Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

テンヤ真鯛レポート(2018年5月レポート分)

 

レッドフリップ・リアクションテンヤを開発にあたって、テスト中のレポートをご紹介。


開発の経緯や過程から、新型が仕上がるまでを追ってみた。


****************************************


日時:2018年5月11日


場所:千葉県 飯岡沖


遊漁船:飯岡漁港・梅花丸様


晴天。風は北東2〜3mから南9mになる予報、波は1〜2m予報だが穏やかな雰囲気。


水深は25〜35m程と全体的に浅いが、2枚潮で慣れないと着底が分り難い。


船はパラシュートアンカーを使って広くエリアを流していくスタイル。


5〜10号の鯛テンヤを多用する状況で、


あまり潮に動きが少なく晴天の為か底付近でのアタリが集中する。


船長の指示で、船の真下だけを狙うだけでなく


アンダーハンドでキャストして広く狙うことを勧められた。

 

 

 

 

 


開発中のサンプルのテスト結果は下記の通り。


RF2292S-ML


穂先にカーボンソリッドを使った点で、


繊細なアタリを捉えやすく非常に感度が優れていると思えた。


ただし、ベリーからバットに掛けて張りが足りず曲がりすぎてしまい、


フッキングを入れても若干遅れてしまう感がある。


4〜6号のテンヤとの好相性、10号まで使用可能。

 

 


RF2412S-M →後のRF2342S-MS


頑張って使っても、アタリが分り難くフッキングも決まらない…。


下記のRF241S-MHを、ソリッドティップに変更し、


全体的に10%パワーダウンした程度が良いかと思える。

 

 


RF2412S-MH →後のRF2342S-MHS


今回のエリアで使用頻度の高かった5〜10号のテンヤが扱い易く、


シリーズにおいても中心となると思われるスペックを想定している。


感度の面で、カーボンソリッドの穂先に変更した方が良いと思う。


また全体的に張りが有れば、即アワセに反応出来ると思われる。

 


RF2392S-H


全体的にパワーが強いモデルのため、今回の釣り場では実力が発揮出来ていなかった。


感触としては8号のテンヤからが扱い易く、12号のテンヤ(TG)までは充分に扱えた。


もっと深場や潮が早いエリアでもテストをしてみる必要がある。


また、感度の面でソリッドティップにしてみたい。


****************************************


この時点では改良途中で、長さ・硬さ・製法などは色々と試している段階だった。


フィールドで取れた情報をベースに開発を進めているので、


時間こそ掛かるが信頼度が高いロッドに仕上がる訳だ。


次のレポートも楽しみにして頂きたい。


Staff Funaki

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー