Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

秋の遡上狙いから、空振りしてイワナを狙う。

 

 

今年も、遡上するマスを狙う時期になってきた。

 


夏のうちは一体どこに潜んでいたのか分からないが、

 


この時期になってくると産卵を意識して遡上してくる個体がいる。

 


そのサイズは、普段は渓流で相手にしているサイズでなく、

 


呆れるぐらいデカい魚体になっている。

 


毎回出会えるわけでもなく、タイミングを合わせて行かないと

 


全くの空振りとなる事が大半だ。

 


狙うタイミングは、

 


纏まった降水で河川が増水し遡上し易い環境になる事と、

 


潮の干満を表すタイドグラフで満月(大潮)に重なる頃だ。

 


この2つの要因が重なったのが最高のタイミングであり、

 


更にはターゲットが大型に育つ河川の環境も必要だ。

 


これらを踏まえた上で、大型鱒ハンティングが可能になる。

 

 

 

 

 


9月に暦が切り替わり暑かった夏が終わる頃、

 


ルアースタジオYAMATOのT氏と遡上魚の話をしていた。

 


今年は、いつ頃が良いのだろうか?

 


○○では既に釣れている…、などと話をしていたかと思う。

 


そんな中、台風が呼び込んだ雨雲が纏まった雨を降らせ、

 


狙いの河川は増水傾向にあった。

 


さっそく連絡を入れてみると、

 


丁度タイミング良くお互いのスケージュールが取れた。

 


ただし天気は雨予報。とりあえず、河川を巡ってみようとなった。

 

 

 

 

 


当日、予報通りに雨が降っている。

 


最初に見に行った河川は、大雨の影響が残っており茶色に濁っていた。

 


見切りを付け、次の川に移動してみても状況は同じだった。

 


こうなれば、手あたり次第に川を巡ってみる作戦だ。

 


山を越え、谷を超え、目ぼしい場所を回っていく。

 


ことごとく川は濁り、釣りをするには向かない状況だ。

 


何本ものポイントを巡ったが、ロッドを振れる場所は無かった。

 

 

 


時間は昼時になり、仕方なく観光地で人気のラーメンを食す。

 


麺類が全て好きな小生。

 


特に、ラーメンには並々ならぬ拘りを持っているつもりだ。

 


1つの味に拘っている店は好きだ。今回もそんな店。

 


続きを書き出したら、文字数が制限を超えそうなので割愛したい。

 

 

 

 

 


さて、釣りの続きだ。

 


分水嶺を超え、別の河川を見に行ってみた。

 


有名な温泉地が近く、すれ違う車は県外ナンバーばかり。

 


雨の日に、釣りで山奥まで来ているのは自分達くらいか…。

 


T氏の案内で色々巡り、最後に決めた川は何とか釣りが出来そうだ。

 


ここの川は遡上は見込めず、山岳河川のイワナが中心になる川との事だ。

 


こんな天気の日は、仕方ないので魚の顔だけ見てみよう…となった。

 


普段よりは水位が高いが、それでも膝下ほどしか無い。

 


急こう配のポイントを巡りながら、

 


大型魚狙いに定めたアンバランスなタックルで魚を狙っていく。

 


普段、人間の顔を見たことが無いのか簡単にバイトしてくる。

 


8寸程度のサイズだが、適度なファイトで遊ばせてもらった。

 

 

 


T氏は顔出しNGなのか、鳩のマスクをして釣りに挑んでいる。

 


このマスクを装着すると虫に刺されないらしく、

 


魚に警戒心を抱かせないらしい(本人談)

 


淵を探るごとに魚が飛び出してくれたが、

 


上流まで攻め上がっていくと急に魚影が途切れてしまった。

 


天気も怪しいので、ここで納竿とすることにした。

 


今回は空振りしてしまったが、禁漁まであと少し。

 


ドラマを起こせるか期待したいところだ。

 

 

 

 

 

 

TackleData


Rod : Rayz Spectra RZS53LML (Jerkin' Custom)


Reel : #2000class


Line : PE 0.8  &  Leader 10lb


Lure : Lure Studio YAMATO (YUIRO 50S)


Angler : 鳩マスク & Staff Funaki

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー