Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

オールラウンダーの名のもとに




BRIGADE GRACE C・N・T



GC87MH  ( All-rounder Power Spec)




































オールラウンドの名を持つ、



もう一機種が GC87MH になります。



この機種の開発は難航しました。



前作( GC86MH ) が優秀すぎたのです。



GC85Mとの差別化を図り、



使いやすい餌木サイズを3.0〜4.0と設定。



オールラウンド・パワースペックと位置付けました。



シリーズとして提唱している、



操作性と遠投性を伸ばすことが必要でした。























まずは、



ブランクを見直すことにしました。



条件は以下の通り














.譽ュラーテーパーであるのが前提。



▲屮譴鮓困蕕弘戞▲丱奪箸魘化する。



シャープさとネバリを両立させる。













レギュラーテーパーであるのは、



GC85M で述べたとおりです。



ベリーからバットを強化し、



やや強めのパワーを持たせました。



バットのブレを少なくなり、



正確性が高まることで、



飛距離の平均値を伸ばしています。



このバットのパワーUPは、



操作性にも貢献しています。



10m以深のエリアでも、



しっかりエギを跳ね上げることが出来ます。



また、強いジャークによって、



左右への動きもシャープで



大きなスライドが可能です。



シャープさとネバリの両立は、



C・N・T素材 によって解決しています。






























しかし、ブランクだけ良くても駄目なのです。



問題はパーツとのバランス。


















( 左 GC86MH  右 GC87MH )






















( 左 GC86MH  右 GC87MH )




















( 上 GC86MH  下 GC87MH )
















ガイド設定は、GC85M と同じく、



T-Free設定を施しました。



前作よりもトップ部のガイド径を小さくし、



モーメント値が下がり、



バランスの向上を図っています。



フロントグリップは、GC85M と同じく



ショート化して軽量化。



ガイド位置とサイズ、グリップのサイズなど、



微妙な調整をしていきました。





















半年前には他の3機種はOKを出していたのですが、



このアイテムだけ微調整のため、



時間が掛かりました。



妥協すれば済む話なのですが、



手間暇惜しんでは良いモノは作れません。



組み上げては試し、現場で鍛えていった結果、



形となったのです。






















BRIGADE  GRACE  C・N・T


GC87MH  ( All-rounder  Power Spec )


EGI : MAX 4.0号   Line : MAX 1.2号















 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー