Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

テンヤ真鯛レポート(2018年8月20日レポート分)

 

レッドフリップ・リアクションテンヤを開発にあたって、テスト中のレポートをご紹介。


開発の経緯や過程から、新型が仕上がるまでを追ってみた。


****************************************


日時:2018年8月20日


場所:福岡県・玄界灘〜沖ノ島周辺海域


遊漁船:奈多漁港・雅(ミヤビ)

 


福岡・奈多漁港より、7時出港、19時帰港。沖ノ島周辺海域にて実釣。


晴れ、弱風(ときおり吹く程度)、低波、潮流(0.1〜1ノット程)といった、かなりタフな条件。


好天に恵まれたが、高温・多湿で無風に近い時もあり、体力的にも辛い時間が長かった。


島の周囲を流し、水深25〜90mまで探る。平均して50〜60m程度の水深が多かったと思える。

 

 


RF2112B-M (ベイトタイプ)


テンヤにソフトベイトを装着して使用してみた。


感度は充分に出ている。これ以上硬くすると、テンヤではなくヴォルテックスになってしまいそう。


リアグリップの長さが気になったが、大鯛を掛けると長い方が楽なので悩むところ。


外房でのテスト時、リーリング(巻き)での可能性が見えたことで、今回も適度な手応えもあった。


リアグリップレングスは、巻きを考えるとこの長さがベストかもしれない。


****************************************


ベイトタイプの長所と短所が見てきた事で、スピニングとは違った使い方が面白く、


状況別に使い分けると釣りの幅がグッと広がると思っている。


この時のテストで、巻きテンヤの面白さに気が付いた。


Staff M

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー