Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

近道と遠回り

 

 

 

 

魚釣りの楽しみとは何なのか?と自問自答していると、

 


アングラーとは何だろう?と考える事がある。

 

 

僕らが釣りを始めた頃は釣り雑誌や釣りのTV番組等は有れど、

 


これほどPCや携帯端末が普及などしていなかったし、

 


釣具店や仲間内からの情報が主体であった。

 

 

SNS等が普及し、以前よりも情報は早く沢山手に入る様になった。

 


しかし、全てが鵜呑みに出来るわけでもなく、

 


フィールドに通っているアングラーほど

 


『???』と感じてしまう内容も少なくない。

 

 

 

 

 

 

弊社のblogで釣果報告を出しているが、

 


フィールド名を教えてほしいと問合せメールを頂くことがある。

 


そういった問合せは、

 


『アングラーとしての公平さを尊重してフィールド名をお伝えできない』

 


…と返信させて頂いている。

 

 

 

 

 

 

釣果への最短ルートを導くために、

 


何か釣りとしての面白さを失ってしまっていると思えてならない。

 


『釣れない』=『損をした』と感じてしまってはいないだろうか?

 


釣れないからこそ、

 


考え・足掻き・色々な事を試すうちにキッカケを掴める様になってくる訳だ。

 

 

魚との出会いが多い方ほど釣れない釣りを沢山経験されたと思うし、

 


釣れる方法を見つけてきた結果でしかない。

 


結局は自分の足で稼いだ情報こそが一番信頼のおけるソースであり、

 


その蓄積こそが経験だと思う。

 


この経験が多いほどアングラーと呼べるのではないだろうか。

 

 

 

 

 

最初は最低限の『知識』は知らなくてはならない。

 


状況を読み取ることや、道具の使い方などは教えて貰わなければ分からない事も多い。

 


一昔に比べれば『How-to』を纏めたムック本なども書店に多く並び、

 


ネット検索をしても無限に近いくらい情報はある。

 


でも、ある程度の経験をすれば、何となく釣り方(釣れる方法)が掴めてくるはずである。

 


そして少し思うように釣れる様になってくると、ドップリとハマってしまう訳だ(笑)

 

 

 

 

 

 

遊漁は文字の通り『遊ぶ漁』であり、

 


アングラーとは、遠回りする道のりを楽しむ遊漁者である。

 


わざと遠回りして遊ぶことで、

 


釣りの奥深さ(楽しさ)を味わって頂きたい。

 

 

 

 

 

釣竿屋の小言でした。


Staff : Funaki

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

満足してますか?






 
『釣り』の質を問い出すと、


いかに満足出来たか?と答えは行き着く。


どんなに少ない時間でも、


その内容次第で満足感を得られるものだ。


釣りをしているだけで満足…というのは別として、


やっぱり釣れた方が良い。


最近意識しているのは、


狙った獲物を狙い通りにキャッチ出来たか?という事だ。


理想通りに行ったとき、満足出来たと感じている。






例えばトラウトを狙いに行こうと考える。


時季、天候、餌、ポイント


フィールドに合う道具など選択脈は多岐にわたる。


その中から一番良いと思うモノを選んでいく。


そう、思うこと重要で思い込みが無ければ


信じてキャストを続けることが出来なくなる。






知識や経験で選択の幅は変わり、


その場の状況に合ったタックルが選び出せれば、


その日の釣りは楽しくなるはずだ。






釣れたことが必然なのか


偶然なのかは分からないが、


釣人はそれを答えと感じるしかない。


運任せ的なことかもしれないが、


釣れる確率を上げていくことが


アングラーが出来ることだ。






ネット検索すれば色々と情報は溢れているが、


結局はリアルに体験したことの方が信頼度は高く、


その時は駄目でも今後に繋がることだと思う。


難しく書くのは簡単だが、答えを書くのは難しい。


曖昧な答えを探すのが面白い。


釣り満足してますか?






釣竿屋の小言でした。


Staff : Funaki










 
JUGEMテーマ:フィッシング














 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

国産ですか? 信州産です! Pride of Japan



稀にお問い合わせで頂く質問。


「天龍さんは国産ですか?」


勿論、答えはYES。国産と答えている。








国内生産の基準は、全国釣竿公正取引協議会にて定められており、


原則として素管(ロッド本体)から製造が行われた製品は、


国産の原産国表示を許されるわけだ。


弊社製品(釣竿)は、全て長野県の工場にてブランクを製造している。


従って国産と明記出来る訳だ。






出張にて空路を利用していると、家電製品を抱えている方を多く見かける。


よくTVニュースでも報道されるが、


海外の方(特にアジア圏)が日本製の家電製品をお土産に買っていかれる。


以前より人気なのが炊飯ジャーの様だが、ヘアドライヤーも人気と聞いた。


それぞれの国でも製造販売しているメーカーのモノも有るだろうが、


日本製品への信頼度が高いのが伺える。






話は変わるが、


以前にTV番組の制作会社から依頼を受けたことがあった。


弊社製品の画像を提供して欲しいとのことである。


ご存知の方は多いかもしれないが、


空港で外国人旅行客をつかまえて、


『貴方は何しに日本へ訪れたか』を聞く番組だ。


偶々、出会った方が釣竿を持っており、


中身を聞くと日本製のロッドをお土産に買ったとの事だった。


嬉しい事に、そのロッドは弊社のパワーマスターであり、


日本製の道具が好きで竿以外にもルアー等を大量に購入されていた。


ドコの国の方だったかは忘れてしまったが、


帰ってから釣りを楽しむのだと嬉しそうに語っていた。






ただ…ドコのメーカー?との質問に、


九州のメーカー?と間違えて言っていたのは


関係者全員から笑いが出たのは言うまでもない。


信州と九州、海外の方からしたら分かり難いでしょうから(笑)







釣竿屋の小言でした。

















JUGEMテーマ:フィッシング

























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

工業製品と嗜好品



先日TVニュースでこの先20年後には


多くの仕事が人工知能を持った


ロボットが担うだろうと伝えていた。


ひと昔前までは絵空事だったことが、


今では当たり前になりつつある。


さて、この先釣具はどうだろうか?







消耗品などは大量に生産されるので、


既にオートメーション化は進んでいる。


ロボットが細やかなオーダーに対応していくのも、


時間の問題ではないかとも思える。


しかし、遊びの道具であるモノが


全て機械で出来ていると思うと、


何か足りなさを感じてしまわないだろか。


人の手で仕上げられたモノの方が、


道具への思い入れが強く感じると信じている。






弊社の近くには、精密系の企業が多く林立している。


その中に、時計を専門に扱うメーカーがある。


面白いのは、時計専門メーカーには


時計の組み立てを行うマイスターが存在し、


マイスターしか組み立てられない製品も存在している。


時間だけを知りたければ、どんな時計でも良いだろう。


モノへの拘りを持ち出すと、


その作られた背景に重きを置きたくなる。







ウッドと樹脂製のリールシート。コダワリは如何に。






1本のロッドが創られる背景には、


必ず釣り人が欲するテーマがあり、


それを具現化していく工程が存在している。


企画する者が設計者にイメージを伝え、


最初の試作品を作り上げていく。


その工程を作る側から見ていると、


とても人間くささを感じる。


全てが人の手によって作られるからだ。


店頭に並べられると全て同じ様に見えてしまうが、


それぞれに人の手の技術が施されているわけだ。






釣竿が誰にでも簡単に作れたら


弊社などのブランクメーカーは存在意義が無い。


特にコダワリが無ければ道具は何でも良いが、


拘りだすと一言では語り尽くせなくなる。


釣りは釣果であったり、


釣りを楽しむスタンスであったり、


または道具そのものを楽しむのも有りだ。


だから星の数ほど竿の種類があるのだろう。


ただの工業製品ではなく、


気持ちの入った道具を今後も作っていきたい。












釣竿屋の小言でした。























JUGEMテーマ:フィッシング




















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

アングラーに求められることは



根魚向けのシリーズ『ロックアイ』が


三代目ともなると初代の発売から10年になる。


ロックフィッシュの人気は2000年頃から顕著になり、


各社から専用アイテムが続々と発表されてきた。


当時から比べると根魚の人気は高まる一方で、


魚のタフさはより一層高まっている。


昔は良く釣れた…と言う方も少なくない。










以前にタイへ海外出張した際のことだ。


ハタ類の釣り人気が熱い地域であった。


日本の釣り文化に影響されやすく、


ロックフィッシュのタックルにも充実さが出てきていた。


マイクロジギングなる軽量なジグで、


小さなモノから根こそぎ釣ってしまうタックルも持て囃されている。


残念な事に、この国ではキャッチ&イートの文化が根強く、


放流事業が盛んとは言えない現状では


急激に個体数を減らしていると思われる。


バラマンディが釣れる釣り堀も有名ではあるが、


基をたどると食糧として養殖されたことが始まりであったらしい。












自然にも沢山居たらしいが、美味しい魚が故に獲り尽くされ、


天然の個体が釣れることは奇跡に等しいらしい。


発展途上の国が故に、


自然環境を省みない開発が後押ししているのも影響している。


日本でいう高度経済成長期と同じ環境とだろうか。


居なくなってから気付いては、後に残るのは昔の記憶だけしかない。


魚の種類にもよるが、遊泳力が弱いカサゴなどの種族は、


1度に沢山の個体が抜かれてしまうと回復が遅れる傾向にある。


日本国内では、種苗放流を行っている地域もあるが、


だからと言って乱獲出来る訳ではない。


少しで良いので節度を持ち、


リリースを心掛けて頂ければ永く楽しんで行けると思う。










メーカーとして、魚を減らしてしまうかもしれない道具を売る以上、


次世代へ残せる文化であることを伝えていきたい。


天龍のロッドを使って頂いているユーザーの方だけでも、


ご理解頂ければ幸いに思う。


決して釣るなって訳ではなく、


アングラーとして求められる


『モラル』を持ち合わせたい…と言うことだ。










釣竿屋の小言でした。
























JUGEMテーマ:フィッシング











 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

職人の手



2015年のカタログをご覧になって頂けただろうか。


弊社は50周年を迎え、簡単ではあるが見開きで


アニバーサリーページを掲載させて頂いた。


そのページに掲載した手の写真を気に入っている。









40年以上 工場の最前線で竿を作り続け、


現在でもロッドを作り続けている職人の手だ。










カタログより文を抜粋


『最先端素材の導入と共に最新の技術は、


 自社工場を支える職人達の


 絶え間ない努力によって実現している。


 釣竿製作の工程は多岐に渡り、


 それぞれの工程での作業は


 決して一朝一夕で出来るものではなく、


 長年培ってきた技術の集積は


 職人達の手が物語っている。』










竿作りには機械を使うが、機械を操るのは人であり、


匠の技があって形になる訳だ。


ロッドの組み立てに至っては、手工業そのものである。


ブランクを作るにも、


設計師から素材を切り出す職人がおり、


素材をマンドレルに巻きつける職人がいる。


そして焼き上がったブランクを


削り形を整える職人から、塗装をする職人の手に渡り、


やっと1本のブランクが出来上がる訳だ。










全て一朝一夕で出来ることでは無く、


積み重ねてきた技術がなせる技と言える。


国産品は決して安いモノでは無いが、


丹精込めて作り上げたモノには全て魂が入っている。


趣味の道具であるからこそ、ただの工業製品ではなく


ユーザーをワクワクさせる道具を提案し続けていきたい。









釣竿屋の小言でした。








Staff : Funaki
















JUGEMテーマ:フィッシング




















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

正解とハズレは?
















長い事テストをしてきたアイテムがある。



かれこれ3シーズン位になるだろうか。



かなりマニアックなモノに仕上った。



世に無いモノをクリエイトしようと思うとき、



かなりのパワー(根性)が必要と思える。



釣り方に合わせたロッドではあるが、



如何にイメージに近いモノに仕上げていくか



その摺合せが難しいわけだ。



何本もテストしてボツになったモノも多い。



その度に心が折れそうになるし、



果たして発表して受け入れてくれるか?という



不安にも駆られてくる。



でも一緒にテストして頂いている方や、



それを作ってくれる工場の方達が居るから



何とか頑張ろうという気持ちになる。






















人によって、頭ごなしにコレは駄目だと



言ってしまって進化を止めてしまう方が居る。



それは仕方ないと思う。その方には、



そのタックルが好みでは無いからだ。



所詮は遊びの道具でしかないのだけれど、



僕らは遊び方を提案していく立場であり、



何を釣るにせよ全力で遊んで(釣って)いる。



だから強要はしないし、否定もしない。



釣りには正解もハズレも無いっていうこと。



その時、そのタイミングで合っている道具はある。



でも全てをまかなう事は出来ない。



だから道具は千差万別あるわけだ。
























先日の事だが大先輩のBlogを拝見していて、



ものつくりのパワーという言葉があった。



古き良き物を大事にしながら、



新しい物に挑戦し続けている姿勢に尊敬する。



決して魚を獲るには最良の方法か分からないが、



好みのタックルで、各々のスタイルで楽しめれば



それが一番良いと思う。



以前にどこかで書いた言葉だが、



釣りはリベラル(自由)であって欲しい。



難しいことは言わない、



釣りを楽しめた人が一番ということだ。










釣竿屋の小言でした















Staff : Funaki























JUGEMテーマ:フィッシング
























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

直感




言葉では言い表せない、



瞬間的にハッと感じることや、



心のどこかでモヤ?と感じたことは、



誰でも経験があるだろう。



私の場合、釣りをしている時や、



物を作っているときなど、



出来るだけ直感を大事にしている。



ビビっときた時ほど、



良い結果が生まれているからだ。






















上司には感覚で物事を言うなと怒られる。



それはそうだ、



何の仕事にしても数字があって



判断をする基準とするからだ。



だが、物を作る時は数字だけで表せられない。



釣具なんてフィーリングが合ってこそ、



使いたい道具となる訳だ。



設計者側の立場なら、



ロッド全てが緻密な計算の基に作られており、



感覚でモノを設計している訳では無い。
























でも、テスト結果から修正する場合は、



ティップをチョット柔らかく、



バットをギュッと絞られても負けないパワー…



などと曖昧な返事しか出来ない。



何本もテストしては作り直し、



納得のいくレベルに達したらGOを出している。



強度だけだったら数値で言えるのだが、



釣味を求めだすとそうはいかない。



仕方ないので何%硬くして…などと言うのだが、



それを導き出しているのは、直感だ。



直感を数値化出来たら、なんと簡単だろう。



































































JUGEMテーマ:フィッシング

























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

雨にも負けず!




テストしたいロッドが沢山ある。



しかし、



釣りの予定を組むと雨…。



行こうとしていた場所は、



水位が高いと遡行できない場所なので、



雨が少ない時にしか行けない。



仕方がないので近くの川辺で、



試作品を持ち込んで色々と試しているわけです。






















さて今シーズン、



渓流でトラウトと遊べる時間は残り2ヶ月ばかり。



雨にも負けず、釣りに行こ〜。



Staff Funaki





















JUGEMテーマ:フィッシング






















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

ワクワクしてますか?





新しいロッドを手に入れ、



コルクグリップの表面に巻かれた



ビニールを剥がすとき、



ちょっとワクワクしませんか。






















これから、どんな魚が初めに釣れるのだろう。



釣れてもいないのに、



釣った気分になったり。



天井に穂先を当てて曲がりを見てみたり。



竿を手に取った時点で



『釣り』が始まっているのかもしれません。


















先日の展示会で道具の面白さについて、



気付かされた事がありました。



ストイックに1つの釣り方を突き詰め、



道具の良し悪しを判断していく。



オフショアのルアーフィッシングの場合、



この傾向が顕著だと思います。



かわってフライフィッシングだと、



キャストのフィーリングであったり、



写真へのコダワリからデザインの面、



もちろん釣果の面もこだわったり。



嗜好の広さが伺える面があります。


















どっちが優れているかではなく、



いかに満足して楽しめるか…。



道具という媒体を通して、魚を釣るということ。



または、道具をコレクションしたり、



インテリアとして飾ったり。



『釣り道具』は使うこととだけでなく、



他にも楽しみがあるという事です。



車やカメラなども釣り道具と捉えると、



さらに奥深さが増します。



















これは私が感じたことなので、



一概に全てとは言えませんが、



道具への思いれという部分では



甲乙付け難いことなんでしょうね。














皆さん、ワクワクしてますか。























釣竿屋の小言でした。




















  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー