Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

冬鯵を探して(フィールドモニター中野)

 

先日、短時間ですがアジングへ行ってきました。


例年、2月中旬であれば数釣りが楽しめる鯵なのですが、


今年は暖冬のせいか、水温も中々下がらず厳しい状況が続いています。


しかし、そんな状況だからと家にじっとしていられない性格の私。仕事中も…


もしかしたら、ここ数日の冷え込みで状況が良くなっているのではないか?


…などと妄想を膨らませていた。

 

 


考えてても仕方がない…やっぱり実釣が一番!ってことで仕事を済ませ、


車にタックルを積み込み釣り場へと車を走らせた。


すると、目的地に行く途中の港に小型タンカーが止まっている、


しかも沢山の作業灯が海面を照らしている。


もしかして、鯵が寄ってるのでは!?


妙に気になり、車を止めタックルを準備しキャストを開始した。

 

 


水面が騒ついている様子は無かったので、先ずはしっかりボトムを取ってみる。


この日、私が使用したロッドはルナキア LK632S-LMLS


ソリッドティップの掛け重視モデルだ。


着底を感じた後、細かいアクションを入れながらゆっくりとリトリーブしてくる。


予想的中で一投目からヒット!


しなやかなソリッドティップのおかげで、


しっかり口の奥に吸い込まれてのフッキングで難なくキャッチ!


その後、一時間程で数匹キャッチ出来た。

 


とにかく驚いたのが、この日掛けた魚は全てキャッチ出来た事。


私の中でも、やはり鯵は口切れしやすい。


特に足場の高い場所でのやり取りや、ランディング時の抜き上げ


とにかくバラす事が多い魚なのだが、ロッド全体の吸収力、


ソリッドティップのしなやかさで完璧なキャッチ率であった。


是非皆様にも一度手に取って欲しいと思える、素晴らしいロッドだと思う。

 

 


そして、今回の釣行で明暗部にシーバスを発見。


遊び心に火が付き狙ってみると、まんまとヒット!(笑) 厳しいかと思ったのだが、


バットに余裕を持たせたままフッコサイズを浮かせる事が出来た!


最後の最後、エラ洗いでバラしたものの、


この軽さや細さからは想像もしていなかったバットパワーで、


とても安心してファイトせて貰え、益々アジング釣行が楽しみです。

 

 


Tackle Data


Rod : Lunakia LK632S-LMLS


Reel : SHIMANO soare 2000SHG


Line : DUEL ArmoredF 0.6


Leader : 3lb フロロカーボン


Lure : 1gジグヘッド tict & berkleyワーム


Angler : Field Monitor Keiichi Nakano

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー