Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

五島列島テスト釣行

霜月も半ばを過ぎた頃、テスト釣行の為に五島列島を目指した。


自分達の住む長野からだと、愛知の小牧空港から飛行機で福岡空港へ移動し、


福岡からは目的の宇久島までフェリーで渡航して到着となる。

 

2泊3日のコースで予定し、2日間は沖の瀬に渡り終日釣りをして、


最終日の午前中まで釣りをして帰ってくる流れだ。

 


今回はパワーマスターの試作品のテストが目的で、


大型の青物とのファイトを想定してテストに挑んでみた。


尚、試作品は全くのプロトなので発売も全て未定だ。


しばらくテストを繰り返していくつもりで、


たまにテストの様子を公開していこうと思う。

 


深夜のフェリーに乗船し、到着は陽も昇っていない4時過ぎ。


誰も居ない港で釣りの準備を終えると、港に瀬渡しをしてくれる船が到着した。


今回は渡船と民宿を兼ねている丸金釣りセンター 金丸瓩気鵑砲世話になった。


気さくな船長と、肝っ玉母ちゃんが迎えてくれるアットホームな民宿だ。

 

 


先ほどの港から直接、目的のポイント犢母瀬瓩謀呂靴凸磴辰拭

 


だんだんと東の空が明るくなり、ポイントの全景が見えてくる。


360度全てがフィールドで、どこを探っても魚が出そうと感じる。


逸る気持ちを抑え用意を済ますと、狙いを定めたポイントに散開した。

 

 


当日は午前9時頃まで下げ、帰港の4時まで上げていく潮周りだ。


予報では風が午前中のうちは強く、だんだんと落ち着くらしい。


地形や潮の方向など全く分からないため全てが手探りであるが、


初めてのフィールドこそアングラーとしての資質を試される時だろう。


何かに固執せず、ルアーの種類や誘い方を色々と試して行く。

 


ジグをキャストしていた、スタッフKのファーストフィッシュはシイラ。


本命では無かったが、ド派手はファイトはアングラーを熱くしてくれる。


だが、次の魚までが遠かった。


ダイビングポッパーやミノープラグにはチェイスが有ったが、


フックアップするまでのバイトを得られる事が出来ない。


やっと終了間際に、ジグをキャストしていたスタッフKがロッドを曲げた。

 


良く肥えた4.5kgのヤズ(ワラサ)。


その後、タイムアップまで投げ続けたが何も無くお迎えの船に乗る事になった。


初日はダイビングペンシルやポッパー、ミノープラグ、メタルジグなど


色々な角度から攻めてみたが表層まで魚が出てこない様子であった。


チェイスは確認出来るので、魚は居るのは確認出来た。


そんな事も有り、翌日も同じ瀬に渡してもらう事とした。

 

 


翌日。夜も明けぬ前に出港し、夜明けと同時に瀬に渡して貰った。


初日よりも風は落ちたが、若干波が残っている。


前日に波が高く入れなかった場所は、この日は行けそうだったので試してみる事にした。


程良いサラシが出来ており、ポッパーやミノープラグを投入すると


何度かバイトを得られたがヒラスズキの様だ。


ルアーをメタルジグに変え、少しレンジを変えて探ると中層でバイトが出てきた。

 


前日と同じサイズのヤズ(ワラサ)。


しかし、この後が続かず時間だけが過ぎていく。


試したいタックルを変えながら、忍耐の釣りをしていると急にバイトが訪れる。


手前にテーブル上に根が入っているため、魚を浮かせると躊躇いなく引き抜く。

 


またも同じ4kg程のヤズだった。


2枚潮になっており、上の潮と下の潮の境目辺りでバイトしてきた様に思える。

 


続けてスタッフKも掛けたのはスマ。ここは魚種が豊富で面白い。

 

 


この後、2本ほどヤズを抜き上げてタイムアップを迎えた。

 

 

オフショアより少しハードルが高いこの釣り。

 

1尾のキャッチは、アングラーを破顔にしてくれる。

 

 


翌日は宿泊地の地磯を見て回りながら、試作品のアクションを再確認の釣りをした。


テストでは、現場で使わないと見えてこない物も多い。


実戦的な状況で使ってこそ、何が必要で不要なのか見極めが必要だ。


そんな確認作業をしているだけでも何時間も掛かってしまい、


あっという間に帰りのフェリーに乗り込む時間となってしまった。


後ろ髪を引かれる思いだが、これにて五島列島の釣行は終了だ。


今後もタイミングをみてテスト釣行をしていくつもりなので、


当ブログを楽しみにしておいて欲しい。

 

 


TackleData
____________________
Rod : POWERMASTER Prototype
Reel : #10000class
Line : PE 4号&リーダー80lb
Lure : MetalJig 100g,Plug 80-100g
____________________
Rod : POWERMASTER Prototype
Reel : #14000class
Line : PE 5号&リーダー100lb
Lure : MetalJig 100-120g,Plug 100-120g
____________________
Rod : POWERMASTER Prototype
Reel : #14000class
Line : PE 6号&リーダー130lb
Lure : MetalJig 120-150g,Plug 100-150g
____________________
Rod : POWERMASTER Prototype
Reel : #14000class
Line : PE 8号&リーダー170lb
Lure : MetalJig 120-200g,Plug 120-150g
____________________
Angler : Staff Funaki & Staff K

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー