Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

金華山沖の鱒ジギング

 

 

東北でもサクラが咲き始める頃、僕らは宮城県の牡鹿半島沖に繰り出していた。

 


目的はオフショアから狙う鱒ジギングだ。

 


東北エリアの青森から岩手の沿岸では以前よりポピュラーだったが、

 


ライトタックルの進化とスロー系ジギングが流行ったことで、

 


この時期のターゲットとして人気に拍車が掛かってきている。

 


季節の風物詩とも言える鱒ジギングだが、

 


一言で鱒と言っても釣れてくるターゲットは色々で

 


地方名でママス(ヤマメの降海型)が本命で、

 


他にもカラフトマスやキングサーモンも掛かってしまう事もある様だ。

 

 

 


今回はTENRYUフィールドテスターの伊藤氏の船(魚心)で、

 


完成した ホライゾンLJ を使っての鱒を狙ってみたかった。

 


狙い方を聞いてみると、ベイトとなるメロウド(コウナゴ)を探し、

 


魚探に反応の有る箇所だけを狙っていくとのこと。

 


普段では見れない絶景を背景に、釣りが出来るのも楽しみであった。

 

 

 

 

 


当日の天気は曇りで、少し風が強くウネリが残っていた。

 


数日前まで荒天続きで、海も河川からの濁りが入っていたが

 


徐々に回復傾向にあると伊藤氏が語っていた。

 


港を出て向かった先は、金華山沖の水深50〜90mの辺り。

 


無数の海鳥が集まってきており、魚探にも中層に反応がある様だ。

 


反応が出ている層より少し下層に落としたら、

 


スローなワンピッチで誘い船の直下まで探りを入れていく。

 


少し下心を出して底までジグを落とすと、

 


メバルやアイナメ等の根魚の猛攻にあう事が必須で、

 


お土産を釣るには良いがアングラーとしては中層だけを狙いたい。

 

 

 

 

 


タックルの紹介をすると、

 


ロッドは ホライゾンLJ HLJ631B-L もしくは HLJ641B-FLL といった

 


ソフトなアクションのロッドが向いているらしく、

 


スロー系ジギングで狙うなら、HPGHSL のMLパワーが相性が良い。

 


これから始めてマスジギングをされるなら、HLJ631B-FL がベストとの事だった。

 


メロウド(コウナゴ)がベイトという事も一つの理由で、

 


ジグはソフトな動きに反応する事が多いようで

 


激しい動きでは無くスローなワンピッチ程度で誘うのが効果的。

 


ラインはPE0.8〜1.0号に、20〜25lb程度のリーダーを結ぶ。

 


ジグは100g前後のメロウドを模した細身のシルエットで、

 


センターバランスの形状に実績があると語っていた。

 


誘いで重要なのが、魚信を感じたらとにかくリールを巻く事らしい。

 


巻きで誘いフォールで喰わせるのが極意らしく、

 


ソフトなティップの ホライゾンLJ は特にその点で優れているとの事だ。

 

 

 


伊藤氏は僕らにレクチャーをしながら、次々と魚を掛けていった。

 


意外だったのは、底から随分と離れた中層でもアイナメが掛かってきたことだ。

 


その後、魚探には終始反応が出ているが、結局自分には本命が来なかった。

 

 

 

 

 


潮止まりの時間帯は、スーパーライト系のタックルで根魚を狙うと、

 


尺サイズのメバルや大型のソイが当たってくるので、これはこれで面白い。

 


鱒がターゲットでなければ、本気で狙ってみるのも良いかもしれない。

 


ちょっと後ろ髪を引かれる思いであったが、次回の釣行に期待して納竿とした。

 


 

 

 


TackleData

 

************************


Rod : HORIZON-LJ HLJ631B-FL


Reel : CONQUEST 300


Line : PE 1号 & Leader Fuloro 25lb


Lure : JIG 100g

 

************************

 

Rod : HORIZON-LJ HLJ641B-FLL


Reel : RYOUGA 20


Line : PE 0.8号 & Leader Fuloro 20lb


Lure : JIG 80g

 

************************

 

Ship : 魚心

 

Angler : FieldTester ITO


         Staff T & Staff Funaki

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

鹿児島タイラバ釣行

 

 

お久しぶりです。スタッフKです。

 

 

今回は、鹿児島県で初のタイラバ釣行に興奮が隠せません。

 

 

 

 

お世話になったのは、鹿児島市の日登美丸さん。

 


午前便と午後便に分かれて釣りが出来、ポイントにも近く移動が短い。

 


船酔いする私にとっては天国に様なプランです。

 

 

船長は、とても優しく気さくな方で釣行中にはBGMが流れ、

 


リズムにノリながら気持ちよく釣りが出来ます。

 

 

釣行日は天気が良く桜島がはっきり見ることが出来、

 


鹿児島で釣りをしているんだと感動しました。

 

 

 

 

 

 

海の状況は凪、潮もトロトロ、風もほぼ無風と状況は厳しい。

 

 

ベイトは小イワシやシラスの小型の魚を捕食しており、

 


シルエットは小さいほうがいいとの事。

 

 

潮もあまり効かない状況だったのと縦方向の釣りを試したいので、

 


フッキングレスポンスの良いRF5111B-MLをチョイスし釣行スタート。

 

周囲ではマイクロシルエットのジグに、

 


根魚や鯛がポツポツと上がりますがタイラバに中々アタリが出ない。

 


どうやら同船者はレッドフリップのRF682S-MLを使って、

 


キャストして広く探っているのが功を奏している様です。

 

 

色を変え重さを変えと少し迷走状態でしたが、私も軽量ヘッドを軽くし

 


チョイ投げして斜めに引く事で少しでも長く見せる作戦に。

 

 

しばらく耐える時間が続き、遂に待望のヒット、渾身のフッキング。

 


サイズが小さくショートバイトでしたが何とか1枚ゲット。

 

 

 

 

この後、最後の最後に潮が効き始めチャンスタイム。

 


RF792B-MLを使っていた女性アングラーさんにヒット今日一の鯛で終了しました。

 

 

 

 

終始気持ちよく、釣りも出来賑やかな船上でとても楽しい釣行となりました。

 

 

 

 

 

 

TackleData


Rod : RedFlip RF5111B-ML


Reel : OCEA CONQUEST 301PG


Line : PE (1号)


Leader : TORAY LURELEADER (Fluoro 16lb)


Lure : Reins 鯛レボTG (30-80g)


Hook : OWNER JIGGERLIGHT 真鯛 早掛 (#13 + #12 or #11)


Angler : Staff K
 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

中禅寺湖解禁 2018

 

 

今年も中禅寺湖に行って来ました。今年はなんと日曜解禁!

 


土曜日の昼過ぎには到着し釣券を買い湖の状況をチェックしたり、

 


コタンさんでポークソテーを食べたり温泉に入って一杯やったりと、

 


普段ソワソワ余裕のない解禁日とは大違い(笑)贅沢な一時を満喫しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


翌朝3時起床!

 


湖畔でタックルを準備。

 


ドキドキ、ワクワク、解禁って素晴らしい(笑)

 

 

 


花火の後、キャスト開始。

 


2018ジーコシーズン(中禅寺湖)開幕です。

 


初物は年越しのワイドボディレインボー!

 

 

 

 

 

 

ヒレも完璧に回復してます。

 

 

エクスドライブ14フィートのティップが水中に絞りこまれました。

 

 

 


セカンドフィッシュも同じサイズのレインボー!

 


この魚もナイスファイトでした。

 


昼過ぎにブラウンの地合いが。私もチャンスをゲット出来ました。

 

 

 

 

 


いつ何時も投げて引っ張る。これがジーコ攻略への近道!

 


…かどうかは知りませんが(笑)

 

 

 


湖畔でタンメンをご馳走になりました。下界で食べる味覚より1.5倍はアップします。

 


その後はシングルに持ち変えてオーバーヘッドで投げ倒しましたが、

 


…何も起こらずにストップフィッシングです。

 


湖の釣りの魅力は仲間達と和気あいあいと出来るのも魅力ですね。

 


今年も出来る限り中禅寺湖に通います(笑)

 


湖の状況は解禁日にしては若干増水気味で、

 


この日の水温は5℃〜6℃ 解禁日にしては高めでした。

 

 

 

 

 


TacklData


【ダブルバンド】


Rod : Fates ExDrive FED1404-#8


Line : アトランティックサーモン#6/7(シンクレート1/2)


Leader : 1X(14ft) & 2X(1m)

 


【シングルハンド】


Rod : Fates ExDrive FES904-#8


Lien : 中禅寺湖スペシャル#8(シンクレート1.5)


Leader : 2X(14ft)


Fly : #6(ストリーマー & マラブー)


Other : Fates Net 45

 


Angler : Staff T
 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

初春のシーバスゲーム

 

愛媛県今治市のトリガー(清水船長)で、ボートーシーバスゲームに行って来ました。

 

急に暖かくなり桜満開の中の釣行でしたが、流石に夜ともなるとまだまだ寒さが辛い。

 

港で買った缶コーヒーをホットにしなかったことに後悔しながら出発。

 

ポイントに到着したものの、潮の動き始めにはまだ1時間あります。

 

モノは試しの一流し。普段ならBBZ662S‐MLを持って行くのですが、

 

今回は流行のビックベイトゲームを試したくてBBZ682B‐XXKを使いました。

 

 

 

 

ベイトの気配もなく船長の「潮が動き始めるまでメバルやりましょう」の声にライトタックルに持ち替えてキャスト。

 

表層からレンジを変えながらリトリーブしたり、シャクってからのフォールでアタリを取ったりと思い思いに攻めます。

 

同船者のKさんが早速メバルをキャッチ。飽きない程度で良型のメバルが釣れます。

 

 

 

 

お土産を確保したところで再度シーバスにチャレンジ。先ほどまでと違い潮がガンガン流れています。

 

船長の指示にしたがいつつ、キャストを繰り返す私の後ろで釣っていたKさんにシーバスがヒット。

 

サイズが小さいらしく「M君そのまま釣って」と船長から指示が。

 

 

 

 

段々と流れが強くなり、小魚が表層に浮いてくるようになりました。小魚の少し下を大型の魚の影がみえます。

 

ビックベイトを影の奥にキャストし、数秒カウントダウンしてからアクションを開始。

 

ビックベイトが影から明かりの下に出る瞬間にビックベイトめがけて大きな影が突進しました。

 

次の瞬間、BBZ682B-XXKが「ガツンッ」と曲がります。

 

 

 

数分のファイトで私を楽しませてくれたシーバスがネットに収まりました。

 

 

 

 

潮の流れが速いポイントでのファイトは、実際のサイズよりビックファイトを楽しませてくれました。

 

この後は船長も参戦し、この夜の最大魚は船長がゲットしました。なんてKYな船長・・・

 

 

 

 

 

 

 

TackleData

 

〜メバル〜

 

Rod : ルナキアソニック LKS77M

 

Reel : 2000番クラス

 

Line : エステル 0.4号

 

Jig Head : ティクト メバスタ 1.3〜2g

 

Worm : ティクト ギョピン&フィジットヌード 

 

 

〜シーバス〜

 

Rod : ベイブレイズ BBZ682B-XXK

 

Reel : 五十鈴工業 BC620HD

 

Line : MI-207N 20lbs

 

Lure : グライドジャック

 

          クロスウェイク(岡林釣具オリジナルカラー)

 

Angler: Staff M

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

2018年渓流解禁

暖かな陽気が増え、道中梅の花も目に付くようになり春を感じさせる季節がやってきました

 

 

 

 

嬉しい反面、花粉症との戦いも始まった今日この頃ですが、天気の良さから大人しくしていられるはずもなく、

 

この休みに遠山漁協管轄の遠山川水系へと足を運びました。

 

数日前の雨と南アルプスからの雪代の影響からか、増水とわずかな濁りが発生していました。

 

水中は春というには少し早く、増水も重なってクロス〜ダウンメインの

 

ルアーをしっかり見せる釣りが要求される状況でした。

 

川幅が広いため6ft台のロッドがほしくなりますが、今回は手前の緩流帯、対岸の大岩の付近など

 

細かい操作性やピンポイントにキャストできる精度が要求されるため、

 

それらを高水準で満たすレイズ スペクトラ RZS51LLを使用しました。

 

 

 

 

釣り上っていくと、対岸に大岩がありその下が抉れて緩流帯を形成している箇所を目にしました。

 

すぐ隣は遠山川の強烈な流心、その時期に魚が居つくとすればこういった場所だろうと予測し、

 

ヘビーシンキングミノーを緩流帯の上部へキャストしました。

 

しっかりとルアーを沈め、上に軽くはじいてあげるようなアクションを加えつつ

 

緩流帯と流心が交わる箇所まで流すと、水の抵抗とは違う感覚が手元に伝わりました。

 

すぐに相手は流心を利用し下っていきましたが、RZS51LLのソフトなティップの追従性と

 

C.N.Tを使用した粘り強いバットが十分に作用し、ばらすことなく手元に寄せることができました。

 

 

 

 

サイズは24cmほどでしたが、「鬼アマゴ」伝説があるこの水系らしい精悍な顔つきのアマゴに出会えました。

 

たった1匹でしたが肩の荷が下りたことに満足し、少し早いですがくしゃみがひどくなる前に釣行を終えました。

 

 

 

 

 

〜Tackle Data〜

 

Rod: Rayz Spectra RZS51LL

 

Reel: 2000番台

 

Line: Nylon 4lb

 

Lures: ハンドメイドミノーその他

 

Angler: Staff D

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

スリリングなライトゲーム

 

 

2月は強力な寒波が連続で押し寄せた影響なのか、私のメインフィールドは沈黙となり、

 


シーバスやヒラメなど釣果に恵まれない日々が続いていた。

 


そんな中、チームメンバーより港でアジが湧いているとの連絡をもらう。

 


早速タックルを準備し釣行することとなった。

 


今回チョイスしたのは、ルナキア・マグナム74M。

 


操作性が良く、小型はもちろん、大型のアジまで対応できる力のあるバットに、

 


相反する繊細なティップが魅力の一品である。  

 


ポイントに到着し、常夜灯周りを確認するが水面ではボイルは見られない。

 


魚は沈んでいると判断し、3gのジグヘッドで底付近から探る事にした。

 


すると数投でヒット!上がってきたのは20cm程の小型のアジであった。

 

 

 

 

 


その後もサイズは伸びないが、飽きない程度にアジがヒットし、なかなか楽しませてくれる。

 


しばらくすると ゴンッ!

 


アジとは違う重いアタリがティップに伝わり一気にロッドが絞り込まれた。

 


スィープにフッキングし、ロッドを起して浮かせにかかるが、

 


ドラグを引き出して激しい抵抗を見せてくれる。

 


ラインはフロロの4lb直結であるため無理は出来ない。

 


ルナキアのソフトなティップがしっかりと魚の動きに追随し、急激な突っ込みを吸収してくれる。

 


スリリングなやり取りを堪能し、キャッチしたのは体高のある良型の本チヌであった。

 

 

 

 

 

 

 


TackleData


Rod : Lunakia Magnam  LKM74M


Reel : Twinpower 2000


Line : Fluoro 4lb


Lure : Jighead & SoftBait


Angler : Fieldtester Kuranaga

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

解禁からのテスト釣行

 

 

何年も釣りをしているけど、やっぱり解禁日は何かソワソワしてくる。

 


TENRYUの所在地である下伊那地区は、2月中旬に河川の遊漁が解禁となる。

 


解禁だからといって釣れる訳でもなくて、結局は水の中は真冬のままだ。

 


ただ…ずっとスポイルされてきたから、ロッドが振りたかっただけかもしれない。

 


今年は北陸地方で記録的な大雪を更新中だが、

 


こちらの山は例年通りか少ない位の積雪。

 


あまり少ないとオンシーズンに川が渇水するので、適度に降ってくれるのが理想だ。

 

 

 


今年は手始めに、天竜川の本流より探っていこう。

 


例年なら上流域(天竜川漁協 管轄)から釣り始めるのが多かったが、

 


今年は 下伊那漁協 管轄から初めてみる考えだ。

 


河川改修が各地で行われてきて、また初めから地形調査から入るしかない。

 


河川敷の雑木林が切り開かれてしまい、少し前まで狙っていたポイントが無くなってしまった。

 


周辺住民の安全を考えると改修工事は必要なのだが、

 


釣り人の見地からだと複雑な気分になる。

 


近所のポイントから入り、ちょこちょこと移動しながら河川を見て廻った。

 


水色は生物的な濁りが薄く、生命反応は得られない。

 


所々で小さな虫がハッチしていた。

 


どこかでライズが無いか水面を見ていたけど、全くライズする気配も無い。

 


こんな日もある。

 


地形調査に性を出して、竿を畳むこととした。

 

 

 


TackleDeta


Rod : Rayz (Prototype)


Reel : #3000class


Line : PE0.8


Lure : ぷらぐ屋工房 70MD


Angler : Staff Funaki

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

富山湾 ディープ攻略

 

 

フィールドテスター蔵野氏より入電。

 

 

富山湾のディープを開拓中だとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

激渋の状況であった様だが、

 

 

スピニングでデットスローとボトム叩きで良い釣果を得られたとか。

 

 

大阪のフィッシングショーで弊社ブースに蔵野氏が在中しますので、

 

 

会場で詳しい話を聞いてみてはどうでしょうか。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

クダコチャレンジ2017冬

 

 

12月中旬、愛媛県松山市怒和島の怒和島マリン(大石弟船長)に、

 


竿のテストを兼ねて青物ジギングに行って来ました。

 


怒和島マリンさんと言うと、

 


瀬戸内での青物ジギングの超有名ポイント「クダコ」に入れる数少ない船。

 


移動が少ない分、本気でシャクリ続ければかなりハードな釣りとなります。

 

 

 


2016年に発売したドラッグフォースのGシリーズは、

 


クダコの様な早い瀬を攻略するために作った竿です。

 


おかげさまで太刀パターンが存在するエリアに限らず、

 


グラスの食い込みの良いティップとC.N.Tを含浸させたグラスとは思えない

 


パワーを兼ね備えたGシリーズは多くのお客様の指示を受けております。

 

 

 

 

 


と、宣伝はこれくらいにして、

 


釣行当日付近はいつ太刀パターンが爆発してもおかしくない日でした。

 


正直例年にも増して期待が大きく膨らんでおり、

 


いつもより大きなクーラーボックスを持って行きました。

 


ちょっと遅めの9時に釣りスタート。

 


少し上まで上げて食う間をあたえると、じゃれ付く様なアタリがでます。

 


同船者が既に数匹ヤズ(イナダサイズ)を釣っていたので、

 


私は極力軽めのジグを浮かさないようにシャクリ続けます。

 


それでもジグを回収する時にどうしても当たってしまうので何匹かヤズをキープしました。

 

 

 

 

 


数流し目、たまたま休みで乗船していた弊社スタッフKが

 


「ネットいるかもです」と言いながら竿を曲げています。

 


ネットインした魚はこの時期絶品のサワラです。同船者に羨ましがられながら記念撮影。

 

 

 


その後はヤズのアタリも少なくなってきたので、

 


ヤズが釣れているうちに写真だけは先に撮っておきました。

 


夕マズメになると潮も大きく動き始めますが、ヒットしてくるのはやはりヤズばかり。

 


何度流し直しても魚のサイズが大きくなることはありませんでした。

 


来年もリベンジしますよ。

 

 

 

 

 

TackleData


Rod : Prototype


Reel : SHIMANO OCEA JIGGER 2000NRPG


Line : DUEL X8 3号


Leader : Seaguar 14号


Lure : BLISS Asunaro(200-300g)


Hook : #6/0


Angler : Staff M

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

福岡で早掛けタイラバ

 

 

11月末に福岡県のマリブエクスプローラー龍勢(龍野船長)さんで

 


実施されたタイラバツアーに参加してきました。

 


前日からの強風で勝手に「中止だろうなー」と思っていましたが、

 


なんとマリブエクスプローラー龍勢には船の揺れを抑えるオートジャイロが搭載されており、

 


他の船が出られない悪天候でも釣行が可能だそうです。

 

 

 


参加者に持って来た貸し出し用の レッドフリップ を渡して、いざ出港。

 


ビューと走ってポイント到着。風が強くウネリもありますが、

 


オートジャイロのお陰で十分釣りになりそうです。

 


タイラバ初心者の方から電動タイラバをされる方、

 


タイジグをされる方と思い思いの釣りでマダイを狙います。

 

 

 

 


昨年春に発売のRF5111B-M(早掛けモデル)を使って頂いている方から

 


「コンと当たったら即合わせて良いいですよね」と聞かれたので

 


「コンのコで合わせてください」と答えました。

 


何度か合わせるうちに竿がグッと曲がります。

 


100m以上先から寄ってきたのはレンコ鯛でした。

 

 


バス釣りをされるのか、躊躇の無いあわせは早掛けに向いています。

 


その後飽きない程度に色々な魚が釣れるのはサスガ九州。

 


タイラバで釣れる魚種が多いこと。

 

 

 

 

 


この調子だといつかマダイも釣れるだろうと思っていましたが、

 


ラスト1時間となってもマダイが釣れない。

 


そろそろヤバイと思って、ついに私も参戦。

 


ホウボウ→ウッカリカサゴと美味しい魚を掛けるものの、

 


ついにマダイの姿を見ることはできませんでした。

 


魚種豊富な九州でこんな贅沢な船に乗ってのタイラバ、

 


次回はプライベートでお邪魔したいです。

 

 

 

 

Tackle Data


Rod : TENRYU RedFlip RF5111B-M


Reel : OCEA CONQUEST 200PG


Line : Maxpower 1.0号 & Grandmax FX 4号


Lure : Rains 鯛レボTG(75g)& SHIMANO カーリーテール


Hook : OWNER JIGGER LIGHT(早掛)#1+#2


Angler : Staff M

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー