Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

テンヤ真鯛レポート(2018年8月レポート分)

 

レッドフリップ・リアクションテンヤを開発にあたって、テスト中のレポートをご紹介。


開発の経緯や過程から、新型が仕上がるまでを追ってみた。


****************************************


日時:2018年8月30日


場所:千葉県 飯岡沖


遊漁船:飯岡漁港・梅花丸


前回から引き続いて、船も前回と同じく千葉県(外房)飯岡港の梅花丸さんにてテスト。


大型の真鯛が上がっているらしく、平日でも釣り客が多く同船していた。


水深が26〜29m程。潮流は緩く、6号テンヤで充分底が取れる。


相当な大型が見込まれるらしく、PE1号・リーダー3号以上を用意するようにと船宿から案内があった。


大型こそキャッチ出来なかったが、中型クラスのヒットを得られたので充分なテストが行えた。


各位で大型のヒットがあったが、どれもフックアウトしてしまっている。

 

 

 


これも改良する点として浮き彫りになった。


今回のテストは、ソリッドティップ2機種をテストして判断を下すのと、


大型に対応出来るか一番硬いモデルと、ベイトタイプのテストを中心にテストした。


ソリッドティップの方向性は合っており、ML〜M〜MH の3機種が手堅いところ。

 


RF2342S-MS (開発コードM4017)ソリッドティップ


3〜12号テンヤに対応するスペックを求めており、


今回の状況だと タングステンの6号と鉛の8号がベストであった。


硬さ・パワー共にバランスが良く感じる。


MLのモデルには、このモデルをベースにパワーダウンすれば良いか?


ガイドの形状と、リアグリップの長さだけを変更してみたい。

 

 


RF2342S-MHS (開発コードM4016)ソリッドティップ


上記のモデルに硬さが近く、ベリーからバットに掛けてもっと張りが欲しい。


前回のMHに比べ、かなり柔らかい。穂先とバットに曲がるポイントが有るため、曲がり方が汚い。


ブランクは調子・硬さも修正し、パーツ類は上記と同じく ガイド形状とリアグリップ長を変更したい。


大型のヒットが有ったが、パワーが伝わっていない為かフックアウトしてしまっている。


生餌の代わりにソフトベイトを付け、笠岡式のシャクリもテスト。


まだロッドが柔らかいが適度に動いてくれる。もっと張りを出せば改善出来ると思う。

 

 


RF2342S-H (開発コードM3802)チューブラティップ


2kg程の鯛が掛かっても全く不安のないパワー。


ティップが少し強く、テンヤの着底感や鯛のアタリも捉え難い。


穂先だけ10%程ソフトに仕上げたい。他、ガイド形状とリアグリップ長の変更。

 

 


RF2112B-MHT (開発コードM3797)チューブラティップ


ベイトタイプとしての利点を追求している。


スタッフMからの助言で、早掛けタイラバと同じ使い方でテンヤを試みた。


大型(おそらく青物)のヒットが有ったが、残り5mでフックが折れた。


パワーは充分にあり、問題なし。


ロッドワークでテンヤを動かすには12号まで、リーリングだと20号でも可能。

 

 


****************************************


前回に比べ、最終のモデルに近づいてきているのが分かる。


ただし、まだソリッドティップとチューブラティップの長短を見極めている段階。


これから更に煮詰めていく作業に入っていく。

 


Staff Funaki

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー