Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

フィールドレポート (フィールドテスター関川)

 

こんにちは。フィールドテスターの関川です。


今回は大阪湾奥河川での、シーバスのアフタースポーンに関してです。


こちらでは、シャロー絡みの10-15mの底ものベイトに着いて留まるものと、


河川を上るものと二種類に分かれます。


僕自身、どちらも狙いに行きますが、今回は河川の方のレポートです。

 


狙い所は至ってシンプルに「深場のある最上流部」「温排水」です。


どちらもベイトが豊富で、カタマりやすくバラけにくいという点が共通します。


これはアフタースポーンで動きたくないシーバスには、有難いエサ場なんです。


もちろんそんな元気のないコンディションなので、


シーバスのサイズが大きければ大きいほど、ルアーに対してのアタリは極々小さなものになります。


そこでやはりキモとなるのは『ロッドの感度』です。


僕がこのパターンを攻略するにあたって使用するのは、SW92M , SW88MLMの2本です。


どちらも高感度な上に、ピンポイントまで距離があっても、


キャストしやすく、魚を掛けた後も扱いやすい長さになるので、いつもこの2本に絞っています。


この時期はファイト的にはイマイチですが、喰わせるテクニックを存分に楽しめますので、


まだまだ寒いですが、フィールドに足を運んで下さいね。

 

 


TackleData


Rod : TENRYU SWAT SW92M


         TENRYU SWAT SW88MLM


Reel : DAIWA EXIST 2506


Line : YGK Upgrade X8 (0.8号)


Leader : VARIVAS Fuloro (14lb)


Lure : NIKO Design (plam MID Shallow 15g)


Angler :  FieldTester Sekigawa 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー