Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

島へ




この日は時間が無かった…。



疲れが少し残っているが、気持ちでカバー出来る。



前日は好天に恵まれたが、翌日は雨が降っている。



にわかに風も強く、波も高くなってきている様だ。



雨男の本領発揮といったところ。



時間に制約があるので、



シーバスのみにターゲットを絞り狙ってみることに。



















タックルは、前日より更にフィネスタックルとなった。



MLクラスのロッドに、PEライン1号。



リーダーは10ポンド程度。



5gのジグヘッドに5インチ程度のソフトベイトを組み合わせる。



日本でも、荒れた天気の方がシーバスに良い。



それは、フランスでも同じことだった。



砂地にウィードが点在するエリアと、



ヒラスズキを狙う様な磯場を船で流してみる。















水深は沖でも、4〜5m程度と浅い。深くても9mまでだった。



ヤニック氏によると、



ウィード間を移動しながら



小さな蟹や小魚を食べていると教えてくれた。



ウィードのエッジをかすめるようにルアーを通してみる。



小魚が逃げ惑う様にジャークで誘っみる。



反応は早かった。

















念願のヨーロッパシーバスをキャッチ出来た。



低気圧の影響か、やや上ずっているように思える。



回収中のルアーに表層でバイトしてくるモノも居たが、



フッキングは出来なかった。



















































































楽しい時間は一瞬で過ぎ、帰港の時間になった。




時間はギリギリか…。



夢中になっていたので仕方ない。



大急ぎで帰港した。



急いで仕度を済ませて、帰りのフェリーに飛び乗る。



港に着いたら次は駅まで急ぐ、乗るのはTGVだ。



最後は空路。バタバタと帰路についた。






















最後に心残りがある…



昨年は、ラーメン屋へ行けた。



今回は…食べられなかった…。



ウィーンで探したのだが、



一軒だけあるのだが見つからなかった…。



非常に残念だ。






















日本は梅雨真っ盛り、夏も目前だ。



オフショアが面白い時期でもあるし、



トラウトも渓流が盛期を迎える。



さて、次回はドコにいこうかな。

 















 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー