Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

台風後のヒラスズキ(フィールドテスター倉永)

日本列島に大きな被害をもたらす台風には、


心底来てほしくはないが、自然の力に抗う事はできない。


募金程度でしか応援できませんが、台風19号で被災された方々が一日も早く回復し、


平穏な日々が訪れますようにお祈りいたします。

 


秋の台風通過に伴い、外海が荒れ始めると様々なベイトが港湾部に避難してくる。


しかしベイトの群れや種類・サイズ、避難場所など、その時々によって変わってくる事から、


その都度、過去の実績ポイントをリサーチする必要がある。


釣行当日はウネリが残っており、


普段は穏やかな岸壁も満潮時には足元を波がさらう状況であった。

 


しばらく観察していると、やはりベイトが入り込んできている。


潮の動きに合わせベイトの群れが水面近くで固まり、ステイしているのがわかる。


おそらくカタクチの群れで、その周りには大型のシーバスがついている可能性が高い。


今回、私がチョイスしたロッドはロングキャストが可能で、


大型のシーバスにも対応できるパワーがあり、柔軟なティップで、


ベイトに合わせた小型のプラグも操作できるスワット107をチョイスした。

 


狙いはベイトボールの50冂度下をトレースし、


トゥィッチによるフラッシングでヤル気のあるシーバスを食わせる。


水面に目を凝らしながらベイトボールに合わせてキャストを繰り返す。


潮の流れに沿ってベイトが移動をはじめた数投目、ティップで誘ったルアーに勢い良くヒット。

 

 


しっかりとフッキングを入れてキャッチしたのは65冂度の綺麗なヒラスズキであった。

 


その後もヒラを追加でキャッチし、満足で釣行を終了した。


Kuranaga

 

 

 

TackleData


Rod : SWAT SW107ML


Reel : Twimpower 4000


Line : PE 1.2号 & Leader Fuoloro(30lb)


Lure : ドリフトトゥィッチャー、SL12、カゲロウ


Angler : Fieldtester Kuranaga

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー