Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

フィールドレポート

 

フィールドアドバイザーの溝脇氏より入電。


先日の釣行ではヒラマサ狙いだったとの事で、新型スパイク


SK822S-MHを曲げている写真と共に釣果写真も送られてきた。

 


溝脇氏からのアドバイスは、このロッドの性能を引き出すには、


ロッドを適切な角度でホールドし、耐えられるドラグ値をしっかりと掛け、


バットまで曲げこむ事で本来の力を発揮してくれるとの事だ。

 


C・N・Tがバットにコンポジットしてあり、


その部分まで曲げ込んでこそロッドの性能が出てくる。


ここでドラグが緩いと相手にプレッシャーを与えられず、


主導権を握られてラインを根ズレで切られたりする訳だ。


また、使用感が軽いとの話だった。


ロッド本体の自重は至って軽さを追求したわけではないが、


持ち重り感を軽減したのでリールを装着した時のバランスが良く、


終始キャストし続けるヒラマサ狙いに向いた仕様だ。


この日は超大型こそ出なかったそうだが、


渋い状況でも投げ続けられるタックルの重要度も高い。


道具の性能を知り、皆さんのスキルアップに繋がれば幸いだ。

 


【TackleData】


Rod : Spike SK822S-MH (Yellowtail)


Reel : STELLA SW14000XG


Line : PE 5号


Leader : 100lb


Lure : Bluefish 75(UWAKAZE Special)


Angler : FieldAdviser Mizowaki

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー