Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

ビワマス・トローリング体験

琵琶湖には、ビワマスという固有種が居る事をご存じだろうか?


アマゴの亜種の様で、琵琶湖だけに棲んでいる鱒の一種だ。


これが凄く美味しい魚で、流通量も少ないので一般的ではないが、


一度この美味しさを経験してしまうと他の鱒を食べられないのでは?…と


思ってしまうほどの高級魚と思っている。


その美味しい魚を、トローリングで狙ってみるのが今回の釣行だ。

 


お世話になったのは、『ビワマスガイド Dub Hand F』(藤本キャプテン)。


藤本氏はビワマスガイド協会の会長を務め、


ビワマストローリングにおいてのパイオニアであり、


他にもテンカラ釣りでは 天龍テンカラ風来坊 の開発にも携わって頂いている方だ。

 


琵琶湖の最北、奥琵琶湖ファイブオーシャンマリーナより出航し、


北湖全域をフィールドにビワマスの釣りを体験出来る。


実は、ビワマスは琵琶湖海区漁業調整委員会の承認を受けた船でないと


遊漁を行ってはいけないため、一番の近道はガイド船に頼るのが一番だ。

 


当日は晴天で、風波も無く穏やかな朝を迎えていた。


秋の気配を感じる時期となり朝晩は少し冷え込むため、


日が昇るまでは風を通さないウェアは欲しいところ。

 

 


トローリングは2パターンの狙い方に分かれ、


レッドコアと呼ばれる鉛が入ったラインを使うアウトリガーという方法と、


ダウンリガーとよばれる装置で深い泳層まで仕掛けを送り込む方法に分かれる。


両方とも一長一短があり、浅いレンジならレッドコアを使ったアウトリガ―が良く、


深いレンジを探るにはダウンリガ―が有効なってくる。


この日は、10〜20m付近を泳ぐ魚が多くバイトしてきており、


ダウンリガーを中心にアウトリガーにもヒットが出ていた。

 

 


初体験のスタッフS君も、普段ではお目に出来ない魚にご満悦。


10月1日より11月30日までは、産卵時期となるため禁漁期間となるので、


12月より解禁となるタイミングで釣行予定を考えてみては如何だろうか。


大型になると70cmにもなる鱒なので、一度経験するとヤミツキ必須だ。


Staff Funaki

 

 


【Ship Data】


Dub Hand F (藤本キャプテン)


 → https://www.biwamasu-dubhandf.com/index.html

 


【Marina】


奥琵琶湖ファイブオーシャンマリーナ


 → http://www.fomarina.com/

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

能登の豊穣な海でティップラン

2019年初旬に開かれたフィッシングショーにて、


試作品として展示していたティップラン向けロッドをご存じだろうか。


一昨年より開発を始め、テストを繰り返している。


今回は、そのサンプルロッドの実釣テストが目的だ。


訪れたのは石川県の七尾湾。


穴水港より出航するアルベルト(米田船長)にお世話になる予定だ。


船長とも付き合いも長く、ティップランだけでなくロックフッシュなど


オフショアフィッシングにおいて地域で一番便りになるキャプテンだ。

 

(写真はホームページより拝借)

 


このエリアは9月14日頃までアオリイカの採捕規制があり、


解禁となる時期を狙って船をチャーターしていた。


直前の情報を聞いていたところ、まずまずとの話であったが、


前日に乗船した方のキャッチした数は耳を疑う様な好釣果の様だ。


試作品のテストには、色々な条件でテストしたい事も有るが、


やはりヒットさせた数もロッドを判断させる大きな要因だ。


こういった面でも、数多くのヒットを望めるフィールドは稀有な存在である。

 

 


さて実釣。


風速は1〜4mの予報で、波は1m未満だが若干のウネリがある。


最初のポイントは12〜13m程の水深からだ。


23g程の軽めのティップラン専用エギを選び探りを入れて行く。


適度に船が流れ始めると、アタリが出始めてきた。

 

 

 


シャクリを入れた後のポーズまでの間が重要の様で、


コンマ何秒かの世界だがスキルが試される瞬間だ。


エギを操作するシャクリ幅、ポーズ姿勢、アタリが出るレンジ、


アタリを見分けるティップの強さ、フッキング後のロッドアクション、


グリップ形状や全体のバランスに到るまで検証していきたい内容は尽きない。

 


徐々に深場に移動し水深20〜30mでは、少し重めのエギも試してみる。


風や潮が強い状況では、様々ななウェイトのエギが必要となり、


それに応じてロッドも許容範囲が広いロッドも有ると便利だ。

 


同行したスタッフU君は実質初めてのティップランを経験したが、


シビアなアタリとは裏腹に、ラッシュ時の爆発力には驚いた様子だ。

 

充分なテストを終え帰路につく。

 

港に着く頃、夕焼けに目を奪われた。この景色はアングラーだけの特権だ。

 


これからが本シーズンとなってくるティップラン。


まだまだ間に合うので、気になったらチャレンジしてみては如何だろうか。


Staff Funaki

 

 


ShipData


アルベルト・フィッシングサービス


→ https://ameblo.jp/albart2/entry-11833556922.html

 


TackleData


Rod : TENRYU Tip-Run Prototype


Reel : #2500class


Line : PE 0.4 & Leader 8lb


Lure : エギ(19g,23g,30g,40g,50g)


Wear : Anglers-Design(UltimateRainJacket)


EYE Wear : ZEALOPTICS(Feiz - LithSport)


Angler : Staff U &  Staff Funaki


※尚、試作品の為、発売時期やスペック等は全て未定です。

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

べっぷ丸 太刀魚テンヤ釣行

 

お久しぶりです。


スタッフKです。

 

今回は、昨年仕留められなかったドラゴン太刀魚にリベンジすべく、

 

大分県別府から出航されるべっぷ丸さんにお世話になりました。

 

シーズン始まりからフグが多く気をつけてと注意のある中、実釣スタートです。

 

水深130〜160mで太刀魚の反応があるとのアナウンス。

 

早速50号のテンヤに冷凍イワシを付け投入。


竿は、HLJ611B−FMです。


ジギングをはじめタイラバ・テンヤ・インチクなど様々な釣法に使用できるHLJのシリーズですが、

 

今回は基本的に指示棚が深い事と、PE2号に50号のテンヤを使用するのでMAX200gのFMを選択。

 

50号のテンヤにもアクションの付け易い先調子となっており、

 

目視でアタリを取り易いグラスチューブラートップはわずかなアタリも逃さずフッキングを決めていきます。

 

 

当日は、フグの猛攻も厳しいですが太刀魚の活性が低い様子。


同船者さんの誘いをチラチラ見ていると巻き誘いやワンピッチ等、色々試されて居ましたが乗り切らない様子。

 

開き直った私は、2・3強めのシャクリを入れた後20秒以上ステイ。


リアクションバイト気味にプッとティップが戻るようなアタリに即フッキング。

 


指3〜4本サイズの太刀魚がポツポツ釣れ始めましたが


ショートバイトが多くエサのイワシがほとんど傷つかずに戻ってきます。

 

この様な状況で、フグがバンバン当たってくるので仕掛けを切られまくる同船者さんが続出。

 

フリーフォールで落としていると気づいたら切られている様子。


少しテンションをかけ気味に落とし違和感があったら即フッキングする事で、


フグに切られず掛けていく事が出来ました。

 

船長と中乗りさんがフグの調理免許を持っており、その場で捌いてくれるので


安全に持ち帰る事が出来るのもべっぷ丸さんのうれしいポイントです。

 

その後もポツポツアタリが出ますが、MAX4,5本サイズでドラゴンの姿は現れず、


来年へまた持ち越しとなってしまいました。

 

 

 

 

【Tacke Data】


Rod:ホライゾンLJ HLJ611B−FM

 

Reel:プレイズ 800


Line:PE2号 ショートリーダー(半ヒロ)10号


Tenya:50号

 

Angler: staff K

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

フィールドレポート (フィールドテスター久保田)

フィールドテスターの久保田です。


ここ数年では年中行事となっている新潟遠征に今年も行ってきました。


日本屈指の流量を誇る阿賀野川。


河口から上流40kmほどまでシーバスは遡上します。


この川は下流から17kmほどになる満願寺の堰を境に、


川幅が広く人工物の多い下流域、


人工物が少なく数多くの中州が存在する上流の清流域に大別されます。


僕の好みは断然上流の清流域。清流域に入るとその速く力強い流れで


反転流などをはじめとする流速差による変化も多くなり、


ピンポイントで食わせるといったゲーム性も高まる。


また速い流れの中を遡ってきたシーバスは


コンディションが良くサイズも良型が多いように感じます。


そんな白銀のシーバスとのファイトを楽しみに今年も阿賀野川を訪れました。

 

 


清流域を日中に散策しているとチラホラと


今にも死にそうな小アユが流されて来るのを発見。


これは暗くなったら面白いことになる。そんな期待感を胸に夜の阿賀野川。


フルキャストしてギリギリ届くか否かの対岸近くで捕食音が聞こえる。


恐らく日中確認した水面を流れてくる小アユを捕食しているのだろう。


本流の速く太い流れを跨いだ位置での捕食音。


アワセもファイトもその流れを考慮しなくてはならない。


飛距離も出せる点、本流から魚を引っ張り出せるパワー、


しかし小型ルアーのフックでも伸ばされない為の追従性と衝撃吸収性を考えると、


ロッドはPOWERMASTER Sandwalker PMS9102S-MLをチョイス。

 

 


本流を跨いでアップクロスへキャスト。


バシュ!と響く捕食音とコン!とティップを叩く感触。


大きくアワセを入れると心地良いウェイトがロッド全体に乗り綺麗な弧を描く。


本流の速い流れを横切った後も何度か鋭い突っ込みで激しい抵抗をみせたが、


最後は静かにス〜っとズリ上げてランディング成功。

 

 


 

毎年夏の数日しか行けない阿賀野川ですが、


その中でも阿賀野川自己記録を更新する86cmのランカーシーバス。


2019年夏の良い想い出が作ることが出来ました♪

 


【TackleData】


Rod : Tenryu POWERMASTER SandWalker PMS9102S-ML


Reel : DAIWA 19'CELTATE4000C LT


Line : 山豊テグスSTRONG8 1号+耐摩耗ショックリーダー16lb


Lure : Megabass KAGELOU100F


Angler : FieldTester Kubota

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

スタッフUのお盆釣行 〜瀬戸内のマダイゲーム〜

 

こんにちはスタッフUです。

 

お盆休みを利用して瀬戸内のタイラバ釣行に行ってきました。

 

今回は早掛けタイラバの勉強もしたかったので、

 

スタッフMからの紹介で、岡山県児島のセトマリンさんへお世話になりました。

 

単日釣行ではありましたが、早掛けタイラバの楽しさを勉強できました。

 

 


前日夕方に出発、何度か渋滞につかまりましたが、余裕をもって港につくことができました。

 

午前6時、児島下津井漁港を出船し実釣スタートです。

 


 

流し始めてすぐ、アタリがでます。

 

フッキングを入れますが、一瞬重さが乗っただけでバレてしまいました。

 

フッキングのコツを浦吉船長に教えていただき、いろいろ試します。

 

最初はバスにフッキングを入れるイメージでやっていましたが、アドバイスをもらいストロークは短めにします。

 

ロッドはショートレングスで力の伝達が早いテーパー設定になっているRF5111B-MLをチョイスしています。

 

次のアタリでは、コンコンとアタリが!!

 

ビシッ!! ドラグがジッ!! 決まったー。


少々の掛け遅れは竿がカバーしてくれて早掛け成功!!

 

この時点でいままでのタイラバとは違い、新感覚!!

 

めっちゃ面白いさ〜!! (タイラバ2度目)

 

 

タモですくっていただき、キャッチです。

 

 

ネクタイ、スカート、ヘッドなど最近の傾向や、タイが何を食べているのか、どの水深にいるのかなど、

 

細かに押してくれる浦吉船長。大変助かりました。

 

その日の海の状況やポイントに合わせ、数や、型を狙うゲーム性のあるタイラバの楽しみを経験できました。

 

なんと14枚のキャッチです。

 


お盆休みが終わり、空いた時間に次回の釣行分にとフックを巻いています。

 

釣りは準備してるときから楽しいものですね。

 

 

〜Tackle Data〜

rod: レッドフリップ RF5111B-ML

reel: #300

Line: PE0.8 +4号

system: タイラバ60g+オーナージガーライト 早掛 #1 マダイ向こう合わせ#11

 

Angler: staff U

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

Do not move the lure(フィールドテスター倉永)

 

短時間ではあるが山沿いを中心にまとまった雨が降った為、


久々に大型のシーバス狙いで志布志サーフへと釣行した。


夕マヅメにポイントに到着、9月ということもあり、


風がかなり涼しく感じる。

 

 


状況を確認し、サーフへ注ぎ込む流れ出しポイントからキャスト開始。


今回使用したのはサンドウォーカー910ML


サーフ域であれば魚種やサイズ、ルアーを選ばないオールマイティなロッドである。


しばらく様子を観察していると時折水面でボイルしているのが確認できる。


早速14僂梁膩織廛薀阿鬟ャストするが、まるで反応がない。


時期的にまだベイトが小さいようである。10僖廛薀阿吠儿垢轡ャスト。


すぐにアタリが来たがフックアップせず、その後は反応がなくなってしまった。


どうやら河川から流されてくるベイトを待ち構えているようである。


そこで流れ出しの上流側にアップクロスでキャストし、ラインがたるまない程度にリーリング。


ルアーアクションを抑えて岸のブレイクラインに沿うようにトレースすると見事にヒット。


何度もエラ洗いを繰り返しキャッチしたのは60冂度のヒラスズキであった。

 

 


ルアーを動かさず水の動きで揺らめくアクションがハマったらしく、


その後も同クラスを追加したところで、両隣にアングラーが来られた為、納竿とした。

 


今回は大型のヒットはなかったが、


これから迎える秋のサーフに期待がもてる結果であった。


Kuranaga

 

 


TackleData


Rod : POWERMASTER Sandwalker PMS9102S-ML


Reel : Twinpower SW 4000


Line : PE (1.2号) Leader(30lb)


Lure : バンズ90・ログサーフ124・レンジバイブ70


Angler : FieldTester Kuranaga

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

愛裕南丸 一つテンヤ釣行

 

お久しぶりです。


スタッフKです。

 

今回は、とあるお店様と一緒に新製品RFリアクションテンヤの研修会へ。


広島県の吉浦漁港から出船される愛裕南丸さんにお世話になりました。

 

 

 


とても愉快で明るい船長でゆったりと釣行を行なうことが出来ました。

 

当日は、朝からバケツをひっくり返した様な雨で、どうなる事やらと不安になっていましたが

 

出船と同時に小雨にポイントに付く頃には、


この時期にはうれしい涼しいくらいの気温になり釣行開始。

 

今回研修で使用している新製品のRFリアクションテンヤは、

 

ティップをカーボンソリッドにする事によって軽量のテンヤでもフォールのアタリを分かり易くし、


ベリーはハリを強くする事によってフッキングのレスポンス向上に一役を買っています。

 

一つテンヤが初めてで不器用な私の海老にはタイは反応しませんが、


慣れているスタッフの皆さんは、コンスタントにRFでフッキングを決めていきます。

 

 

 

開始早々に良型の真鯛の姿も現れ少し焦りが出てきた私。


スタッフさんの海老の付け方をガンミしながら調整していくと、ついに私にもアタリが。

 

渾身のフッキングで何とか真鯛が姿を見せてくれました。


 

 

 

しかし、中々アタリが安定せずエサ釣りの難しさを痛感。


何とかもう一枚かけたところでエサが無くなり、HLJ631S-FLLでライトジギングとタイラバに移行。

 

この日は、タイが浮き気味だったのか中層でもアタリが出るが中々乗らず。


手のひらサイズが船内で上がっていたので小型の群れが入っていた様子。


色々ジグやタイラバを変えているとタイに小型の根魚。


ずっと食べて見たかったホウボウが釣れタイムアップ。

 

 

 

 

仕掛けがシンプルな分、エサの付け方や状況に応じたロッドのチョイスなどが


最終的な釣果に大きな差が出てくる釣りなんだなと実感出来、悔しい気持ちもありますが


とても勉強になる釣行会となりました。

 

 

 

 

〜Tackle data〜

 

○TENYA
ROD:RF2292S-MLS
REEL:ツインパワーXD C3000HG
LINE:PE0.6号

LEADER:3号
TENYA:6〜10号

 

○Lightjigging

ROD:HLJ631S-FLL
REEL:ツインパワーXD C3000HG
LINE:PE0.6号

LEADER:3号
jig&tai raber:タングステン30〜40g

 

Angler: Staff K

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

フィールドレポート(テスター伊藤氏)

 

今年もタチウオがやって来ました!


青物が不調でタチウオまでも不調だったらどうしようかと不安でしたが、

 

なんとか大丈夫そうです(笑)

 


去年のように爆釣劇があるかは謎ですが...?


正直なところ、宮城のタチウオ釣りは歴史が浅く、ポイントも開拓中という感じです!

魚の動きなども謎の部分が多いですねー(笑)


流石、幽霊魚と言われるのが分かります!


青物とは違った面白さがあって新鮮です!

 

 

〜Tackle Data〜


Rod :HORIZON Progressive HPG66B-ML


Reel : オシアジガー1000


Line : PE1号


Leader : 30lb 魚の活性により40~50lbの付け足しあり


Angler : Fieldtester 伊藤 秀樹

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

フィールドレポート(テスター佐藤氏)

 

皆さんご存知かと思いますが私、例年1月から6月までは桜鱒を追いかけていますが

 

後半の半年はソルトトーナメントのトーナメンターとして活動しています。


ソルトトーナメントのターゲットはフラットフィッシュ、ソイ、アイナメのロックフィッシュ、

 

ライトロックのメバル、そしてシーバスです。


そのなかでも最高峰のソルトトーナメントと呼ばれているPOC[パワーオーシャンカップ]を主戦上に

 

スケジュールの許す限りあらゆるソルトトーナメントに参加しています。


今回は8月下旬にPOC東北シリーズの第2戦が山形県庄内を舞台に開催されるのに先立ち

 

プラクティス釣行に行って来ました。

 


例年灼熱のなかでの開催なので激渋が当たり前。

 

如何にダメージの少ないスコアでまとめるかが年間タイトルに効いてきます。

 

あらゆるアプローチの可能性の中から、再現性のあるアプローチを探し出すのが目的です。

 

そんな試行錯誤の釣りの中、PE0.4、リーダー10ポンド、シンカー14gのライトテキサスでフルキャスト。

 

70〜80メートル先で捕らえたモゾモゾした違和感!


すかさず合わせると一気に走ります!


一瞬青物?かと思いましたが走りに重厚感があった為、真鯛だな!と確信。

 

そうなればドラグを使わず走りはベールを返してフリーで対応するまで。

 

後はルナキア LK822S-HTの減衰力を信じて、慎重にやり取り。

 

ネットも無かったので波を利用して誘導しなんとかキャッチしました!

 


私自身真鯛の計測ルールがよくわからないのですがいわゆる又長では56センチでした。

 

今回、改めてルナキアの潜在能力には脱帽しました!


これからも頼りになる相棒になることでしょう。


追伸


トーナメント当日も一回りサイズが良い真鯛をキャッチしましたがいかんせん対象外の外道。

 

こんな扱いを受ける真鯛が不憫で仕方ありませんでした。

 


〜Tackledata〜


Rod : TENRYU Lunakia LK822S-HT


Reel : シマノツインパワー3000


Line : バリバスPE0.4


Leader : バリバスフロロ10ポンド


Lure : エコギアリングマックス


Sinker : 14g


Angler : Fieldtester 佐藤雄一

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

サマーナイト・リバーシーバス(フィールドモニター中野)

 

各地で台風が猛威を振るっていますが、皆様大きな被害は無かったでしょうか?


こちら宮崎県も豪雨から台風、連続して自然災害に見舞われており、


大きな被害が出ない様に祈るばかりです。

 

 


そんな中ですが、久しぶりにリバーシーバス釣行してきました。


台風の接近で降った雨が、適度に濁りを残しているであろう河川を選択。


現場に到着し、水質確認。


水色は良さげ!しかしこの河川特有のベイトとなる鮎が殆ど居ない。


おそらく豪雨などの影響で大半が流されてしまったのでは無いだろうか?


シーバスも流されて無ければ良いのだが、そんな事考えながらキャストを開始。

 

 


今回使用したロッドはテンリュウ SWAT SW83LML(スピニングモデル)


この河川のエリアにもよるが、入ったポイントでは軽量ルアーを対岸の流れまで


しっかり届かせる事が重要であり安定した飛距離も必要となる。


ベイトタックルでも届かない距離では無いのだが、力みからのバックラッシュ


からの根掛かりなどは極力避けたい為のタックル選択だ。

 

 


同行していた後輩が、早速シーバスを掛けたとの事。


60cmオーバーの綺麗なシーバスをキャッチした。


今日はお祭りかもしれないですね!


などと言う後輩、そんなに甘くないよと言う私。


案の定、最初の魚以降バイトは無くなった笑


私もルアーローテーションを繰り返し、


トレースコースを変えたりと試行錯誤するのだが反応が無い為ポイント移動を…

 

 


しかし諦めの悪い私、移動前に最後の悪あがきでバイブを入れさせてくれと後輩に伝える。


水深は40〜50cm程


根掛かり覚悟の一発勝負。しかしこの賭けが当たり一投目でバイト!
 

なかなかの重量感が伝わる、しかも元気が良い!
 

流れに乗り一気に下流方向へと走り出す、
 

突然のツッコミにも柔軟な曲がりで対応してくれるロッド、
 

月夜に照らされ実に良い曲がりをしている。


そして幾度のエラ洗いも難なくクリアー。
 

 

ゆっくり時間を使いキャッチしたのは70cm程の綺麗なシーバスでした。
 

この後ポイントを移動したが反応が無かった為、秋のポイントを下見し納竿としました。

 

 

 

 

TackleData


Rod : テンリュウ SWAT SW83LML  


Reel : ヴァンキッシュ3000  


Line : サンライン キャストアウェイ 0.8号


Leader : フロロ 20lb


Lure : レンジバイブTG、8cm-14cmミノー、シンキングペンシル、etc


Wear : テンリュウキャップ、Tシャツ、サブロックV1ベスト


Other : オーシャングリップ、etc


Angler : フィールドモニター中野

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー