Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

渓流でベイトタックル









今でこそ、様々な釣りモノをターゲットとしているためか、



自分が何かの専門釣り師とは言えないが、



私が天龍に入社する以前は、



ブラックバスに狂っていた。
















生活の基盤が関東にあったので、



自然とBASSをターゲットとすることが多かった。



その際、タックルはベイトタイプが多く、



スピニングリールの出番は少なかったと思える。


















天龍に入社し、トラウトの遊びを覚え、



スピニングタックルを持つことが多くなった。



それが、一昨年からベイトをメインとする様になるとは、



考えてもいなかった。

















ここのところ、バス向けのタックルは、



ベイトフィネスが流行しており、



以前よりも軽量のルアーをキャストし易いリールが



各メーカーより発表されている。

















このリールをトラウトで使ってみることにした。



それが、レイズのベイトタイプを作るキッカケであった。

















トラウト向けのベイトロッドは、



ずっと昔から存在しているが、



渓流向けと言えるモノが少なかったと思える。



ましてはアップストリーム向けというと、



ほんの一握りであるといえる。


















一昨年からテストを初め、



昨年はベイトタックルでの釣行を増やし、



色々とテストしていた。



正直なところ、ベイトリールでの私の壁は、



 『 ルアーウェイト : 3g 』 であり、



これ以下はキャストのコントロールが難しい。



練習しかないのだが、ここは割り切って、



3g以下のルアーはスピニングで使うことにした。

















難しいのも好きなのですが、



やっぱり楽しみを優先といったところ。



リールも、もっとクラシカルなモノがカッコよい。



本流向けに用意した方は、



太鼓型のタイプを愛用している。



本流なら7g前後から上の重さが多いので、



最新型でなくとも遊べるのが良いところ。




















ベイトタックルの利点などは、



別の機会に書きたいと思います。



また、紙面媒体などでも紹介しますので、



そちらもご参照ください。

















さて、今年のルアーを選別しています。



毎年恒例のドラフト会議。



今年の一軍ボックスに顔を並べるルアーは、



何にしようか悩んでいます。



もうすぐ中部地区は河川の解禁となります。



ソワソワしているアングラーも多いのでは?



今シーズンも良い釣りが出来ますように。









Staff : Funaki






















  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー