分かる。

 


艶かしいパーマーク模様と、鮮やかな朱点が美しい南信のアマゴ。

 

 

 


さて次だ、どんどん進もう。

 


やっぱり次も淵に魚が多いが、チェイスさせたら一回で喰わせないと次が無い。

 


あまり重いルアーだと、喰わせの間を取れず追い付けない様子。

 


しかし、軽いルアーでポーズを長く見せると見切るのも早い。

 


この難しさが、ネイティブ・トラウトの奥深さだと思っている。

 


今の状況だと、着水後は少し早めのリトリーブとトゥイッチで追わせて、

 


流れが弱まる一瞬だけポーズを入れるときに喰わせるのが有っている様だ。

 

 

 

 

 


陽も高くなり、川に日が射し込んでくるとチェイスする魚の数が増えてきた。

 


活性が高くなってきた様で、バイトの鋭さが強い。

 


肥えた魚体をしており、なかなか引きが強く楽しませてくれた。

 

 

 


水中を覗くと、岩の表面を川虫が沢山這っているのが見える…これだけ餌が多ければ魚も肥える訳だ。

 


しばらく歩くと切通のゴルジュ帯となった。

 


少し躊躇したが、思いきって高巻きして上流側に迂回してみるが、

 

 

普段の運動不足が祟って足がおぼつかない(笑)

 


やっとの思いで上流側に着いた…自分の出す熱気でサングラスが曇る。

 


なんで自分より年上のN氏は元気なんだ!?もう既に先のポイントでキャストを始めている。

 


おっさんには負けてられない、気合いを入れ直して自分も続く。

 


明らかに先程よりもチェイスが増えてきた、やはり太陽光で水温が暖まってきたからだろう。

 


その後も適度に魚が遊んでくれた。

 


特大サイズは釣れず、爆釣でもないが、テクニカルな釣りも好きなので満足だ。

 


それにしては足が筋肉痛だ。弛んだ体を鍛え直さないといけないな。

 


さぁ、次はドコ行こう。

 

 

 

 

 

 

TackleData


****************


Angler : N氏


Rod : Rayz Spectra RZS51LL


Reel : #2000class


Line : Nylon 4lb


Lure : ぷらぐ屋工房 Prototype (MD)


****************


Angler : Staff Funaki


Rod : Prototype


Reel : Isuzu VINTAGE 420SSS


Line : Nylon 4lb


Lure : ぷらぐ屋工房 prototype (MD)


           Woodream  Arbor 50MD

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

外房にてタイラバ取材

 

 

4月下旬。つり情報社の実釣取材があった。


(当日の内容は、つり情報6月1日号 にて)

 


今回は、誌面では紹介しきれなかった戦略を書いていきたい。

 


お世話になったのは、飯岡漁港から出航する三次郎丸さん。

 


当日の天気は曇り。風は北東の風が強く、午後から南風が強まる予報。

 


やや波が高いが、充分釣りは出来る程度。

 


この海域は遠浅で、30〜40m程の水深のポイントが多い様だ。

 

 

 

 

 


朝4時に集合し、暗いうちに出航。

 


40分ほど走ったところで船を止め、パラシュートアンカーを入れた。

 


最初に手に取ったロッドは、レッドフリップ RF682S-ML

 


浅いポイントなので、キャストして斜めに引いてみて反応を確かめてみる。

 


潮の速さが分からないので、とりあえず60gの鯛ラバをセットしてキャスト。

 


あまり抵抗なく着底をしたので、想定以上に潮は緩い様子。

 


船長のアナウンスでは底から10m位浮いた範囲で反応が有るとの事。

 


60g→45g→30gと軽くしていくと、コツコツと小気味の良いバイトが続く。

 


早掛けでアワセてみると、300〜400g程度の小型の真鯛。

 

 

 


どうやら朝のうちは、チャリコサイズが元気の様だ。

 


その後もホウボウなども顔を出すが、なかなか良型が掛からない。

 

 

 

 

 


しばらく流すが小型ばかりが目立ったが、

 


右舷後ろで電動タイラバを実践していた同船者が次々と良型を掛け始めていた。

 


観察していると案外リーリングスピードが速く、

 


底よりも中層で掛かるサイズが大きい様だ。

 


それを参考に中層を意識して巻いてみると、1kg程のサイズが顔を出してくれた。

 


しかし、時間が進みモーニングバイトを過ぎると、

 


バイトを得られるがフッキングしても掛からない様になってきた。

 


船長からは、フッキングするのが早すぎると指摘された。

 


船長曰く、今期は産卵に向けた乗っ込みが遅れている様で、

 


最盛期の様な状況ではないとの事で、早掛けには時期が早いのかもしれない。

 

 

 

 

 


ただ先程の電動タイラバの方は、相変わらず良型を連発している。

 


他にも何かあるのかもしれない。

 


タイラバのカラーを聞くと、ヘッドはオレンジ・ゴールド。

 


スカートとネクタイは、ゴールドフレークのオレンジ(半透明)であった。

 


早速、同じ色に付け替えて試してみる。

 


すると先程よりもバイト数が多くなったが、フッキングしても掛からない。

 


フックの形状を、ストレートポイントからネムリが入っているフックに替えてみる。

 


そして、バイトがあったら少し持って行かせる『送り掛け』を試してみた。

 


『早掛け』と『送り掛け』の違いはイメージ図を参照。

 

 

 

 

 


ココンと来ても即フッキングを入れず、

 


ロッドが真下に持っていかれるまで待ってから合わせてみる。

 


次は確実にフッキングした様だ。

 


針先は、口角にフックアップしていた。狙い通りの掛け方だ。

 


釣りあげた魚は、口から大量のエビを吐き出していた。

 

 

 

 

 


その後は、同じ方法で1kg程の型を4枚ほどキャッチ。

 


何とか絵になるサイズをキャッチ出来たので、無事に取材終了となった。

 


当日の釣りでポイントになったのは、

 


 \いポイントなので、キャストして斜めに引いてくる。

 

 中層に浮いた魚を早巻きで探る。


 タイラバはオレンジ・ゴールドがキーカラー。


 い笋箜萓が低く、フッキングは送り掛けが有効。

 


これらの内容が結果的に釣果に繋がったポイントだ。

 


初めは早掛けで初めてみて、状況に合わせてアジャスト出来るかどうかが、

 


釣果を伸ばしていくコツだったと思える。

 


この日は、早掛けモデル(RF682S-ML)で釣りたい!という理由もあったので、

 


つり情報社のN社長と意地になって早掛けを実践していた(笑)。

 


まぁ、これも経験ということで、良い勉強になったと思う。

 


でもサイズは別としてバイトが多い海域なので、また来たいエリアだ。

 

 

 

 

 

 

TackleData


Rod : Redflip RF682S-ML


Reel : #3000 class


Line : PE 0.8  &  Leader 16lb


Lure : Rains 鯛レボTG(30g , 45g , 60g)


Hook : OWNER JIGGER LIGHT 真鯛(早掛)#11+#13


           OWNER JIGGER LIGHT 真鯛(向う合せ)#11+#13


Angler : Staff Funaki

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

大人の休日 Zacco編

 

 

釣りに行きたい!渓流に行ってみたいけど、遠くに行くまで時間が無い。

 


何よりウェダーなど装備を用意するなど、ハードルが高いと思っている方も多いはず。

 


そんな方向けにオススメしたいのが今回の釣行だ。

 

 

何気なく通り過ごしていた小河川でも、

 


覗き込んでみると案外生き物が多いもんで、水中には多くの魚が住んでいる。

 


そんな小河川が今回のフィールド。

 

 

 

 

 

 

先日発売された『アングリングファン7月号』で、

 


エリアタックルと長靴で楽しむ渓流遊びを取り上げて貰った。

 


普段スニーカーでエリアフィッシングを楽しんでいる方でも、長靴さえ有れば案外楽しめる。

 


そこで今回はターゲットの種類を広げ、

 


普段ターゲットにしていない雑魚を釣ってみようかと思った。

 

 

 

 

 

 

用意するのは、いつものエリアタックルと長靴。

 

 

(ロッドは、Rayz Alter RZA61L-T。非常に繊細なチューブラティップが特徴)

 

 

釣り上げた獲物の写真を撮りたかったので、少し目の細かなランディングネットも用意してみた。

 

 

それでは、さっそく川に出掛けてみよう。

 

 

 


最初に選んだのは、田園地帯を流れる里川。

 


似ている河川は、都心近郊に良く見かける規模だ。

 


一部は改修工事で護岸されているので、長靴さえ履いていれば汚れる心配は無い。

 

 

ここで釣り急いではいけない。

 


まずは魚が居るか覗いてみる。

 


お気に入りの偏光グラスを着けて、橋の上から覗いてみると、

 


何の魚なのか分からないがブッシュの近くに小魚が群れているのが見えた。

 


川幅は5mくらいで、水深も60〜70程しか無い。

 


上流で地形によって絞られた流れが吐き出し、流芯は護岸された側を走っている。

 


護岸の反対側にはブッシュが生い茂っており、

 

 

網を突っ込めば色々と生き物を捕まえられそうな雰囲気だ。

 


タックルを用意して川辺に降りるが、その時気を付けた方が良いのは足音を極力小さくしたい。

 


どんな生き物全般に言えるが、小さな魚ほど物音には敏感だからだ。

 


立ち位置は上流側から入り、釣り下りながらで探りを入れていくのがセオリー。

 

 

 


とりあえず水温を計ると、摂氏18度と予想より高め。

 


川が絞られ護岸された所から入り、

 


小型のスプーンをダウンクロス(下流側に投げる)で探り始めてみる。

 


ブッシュの際に着水させ、緩流帯から流芯を跨ぐ様にリトリーブ。

 


この時、ルアーを着水させる位置を間違うと狙いのレンジにルアーが入っていかない。

 


流れが有るので、フォールさせ水に馴染ませる時間が必要だからだ。

 


すると2〜3匹の小粒な影がチェイスしてきたのが見えた。

 


だがバイトには至らない。興味本位で付いて来ただけか?

 


レンジが有っていないのか、スプーンのウェイトを3.5gから2.2gに変えてみる。

 


同じ位置にキャストし、リトリーブスピードは変えずに巻いてみる。

 


すると、緩い流れから強い流れに入ったところでプルンと来た。

 

 

 


適度な抵抗を楽しみ抜き上げると、12cm程のサイズのカワムツだ。

 


やった!何か嬉しい(笑)

 


カワムツは西日本の方にはポピュラーな川魚で、ウグイに似た小魚。

 


なかなか好奇心が強い魚の様で、その後も同じ位置から2匹ほど掛かってくれた。

 


でも流石にスレてきたのか、チェイスも減ってきた。

 


ルアーのカラーを変え、ウェイトを変えるなど試すがチェイスすら無くなったのでポイントを移動する。

 

 

いかにも釣れそうな淵が有るが、長靴では渡れない瀬の向こうだ。

 


こんな時、ウェダーの偉大さを感じる。

 

 

 

 

さて、先ほどと同じ様な地形を選び、同じ探りかたを試していく。

 


ブッシュ際に落とすと、着水直後にバイト。

 


すぐにロッドを立てたが、すぐにテンションが抜けてしまった。

 


落ちて来る虫を意識しているのか。

 


先ほどと同じ様にルアーを通すが、チェイスをするけどバイトまで至らない。

 


先ほどのポイントよりも、若干流れが弱く2.2gでは底を引きずってしまうのが原因と思えた。

 


スプーンを1.5gに落としてみると、レンジが合うのかチェイスする魚が増えた様に思える。

 


ただ…鼻先寸前でUターンしてしまう。

 


先ほどは、緩い流れから強い流れに入った時にバイトが集中した。

 


一瞬、ルアーの動きに変化した時がバイトチャンスだったのかもしれない。

 


ここでは流れの差が小さい。こちらから誘いを掛けて、喰わせの間を作るとどうだろうか。

 


もう一度キャストして、チェイスを確認したらスプーンにヒラを打つ程度でシェイクを入れてみた。

 


するとチェイスしてきた何匹かが、ルアーを取り合うようにバイトしてくる。

 

 

 


実に面白い。

 


渓流へのワンステップ目として、チャレンジしてみては如何だろうか?

 


ロッドのアクション、ライン・ルアーの種類、フック形状、フッキングさせる位置の考察…などなど、

 


ライトゲーム好きにはハマる要素が沢山有るので、やり込むのも面白いかもしれない。

 

 

 

 

 

 

TackleData


Rod : Rayz Alter RZA61L-T (Midge Crankin')


Reel : #2000class 


Line : Nylon 3lb


Lure : Spoon (1.5g , 2.2g , 3.5g)


Wear : 長靴(Rubber boots)


Other : 遊び心


Angler : Staff Funaki


 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

乗っ込みシーズン到来 鯛ラバのベストシーズン

 

 

各地で真鯛のノッコミが始まり、

 


良型をキャッチしたとの報告が続々聞こえてきた。

 


弊社の写真投稿に届く、釣果内容を見ていても羨ましい限りだ。

 


4月上旬、レジャーフィッシングさんより鯛ラバ向けの取材を受けた。

 


お世話になったのは高知県のロマン号さん。

 

 

高知の鯛テンヤを開拓してきた船長だけあって、鯛ラバにも力を入れている。

 

 

 


さすが豊かな高知の海だけあって魚影が濃ゆい。

 


キビシイとの前情報であっても、なかなか面白く痺れた取材内容になった。

 


この内容は、レジャーフィッシング別冊にて掲載予定。

 

 

 

 

 


そして先日は、つり情報さんのN社長から鯛ラバのお誘いを頂いた。

 


実はレッドフリップの新作(RF682S-ML)で、まだ釣果を得れていないとの事らしく、

 


じゃあ御一緒しましょう!という会話で釣行が決まった。

 


お世話になった船宿は、千葉県・飯岡の三次郎丸さん。

 


餌釣りの実績が高いだけでなく、鯛ラバの知識も深い船長なので

 


釣りをしながらのトークは色々と勉強になる。

 


当日の内容は6月1日付けの『つり情報』に掲載予定なのでお楽しみに。

 


N社長も良型をキャッチ出来たので、メデタシメデタシ。

 

 

 


高知と千葉での詳細は、誌面が発売になったら紹介したい。

 


ひとつ言えたのは、高知沖・飯岡沖で早掛けスピニングは有りだということ。

 


とりあえず、動画でも見直してイメトレでもしましょうか。

 

 

Staff Funaki

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

春鱸を探して

 

 

こんにちは、モニターの中野です

 


こちら宮崎県は、朝夕の冷え込みも少なくなり、過ごしやすい季節になってきました。

 


日中は真夏並みの暑さで参ってしまうくらいです。

 


そんな中、休日の朝に短時間ですがシーバス釣行に行ってきました。

 


向かったのは鹿児島県の志布志湾へと注ぎ込む某河川。

 


この日私が選択したロッドは、スワットのベイトモデル SW83LML-BC

 


理由として、川幅の広い場所では無いという事で無理なロングキャストをしなくても良い。

 


そして手返しと使用するルアーウェイト、何よりアキュラシーが重要であるからだ。

 

 

 

 

 


早速、中流エリアへエントリーしてみた。

 


真っ先に目に飛び込んで来たのがベイトの多く、稚鮎が水面を跳ね踊っている。

 


これは頂きかと、釣れてもいないのにニヤニヤ。

 


そして期待を込めて、キャスト開始。

 


色んな角度から様々なルアーで狙ってみるのだが、期待とは裏腹にノーバイト。

 


その時考えたのが、魚はもっと登ってるのでは?

 


という事で、さらに上流へと行ってみる。

 


ポイントへと到着し、水辺を観察するとベイトは中流と変わらずビッシリ。

 


ここぞってポイントへとウェーディングしていく。

 


ミノーをセットし、活性の高い魚が居ないか探っていくが反応が無い。

 


そこでルアーを春先の鉄板、バイブレーションへ変えてみる。

 


ただ巻きでは反応が無かった為、ボトムを意識してリフト&フォール。

 


するとガツっとヒット!

 


一気に流心へと走るシーバスだが、バットの粘りを使い顔の向きを変える。

 


すると今度は鰓洗い。これもスワットのしなやかさを利用し難なくクリアー。

 


あとはゆっくり寄せて御用

 


60cmクラスの春鱸をキャッチ出来ました。

 


パターンがわかると、次は再現したくなる物で

 


もう一度同じピンポイントへとキャストし、フォールさせた後ググっとリフト。

 


するとまたもやヒット!

 


慎重にやり取りし難なくキャッチ、しかもサイズアップ!

 


70cm程の綺麗な春鱸!

 

 

 

 

 


数枚の写真を撮影した後、優しくリリース。

 


シーバスとも遊べて満足出来たので、この日はここで納竿する事に。

 


清々しい朝の釣行でした。

 

 

 

 


TackleData


Rod : SWAT SW83LML-BC


Reel : 13Metanium-HG


Line : SUNLINE Castaway 1.2号


Lure : トップウォーター、ミノー、バイブレーションetc


Wear : TENRYU T-shat & Cap


Angler : FeildMonitor Nakano

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

金華山沖の鱒ジギング

 

 

東北でもサクラが咲き始める頃、僕らは宮城県の牡鹿半島沖に繰り出していた。

 


目的はオフショアから狙う鱒ジギングだ。

 


東北エリアの青森から岩手の沿岸では以前よりポピュラーだったが、

 


ライトタックルの進化とスロー系ジギングが流行ったことで、

 


この時期のターゲットとして人気に拍車が掛かってきている。

 


季節の風物詩とも言える鱒ジギングだが、

 


一言で鱒と言っても釣れてくるターゲットは色々で

 


地方名でママス(ヤマメの降海型)が本命で、

 


他にもカラフトマスやキングサーモンも掛かってしまう事もある様だ。

 

 

 


今回はTENRYUフィールドテスターの伊藤氏の船(魚心)で、

 


完成した ホライゾンLJ を使っての鱒を狙ってみたかった。

 


狙い方を聞いてみると、ベイトとなるメロウド(コウナゴ)を探し、

 


魚探に反応の有る箇所だけを狙っていくとのこと。

 


普段では見れない絶景を背景に、釣りが出来るのも楽しみであった。

 

 

 

 

 


当日の天気は曇りで、少し風が強くウネリが残っていた。

 


数日前まで荒天続きで、海も河川からの濁りが入っていたが

 


徐々に回復傾向にあると伊藤氏が語っていた。

 


港を出て向かった先は、金華山沖の水深50〜90mの辺り。

 


無数の海鳥が集まってきており、魚探にも中層に反応がある様だ。

 


反応が出ている層より少し下層に落としたら、

 


スローなワンピッチで誘い船の直下まで探りを入れていく。

 


少し下心を出して底までジグを落とすと、

 


メバルやアイナメ等の根魚の猛攻にあう事が必須で、

 


お土産を釣るには良いがアングラーとしては中層だけを狙いたい。

 

 

 

 

 


タックルの紹介をすると、

 


ロッドは ホライゾンLJ HLJ631B-L もしくは HLJ641B-FLL といった

 


ソフトなアクションのロッドが向いているらしく、

 


スロー系ジギングで狙うなら、HPGHSL のMLパワーが相性が良い。

 


これから始めてマスジギングをされるなら、HLJ631B-FL がベストとの事だった。

 


メロウド(コウナゴ)がベイトという事も一つの理由で、

 


ジグはソフトな動きに反応する事が多いようで

 


激しい動きでは無くスローなワンピッチ程度で誘うのが効果的。

 


ラインはPE0.8〜1.0号に、20〜25lb程度のリーダーを結ぶ。

 


ジグは100g前後のメロウドを模した細身のシルエットで、

 


センターバランスの形状に実績があると語っていた。

 


誘いで重要なのが、魚信を感じたらとにかくリールを巻く事らしい。

 


巻きで誘いフォールで喰わせるのが極意らしく、

 


ソフトなティップの ホライゾンLJ は特にその点で優れているとの事だ。

 

 

 


伊藤氏は僕らにレクチャーをしながら、次々と魚を掛けていった。

 


意外だったのは、底から随分と離れた中層でもアイナメが掛かってきたことだ。

 


その後、魚探には終始反応が出ているが、結局自分には本命が来なかった。

 

 

 

 

 


潮止まりの時間帯は、スーパーライト系のタックルで根魚を狙うと、

 


尺サイズのメバルや大型のソイが当たってくるので、これはこれで面白い。

 


鱒がターゲットでなければ、本気で狙ってみるのも良いかもしれない。

 


ちょっと後ろ髪を引かれる思いであったが、次回の釣行に期待して納竿とした。

 


 

 

 


TackleData

 

************************


Rod : HORIZON-LJ HLJ631B-FL


Reel : CONQUEST 300


Line : PE 1号 & Leader Fuloro 25lb


Lure : JIG 100g

 

************************

 

Rod : HORIZON-LJ HLJ641B-FLL


Reel : RYOUGA 20


Line : PE 0.8号 & Leader Fuloro 20lb


Lure : JIG 80g

 

************************

 

Ship : 魚心

 

Angler : FieldTester ITO


         Staff T & Staff Funaki

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

鹿児島タイラバ釣行

 

 

お久しぶりです。スタッフKです。

 

 

今回は、鹿児島県で初のタイラバ釣行に興奮が隠せません。

 

 

 

 

お世話になったのは、鹿児島市の日登美丸さん。

 


午前便と午後便に分かれて釣りが出来、ポイントにも近く移動が短い。

 


船酔いする私にとっては天国に様なプランです。

 

 

船長は、とても優しく気さくな方で釣行中にはBGMが流れ、

 


リズムにノリながら気持ちよく釣りが出来ます。

 

 

釣行日は天気が良く桜島がはっきり見ることが出来、

 


鹿児島で釣りをしているんだと感動しました。

 

 

 

 

 

 

海の状況は凪、潮もトロトロ、風もほぼ無風と状況は厳しい。

 

 

ベイトは小イワシやシラスの小型の魚を捕食しており、

 


シルエットは小さいほうがいいとの事。

 

 

潮もあまり効かない状況だったのと縦方向の釣りを試したいので、

 


フッキングレスポンスの良いRF5111B-MLをチョイスし釣行スタート。

 

周囲ではマイクロシルエットのジグに、

 


根魚や鯛がポツポツと上がりますがタイラバに中々アタリが出ない。

 


どうやら同船者はレッドフリップのRF682S-MLを使って、

 


キャストして広く探っているのが功を奏している様です。

 

 

色を変え重さを変えと少し迷走状態でしたが、私も軽量ヘッドを軽くし

 


チョイ投げして斜めに引く事で少しでも長く見せる作戦に。

 

 

しばらく耐える時間が続き、遂に待望のヒット、渾身のフッキング。

 


サイズが小さくショートバイトでしたが何とか1枚ゲット。

 

 

 

 

この後、最後の最後に潮が効き始めチャンスタイム。

 


RF792B-MLを使っていた女性アングラーさんにヒット今日一の鯛で終了しました。

 

 

 

 

終始気持ちよく、釣りも出来賑やかな船上でとても楽しい釣行となりました。

 

 

 

 

 

 

TackleData


Rod : RedFlip RF5111B-ML


Reel : OCEA CONQUEST 301PG


Line : PE (1号)


Leader : TORAY LURELEADER (Fluoro 16lb)


Lure : Reins 鯛レボTG (30-80g)


Hook : OWNER JIGGERLIGHT 真鯛 早掛 (#13 + #12 or #11)


Angler : Staff K
 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー