Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

秘境への挑戦 (最終日)




最終日、自然の洗礼を受ける日となった。

























明け方に雨が降ったようだが、



水位は前日に比べ落ちている。



前日に入りたかった上流に



チャレンジしてみる。



山小屋からポイントまで徒歩+α で2時間移動。



釣れそうなエリアまで辿り着いた。




























チェイスは有るが、サイズは小さい。



何匹か掛けたが、子供サイズだった。



かなり深くまで水に浸かるので、



ゲータースタイルで挑んでいる。



ドライタイプでは無いので、



もちろん服は濡れる。



普通のウェダーだと転んだとき、



起き上がれなくなる危険性があるので、



泳ぐことまで考えるとゲーターが良いようだ。




















水温を計ったら13℃。



ヒザまでなら浸かってられるが、



腰まで浸ると1分が限界だ。



雪渓が残っていることから、



ユキシロの影響が出ている。



とても冷たいのだが…、



釣り欲で突き進む。













冬に降った雪だろうか、雪渓となっている。




















途中、切り通しのゴルジュになった。



やや水位は高い。



いつもはトロンとした深場で、



泳いで渡ることが有るそうだが、



今回はそうも行きそうもない。



上流にはパラダイスが待っているとか…。



頑張って上を目指す。






































が・・・。






















流された。





















冷たい水に首まで浸かること10数メートル下流へ。



川の水に翻弄されてしまった。



あいにく空は曇っていて、



気温が高くならない。



しばらく震えていた。



無理は禁物。



ここで引き返すこととなった。



上流のポイントに行ってみたかった。










全身ズブ濡れ(笑)















渡れそうで渡れない流れ。






















一度、山小屋まで戻って作戦を練る。



前日に入った沢の上流まで登ってみることになった。



日が出てくると、夏の日差しが降り注ぐ。



汗が噴出してきた。



朝の寒さが嘘のようだ。































入渓するにも崖を降りなければならないので、



ベストの背中にクレイドルを仕舞って、



恐れ恐れ崖を降りた。



(高いところが苦手なだけです)



























ちょっと水量が少ないようで、



今ひとつチェイスが少ない。



途中、小規模のプールには、



20cm程の岩魚が群れていた。



1キャスト1フィッシュの割合で釣れたが、



充分に釣ったので上流を目指した。





















これ以上登れない切通しの淵に辿り着いた。



息を潜めてキャスト。



1投目で来た。



もんどりうった黒い影。



淵に長く居付いたオスの岩魚の様だ。



尺サイズ(ここでは子供ですが)



イケスを作って写真撮影をしようとしたが・・・、



逃げられた。



(ホント、自分に呆れるばかり)























このポイントを最後に、退渓することとした。



充実した2日間だった。



知らない場所を攻めるのは実に楽しい。



今回案内して頂いた、



Fさんと、Sさん大変お世話になりました。



沢山の釣果と自然の雄大さを、全身で感じられました。



また次回もお願いします。



















Tackle Data


Rod : Cradle CD50UL-4


Reel : #2000 class


Line : MI207N 4lb


Lure : Woodream  Arbor 50F & 50S-MD


Angler : Funaki















 













  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー