Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

スピードスティック『令和の初バス』

 

地元の友人から「バスが釣れているよ」と連絡をもらい、


久し振りに地元の野池でバスを狙ってきました。


とは言っても「遊んで欲しい盛り」の息子が2人いる私が、


休みの日に「釣りに行ってくる」なんて言おうものなら


「僕たちも行く」と釣りどころではありません。


子ども達に「どうしても仕事に行かなくてはならない」と言って2時間だけの釣行に出発。

 

 


移動時間を考えると実釣時間は1時間弱。


池に到着するまでに池の位置、池の底の状態、


太陽の方向、使うルアーなど考えて、最短でバスに会える方法を考えました。


邪魔にならない場所に車を停めて早足でポイントに向かいます。


日ごろの運動不足のせいか、すぐに息切れをしますが何とかポイントに到着。

 

 


池の北側で岩が点在するフラットなエリアでまずは


11cmのミノーを広範囲にジャークしていきます。


コイがウロウロと岸際を泳いでおり何だか嫌な感じがするな〜と思っていると、


ゴンっとミノーを持って行かれました。釣り上げてみると立派なヒレのフナ。

 


コイやフナも恋の季節でシャローに集まっているようです。


気を取り直してルアーをクランクベイトに変えてフラットシャローの沖のブレイクを通します。


段々と池の水の動いているアウトレット側へ進んで行くと、コツンと小さなアタリが。


速度を変えながらクランクベイトを引くも反応がありません。


ルアーをバルサのシャッドに変えて、よりスローにブレイクをのエッジ周辺を通します。


するとコツンと小さなアタリがあり、ルアーを持って行きます。


巻き合わせを入れると、どうもバスのようです。

 


少し疲れた感じのあるバスですが、令和の初のバスに会うことができました。


その後急いで家に帰り、息子たちとキャッチボールして機嫌を治してもらいました。

 

 

TackleData


Rod : Speedstick (Prototype #0  6ft)


Reel : Bantam


Line : MI-207N (14lb)


Lure : One-Ten , シャドラップ・MIクランク(MR)


Angler : Staff M

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー