Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

スパイク TUNA 最強モデル




リニューアルにあたって、



旧モデルより強いタイプの要望が多く、



そこで、シリーズ最強モデルを作ることになりました。

























コンセプトとして、



80kgクラスまでをターゲットとし、



柔軟性が高くネバリ重視のアクション。



ペンシルベイト等の誘い出しも可能な、



ソフトなティップを持たせつつ、



バットには強力なパワーを持たせています。



全てのガイドを信頼感の高いステンレス素材とし、



ティップ部には絡み防止でKWガイドを装着。



ベリーからバット部は強度重視でMNSTガイドを装着。



勿論、ダブルラッピングです。




















ベンディングカーブを見て頂きたいと思います。




10kgと18kgのウェイトをリフト。




(安全確保の為、ナイロンロープを使っています。)























まずは、10kg


















(汚いハカリでスミマセン・・・)












































































そして、18kg(ちょっとオーバーぎみ)




























































































45度までは、素直に曲がります。




これはヒット後に、ロッドを立てなければならない際に、



ティップからベリー部がガチガチに硬いと、



体ごと持って行かれるのを防ぐために、



適度に曲がることを意識してアクションを出しています。



















写真を見て頂くと、



バット部がしっかりと残っていることが確認できます。



このバット部が仕事をしてくれるわけです。



ファイト時に、ターゲットには常にプレシャーを与え続けながら、



アングラーへの負担を減らす働きをしてくれるのです。




















低弾性カーボンを主体に、



中段性カーボンで復元力をアシストしています。



低弾性カーボンは伸縮性に優れ、



耐久力を高めるには優れているが、



復元力が足りなくなります。



その足りない部分を中段性カーボンの持つ、



反発力によって復元する力を補っています。























以前にネバリについて言及したが、



弊社のロッドで準じて言えること、




















『耐久力と復元力が強い≒ネバリ強い』



















まさに、この通りになっているわけです。




















尚、写真の曲げ方は危険を伴います。



特に…、18kgを垂直に近い角度はオススメしません。



また、曲げ強度を保障する訳ではありませんので、



参考として見て頂ければと思います。



メーカーの人間なので、良い事ばかりを書くことが多いですが、



ウィークポイントを伝えておかなければなりません。



このモデルはシリーズでは一番強いロッドとなりますが、



ロッドの復元力を活かしきれる方へ、



オススメしたいと思います。



ロッドの選択として、スキルに合わせて頂ければと思います。












SK832TN-HH


Length : 8'3"


Lure Wt. : MAX 180g


Line : MAX 120lb


Drag MAX : 15kg

 

 

 




 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー