Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

私の流儀

私の考える良いタックルとは、


『何も考えなくても、使いやすいモノ』と定義している。


いきなり何だそれ?って思う方が多いと思うが、


今回は抽象的であって案外タックル選びの根底に関わる事を語ってみたい。

 


私の場合ロッドの企画開発に携わっているので、


『ロッド開発』を例に挙げて話を進めていこう。


試作のロッドを手に実釣試験をしていた際、


ラインが絡まってしまったりして煩わしさを覚える時がある。


そういったウィークポイントを洗いだし改善、


自分たちが目指す調子や硬さなどに微調整を繰り返していく。


そして何度もテストを繰り返していくと、ピタッとはまった時が来る。


ルアーロッドであれば、ロッド、リール、ライン、


ルアーなどのバランスが噛み合った瞬間だ。


その全てが噛み合ったと思えるタックルは、あまり意識して使わなくても


狙ったポイントにキャストが決まったり、


魚が自然と釣れるバランスに仕上がっていたりする。

 


ただし、この何も考えなくても使い易いタックルは、


誰にでも使い易いか?と問われると、少し意味は違ってくる。


好みは人によって違うのは周知の事で、


その方のスキルだけでなく体格によっても相性が変わる。


それでもリールやラインなどの組み合わせ次第で、


各アングラーが良いと感じるセッティングも有るので、

 

狙いの範囲を定めてバランスを取っているつもりだ。

 


私が開発時に意識しているのは、初めてロッドを持ったときに…


「あぁ、このロッドだったら、あのリールを着けて、あのルアーで…」などと


使いたい情景がイメージ出来る製品に仕上げる事だ。


これを裏返していけば、どんなタックルがバランスが良いのか、


アングラーが無意識にイメージ出来ているからと思っている。


イメージ出来ない時は、私なりの拙い言葉でお伝えしている限りだ。


そして実際にフィールドで使うと、スムースでトラブルが少なく、


何も問題がなく釣りを楽しめる事が出来てこそ最高のタックルだということだ。


時にはセッティングがシビアで、ピーキーなモデルも有るのは大目に見て欲しい(笑)

 

 


話は変わるが、昔は良かった…と語る方もいらっしゃるが、


現代の道具との性能差は、はっきり言って雲泥の差が有る。


オフショアでのジギングゲームや、ショアでのアジングなどは顕著なのだはないだろうか?


でも、ひと昔前の道具には趣(おもむき)と言うべきか、


使い難いからこそ面白い面も有るのは確かだ。


私も昭和末期頃のリールが好きで、趣味で集めては実際に使ったりもして遊んでいるので、


決して否定は出来ないのだが、使い易い道具は手放せないのは確かだ。

 

(*写真のロッドは廃盤モデルです。今後の発売はありません。)


いつの事だったか、30年ほど昔のロッドに、最新のガイドを取り付けてみたことがあった。


実のところ、PEラインを使うとガイドに絡まってばかりいた為に、


試しにガイドを変えてみたところ、ほとんど絡む事もなくなった。


ガイドを変える前は意識してキャストしないと3投に1回は絡んでいて、


交換した後は何も考えなくても良いタックルになったのだ。


要因を考えてみると、当時はナイロンラインが全盛の時代であり、


そのラインシステムに合わせたロッドに仕上げていたからである。


ターゲットの魚は変わって無いのだが、タックルの進化に合わせて


道具選び(セッティング)を考えないと釣りの楽しさは良くも悪くもなるという訳だ。


流行も有るので時流に合わせたタックルは必要だが、


あくまでフィールドで欲しいと思えたモノを作ってきたつもりだ。


今後どれだけ私が関わったタックルを世に送れるか分からないが、


何年経っても自慢したくなるモノを出して行きたい。


釣竿屋の小言でした。


Staff Funaki

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

あなたはどちら?

 

ミレニアム世代が社会人に進出してきて久しいが、


彼等の事をデジタルネイティブとも呼ぶらしい。


ネット環境が整い、パソコンが無くともスマホ等の端末で


情報をすぐに手に入れられるのが当たり前になっていたのが理由らしい。


昭和生まれの僕らは、デジタルネイティブから見れば、


アナログネイティブと呼ばれるのだろうか(笑)

 

 


魚達は、そんな事はいざ知らず。


ここ数百年の間でも、大きく進化する訳でもなく、


昔ながらの生活を送り続けてきている。


自然環境は人工的に変えられても、


逞しく生き続けている生き物達には感服させられる。

 


写真は、2016年の夏に取材釣行で訪れた大井川の最上流部での一枚。

 

この日は標高1200m以上の川辺で野営となった。


漆黒の闇が辺りを包み込み、自分達の灯した火だけが周囲を照らしている。

 

→ 『ヤマトツリ』(2016年8月3日掲載)

 


山岳渓流や磯場など、人の手が入っていない場所に一人で居ると、


ふと寂しさというか恐怖を感じる方も少なくないはずだ。


人は集団で行動し、家という住処と家族が居ることで安心さを得ているが、


いざ1人だけで自然に居ると自分の情けなさを強烈に感じる時がある。


釣りを終え、自分の車に戻りポケットのスマホが振動した時など、


一気に現実に引き戻された様に思えてならない。


でも、この自然と人工のギャップに楽しみを覚えているのも事実だし、


どんなにデジタルな道具を使おうとも、魚を釣る技術はアナログなのだ。


タックルは進化していくのだろうけど、


アナログな遊びは無くなりはしないと思うし、


無くしたくはないと切に願っている。


そう思いながらも、明日の天気をスマホで検索し、


波・風の予測をアプリで調べている自分が居たことに気付いた。


どうやら僕は、少しだけデジタルネイティブに進化したようだ。

 

 


釣竿屋の小言でした。


Staff Funaki

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

アングラーであれ。

 

 

釣人は釣果を気にするが、アングラーは過程を気にする。

 

 

 


直訳すれば『釣人=アングラー』だが、

 


姿勢の違いで呼び方を変えてみては如何だろうか。

 

 

釣人は何匹釣ったとか、大きなサイズを釣ったなど自慢話は尽きないもの。

 


それを否定はしないし、大いに自慢して良いと思っている。

 


ただ、ある程度経験を積んだ方になると、釣果よりも過程を楽しむ方が面白くなってくる。

 


そういった方がアングラーと呼んで良いのではないだろうか?

 


そして、アングラーにこそTENRYUのロッドを使って欲しいと思いながら作っている次第だ。

 

 

 

 

 

 

過程というのは、自然の状況を読んで1匹まで辿り着く流れであって、

 


どんな道具でアプローチするかを試す事だ。

 


TVやYouTubeで見たスタイルを試すのも良いし、自分で考えたスタイルで挑んでもよい。

 


過程を大切にして楽しみ、それで得られた釣果は、どんな魚で有っても記憶に残るモノだ。

 

 

 

 

 

 

以前に、とある釣具メーカーの社長から諭された事が有った。

 


道具を選ぶ時の基準は、性能やデザインも有るけど、それだけじゃぁ無いだろ?…と。

 


過程を楽しめる道具を作れる様になれ…と言ってくれていたと思う。

 

 

モノが作られる過程には全てに物語が有り、

 


作っている方の魂というか気持ちが入っている道具だからこそ使いたいと思える。

 


まだ駆け出しの頃は「何じゃそりゃ?」と思えていたが、

 


経験を積む度に朧気ながら感じる様になってきた。

 


TENRYUのロッドをデザインする様になって暫く経つが、

 


いつもアングラーとして居られるかを自問自答している。

 


時流や嗜好の変化に合わせないと行けないが、譲ってはいけないポリシーもある。

 


これからもマニアックだけど、手放せなくなるロッドをクリエイトしたい。

 

 

釣竿屋の小言でした。

 

 

 

Staff Funaki

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

遠征釣行のすゝめ

 

 

大型連休に、遠征釣行を計画されている方も多いはず。

 


まだ見ぬ知らないフィールドで、

 


新しい経験をすると更なる引き出しを得られるはずだ。

 


Webで調べてみれば、北から南まで色々と遠征釣行の紹介が有るかと思うが、

 


いざ行ってみようとなると用意しなければならない物が沢山出てくる。

 


今回は、私達の経験も含めて簡単だが紹介していきたい。

 

 

 

 

 

 

遠征釣行を計画すると、色々やってみたい釣り物が沢山出てくる。

 


せっかく遠くまで行くのだから、沢山タックルを持っていきたい所だが、

 


飛行機を利用しようと思うと制限が発生する。

 


1つ目は、ロッドなど長物の預かり制限だ。

 

 

 

 

 


航空会社によって違うが、国内線の場合だと長辺で200cm程度までが

 


無料で預ける事が出来ることが多い様だ。

 


先日、中部国際空港から石垣空港まで飛行機を利用した際は、

 


ANA社では青いケースにロッドを入れてくれるため、

 


もしハードケースを持っていなくても安心出来る。

 

 

 


当社のロッドであれば、6’6”(ft)の1ピースタイプ(198cm)までなら大丈夫だ。

 


(数に限りがあるそうなので、出来ればケースに入れていった方が安心)

 


ただし過去に経験したのは、国内線でも小型飛行機の場合だと、

 


190cm以内でないとダメだった…という苦い経験もある。

 


規定より長い物でも預けられる事もあるが、

 


オーバーチャージ(超過料金)を取られてしまうので注意が必要だ。

 


試しに私の持っているバズーカ(プラノ社製3段ズームタイプ)では、

 


スパイク・トラベルをグリップだけを抜きロッドベルトで纏めてみた所、

 


6本までは収納することが出来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

2つ目の心配は、重さの制限だ。

 


大概の場合、無料で預けられる重量は1人/20kgまでとなる。

 


キャリーケースとロッドケースを持っている場合は、

 


全ての重量で計算するので、ロッドケースの重量も図っておかないといけない。

 


荷物で案外重いのがリールだ。

 


大型のリールとなると、2台で1kgを超えることもあるので注意が必要だ。

 


八幡浜のM船長からのアドバイスで、リールはリュック等に入れ、

 


手荷物として持ち込むと預ける荷物を軽減出来るとのことで、

 


試してみると驚くほどスーツケースが軽くなり、

 


帰りのお土産を入れる隙間も出来たほどだ(笑)

 

 

 

 

 

 

サブタックルの用意も有ると◎

 


本命のターゲットが釣れなかった場合でも、何か釣って帰りたい。

 


そんな時にライトタックル等を持ち込んでおくと、

 


案外持っていくと楽しめるのがサブタックルだ。

 


本命がGT狙いであれば、カスミアジなどを狙ったPE2号程度のタックルや、

 


ジギングで大物を狙うのが本命なら、タイラバタックル等が挙げられる。

 


意気込んで目的地に着いたのは良いが、

 


都合よく天候が優れていれば問題無いが、悪天候で釣りが出来ない事も有る。

 


港や河川で、アジングタックルで小物釣りに興じるのも有りだ。

 


普段では見られない面白い魚との出会いがあるので、

 


サブタックルの準備にも力を入れてみても有りだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

遠征の釣旅に出ると、何かしらトラブルは付き物だ。

 


そんなトラブルさえも旅の面白さとも言える。

 


忘れ物をすると、よく釣れるというのは釣人あるあるで、

 


カメラを忘れた…というのは良く聞く話だ(笑)

 


皆さんの各地で釣れた釣果を、投稿写真で見れるのを楽しみにしたい。

 

 

 

 

釣竿屋の小言でした。

 

 

Staff Funaki

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

ネバリって何だろう(改筆)

 

 

各地の展示会などで商品の紹介をしていると、

 


「 天龍らしい、ブランクだよね 」…と言われる事が多い。

 


この言葉を何度も耳にするが、何が『らしい』のか?

 


総じて共通する事は、『ネバリが強い』ではないだろうか。

 


確かに私をはじめスタッフ全員が、

 


「ウチのサオは、ネバリヅヨイ」と答えるだろう。

 


では、ネバリとは何だろうか?

 

 

 


マグロを狙うロッドから渓流のテンカラ竿に至るまで、

 


どんなロッドでも、よく言われている。

 


定義付けすると、なかなか曖昧な部分で表現しにくい点ではあるが、

 


私の考えとして、『 耐久力 と 復元力 』と解釈している。

 


耐久力とは、ブランクが破断するまでの限界値。

 


復元力とは、負荷をかけると入力された方向の反対に戻ろうとする力。

 


または、潰れた円が戻ろうとする力でもある。

 


この2つの力の値が高いことで、

 


『ネバリ強い』と表現されているのだろう。

 

 

 

 

 


硬い = ネバリ強い …という訳ではなく、

 


『耐久力と復元力が強い = ネバリ強い』ということだ。

 


ただ…間違っていけないのは、1ピースのソリッド材を使った竿は

 


思いっきり曲げても折れ難いロッドになり易いが、

 


テーパーによっては復元力が少なくて曲がりっぱなしの竿もある。

 


ちゃんと元に戻ろうとする力が発生してこそ、ネバリのあるロッドだと思えてならない。

 

 

 

 

 


ターゲットの獲物が掛かった際に、

 


ロッドとラインの角度を常に直角(90°)に保てるようにしてみて頂きたい。

 


適正なドラッグ値などでファイトすると、

 


グリップを持っているだけで、自然と曲がったロッドが戻っていく。

 


これがブランクに仕事をさせるという事で、

 


TENRYUユーザーをはじめ釣りの経験が豊富なアングラーは、

 


ファイト時に自然と実践している事かと思う。

 

 

 

 

 


追記

 


近年はC・N・Tなどナノ系素材が台頭してきて、

 


更に軽量でネバリ強いロッドの製作が可能になってきている。

 


25年前のオフショアのルアーロッドは太くゴツイ印象であったが、

 


スロー系ジギングやタイラバロッドなど驚くほど細いロッドが普通になった。

 


リールやラインの進化も関係しているが、

 


まだまだライトタックルの進化が進むのではないだろうか。

 


これから25年先のロッドは、どんなに細くてネバリ強いのだろう?

 


釣竿屋の小言でした。

 

 

Staff Funaki

 

 

(この記事は2012年6月28日に掲載したモノを改筆しました)

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

近道と遠回り

 

 

 

 

魚釣りの楽しみとは何なのか?と自問自答していると、

 


アングラーとは何だろう?と考える事がある。

 

 

僕らが釣りを始めた頃は釣り雑誌や釣りのTV番組等は有れど、

 


これほどPCや携帯端末が普及などしていなかったし、

 


釣具店や仲間内からの情報が主体であった。

 

 

SNS等が普及し、以前よりも情報は早く沢山手に入る様になった。

 


しかし、全てが鵜呑みに出来るわけでもなく、

 


フィールドに通っているアングラーほど

 


『???』と感じてしまう内容も少なくない。

 

 

 

 

 

 

弊社のblogで釣果報告を出しているが、

 


フィールド名を教えてほしいと問合せメールを頂くことがある。

 


そういった問合せは、

 


『アングラーとしての公平さを尊重してフィールド名をお伝えできない』

 


…と返信させて頂いている。

 

 

 

 

 

 

釣果への最短ルートを導くために、

 


何か釣りとしての面白さを失ってしまっていると思えてならない。

 


『釣れない』=『損をした』と感じてしまってはいないだろうか?

 


釣れないからこそ、

 


考え・足掻き・色々な事を試すうちにキッカケを掴める様になってくる訳だ。

 

 

魚との出会いが多い方ほど釣れない釣りを沢山経験されたと思うし、

 


釣れる方法を見つけてきた結果でしかない。

 


結局は自分の足で稼いだ情報こそが一番信頼のおけるソースであり、

 


その蓄積こそが経験だと思う。

 


この経験が多いほどアングラーと呼べるのではないだろうか。

 

 

 

 

 

最初は最低限の『知識』は知らなくてはならない。

 


状況を読み取ることや、道具の使い方などは教えて貰わなければ分からない事も多い。

 


一昔に比べれば『How-to』を纏めたムック本なども書店に多く並び、

 


ネット検索をしても無限に近いくらい情報はある。

 


でも、ある程度の経験をすれば、何となく釣り方(釣れる方法)が掴めてくるはずである。

 


そして少し思うように釣れる様になってくると、ドップリとハマってしまう訳だ(笑)

 

 

 

 

 

 

遊漁は文字の通り『遊ぶ漁』であり、

 


アングラーとは、遠回りする道のりを楽しむ遊漁者である。

 


わざと遠回りして遊ぶことで、

 


釣りの奥深さ(楽しさ)を味わって頂きたい。

 

 

 

 

 

釣竿屋の小言でした。


Staff : Funaki

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

満足してますか?






 
『釣り』の質を問い出すと、


いかに満足出来たか?と答えは行き着く。


どんなに少ない時間でも、


その内容次第で満足感を得られるものだ。


釣りをしているだけで満足…というのは別として、


やっぱり釣れた方が良い。


最近意識しているのは、


狙った獲物を狙い通りにキャッチ出来たか?という事だ。


理想通りに行ったとき、満足出来たと感じている。






例えばトラウトを狙いに行こうと考える。


時季、天候、餌、ポイント


フィールドに合う道具など選択脈は多岐にわたる。


その中から一番良いと思うモノを選んでいく。


そう、思うこと重要で思い込みが無ければ


信じてキャストを続けることが出来なくなる。






知識や経験で選択の幅は変わり、


その場の状況に合ったタックルが選び出せれば、


その日の釣りは楽しくなるはずだ。






釣れたことが必然なのか


偶然なのかは分からないが、


釣人はそれを答えと感じるしかない。


運任せ的なことかもしれないが、


釣れる確率を上げていくことが


アングラーが出来ることだ。






ネット検索すれば色々と情報は溢れているが、


結局はリアルに体験したことの方が信頼度は高く、


その時は駄目でも今後に繋がることだと思う。


難しく書くのは簡単だが、答えを書くのは難しい。


曖昧な答えを探すのが面白い。


釣り満足してますか?






釣竿屋の小言でした。


Staff : Funaki










 
JUGEMテーマ:フィッシング














 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

国産ですか? 信州産です! Pride of Japan



稀にお問い合わせで頂く質問。


「天龍さんは国産ですか?」


勿論、答えはYES。国産と答えている。








国内生産の基準は、全国釣竿公正取引協議会にて定められており、


原則として素管(ロッド本体)から製造が行われた製品は、


国産の原産国表示を許されるわけだ。


弊社製品(釣竿)は、全て長野県の工場にてブランクを製造している。


従って国産と明記出来る訳だ。






出張にて空路を利用していると、家電製品を抱えている方を多く見かける。


よくTVニュースでも報道されるが、


海外の方(特にアジア圏)が日本製の家電製品をお土産に買っていかれる。


以前より人気なのが炊飯ジャーの様だが、ヘアドライヤーも人気と聞いた。


それぞれの国でも製造販売しているメーカーのモノも有るだろうが、


日本製品への信頼度が高いのが伺える。






話は変わるが、


以前にTV番組の制作会社から依頼を受けたことがあった。


弊社製品の画像を提供して欲しいとのことである。


ご存知の方は多いかもしれないが、


空港で外国人旅行客をつかまえて、


『貴方は何しに日本へ訪れたか』を聞く番組だ。


偶々、出会った方が釣竿を持っており、


中身を聞くと日本製のロッドをお土産に買ったとの事だった。


嬉しい事に、そのロッドは弊社のパワーマスターであり、


日本製の道具が好きで竿以外にもルアー等を大量に購入されていた。


ドコの国の方だったかは忘れてしまったが、


帰ってから釣りを楽しむのだと嬉しそうに語っていた。






ただ…ドコのメーカー?との質問に、


九州のメーカー?と間違えて言っていたのは


関係者全員から笑いが出たのは言うまでもない。


信州と九州、海外の方からしたら分かり難いでしょうから(笑)







釣竿屋の小言でした。

















JUGEMテーマ:フィッシング

























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

工業製品と嗜好品



先日TVニュースでこの先20年後には


多くの仕事が人工知能を持った


ロボットが担うだろうと伝えていた。


ひと昔前までは絵空事だったことが、


今では当たり前になりつつある。


さて、この先釣具はどうだろうか?







消耗品などは大量に生産されるので、


既にオートメーション化は進んでいる。


ロボットが細やかなオーダーに対応していくのも、


時間の問題ではないかとも思える。


しかし、遊びの道具であるモノが


全て機械で出来ていると思うと、


何か足りなさを感じてしまわないだろか。


人の手で仕上げられたモノの方が、


道具への思い入れが強く感じると信じている。






弊社の近くには、精密系の企業が多く林立している。


その中に、時計を専門に扱うメーカーがある。


面白いのは、時計専門メーカーには


時計の組み立てを行うマイスターが存在し、


マイスターしか組み立てられない製品も存在している。


時間だけを知りたければ、どんな時計でも良いだろう。


モノへの拘りを持ち出すと、


その作られた背景に重きを置きたくなる。







ウッドと樹脂製のリールシート。コダワリは如何に。






1本のロッドが創られる背景には、


必ず釣り人が欲するテーマがあり、


それを具現化していく工程が存在している。


企画する者が設計者にイメージを伝え、


最初の試作品を作り上げていく。


その工程を作る側から見ていると、


とても人間くささを感じる。


全てが人の手によって作られるからだ。


店頭に並べられると全て同じ様に見えてしまうが、


それぞれに人の手の技術が施されているわけだ。






釣竿が誰にでも簡単に作れたら


弊社などのブランクメーカーは存在意義が無い。


特にコダワリが無ければ道具は何でも良いが、


拘りだすと一言では語り尽くせなくなる。


釣りは釣果であったり、


釣りを楽しむスタンスであったり、


または道具そのものを楽しむのも有りだ。


だから星の数ほど竿の種類があるのだろう。


ただの工業製品ではなく、


気持ちの入った道具を今後も作っていきたい。












釣竿屋の小言でした。























JUGEMテーマ:フィッシング




















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

アングラーに求められることは



根魚向けのシリーズ『ロックアイ』が


三代目ともなると初代の発売から10年になる。


ロックフィッシュの人気は2000年頃から顕著になり、


各社から専用アイテムが続々と発表されてきた。


当時から比べると根魚の人気は高まる一方で、


魚のタフさはより一層高まっている。


昔は良く釣れた…と言う方も少なくない。










以前にタイへ海外出張した際のことだ。


ハタ類の釣り人気が熱い地域であった。


日本の釣り文化に影響されやすく、


ロックフィッシュのタックルにも充実さが出てきていた。


マイクロジギングなる軽量なジグで、


小さなモノから根こそぎ釣ってしまうタックルも持て囃されている。


残念な事に、この国ではキャッチ&イートの文化が根強く、


放流事業が盛んとは言えない現状では


急激に個体数を減らしていると思われる。


バラマンディが釣れる釣り堀も有名ではあるが、


基をたどると食糧として養殖されたことが始まりであったらしい。












自然にも沢山居たらしいが、美味しい魚が故に獲り尽くされ、


天然の個体が釣れることは奇跡に等しいらしい。


発展途上の国が故に、


自然環境を省みない開発が後押ししているのも影響している。


日本でいう高度経済成長期と同じ環境とだろうか。


居なくなってから気付いては、後に残るのは昔の記憶だけしかない。


魚の種類にもよるが、遊泳力が弱いカサゴなどの種族は、


1度に沢山の個体が抜かれてしまうと回復が遅れる傾向にある。


日本国内では、種苗放流を行っている地域もあるが、


だからと言って乱獲出来る訳ではない。


少しで良いので節度を持ち、


リリースを心掛けて頂ければ永く楽しんで行けると思う。










メーカーとして、魚を減らしてしまうかもしれない道具を売る以上、


次世代へ残せる文化であることを伝えていきたい。


天龍のロッドを使って頂いているユーザーの方だけでも、


ご理解頂ければ幸いに思う。


決して釣るなって訳ではなく、


アングラーとして求められる


『モラル』を持ち合わせたい…と言うことだ。










釣竿屋の小言でした。
























JUGEMテーマ:フィッシング











 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー