Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

岡山でタイラバ早掛け

 

 

し前に社内研修でお世話になった、岡山県玉野市の

 


セトマリン(浦吉船長)さんへ単独でタイラバ釣行に行って来ました。

 


レッドフリップの早掛けモデル発売以降は教える立場が多くて、

 


自分自身の釣りを楽しめていない気がしていました。

 


今回は精一杯楽しんで、あわよくば大物をゲットしたいと目論んでいました。

 

 

 

 

 

 

せっかくのお楽しみなので、必要以上の情報は聞かず釣り開始。

 


ベイトが入っているようで、雨が降ったせいでいつもよりは濁っている。

 


そろそろイイダコを食べ始める頃か。底潮はソコソコ効いている。

 


アレやコレやとパターンを考え、手を替え品を替え、何とか午前の潮で3枚。

 


アタリは少ないものの、軽めのヘッドにオレンジ色のカーリーテールワームで

 


40〜50cmくらいのマダイが拾い釣りができます。

 

 

 


自分の中では片潮3枚釣ればひとまず合格なので、ここでランチタイム。

 


赤飯おにぎりと冷やし中華を食べながら人の釣りを観察。

 


ちょうどレッドフリップ早掛けモデルを持った若者が

 


「何でも掛けられるから楽しい〜」と言いながらエソを掛けていました。

 


そんな彼も午前中にシッカリ本命をゲット。

 


せっかくなので一緒に写真を撮ってもらいました。

 

 

 

 

午後の潮は2枚潮で底が取り難く、

 


アタリが有ってもショートバイトでフッキングに至りません。

 


抵抗の少ないネクタイにしたり、フォール速度を落としたり、

 


フックサイズを大きくしたりして何とかショーとバイトを取っていこうとします。

 


船長も今の状況に合いそうなポイントを探してくれます。

 


あまりタイが追って来ないので、底付近を中心に超スローで

 


タイラバが横を向くイメージで巻き上げて来ると、コンと小さいアタリが。

 


フッキングを入れてファイト開始。

 


上がって来たのは30cm強のマダイ。小さいものの潮に乗ってよく引きます。

 


このタイは口から小さい2枚貝の殻を吐いていたので、

 


このエリアのタイはきっと貝を捕食しているのでしょう。

 

 

 

 

 


そろそろ大物の可能性のあるエリアの潮が、動き始めるということでポイント移動。

 


時間的に最後のポイントとなるでしょう。

 


船長が「魚いますよ、どうぞ」とマイクで言うのを聞いてからタイラバを落とします。

 


すぐに船長から「フォールで追ってるよ」の声が。

 

 

 

 

 


タッチ&ゴーがスムーズになるように気を付けて1.2.3.4.5巻きでゴン!

 


フッキングを入れたが、掛けられた事に気づいていないのか動かない。

 


経験上こういう場合はだいたい魚がデカイです。そして一気に走ります。

 


ジジジジジ−、ジジジジジ−、下に向いて走ります。

 


首の振り方と動きからみてタイ確定?

 


同船者に「80確定です」と声を掛け協力をお願いします。

 


船長からラインが見える位置に移動してフォローを入れてもらいます。

 


いったんは残り20mまで浮いたものの、それ以降は根を切るのも難しい感じです。

 


このタイ?は頭が良く、とにかく船の下に下にと入り込んできます。

 


船長がキャビンから「90有ったら剥製にしようか」と囁きます。

 


少し巻き取ってはジジジ、ジジジとタイ?は首を振りながら糸を出して行きます。

 


ドラグは1kgに設定しており、しっかりとプレッシャーを掛け続けます。

 

 

 

 

 


ファイト時間は40分を越えました。

 


首振り幅が小さくなり、流石の大ダイ?も弱ってきました。

 


ここぞとばかりに一気に距離を縮めます。

 


あと20m、あと15m、

 


リーダーが見え始めた頃、ラインが大きく弧を描きま・・・ん?

 


船長が「ちが〜う」と言いながらネットでキャッチした魚は・・・

 

 

 

 


80アップは80アップでもハマチ君でした。

 


同船者の方々、貴重な時合を使い切ってしまいゴメンなさい。

 


40分も掛けて釣り上げたハマチ君、

 


釣り上げた時点で疲れきってピクリとも動きませんでした。

 

 

 

 

 

 

Tackle Data


Rod : TENRYU RedFlip RF5111B-M


Reel : OCEA CONQUEST 200PG


Line : Maxpower 1.0号 & Grandmax FX 4号


Lure : reins 鯛レボTG (45g) & SHIMANO イカタコカーリー


Hook : OWNER JIGGER LIGHT 早掛( #1 , #2 )


Angler : Staff M

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

大人の夜遊び 小浜Part2

 

 

福井県の小浜へ巡礼して何年になるだろう?

 


旬のイカメタルゲームを堪能しに行ってきました。

 


今回は犬熊港の 第7佐藤丸さん にお世話になります。

 

 

常連さんが多いですが、皆さん優しく船長も気楽で、

 


初めてのお客さんにも行きやすい遊漁船だと思います。

 

 

 

 

 

 

夕刻に港に到着すると、

 


既に数名の常連さんがワイワイと話ながら乗り込むところ。

 


まだ明るい時間帯に出船し、沖のポイントを目指します。

 


風が強く、やや波立っているのでシーアンカーを入れて

 


流しながら探っていくことになりました。

 

 

 

 

 

 

水深75m程でスタート。

 


日も落ちて暗くなると、水深40〜50mあたりで

 


ポツリポツリと胴長15cm程のサイズが釣れ始まります。

 

 

 


しかし20m付近には小鯖の群れが入っており、

 


その下の層にイカが居る様子。

 


この状況だと、なかなか上層にはイカが浮いてこないのです。

 

 

 

 


1時間ほど過ぎると30〜40m付近で胴長30cm程がヒット。

 


風も波も少し収まってきていますが、それでも船の揺れがあり

 


スッテに不自然な動きを与えてしまうとアタリが遠のきます。

 


こういった状況では、AR70B-FLLの様にソフトなアクションが

 


揺れを吸収してくれるので、他の方よりアタリが多かったと思えます。

 

 

 

 

 


レンジは35〜40m付近でアタリが集中し、

 


良いアタリが出て合わせると重い引きが…。

 


船長にエソか?とニヤニヤされながら上げてくると、立派な弁慶サイズでした。

 

 

 


全体的には難しい状況でしたが、

 


その日のパターンを見極めて攻略するには面白い日だったと思えます。

 

 

 

 

 

 

TackleData

 

************************

 

Rod : BRIGADE SquidAR AR70B-FLL


Reel : Barchetta 300HG & 紅牙100


Line : VARIVAS Avani 0.6号


Lure : DUEL 鉛スッテ四ツ目 10-12号


WAKI 鉛スッテ 5-8号


         DUEL EZ-SLIM 80mm


        YO-ZURI ウルトラスッテ S

 

***********************

 

Rod : BRIGADE SquidAR Prototype


Reel : EXSENCE 2000LB


Line : VARIVAS Avani 0.6号

 

************************

 

Angler : Staff H & Staff KM

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

激濁りのシーバス

 

 

雨は無くてはならない天からの恵みではありますが、

 


梅雨の豪雨により毎年全国各地で災害が発生し、尊い命が犠牲になっています。

 


今回の福岡・大分の災害でも多くの方が被災されました。

 


亡くなられた方に対し、心からご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

 

 


私の地元(宮崎県)でも集中的な豪雨に見舞われ、

 


釣行当日は河川及び河口部もニゴリに加え流木やゴミで釣り不可状態(泣)

 


通常であれば撤収するところ幸いにも早朝に雨が上がり、

 


回復の兆しを見せていたためポイントを見て回ることにした。

 


キツイ濁りと増水を避けて、シーバスが避難しているであろうピンポイントを探していく。

 


すると河川が大きくカーブし、手前がたるみになったポイントを発見。

 


しかも雨水のクリアな流れ込みがある。

 


ここしかない!この淀みに大型が着いている。

 


根拠のない確信を持った私は、ゆっくりと入水し流れをチェックした。

 

 

 

 

 


ここでのタックルは、手返しの速さと着水後のラインメンディングを考慮し、

 


SWAT SW83LML-BCをチョイスした。

 


初めは波動の強いウォブ系のミノーをセット。

 


流れの流芯にダウンクロスでキャストし、

 


ルアーをスライドさせながら淀みへと誘導してスローリトリーブ。

 


すると一投目でアタリがあったものの、フックアップせず。(残念)

 

 

 

 

 


その後アタリが遠のいたため、小型のバイブに変更し同様にキャスト。

 


流芯の流れからルアーが開放され、

 


淀みに入った瞬間にゴンッ!と明確なアタリが伝わった。

 


フッキングと同時にシーバスは流れに乗って一気に走り出した。

 


ロッドは綺麗な弧を描き、私のテンションを最高潮に高めてくれる。マジ楽しい〜

 

 

 

 

 

 

 


その後はルアーが小さいことと水流が激しいため、

 


焦らずゆっくりとやり取りをしてランディング!

 


読みが当たり、狙ってキャッチした82cmの良型であった。

 

 

 

 

 


Kuranaga

 

 

 

 

 

 

TackleData


Rod : SWAT SW83LML-BC


Reel : Revo LTZ


Line : PE1号 & Leader 30lb


Lure : RangeVib


Angler : FieldTester Kuranaga

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

Japanese Fly Style で遊ぶ

 

 

『テンカラ』は世界的なブームを迎えている。
 

 

日本の各地で伝承されてきた釣法は、
 

 

SNSなどの発達で世界中に発信され、人気は留まるところを知らない。
 

 

エリアフィッシングでも、テンカラを楽しむ方も増えたように思える。
 

 

 

 

 

 

今回はフランスから、ビッグなお客さんが来ていた。
 

 

取引の打合せが目的の来日だが、お互いアングラーである…
 

 

どこかに釣りに行こうという話になった。
 

 

それなら、未経験の釣りを体験してもらうのも良い。
 

 

そこで日本式の毛鉤釣りである、『テンカラ』に決まった次第だ。
 

 

 

 

向かった先は、『平谷湖フィッシングスポット』さん。

 


南信地区を代表する管理釣り場で、標高1000m近いため比較的涼しく、
 

 

水温も安定しているので夏でもコンディションの良いトラウトが遊んでくれる。
 

 

 

 

 

 

とりあえずルアーで楽しんだ後、ロッドをテンカラ竿に持ち変えてみる。
 

 

レギュレーションで3.6m以内の竿までが使用可能なので、
 

 

テレスコアジャスターで竿の長さを調整して挑んでみる。
 

 

あまり小さな鉤を持ち合わせて無かったが、
 

 

毛鉤をユックリと見せると口を使ってくれる。
 

 

(…と言うのも、毛鉤は源流仕様しか持ってない)
 

 

 

 

 

 

コツを掴むと、次々と魚をキャッチしていった。

 


リールを着けないロッドなので、魚の引きがダイレクトに感じられる。
 

 

日本式のフライフィッシングも気に入って貰えた様だ。
 

 

今度はフランスの河川で試して貰いたいものだ。
 

 

 

 

TackleData


Rod : TENRYU Tenkara 風来坊 TF39TA
 

Line : レベルライン3.5号
 

Angler : Mr.Ultimate

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

大人の夜遊び 〜小浜〜

 

 

スタッフHより夜遊びへのお誘いがあった。

 


断る理由などなく、行きますと答えた。

 


6月末、私達は福井県の小浜を目指し北陸道を車で走っている。

 


目的は、イカメタルで狙うケンサキイカだ。

 

 

 

 


今回お世話になったのは、雲丸(Fクラウド)さん。

 


イカメタル仕様に仕上げられた船は、じつに快適に釣りを楽しませてくれる。

 


この日はテストしたいロッドもあり、数機種のテスト品を持ち込んで釣りに挑んでみた。

 

 

 

 

 


夕刻に集合し、沖のポイントに着いたのは19時半頃。

 


まだ早い時間帯は、底付近に潜んでいるとのこと。

 


重めの鉛スッテを付けて、底付近を重点的に狙ってみる。

 


ポツリポツリと釣れだすと、イカの潜むレンジが上がってきた。

 


水深60〜70m程の30m前後でアタリがあったのが、

 


次は20m、その次は15m程になってくる。

 

 

 

 

 


はじめはベイトタイプを使用していたが、試作のスピニングに持ち替えてみた。

 


浅いレンジを狙うのであれば、スピニングタイプの方が有利だ。

 


ちょい投げして、フォールを意識しながら探ってみる。

 


この釣り方が、この日のヒットパターンの様で、

 


5〜8号の鉛スッテを潮に任せて流しながら誘うと、

 


頻繁にアタリがあり楽しませてくれる。

 

 

 

 


スタッフHと一緒にテストロッドで釣りを始めた船長は、次々とイカを掛け始めた。

 

 

 

 

 


これこそ『鬼に金棒』という言葉が合うのではないだろうか。

 


詳細こそ伏せさせて貰うが、試作サンプルの完成度の高さを感じられた。

 

 

 

 

 

 


ちょっとの違いで釣果に差が出てくるのが、

 


このイカメタルの面白さであり奥深さでもある。

 


まだシーズンは続くので、これから夕涼みにイカメタルゲームはオススメだ。

 

 

 

 

 

 

TackleData


Rod : BRIGADE SquidAR AR70B-FLL


Reel : Barchetta 300HG


Line : VARIVAS Avani 0.6号


Lure : DUEL 鉛スッテ四ツ目 10-12号

 

    WAKI 鉛スッテ 5-8号


         DUEL EZ-SLIM 80mm


        YO-ZURI ウルトラスッテ S


Angler : Staff H


         Staff Funaki

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

2000m級の渓へ

 

 

空梅雨からやっと梅雨らしくなった今日この頃ですが、

 


先週末はスタッフU氏とともに山梨県の野呂川へイワナと戯れに行きました。

 


アプローチとしては、長野県伊那市より南アルプスを横断する「南アルプス林道バス」を利用し、

 


仙丈ケ岳への登山基地である北沢峠を経て野呂川上流部へと入渓するルートをとりました。

 

 

 

 

登山シーズン初期とはいえ多くの登山客とともにバスに揺られ、

 


伊那市の「仙流荘」より50分ほどで北沢峠の地を踏みました。

 


幸いに天候に恵まれ、小鳥たちの天然のBGMを聴きながら徒歩にて山梨県側へと下り、

 


40分ほどで我々には馴染みある南アルプスの反対側を流れる渓に降り立ちました。

 

 

早速入渓しますと日本第2位の高峰である北岳を水源に持つ渓のため、

 


水温は10℃以下とウェットウェーディングには辛い状況でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

私はテストも兼ねてベーシックマスターのプロトを、同行のU氏はRZS51LLを片手にスタートしました。

 


今回持ち込んだテストロッドは7’6”の#3と、

 


癖のないアクションで全国どこの渓流でも使いやすいスタンダードなタイプを使用しました。

 


使用したラインはWF3、リーダーは5X 15ftとティペットが6X 1ヒロと、

 


こちらもまたスタンダードなシステムで挑みました。

 


力むことなく自然体でタイトループを作ることができ、

 


フライラインを少しだけ出したショートキャストや5m以上のロングレンジでも

 


ブランクにラインの重みを感じやすいためストレスなくキャストができます。

 

 

今回はドライフライのみ持参したので、まずは反応を見るために#16のCDCカディスを結び、

 


巻き返しや流れの脇など岩魚が居つくであろうポイントを打っていきました。

 

 

 


釣り始めてすぐに反応があり、さっそくU氏が7寸ほどの岩魚を釣りあげました。

 

 

この辺りは「ヤマトイワナ」の生息域としても有名ですが、

 


今回はお目にかかることは出来ませんでした。

 


(私の定義として白点がなく、腹がオレンジ色のタイプをヤマトイワナと判断しております)

 

 

 

 

随所で反応があり釣れる魚もサイズが良いため引きが強く、非常に楽しむ事ができました。

 

 

しかしやはり低水温のせいか、はたまた人気河川の影響なのかフライには出が悪く、

 


使用するフライ、キャストの距離に気を遣う釣りとなりました。

 

 

ルアーマンのU氏は私では攻めることができない表層以下でコンスタントに釣果を出しており、

 


少しうらやましく思えました...。

 

 

 

 

 


尺以上の魚影も何度も目にし、帰りの時間と寒さを忘れて心行くまで釣りを楽しみました。

 

 

午後2時、バスの時間も考慮し流入する支流からエクストリームな(笑)退渓をし、

 


4時間という短時間の渓遊びを終えました。

 


水温が低いにもかかわらず瀬や流心から出てくる岩魚が多く、

 


標高2000m弱の渓流でも初夏を感じる釣りを堪能することができました。

 

 

アクセスの良さに伴う林道開発やリニア開発関係により人工物が多少目立ちはしますが、

 


いつまでもこういった岩魚たちが遊んでくれる素晴らしい溪であってほしいものです。

 

 

 

 

 

 

Tackle Data


〜FlyTackle〜


ROD:FatesBasicMaster FBM763-2 (Prototype)


Line:WF3


Leader:5X 15ft


Tipet:6X


Fly:CDC-Caddis、AdamsParachute、ParachuteAnt、etc...

 

 

 

 

〜LureTackle〜


ROD:Rayz Spectra RZS51LL


Reel:#2000class


Line:Nylon 4lb


Lure:LureStudioYAMATO & etc...

 

Angler : Staff D & Staff U

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

伊良湖沖のスーパーライトジギング

 

 

オフショアの分野での細分化は顕著で、

 


ジギングのターゲットも様々になってきた。

 


それは、道具の進化がもたらした結果だろう。

 


さて、今回は愛知県の隆盛丸さんにお世話になった。

 


試験的にスーパーライトジギングにチャレンジするので、

 


メンバーを募集しているとの事だった。

 

 

 


スーパーライトジギングとは、

 


その名の通り、細いラインと軽量ジグを使ってのスタイルである。

 


メーンターゲットは『イサキ』。

 


ちょうど時期も旬な頃合いで、食べる事も楽しみだ。

 

 

 

 

 


向かったポイントは沖の浅場で、水深が30-40m程。

 


周辺には、餌で狙う遊漁船がチラホラと見える。おそらくイサキ狙いだろう。

 


小型のジグを、ラインに結んで投入してみる。

 


船長からのアナウンスは、底の近くに魚探が反応しているとのこと。

 

 

 


表層から中層には、大量の小サバが群れており、

 


ジグを見つけられるとダブルヒットしてしまう。

 


いかにサバに見つからない様に、底まで落とさなければならなかった。

 


何度かのポイント移動した先で、

 


丹念に探っていると違和感を感じたのでフッキングしてみる。

 


サバとは違う感触が伝わってきた。

 

 

 

 


顔を出したのは本命のイサキ。

 


苦労した一匹は格別だ。

 


その後もアタリは多く、

 


ホウボウやオウモンハタ、カサゴなど色々な魚が遊んでくれる。

 

 

 

 


通常のラインジギングに比べて、

 


ソフトなロッドを使っているので小型の魚であってもファイトを堪能出来た。

 


まだまだ開拓の余地が有るので、

 


これから更にターゲットを広げることが出来ると思う。

 


次回も有るそうなので、興味の有る方はチャレンジしてみてはいかがだろうか。

 

 

 

 

 


TackleData


Rod : HORIZON-LJ(Prottype)


Reel : #3000class


Line : VARIVAS AVANI10×10 (0.6号)


Lure : BOZLESS TG IEYASU 30g


Hook : BOZLESS Hook


Angler : Staff Funaki
 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

クダコで、鯛ラバ釣行

 

 

今回は愛媛県 松山市 怒和島の怒和島マリン(大石船長)で、

 


タイラバ釣行に行って来ました。

 

 

 


怒和島マリンさんと言うと、

 


青物ジギングの超有名ポイント「クダコ」に入れる数少ない船。

 


クダコでタイラバって贅沢な感じがしますが、

 


広島市内の量販店スタッフK氏に誘って頂いてタイラバ釣行が実現しました。

 

 

 

 

 


タイラバでは全く未知のポイントのクダコ。

 


鯛の状態や必要なタイラバなどアレコレ考えるより、

 


まずは行ってみようと普段通りのタックルで釣り開始。

 


潮止まり直前で60gのタイラバで十分底が取れます。

 


コン!のアタリに素早くフッキング。

 


首振りが大きく産卵後の大鯛と思って慎重にファイト。

 


水深80mから上がって来たのは70僂離汽…

 

 

 

 

 


スタッフK氏は普段 RF792 を使っていますが、この日は新型のRF5111B-Mを使っています。

 


流石タイラバのスペシャリストK氏、

 


底から20mにある早い潮を攻略してアタリを取っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 


中層に居る動きの早い鯛を掛けるには、

 


感度とフッキングレスポンスの良い5'11"(ft)短いレングスが武器になります。

 


私はというと、とにかくアタリが出ない。

 


アレが有れば、コレが有ればと考えるも準備不足はどうにもなりません。

 


未知のフィールドで、新しい経験は楽しくもあり悔しくもありました。

 


今回は赤は赤でも違う赤い魚が遊んでくれ、

 


鯛に遊んでもらえなかった私を慰めてくれました。

 

 

 

 

 


Tackle Data


Rod : TENRYU RedFlip RF5111B-M


Reel : OCEA CONQUEST 200PG


Line : Maxpower 0.8号 & Grandmax FX 4号


Lure : reins 鯛レボTG (60g)


Hook : OWNER JIGGER LIGHT マダイ(早掛)13号

 

          OWNER JIGGER LIGHT マダイ(向う合わせ)11号


Angler : Staff M

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

早掛けタイラバ伝授in岡山

 

 

さて皆さんは、4月に釣りビジョン「ギアステーション」で放送された

 


TENRYUレッドフリップはご覧頂きましたか??

 


(見逃した方はコチラ → 釣りビジョン・ギアステーション第540回

 


衝撃を受けられた方、胸躍らされた方も多かったのでは?と思いますが、

 


ほんとに掛けれるのか?と思われる方も多かったと思います。

 


そんな私は、ほんとに自分も掛けれるのだろうか?…と感じていました。

 


そこで…実釣講習を、早掛けの伝道師スタッフMにお願いした次第です。

 

 

 

 

 


今回お世話になったのは、岡山県の遊漁船:セトマリンさん(浦吉船長)

 


魚群探知機マニアの浦吉船長が魚の動きを教えてくれるので、

 


早掛け初心者にはアワセのタイミングを掴みやすいですよ。

 

 

 

 

 


前日に宿でスタッフMの講習を受け、いざ翌日!

 


他の遊漁船も厳しいとの情報で、船長もポイントを移動してくれたり

 


「 今4mまで追いかけてきてたよ〜」「 H君、真剣すぎて顔怖いよ〜」

 


と優しく細かいアドバイスが入ります。

 


そんな中、スタッフMが掛ける。

 

 

 


スタッフMの助言は、

 


「巻き上げてくる際に、ティップのブレを無くすぐらいスムーズに動かす。

 


船長が追ってくる距離を言ってくれてるから そこまでの層を狙っていこう。」とのこと。

 

 

 

 

 


潮が止まり始める時間に コンッとアタリが!

 


パンッとあわせるが掛からない…。

 


スタッフMより「もっとショートに早く」とアドバイス。

 


えっ?してませんでした?

 


思っていることと、動いていることにズレがあり、

 


自分の中ではショートに素早くしているつもりだが全くショートでは無いらしい。

 


何度か掛けの動作を確認…。

 

 

 

 

 


完全に潮が止まってきた時 ガツッとアタリにパンッと掛けてみる。

 


おっ!結構でかい…ん?なんか違和感…。

 


上がってきたのは大きなニベ…。

 


鯛を掛けた〜って顔したのに恥ずかし〜。

 


移動のタイミングで、スタッフMより再度簡単にフッキングについての説明を受けます。

 


ドラグチェッカーを使ってのドラグ調整をして再度釣りを開始。

 

 

 

 

 


今度こそはと、気を取り直して探っていると待望のアタリが。

 


フッキングが決まると、鯛特有の引きがロッドを通じて伝わってきました。

 


無事に鯛がネットに収まると、ホッと一息。

 

 

 


何となくコツを掴め、その後も何枚かの鯛を掛けれました。

 

 

 

 

 


毎回、瀬戸内海のタイラバに来ると、

 


ただ落として巻くだけの簡単な釣りでは無いなと強く思わされます。

 


今度は、『早掛け』と『向こう合わせ』の釣り分けという課題が見えてきました。

 

 

 

 

 

 

Tackle Data


Rod : TENRYU RedFlip RF5111B-ML


Reel : OCEA CONQUEST 200PG


Line : Maxpower 1号 & Grandmax FX 4号


Lure : 新月(TG)50g


Hook : OWNER JIGGER LIGHT マダイ(早掛)13号


       OWNER JIGGER LIGHT マダイ(向う合わせ)11号


Angler : Staff H

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

若狭湾テスト釣行

 

 

スタッフHの呼びかけで、日本海へジギングへ行く事になった。

 


テストしたい試作ロッドが溜まっていたので便乗させて貰う事に。

 


お世話になったのは、若狭湾(舞鶴)の老嶋丸(ロウトウマル)さん

 


初めてだったが、気さくな船長で初心者の方でも優しく教えてくれる。

 


ジギングをはじめ、キャスティングやタイラバなど、

 


色々と楽しめる海域なので近畿方面の方にオススメだ。

 

 

 


さて、今回は近海ジギングが初めてのスタッフSとスタッフUが参加している。

 


ライトジギングは経験していたが、ヘビータックルで大物を狙うのは初めて。

 


久しぶりに同行してくれたH氏とK氏が、彼らにドテラ流しのイロハを叩き込んでくれそうだ。

 

 

 

 


当時の天気予報は晴れであるが、風が強くウネリが残るとのこと。

 


段々と波は落ち着く予報なので、焦らずチャンスを逃さず行きたいところ。

 


この海域はドテラ流しが基本で、

 


ジグザム・ドラッグフォースのドテラモデルをテストしてきた場所でもある。

 


勿論、皆手に取ったのは『JDF5101S-6』『JDF5101S-8』だ。

 

 

 

 

 


水深は80m程。風は2〜3m程だろうか、ゆっくりと船が流れている。

 


所々で散発的に鳥山が立ち、ボイルが起こっているものの、

 


何度かアタリを感じられただけで、何も釣れずに時間が過ぎていく。

 


それでもメゲずにシャクリ続けていると、スタッフSのロッドに微反応が…

 

 

 


ここで簡単にドテラ向けタックルの説明をしたい。

 


この2機種を触って頂けた方なら分かると思うが、

 


スペック値から比較すると…とんでもなく硬い竿に仕上げている。

 


これは150m以上、時によって200m〜300m以上もラインを送り、

 


遠くのジグに動きを与える為には硬さが必要だったからだ。

 


しかし、付けているジグの重さは反比例して軽量なモノを使う事も多い。

 


この日は6番クラスのロッドに170g、

 


8番クラスのロッドには140g程といった組み合わせにバイトが得られている。

 


ラインもPE3号に40〜50lb程のリーダーを組み合わせ、

 


水抵抗を少なくしジグの操作を優先させたタックルバランスとしている。

 


勿論、ロッドは硬いのでドラッグ値の調整は必須で、

 


ガチガチには締め込まず、ラインに合わせた設定で試していた。

 


使用方法については、後日また別の機会に書いていきたい。

 

 

 


さて、私はテストタックルを色々と試していると、キジハタが遊んでくれた。

 


厳しい状況で釣れてくれると、サイズなんて関係なく自然と顔がほころぶ。

 

 

 

 

 


さぁ、もう既に夕刻が迫っている。

 


船長が諦めずに双眼鏡で周囲を見ていると、遠くに鳥山を捉えた。

 


急行して、即座にジグを一斉に落とす。

 


船の全方位に海鳥が散開しており、時折水中に突っ込んでいる。

 


明らかにベイトが追われている様子だ。

 


そろそろかな?と思っていると、スタッフHのロッドが絞り込まれた。

 


ロッドが硬いので、全身で魚の引きをいなしていく。

 


まずまずのサイズの様子で、船の近くまで来ると激しい突っ込みをする。

 


隙をついて、船長がタモで掬い上げると丸々と太ったメジロ(ワラサ)であった。

 

 

 

 

 


この後エソの襲撃に合い、なかなか本命が当たってくれない。

 


最後の一流しのコール中に、スタッフUのロッドが曲がる。

 

 

 


本人はエソが掛かったと言っていたが、上げてみるとハマチ(イナダ)。

 


1日中シャクリ倒して、やっと手にした本命だ。

 


サイズはどうであれ、次の釣りに繋がるモノを得られたのではないだろうか。

 


ちょっと後ろ髪が引かれる結果だが、またの機会に来よう。

 

 

 

 

 

 

TackleData


Rod : JIGZAM-DraggForce JDF5101S-6


Reel : TwinpowerSW 8000PG


Line : PE3号 & Leader 50lb


Lure : holoholo Metal 170g


Angler : Staff H

 

 

 

Rod : JIGZAM-DraggForce JDF5101S-8


Reel : TwinpowerSW 8000PG


Line : PE3号 & Leader 50lb


Lure : KAUKAU 140g


Angler : Staff U

 

 

 

Rod : Prototype


Lure : TaiRubber 120g


Angler : Staff Funaki

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー