Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

Scabbard fish (タチウオ)

北風が吹く真冬の2月初旬、


アジを狙うべく志布志港内の常夜灯をチェックしていく。


数か所を見て回り、最後に例年、釣果がでている有力ポイントに到着した。


様子を観察すると何者かが水面でボイルしている。


今回チョイスしたのはルナキア(752)で、感度と操作性に優れた逸品である。


スレやすい港回りで、ロッドワークを駆使する釣りにジャストフィットする。


ジグヘッド(1.5g)にグラブをセットし、キャスト開始。


すると一投目でアタックがあったが同時に一瞬でラインブレイク。


どうやら犯人はタチウオのうようである。


小型のバイブレーションに変えてキャスト。


そしてリフト&フォールさせると勢い良くヒット。

 


キャッチしたのは指4本サイズの良型のタチウオであった。


その後もロッドアクションでリフト&フォールに


緩急をつけながらリトリーブし、計8本ほどをキャッチした。

 


最後にジグヘッドでボトムをトレースすると本命のアジがヒット。

 


数匹をキャッチし納竿とした。


3時間程度の釣りであったが、十分楽しむことができた。


皆さんも寒さに負けず港のライトゲームにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 


【TackleData】


Rod : Lunakia LK752S-MMHT


Reel : MS2004


Line : フロロ(5lb)


Lure : ジグヘッド(1.5-2.5g)・メタルバイブ(5g)


Angler : Fieldtester Kuranaga

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー