Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

レッドフリップ・リアクションテンヤ 発売時期が決定!

 

以前よりお伝えしていた、新型リアクションテンヤについて発売時期が決定。


2019年6月末頃リリース予定。新型の性能を体感して下さい。

 

 


また、レッドフリップ・リアクションテンヤを開発にあたって、


アクションを決定した時のレポートをご紹介。


****************************************


テンヤ真鯛レポート(2018年11月レポート分)


日時:2018年11月14日


場所:千葉県 大原沖


遊漁船:大原漁港・つる丸様


アングラー:スタッフT

 


当日は時化気味で風速も10m近く吹き、テストには厳しい状況。水深が30m前後。


軽量なテンヤの釣りは成立が難しく、8号以上のテンヤを主体にテストを行った。


Hパワー以外は完成度が高く、船の中で同行のA氏と私が一番タイを釣っていたと思う。


春先と違いアタリが明確に出て、底取りから直ぐアタリが取れるか無いかで釣果に差が出る。

 


RF2292S-MLS(ソリッドティップ)


今回リヤグリップを少し短くした事で、アンダーハンドでのキャストがし易くなりました。


既に前回のテストでもアクションは決まっていたので、


キャストフィール・ラインの抜けのみ確認したが問題なし。このサンプルでOK。

 


RF2342S-MS(ソリッドティップ)


キャスト・感度・バッドパワー共に問題なし。


鯛の動きに追従し、釣り味が楽しく曲がりが気持ちいい竿。このサンプルでOK。

 


RF2342S-MHS(ソリッドティップ)


キャスト・感度・バッドパワー共に問題なし。


前作よりバッドベリーを強くしたのでブランクスがシャープになり、


リフト&フォールもし易く、フッキングレスポンスが良くなった。


終了間際に地合いがあり、MHで2キロをゲットしましたがまだまだバッドに余裕がありました。

 


RF2342S-H(チューブラティップ)


前回より、ティップセクションを柔らかくしたのだが感度が悪く感じた。 


10号では底取りが少し遅れる、13号のタングステンで丁度良い感じでした。 


1kgクラスの鯛を釣ったがバッドはまだまだ残っており余裕でした。


A氏も知らぬ間に餌が捕られてる事が多く、アタリが出ていないのでは?と言っていました。


チューブラーでこれ以上の感度が厳しいのであればソリッドにするしかない。


****************************************


テスト中のサンプルの内、3機種にOKサインが付いたテストであった。


Hパワーのモデルのみ、発売時期を見送ってでもテストを繰り返して行こうと決めた日。


徹底した現場主義のテストは続いていく。


Staff T

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー