Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

福岡にてスーパーライトジギング(スタッフK)

 

スタッフKです。


今回はスーパーライトジギングの実釣会への参加です。


福岡県糸島市岐志漁港から出る勝吉丸さんにお世話になりました。

 


ターゲットは絞らずスーパーライトの醍醐味である、


五目ジギングで色々な魚に出会いに行きました。


当日は、ビックリするくらいの凪。


どうなるか少々不安な天気でしたが、一発目のポイントから鳥山が立ち、


30〜50mラインで魚の反応もバンバン出ていました。


シルエットの小さめのジグ30〜50gを落としていくと、


ヤズ・ヒラゴが入れ食い状態。


ライトラインに小型リールで青物が掛かってしまうと中々大変ですが、


HLJの柔軟なティップが魚を放さず、


C・N・Tの入った強力なバットパワーで、細身な竿とは思えない


リフト力を発揮しどんどん魚を上げていました。

 

 

 

 

 

 


私は、底から上までイサキも意識しフォールで誘うアクションを


主体に攻めていると30m付近でフォール中にアタリが。


即合わせでヒット。上がってきたのはヤガラ。

 


五目ジギングらしい魚が出て面白い釣りだなと改めて感じました。


そこから、ポイントを変えつつ船内でガシラ・アコウ・アマダイ・青物など、

 

様々な魚がヒットしてくれました。

 

 

 

 

 

 

初心者からエキスパートまで楽しめるのがスーパーライトジギングの醍醐味ですね。

 

まだ未経験の方、ぜひ体験した方が良いですよ!

 

 

 


TackleData 


Rod:ホライゾンLJ(スーパーライト向け各機種)


Line:PE1号 Leader:3号


Lure:タングステン・鉛30〜60g


Angler : スタッフK

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

フィールドレポート (フィールドテスター伊藤)

 

魚心の伊藤です。


サマーロックの時期がやって来ました!


今年は少し宮城県北は水温の上昇が遅いかもしれないですね。


水温が安定せず、苦戦する日もありますが楽しんでおります。


冬場の釣りと比べると魚のパワーは全開!


少々小型のアイナメが釣れたとしても気持ちいい走りが楽しめますよ。

 

 

 


個人のこだわりなどあるとは思いますが、自分はシャッドテールを使います。


それは、イワシなどがメインベイトになってる可能性が高い為です。


また、フォール中に抵抗が少なく、狙ったポイントのストライクに入れられるですかね。

 


いや〜考えてたら、釣りしたくなって来ました(笑)


サマーロック楽しいですよ〜。

 

 


TackleData


Rod : ロックアイ・ヴォルテックス  RV71B-HH


Reel : ベイトタイプ


Line : フロロカーボン(16lb)


Lure :  シャッドテール(3〜4インチ) & シンカー (1oz)


Angler : フィールドテスター伊藤

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

中流域サクラ鱒開幕(フィールドテスター佐藤)

 

2月中旬から一心不乱に追いかけているサクラ鱒。


数回の同行取材をこなしつつ時代が平成から令和にかわった5月3日に、


ホームの追波川でシーズン14本目をキャッチしてからしばしの沈黙。


水温も15度を越えて今では20度に届きそうです。


今シーズンは冬に降雪が少なくあっと言うまに


雪白も終わってしまいホームの北上川は低調に推移していました。


水温上昇に伴い稚鮎が遡上し始めると、


サクラ鱒釣りには歓迎されないゲストがヒットするようになります。


例年そのタイミングで追いかけるように支流の中流域にシフトします。

 

 

 


しかし頼みの中流域も前述のように山に残雪が無いため水量が少なく、


更に田植えの為に水が引かれて厳しい状態。

 

 

 

 


それでも少しでも水量があるエリアを探し出しようやくキャッチ出来ました。


これからレイズスペクトラ71MLを携え夏サクラ鱒を楽しみたいと思います!!

 

 

 

 

TackleData


Rod : Rayz Spectra RZS71ML


Reel : 2000番ハイギア


Line : バリバス、PE(Sスペック0.6号)


Leader : バリバス、トラウトフロロ(7lb)


Lure : ジップベイツ、リッジフラット60S


フォレスト、フロントレイク12g


Other : テンリュウ、フェイテスネット


Angler : Fieldtester 佐藤雄一

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

フィールドレポート(フィールドテスター伊藤)

 

こんにちは。魚心の伊藤です。


今年の春の海は歯車が合いませんでしたね。ちょっと落ち込みました(笑)


気を取り直して、久しぶりにエリアフィッシングて癒されて来ました。

 


行って来たのは、宮城県北部にある北宮城フィッシングエリアさん。


ちょっと久しぶり過ぎて、キャスト出来るのか?俺...?


管理人さんに挨拶して早速釣りを開始。


東北のエリアポンドでは、平日の放流はほぼ無いに等しいのですが、


探りの意味で派手目のカラーから入れて行きます。


ロッドはオルタ61L、1.5gのスプーンで釣り始めると、


思いのほか強いバイトが連発!コリャ楽しいな!と、にやけ顏(笑)

 


しかし好釣はそう長くは続かず…。


早々にスプーンのカラーをトーンダウンし、


セカンド、サードとカラーチェンジ。気持ち良く釣れ続きます。


魚が落ち着いてからは、ついばむ様なバイトになって来た為、


ロッドをオルタ62ULにチェンジ。


スプーンは0.6〜0.9gを、バイトが集中するレンジに合わせ釣って行きました。

 


ロッドの使い分けは、魚の動きが早く強いバイトの時間帯は


61Lで表層〜中層で掛に行く感じで、


62ULはバイトが浅く弱くなってからって感じで使い分けてみました。


ティップがソリッドの為、ベリー部で魚を乗せて行く釣りがベストです。

 


いや〜楽しかったですね〜


帰りは睡魔に襲われながら帰って来ました。歳を感じます(笑)

 

 

 


TackleData


Rod : Rayz Alter RZA61L-T  &  RZA62UL-S


Reel : バンキッシュ2000S


Line : エステル(1.5〜1.8lb)


Lure : スプーン(0.6〜1.5g)


Angler : FieldTester ITO
 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

レッドフリップ・リアクションテンヤ 発売時期が決定!

 

以前よりお伝えしていた、新型リアクションテンヤについて発売時期が決定。


2019年6月末頃リリース予定。新型の性能を体感して下さい。

 

 


また、レッドフリップ・リアクションテンヤを開発にあたって、


アクションを決定した時のレポートをご紹介。


****************************************


テンヤ真鯛レポート(2018年11月レポート分)


日時:2018年11月14日


場所:千葉県 大原沖


遊漁船:大原漁港・つる丸様


アングラー:スタッフT

 


当日は時化気味で風速も10m近く吹き、テストには厳しい状況。水深が30m前後。


軽量なテンヤの釣りは成立が難しく、8号以上のテンヤを主体にテストを行った。


Hパワー以外は完成度が高く、船の中で同行のA氏と私が一番タイを釣っていたと思う。


春先と違いアタリが明確に出て、底取りから直ぐアタリが取れるか無いかで釣果に差が出る。

 


RF2292S-MLS(ソリッドティップ)


今回リヤグリップを少し短くした事で、アンダーハンドでのキャストがし易くなりました。


既に前回のテストでもアクションは決まっていたので、


キャストフィール・ラインの抜けのみ確認したが問題なし。このサンプルでOK。

 


RF2342S-MS(ソリッドティップ)


キャスト・感度・バッドパワー共に問題なし。


鯛の動きに追従し、釣り味が楽しく曲がりが気持ちいい竿。このサンプルでOK。

 


RF2342S-MHS(ソリッドティップ)


キャスト・感度・バッドパワー共に問題なし。


前作よりバッドベリーを強くしたのでブランクスがシャープになり、


リフト&フォールもし易く、フッキングレスポンスが良くなった。


終了間際に地合いがあり、MHで2キロをゲットしましたがまだまだバッドに余裕がありました。

 


RF2342S-H(チューブラティップ)


前回より、ティップセクションを柔らかくしたのだが感度が悪く感じた。 


10号では底取りが少し遅れる、13号のタングステンで丁度良い感じでした。 


1kgクラスの鯛を釣ったがバッドはまだまだ残っており余裕でした。


A氏も知らぬ間に餌が捕られてる事が多く、アタリが出ていないのでは?と言っていました。


チューブラーでこれ以上の感度が厳しいのであればソリッドにするしかない。


****************************************


テスト中のサンプルの内、3機種にOKサインが付いたテストであった。


Hパワーのモデルのみ、発売時期を見送ってでもテストを繰り返して行こうと決めた日。


徹底した現場主義のテストは続いていく。


Staff T

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

山口県・スーパーライトジギング&イカメタル

 

お久しぶりです。スタッフKです。


今回は時期として少し早いですがイカメタルと、


スーパーライトジギングの贅沢プラン釣行です。


このわがままプランを実行してくれたのは、山口県長門から出ている北瀬丸さん。

 

フランクで優しいとても楽しい船長でした。

 

 


今回は、ホライゾンLJ HLJ641S-FULを軸に釣行の予定でした。


しかし、当日の予報が少し風が強く、スーパーライトジギングが成立するか不安でした。


ポイントに付くと案の定30〜60mのポイントで50g前後のスロー系ジグでは、


中々底取りが難しく、タングステン素材のジグ等色々試しているが素直に落ちない。


横では、新製品のHLJ631S-FLLを使用していた方が、


80g前後のスロー系のジグで良型のアコウを早速キャッチ。


鉛製の80g近いジグでも細かい操作もし易く、

 

柔軟なアクションで気持ちの良い曲がりを見せていました。

 

 


根魚の活性は良いようで、かなり上まで追いかけているとの事。


それならと、試しにタングステン40〜60gのタイラバを落とすと私にもヒット、


良いサイズのアコウが上がってきてくれました。

 


見た目の柔軟さに似合わないトルクフルなバットが、


魚に主導権を握らせずしっかりリフトしてくれました。

 

 


ここから色々実験タイム。ロッドはHLJ641S-FULそのままに、

 

MAXウエイトの40〜80gのジグを落とし、


シャクリ・巻きの誘いに変化をつけて試していきます。


感覚的に、Best表記の40gのジグは、ストレスなくシャクリ易く


スロー系のジグでもフォールの間もしっかり取れ、使い易い印象。


巻きの誘いでも巻き重り無く快適に使用出来ました。


MAX表記の80gでは、ジグを飛ばさずヌルヌルとした誘いや、


ロッドの長さを活かして長いストロークでゆっくり落とすといった誘いが使い易いと感じました。

 

 


色々試す中で、良型のカサゴやヨコスジフエダイと言うちょっと珍しい魚も釣れ、


何が釣れるか分からないスーパーライトジギングを満喫しました。


ちなみにヨコスジフエダイですが、


後日刺身で頂くと大変美味しくまた釣って見たい魚となりました。

 

 


日が落ちだすと、イカメタルへ釣り物を変えポイント移動。


しかし、まだ早過ぎたのか同船者で一番釣った方で4杯、


私は、最後の最後に細かくしゃくり上げから長めのステイを繰り返し


誘いを掛けた瞬間に抱いたシロイカ一杯のみと厳しい結果となりました。


イカメタルには少々早かったですが、


スーパーライトの五目釣りからシロイカと贅沢な釣りが楽しめ、


5月末頃からのシーズンインがとても待ち遠しくなりました。


皆さんもぜひ試してみては如何でしょうか。

 

 


TackleData
_________________
『Super Light Jigging』


Rod : HORIZON-LJ  HLJ641S-FUL


Reel : STELLA 4000


Line : PE(0.8号) Leader (3号)


Lure : JIG & TaiRubber 30-80g
_________________
『Ika Metal』


Rod : BRIGADE Squid-AR  AR68B-FL


Reel : OCEA CONQUEST 301PG


Line : PE(0.8号) Leader (3号)


Lure : スッテ(15-20号)
_________________
Angler : Staff K

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

忘れられない釣行(フィールドモニター中野)

 

さて、平成から令和へと元号も変わりましたね 。


ゴールデンウィークも各地大賑わいを見せていました。


そんな中、息子と令和初フィッシュを求め、シーバス釣行へ行ってきました。


今日は小規模河川のランガン。


使用したタックルは息子がSW83LML、私がSW83LML-BC


フィールドは志布志湾。

 

 


先ず向かったのは実績の有る、小さな流れ込みの有るポイント。


この時期、稚鮎はもちろんハクの大群が押し寄せる。


早速、息子に小型ミノーをセットさせキャストさせてみた。


するといきなりバイト!


シーバスかと思いきや鯉のスレ掛かり(笑)


10分近くファイトしたでしょうか、ようやく寄って来たのは80cm程の鯉!


息子もデケーデケーと連呼して興奮気味でしたが、


産卵期前ともあり可愛そうな為、水から出さずに素早くリリース。

 

 


腕がパンパンの息子は少し休憩、その隙に私がキャストしてみることに。


すると水門にタイトに着いていたシーバスがまんまとヒット!


奥の流れに乗られ無いように、竿を立ててバットパワーで強引に寄せて難なくキャッチ。


フッコクラスでしたが、記念すべき令和初フィッシュ!

 


そして、この魚を見てヤル気スイッチの入った息子。


次は5cmクラスのバイブをセットし、少し下流へ移動。


ここはカーブする流れと水深に変化のあるポイント。


川幅は狭いので、難しいキャストとなるのだが試行錯誤しながら操作している。


自分もこんな事しながら覚えて行ったなと…(笑)

 

 


すると対岸に有る小さなスリットの奥にルアーが着地。


すかさず私が、あっっー!っと言うと慌てて竿を煽る息子。


草野暮からルアーが飛び出て着水。


すると次の瞬間水柱が!


スリットに頭を向けてたシーバスがまんまと喰いついた!


一気にロッドが絞られる!良いサイズだ!


バラさぬよう、私も親父らしい檄を入れながら一緒にエアファイト(笑)


竿で寄せて!リールを巻く!


そんな事言ってましたかね(笑)


正直足元の砂地へ横たわるまで興奮し過ぎてハッキリ覚えてません♪

 


暫くして横たわったのは、息子の自己記録55cmを超える65cm!

 


おめでとう!!息子とガッチリ握手!!


これが息子の令和初フィッシュ!!


記録、記念に残る魚になったのでは無いかと思います。


そして私も高校生の気持ちに戻って喜んでしまいました(笑)

 


これが魚釣りの醍醐味と思います。


年齢性別関係無く、自然と遊ぶ事が出来ます。


わがままかもですが、後世に伝えていって欲しいものですね


その後、セイゴクラスを数匹キャッチし納竿としました。

 

 


TackleData


Rod : SWAT SW83LML , SW83LML-BC


Reel : ヴァンキッシュ3000 , '13メタニウムHG


Line : サンライン キャストアウェイ(0.8号 , 1.0号)


Leader : フロロ 20lb


Lure : レンジバイブTG、ミノー、トップウォータープラグ


Wear : テンリュウキャップ、サブロックV1ベスト


Other : オーシャングリップ、etc


Angler : Field monitor Nakano
 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

春の輪島ジギング (ジグザム編)

 

んにちはスタッフUです。


今回は、販売店さんとお客様の恒例となっているジギング釣行に同行させていただきました。


場所は石川県輪島。


お世話になったのは、輪島港から出船の凪沙丸さんです。


輪島地方はジギングが盛んであり、ブリ・ヒラマサの超一級ポイントも多いことから、


愛知、大阪、北陸地域の熱いジギンガー達も足しげく通う人気のフィールドです。


そんなフィールドだからこそ、ジグザムシリーズを持ってフィールドに立ちたかったわけです。


(新製品も使いたかったのも理由です)


当日は180g〜200gのジグをメインに、コンビネーションジャークを使うテクニカルな釣行になりました。

 


朝方の冷え込みは地元の方でも予想外だったようですが、予報では気温も上がっていくので


ライトダウンなど朝の防寒さえ出来ていれば問題なしです。

 

 


まずポイントに着くと朝日を背中で受けひと流し目。


ジグは150g〜200gがメインになるとのことだったので、JDF621S-4で180gをセット。


ジグをアンダーハンドで投げ、斜めに誘い上げていきます。


販売店スタッフM氏を見ると、底から上までかなり丁寧に誘っているようでしたので、


僕もそれに見習いジャーク!ジャーク!


ブリ・ヒラマサが混ざることも考えながらシャクれば心はウキウキ、疲れも感じないです。


キタっ!!


ドラッグフォース JDF621S-4でヒットです!!

 


底付近から中層までは早巻きで中層付近ではジグを止めてみたりと、


弱ったベイトを演出するイメージで誘いヒットに持ち込みました。


ジグをあまり飛ばしすぎないことを得意とする、ロッドの特性を活かした1本でした。


ドラッグフォース特有の、高負荷を掛けても絞り込まれるほど力を発揮するアクションは、


トルクのあるターゲットとの駆け引きにも安心できます。


この後プチ時合突入で、ミヨシに立っていたお客様にもブリがヒットしていました。

 


ホライゾンSL66B-MHを使っていたお客様にもヒットしていました。

 


その後は今回持ち込んだロッドの使用感を確かめるためロッドを替えながら釣りをしましたが、


各ポイントで反応はあるものの食わせることの出来ない時間帯が出てきました。


それでもヒットさせた時は、タックルセッティングやジグとの相性などを検証することを


目的に釣りに集中することが出来ました。

 


新作のJDF5101B-G4/5でも2本キャッチすることが出来きました。


グラス100%のジギングロッドです。こんな竿、他には無いでしょう。


体力的にもしんどい後半でも体への負荷も軽減され、


セミロング系の抵抗の少ないジグとの相性は抜群です。


ベイト版ローレスポンス系といえば分かりやすいでしょうか?


近海ジギングでもライトに遊びたい方にはオススメです。

 

 


今回持ち込んだロッドのなかでも細身のブランクスに仕上げているジグザムディープライダーは、


レングス、番手などかなり汎用性の高いモデルです。


胴の間、ミヨシなどの釣り座に合った、それぞれのスタイルをカバーできる機種だと改めて感じました。


いろいろ試していると時間はあっという間に過ぎており、


沖上がりの時に輪島エリアでのジギングシーズンはこれからの最盛期ともあれば、


熱いジギンガーの方が集いますが僕のような入門者も充分楽しむことができました。


凪沙丸の岩坂船長、スタッフM氏、お客様の皆様大変ありがとうございました。

 

 


TackleData
*********************


Rod : JIGZAM DraggForce  JDF621S-3 , JDF621S-4 , JDF621S-5


Reel : #8000PG


Line : PE3 + 50lbs


Jig : 150〜200g


*********************


Rod : JIGZAM Deeprider  JDR631S-5K , JDR581S-3K


Reel : #8000HG


Line : PE4 + 60lbs


Jig : 120〜200g


*********************


Rod : JIGZAM DraggForce  JDF5101B-G4/5


Reel : 1500HG


Line : PE2 + 40lbs


Jig : 200g


*********************


Angler : Staff U

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

Expectation (期待)フィールドテスター倉永

 

5月1日に新しい令和時代を迎え、日本中が喜びに湧いた。


天皇陛下と元号が変わる事は、日本人にとって非常に大きな出来事であり、


私自身も何かを期待せずにいられない、気持ちが熱くなる事柄であった。


今回はGWという事もあり息子と二人で釣行することにした。

 

 


令和とは関係ないが、稚アユシーズン突入ということもあり、デイゲームで大物を期待したい。


当日、朝マヅメは何事も無くスルーしてしまい、次のポイントで勝負することになった。


ヘビーウェーディングしながら対岸の石積みや倒木のストラクチャーを叩いていく。

 


今回チョイスしたのは、SWAT83BC


このロッドを使用する度に感じるのは、ズバ抜けたアキュラシー性と、しなやかで軽く、


自身の腕と一体感のある操作性である。自分が上手くなったと勘違いさせてくれるロッドだ。

 

 


しばらくするとストラクチャーの絡むメインポイントに到着。


ピンポイントを丁寧にチェックしていく。するとルアーの着水と同時にヒット。


派手なファイトを繰り返し、キャッチしたのは50cm程度の綺麗なシーバスである。

 


その後もしっかりとストラクチャーをピン打ちし、35〜50cm程度が立て続けにヒット。

 

 

コツをつかんだ息子も同クラスをキャッチした。しかしサイズが伸びない。

 


反応もあり数釣りが出来て楽しいのではあるが、令和最初の釣行で、一発大物が欲しいところ。


しかしその後はサイズアップせず、十分楽しめたので納竿となった。


Kuranaga

 

 

 

TackleData


Rod : SWAT SW83LML-BC


Reel : Revo LTZ


Line : PE (1.2号)


Leader : Fluoro (24号)


Lure : RangeVib , TD-pencil , other...


Angler : FieldTester Kuranaga

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

フィールドレポート (フィールドテスター久保田)

 

春の気候は三寒四温などと言われるが、4月後半に入ってもまだ肌寒さを感じる朝。


出勤前に朝マズメのサーフへ、フラットフィッシュの様子を見に行ってきました。


4月の後半ともなれば日の出の時刻もだいぶ早くなるので、


朝マズメに合わせて出勤前に釣行へ出かけても1時間以上は楽しめる。


海沿い・川沿いに住んでいて良かったなぁと一番感じる季節でもあります。

 

 


この朝入ったのはコブシ大の石で構成されるゴロタサーフ。


波打ち際からのかけ上がりが非常にキツく水深があり潮も当たる。


なのでマズメ時には魚が寄り易いが、その反面非常に根がかりの多いポイントです。


根がかりが特に多い長く深いかけ上がりに魚が着く事が多いので


非常にシビアなレンジコントロールが要求される一方、


その日によって反応が得られやすいルアーやウェイトが異なるので


ロッドに求められる性能としては『着底感度が高く潮の流れを感知できる繊細さと


幅広いウェイトのルアーをカバーできる汎用性』となります。


加えてこの時期のヒラメはアベレージが小さめなので


カツン!と弾くようなバイトも乗せられる柔軟性も必要となります。


このような状況ではサンドウォーカー PMS 9102MLが非常に使いやすいと思います。

 

 


この朝は開始数投目から『カン!』と弾くようなバイトが訪れる。


しっかりウェイトをロッドに乗せて先ずはファーストヒット!


姿を現したのは40cm台後半のヒラメ。

 


15gのジグヘッドをスローに巻いて来てのヒットでした。


その後も同様に攻めていくとなかなかの好反応。


出勤前の1時間で4枚のヒラメと出会うことが出来て大満足の出勤前釣行となりました♪

 

 


TackleData


Rod : TENRYU POWERMASTER SandWalker PMS 9102S-ML


Reel : DAIWA '19 CERTATE 4000C


Line : YAMATOYO STRONG8 (1号)


Leader : FAMELL 耐摩耗ショックリーダー(20lb)


Lure : Megabass ボトムスラッシュプラスヘッド15g & ワーム


Angler : Field Tester Kubota

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー