Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

長良川へ





今回は少し足を伸ばして長良川へ。


















ここの所、長野県内は雨が少なく、



川は渇水状態。



先日、待望の雨が降ったが、



飯田市周辺のみのゲリラ的な雨だったようだ。



とにかく水が少ない…。



それなら、水量の豊富な川に行こうと思った次第。





























関西の方では梅雨時の影響で雨模様。



東海地区も雨を期待したが、



この日は予想外に好天だ。



初めて行くエリアだったこともあり、



下調べを兼ねてアチコチを見て回った。
























































同行して頂いた『ぷらぐ屋工房』のN氏と、



各ポイントを舐めるように狙ってみたが反応は無し。





































各ポイントでは鮎師が多かった。



聞くと解禁日に当たってしまった様で、



目ぼしい瀬には竿を出している。



間を縫ってルアーを投げさせて頂いたが、



魚が出てくる気配が無い。






























最後に入ったポイントで、ようやく魚信を感じた



…が、鮎だった。

















次に繋がる情報が取れたので、



後髪を引かれる様に納竿した。



































でも、不完全燃焼な気持ちが残っている。



どうしても魚を釣りたい…



N氏を工房まで送り届けてから、一人補習へ。



いつもの川に行こうと決めた♪



水が少ないのが気掛かり。



それなら、少しでも期待の持てるポイントへ。




























天竜川支流の最下流部。



いつもより半分程の水量だが、



幾本もの支流が集まった場所なので魚をストックしている。



勿論、そんな場所は釣り人も多い訳で、



足跡も沢山残っていた。



時間もPM17時を回っている。



30分だけの勝負。























3ヶ所の淵を狙い、



最後の淵でイワナが出てきてくれた。



本命のアマゴでは無いが、



釣れなかった一日を思うと、正直嬉しかった。


























次週には長野県下伊那地区も鮎の友釣りが解禁になる。



浮き足立っている鮎師も多いのではないだろうか。



今年は、下伊那地区の鮎の生育は良い様に思える。



天竜川の水質も良ければ、



本流でも望みが高いと読んでいる。



良い釣果を期待したい。



















さて、次回も長良川かな♪



















Tackle Data


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


中・本流域用


Rod : Prototype(SATSUKI)


Reel : #2500class


Line : PE0.6


Lure : 6-7cm Minnow


          (ぷらぐ屋工房,Bassday,TACKLE HOUSE)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



清流域用


Rod : Proto type(YAMAME)


Reel : #2000class


Line : MI207N5lb


Lure : 5-7cm Minnow


          (ぷらぐ屋工房,Bassday,TACKLE HOUSE)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



清流域用


Rod : Rayz RZ65ML  Jerkin'-HD


Reel : #2500class


Line : MI207N5lb


Lure : 5-7cm Minnow


          (ぷらぐ屋工房,Bassday,TACKLE HOUSE)




Angler : Funaki


















 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー