Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

解禁 〜序章〜



私の住む長野県南部、



下伊那地域は2月16日より



河川での遊漁が解禁となった。















昨年の10月1日より禁漁期となり、


およそ4ヵ月ほどが



彼女達(鱒)との別れの期間になる。



私達は会えない時間を、



悶々とした時間を過ごす。



短い様で長くも感じる。



そんな期間を過ごす訳だから、



解禁前は皆が眼がギラギラしてるわけだ。



















仲間内でも



「どこのポイントに入るよ?」



などと会話することが多い。



生憎、16日は出勤日であり



川には出掛けられない。



勤務中も次の日ことばかり考えていた。






















天気予報では、好天。



気温は、この冬でもトビキリ寒く、



マイナス10℃の予報だった。



そして、翌日。


























川原は、前々日に降り積もった雪で覆われていた。



夜明け前の気温、マイナス12℃。



寒いを通り越して、痛みを感じる。



でも、釣り欲が寒さを上回ってるので、



心はホットだ。


















先週のドラフト会議から選別された、



一軍ルアーからお気に入りを選んでラインに結ぶ。



立ち位置を決め、



トレースラインを考えてキャストを試みる。



この1投目がワクワクする。



脳内トレーニングでは、



この1キャスト目で大物が来ているはず…



なのだが…。





















30分くらい過ぎたのだろうか、



上流でキャストしていた Tuboi氏 からヒットのコール。





















レイズRZ65MLが、ブチ曲がっている。



なんか…様子が変だとTuboi氏が言う。



トラウト特有のローリングが無いとのこと。



案の定だが…。上がってきたのは、コイ。



















この男、毎年解禁すると面白いことをする。



昨年は尺イワナを、



開始3投で仕留めていたが、



今年は30分後にコイ。



来年は何を釣るか今から楽しみだ。
























その後は、各ポイントを回ってみたが、



彼女達は留守だったようだった。



こんな事は慣れたもんだ。



いつも振られてばかりなんで、



だいぶハートが強くなった。



何はともあれ、シーズン開幕である。



今年は、どんな出逢いがあるのだろうか。



振られないよう、頑張ってみます。


















Tackle Data



Staff  Funaki



Rod  :  RZ75ML



Reel  :  #2500class



Line  :  Nylon  (MI-207N 6lb )







****************



Staff  Tuboi



Rod  :  RZ65ML



Reel  :  #2500class



Line  :  PE  #0.6

 


















































 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー