Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

長崎ジギング釣行 スタッフK

お久しぶりです。スタッフKです。


今回は長崎県にあります海音さんにて、


地元釣具店様と青物ジギングに行ってきました。

 


今回のメインは、JIG-ZAM Draggforce JDF5101B-G4/5 を使用する事。


今年の春先にに発売されもう使用して頂いているユーザー様も


多いと思いますが、改めてご紹介させて頂きます。

 


まず JIG-ZAM Draggforce のシリーズのおさらいですが、


G4/5、G5、G6、G7と4機種があり、


C・N・T配合のグラスのチューブラーロッドになっています。


ジグを跳ねさせず縦に誘うことに特化し、


柔軟性と魚を掛けた際にはリフト力に優れたパワーを持つ


少し特殊なモデルとなっています。


このシリーズに、G4/5が追加でリリースされましたが


大きな違いとしてアクションがレギュラーアクションになっています。


今までのモデルよりもショートジグなどの軽量ジグを使用しても


ジグを暴れさせず操作することに向いています。


また、近年高速巻きパターンで圧倒的な有利性のある電動ジギングにも


使用しやすいレングスとアクションとなりました。

 


さて、説明が長くなってしまいましたが、いざ沖へ。


ベイトが小型だと言うことで150〜170gの小型ジグでスタート。


しかし、活性が低いのかジグにも落とし込みをされていたお客さんにも


ベイトすら付かない厳しい状況に手を変え品を変え我慢。


すると魚探から目の覚めるような反応が!


棚を意識して探っていくとロッドが絞られる。正体は鰹。


しかし、ここからベイトの反応はしっかり出ているが、


もう一匹追加した後はぱったり食ってこずカツオは終了。

 


ポイントを変え気持ちも切り替える。


すると落とし込みのお客さんにやっとベイトが付いたととの事で、


回収の際にみんなで見てみると小型のアジが。


やはりベイトが小さいと判断し、


120gまでジグを落としてシルエットを小さくしてみることに。


軽いジグはG4/5だと気持ちよくシャクル事が出来るます。


そして何度か誘っているとヒット1kg位のネリゴが


本日初の本命でやっと一息つく事が出来ました。

 


ロッドをJDF621S−3に切り替え、


高速巻からのフワフワ誘いでヒラゴを一本追加でタイムアウト。

 


中々厳しい一日となってしまいましたがJDF5101のB-G4/5の使用感も、


改めて実感することが出来て楽しい釣行となりました。


11月も中旬に差し掛かり本格的なジギングシーズンが到来します。


是非お手にとって見て頂ければと思います。

 


TackldData
--------------------------------------

Rod : JIGZAM Draggforce JDF5101B-G4/5


Reel : Jigger 2001PG


Line : PE 3号 & Leader F(10号)


Lure : JIG 120-200g

--------------------------------------

Rod : JIGZAM Draggforce JDF621S-3


Reel : Twimpower 10000PG


Line : PE 3号 & Leader F(10号)


Lure : JIG 120g
--------------------------------------
Angelr : Staff K

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー