Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

釣りの教科書




釣りの教科書を持っていますか?



今の世の中、



webで探せば魚釣りの方法は幾らでも見つかるでしょう。
















私が釣りを覚えた頃は、



親父に教えてもらった事がきっかけだったと思う。



当時、読みふけった本があった。












『つりのひみつ』



私の釣りの教科書だ。



ボロボロで、何度も繰り返し読んでいたと覚えている。



昭和後期ごろの本だったと思うが、



初歩として読むには内容が濃いモノだった。



しかも、漫画だったため受け入れやすかった。



もう絶版だが、



こういった子供向けの釣り情報誌が少ない様に思える。




















先日、渓流で中学生に出会ったことを書いたが、



最近10代の釣りをしている子に会うことが少ない。



お父さんが釣りが好きで連れて行くことがあるかもしれないが、



自分たちだけで出掛けている子は



全国でどれだけいるのだろう?



危ないから子供だけでは釣りはダメという自治体もあると聞いた。



公園でも携帯ゲーム機に夢中の子を多く見かける。



私もファミコンに夢中だったので否定はできないが…、



自然の中で遊んでいたことも多かった。



でも、ディスプレイ越しに手にはいる情報より、



実際に魚を手にしたときの感動は体験しないと分からない。



そして、それ以上に釣りたくなって専門誌を読み漁るだろう…




















果たして近い未来、



今の子達が親の世代になったとき、



釣りを教えられる人はどれだけいるのだろうか。



そんな事を、この本を押入れの奥から見つけたとき、



感じたことをを書いてみた次第です。













釣竿屋の小言でした










 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー