Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

釣りを始めるキッカケ




先日、帰省した際のことです。



夏も終わりに近づき、



ハゼ釣りが最盛期を迎えていました。



私が釣りを始めて体験したのは、



このハゼ釣りでした。



親父に連れられ、



涸沼でハゼを釣りに行ったことを思い出します。


















そんな事を思い出していたら、



久しぶりにハゼを釣りたくなったのです。



ハゼの仕掛けと、



ルナキア・ソニックを持って出かけました。



震災後、地盤沈下の傷跡が若干残っているが、



雰囲気は20年以上経っても変わらないままでした。



今では、シーバスの有名フィールドとして、



全国に知られていますが、



当時はルアーを投げる人は極少数だったと思います。


















小一時間で30匹ほど釣れました。



そろそろ帰ろうかなと思っていたら、



どこからか子供の声が・・・。



それは嵐のようでした、


















『わぁ〜!釣りしてる!!』



『魚釣れたぁ???』



『お魚見せて〜!!』



『僕も釣りしたい〜』



『あたしも〜』
















6人ほどのお子様が私の周囲を囲みました。



餌も残っているし、一緒に釣りをしようと言うと、
















『僕が竿持つ!』



『私が先ぃ〜!!』



何とか、なだめて順番にさせた。






















魚は次々と掛かる。



ハゼや、ウグイなど、彼らには何でも良いのです。



1匹釣れると、魚の取り合い。


























『見せて〜!』



『触らせて〜!!』



魚が全力で握られてました・・・。


























餌も尽き、帰ろうかと思った頃、



子供たちが私の釣ったハゼを覗き込んでいた。




『この魚頂戴〜♪』



『ちょうだい〜』






結局、半分以上持って行かれました・・・。



30分くらい一緒に釣りをしましたが、



無邪気なもんで、



『また釣りをしたい』



、と言ってくれたのが嬉しかったです。



キッカケなんて何でも良いわけです。



少しでも楽しさが伝わったのかな。


















さて、次の週末9月8日(日)に、



日本釣振興会・長野県支部の主催で、



少年少女釣り体験教室があります。



詳しくは、コチラ



http://www.jsafishing.or.jp/others/2013/0908.html



子供たちが釣りを始めるキッカケ作りです。



お楽しみに。












Staff : Funaki
























  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー