Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

新型ルナキア(開発記2)

 

 

 

 

新型ルナキアの、ファースト・セカンドサンプルのテストが終わり、

 


テスターの蔵野氏からレポートが上がってきていた。

 


(2016年10月頃の話)

 


開発初期のレポートの内容を簡単に纏めると下記の通りだ。

 


***************************************

 

 

 

59S(試作)

 


最初のファーストプロトの方が方向性が合っている。

 


どこにもないTENRYU独自の道にしたい。

 


セカンドは極端な曲がり…

 


ファーストプロトの感度をもう少し上げて、

 


アクション(調子)はそのままでいけないか?

 


長さはもう1インチバットを詰めて、シェイキングしやすくできれば

 


繊細かつ曲がりを楽しんで掛けにいけるロッドに出来るはず。

 

 

 

63S(試作)

 


チューブラより、ソリッドティップの方が良い感じ。

 


1〜1.5gを使い易いテーパーになった。イイ感じになってきている。

 


ジグ単モデルとしては平均的。アジングも悪くない。

 


ただ感度はまだ低い。リールを付けても元ガイドから7〜8cmの所に重さを感じる。

 


絶対的感度とテンション感度を両立させていきたい。

 

 

 

610T(試作)

 


ワインドモデルとして1.5〜2g前後のウェイトは使い易い。

 


アクションとワインドを跳ね上げさせる際のベリーのパワーは有る。

 


曲がった時(魚を掛けた時)の突っ込みに対応する追従がもう少し欲しい。

 

 

 

75T(試作)

 


柔らかすぎ…マグナムの曲がりも欲しいが絶対的なパワーが無いのと、

 


Rテーパー過ぎ。作り直し。キャロ、プラグも行けるパワーが欲しい。

 

 

 

82T(試作

 


メタルジグ、ボトムリグをキャストする上でバットパワーは必ず必要だが、
 

 

これも75の延長にだけなっている気が…
 

 

ベリー、バットの全てのパワーが足りなく、キャスト性能も無い…作り直し。
 

 

 

***************************************

 


それぞれ指摘が厳しいが、作り手としても挑戦し甲斐の有る内容だ。

 


前回から、チューブラとソリッドの選定も長所・短所を見出し、

 


サードサンプルで決着出来そうな所に来ていた。

 


ただ…難しいのは、更なる軽量化をどうするのか?という点だ。

 


ブランク設計、グリップ形状、ガイドバランス、他にも見直す点は多い。

 


この時点で結論を出すまで半分程度だった。

 

 

Staff Funaki

 

 

 

開発記3に続く

 

 

 

 

関連記事

 

 

(2018年5月22日公開記事)  →  新型ルナキア(一部公開)

 

 

(2018年7月26日公開記事)  →  新型ルナキア(試作グリップの変遷)

 

 

(2018年8月6日公開記事)  →  新型ルナキア(開発記1)

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー