Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

フィールドレポート(フィールドテスター関川)

 

こんにちは。テスターの関川です。


大阪湾奥河川は、これから一潮ごとに状況が変わっていき昼夜を問わず、


シーバスを探しまわるランガンスタイルのアングラ―にとっては、非常に楽しい季節へと移行していきます。


この3月中旬から4月中旬ぐらいまでの期間は、これまでアフタースポーンだった個体が、


マイクロベイト(ボラの稚魚)や底バチなどで体力を回復し、初期の「稚鮎」を追い回すようになります。


さすがにこうなると、魚の体力も数段上がり、


1・2月は魚のパワー不足で物足りなさを感じていたアングラーにとっても、


掛けた瞬間からやり取りを楽しめようになります。

 


ただし、そう簡単に数もサイズもという訳にはいかないのも現実です。


トライ&エラーを繰り返し、思考の末、ようやくシーバスを追い込み突き詰めているのに、


バイトに持ち込めないだとか、アタってもフッキングに至らないであったりとか。


それをタイミングという一言で終わらせてしまっては、物凄くもったいない気がします。


実はこの時期、魚の活性は確実に上がってきているのですが、


そこまでルアーを追うのかというと、そうではない感じがします。


場所によっては、スーパーボイルって感じでバシャバシャやるのですが、ほんと数分から数十分と短時間です。

 


その状況でも仕留めきるのに「キモ」となってくるのが、


7-10cm10-15g程度の軽めのルアーに対しての、ラインとロッドとのバランスです。


僕の場合、よほど根ズレを気にしないといけないようなポイントでない限り、ラインは0.6前後にします。


これはシーバスに対しての気遣いではなく、ベイトに対しての気遣いなんです。


まだまだ春先の、初期段階の稚魚クラスなので、ラインに触れて散らかってしまい、


折角出来ているベイトダマを、少しでも壊さないようにする為の選択です。


そして最も重要なのが、その繊細なラインを繊細な釣りで操る事が出来、


なおかつアフタースポーン上がりのモンスタークラスと出会った時にも


対応可能なロッド【SWAT 88MLM】この一本です!


スローなリーリング時でも、極々小さなアタリでバイトしてきた時でも、

 

それがハッキリとわかるティップの繊細さ。


そしてそれに連動するベリーの柔軟性。いざという時のバットの強度。


もちろん8'8"(ft)という長さなので、ロングキャストも可能ですし、小技にも使えます。


「どのルアーなら釣れるんだろー?」とまず考えがちですが、


シーバスの口元の事と共に、手元の操作性の事も同時に考えてやると、


意外と今まで出会えなかった魚とのワンチャンスが、格段に広がると思います!

 

 

 

TackleData


Rod : SWAT SW88MLM


Reel : EXIST 2506


Line : YGK Upgrade X8 (0.8号)


Leader : VARIVAS Nylon (14lb)


Lure : Taphios (Sinking 8g)


Angler : Field tester Sekigawa

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー