Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

石垣島でターポン! 夏・リベンジ編




先日、石垣島に行ってきました。



石垣在住の友人 タクチャンがめでたく結婚する為、



遠路遥々、南の果て、



石垣島へ2泊3日の弾丸遠征です。



もちろん釣りも少しだけ?のつもりで



フライロッド1本とショアジグロッド1本に



少々のソルトフライ、ジグ、ペンシル等、



最低限のタックルだけ持って行きました。























土曜日に石垣に到着!快晴です。



空港を出ると相変わらずの亜熱帯気候、



さんぴん茶を飲んでも飲んでも汗で放出!



かなりバテマス ベトナムを思い出すぜ〜、



なんて行った事無いですが



レンタカーを借りエアコン全開で



一路いつものオカッパリポイントに向かう。

























肌を感じる風が何か内地とは違う。



このポイントは石垣島の中でも水深があり、



回遊魚が回ってくる有力ポイント



以前はカツオも回ってきた事があります。



風がつよいので、まずはルアーで開始。



パワーマスターにレッぺをセットし、



(レッドペッパーを石垣ではレッぺと言うらしい?)



向かい風に向かって大遠投〜



扇状に探りランガンして行くも何も出ず、



次に35gのスキルジグで水面下をジャーク&ジャーク 



すると・・・



ヒット〜 なんか掛った!!!



すぐさま根に入られた〜



リールをフリーにして時間を置く、少し魚に安心させて



すかさず一気にリフト!



ぬお〜!! ズル ズル・・・ 出てきた。















正体は沖縄の高級魚アカジン!



サイズ思ったより小さいのにびっくり。



リーフのジギングでは良く釣れるがショアでは珍しい。



しかも刺身で食べると超美味!です



その後このクラスのアカジンが4連発!



それなりに楽しめました。






















潮が引いたのでポイント移動。










リーフエッジまで水につかりながら歩いていきます。










V字スリットがあり如何にもガーラがいそう。



しばらく観察していると沖でボイルが。



2〜3キロぐらいのカスミアジがうろうろしている。



絶好のチャンスです!



レッぺをボイルにブチ込みます(届いてません)



これ以上前に進むとショルダーバッグが



水に浸かるギリギリまで前進しキャストするも



全くの無視!



シンペンで ジグでいろいろ粘ってみましたが駄目でした。



ナブラに届いているのに見切られてるのか?



なかなか手ごわいです。



















しかし、とにかく暑い。



殺人的な太陽光線で干上がりそうなので終了です。



ホテルに戻る。


















夕方、Mr.ヒラタ氏からメールが入る



「明日結婚式行く前に朝ターポンやっつけに行きません?」と



待ってました〜とばかりに「行きます」と即答



以前も紹介しましたがMr.ヒラタ氏は



たぶん国内最南端のフライフィッシャー



石垣島にガチフライフィッシャーがいたのにも驚きです。



















翌日ヒラタ氏と朝5時にホテルで合流し



オカッパリポイントに向かう。



さてさて、昨年末コテンパンにやられたターポンはいるかな



どれどれ? いないな〜 季節が違うのかな?



それでも半信半疑のキャスティング、リトリーブを繰り返す



ヒラタ氏はターポンをあっちこっち探しに



するとヒラタ氏が「あそこにいますよ」とうれしい一声が



あの方角にキャストしてくださいとアドバイス



すると・・・ボイルが! いたっ〜



すかさずのキャスト、



カウントダウン、ドッキドッキのリトリーブ



そしてストップ。



コツッ!ゴンゴン!



重みを感じつつグイグイと合わせを入れるも・・・のりません



まただ〜なんでだ〜



















そして、



またまた次のあたりが・・・今度はのりました〜



意外と引かない?



いやいやそんな事ありません、スゲー引きます。



エクスドライブSH#8が水の中にキュイーンと引きこまれます。



そしてジャンプ!  スゲェ〜!



ヒラタ氏は冷静にコメント「あせらずに行きましょう」と



結構持久力があり、なかなかランディングできません。



すると、プスっと軽くなり・・・



「え〜もしかして切れたの〜」



25ポンドのフロロがサクッとやられてます。



フライを飲まれ歯でやられた様です。



ガック〜ン↓



がしかし、ボイルはまだやってます。



ヒラタ氏から励ましのお言葉を。



内心もう無理かなと思いキャスト!



数投するとまた同じ様な当たりが!



のった〜!追いアワセをいれる。 



エクスドライブ#8 があり得ないぐらい曲がってます。



さっきのよりパワーがある 



ギーギーと音を出しラインを出して走ります。



リールファイト最高〜って、余裕はありません。



かなり捕る気で真剣です。



高〜くジャンプ!デカい!



グイグイとリフトしてプレッシャーを与えます。



ようやく浮いてきて無事ネットイン!



ほっ!やりましたよ〜








64センチのパシフィックターポン



ヒラタ氏とアツイ握手!イヤッタ〜



結婚式前のモーニングでプチドラマが!!



まさかのキャッチです。


























ヒラタ氏もナイスサイズをキャッチ!






流石マスター!

























タクチャンの素晴らしい結婚式も無事終了!








結局4次会が終わりホテルに着いたのはAM3時?



3日目もヒラタ氏が偶然にも休みの為、



一緒に釣りに付き合ってくれる事に。



今度はマングローブでターポン狙い!



朝5時に起き出発!

























Mr.ヒラタ氏、フローティング系フライで見事キャッチ!























突然のスコール 橋の下でしばし休憩。









マングローブを釣り上がり、



自分もマングローブジャックをゲット!


















釣りをしていると時間がたつのが早いですね



あっという間に飛行機の時間に。



新空港で大きくなりましたが、



場所が変わり少し遠くなったので



ギリギリまで釣りと言うわけにはいかなくなりました。






















今回は心強いマスターの案内で楽しい釣りが出来ました。



ヒラタ氏に感謝です。


























Tackle Data


ショアジギング


Rod : パワーマスターPWM96ML−L 


Reel : ツインパワー5000番


Line : PE2号 リーダーナイロン30lb


Lure : ペンシルベイト、ペンシルポッパー、


      シンキングペンシル、メタルジグ35g




あくまでもターゲットは2キロ〜3キロのタックルです。


ガチンコショアGT狙いであれば


PWM100H、プラッキングにベストなPWM100MHKP、


もしくはスパイクツナシリーズあたりが良い。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



フライ


Rod : エクスドライブ FES904 #8


Reel : 8番クラス


Line : フルシンクタイプ4 WFフィローティング 


Fly : クレイジーチャ―リー#4 




マングローブでのターゲットは


20センチ〜30センチの魚がメインの為、


#6クラスのタックルの方が良いと思いますが、


たまに3キロ〜5キロクラスのカスミアジや


オニヒラアジがボイルしてたりする事もあるので


油断は禁物です。

 

 

 

Angler : Staff M・T

 























 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー