Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

飛距離への挑戦2




先日、グレイス GC109MH



飛距離UPについてご紹介しました。



まだ読まれていない方は、コチラをどうぞ。






クリック⇒ 飛距離への挑戦






















今回は、その実践です。



前作であるGC106MHと、



GC109MHを比較してみました。



リール・ライン・エギは同じモノを用意し、



条件下を同じ状態にしています。



5回づつのキャストを計測し、



その平均値を数値化しました。

























ロッド : 旧グレイス GC106MH


リール : 98'STELLA 3000


ライン : 4本撚PE 0.8号


チカラ糸 : 4本撚PE 2号 (2m)


リーダー : フロロ  3号 (1.5m)


エギ : 3.5号 (21g)






1回目 52m


2回目 53m


3回目 53m


4回目 54m


5回目 54m (最大値)


平均 53.2m







まずまずの飛距離でしょう。当時としては充分でした。



新型との比較を見てみましょう。

























ロッド : 新グレイス GC109MH


リール : 98'STELLA 3000


ライン : 4本撚PE 0.8号


チカラ糸 : 4本撚PE 2号 (2m)


リーダー : フロロ  3号 (1.5m)


エギ : 3.5号 (21g)






1回目 52m


2回目 58m


3回目 55m


4回目 56m


5回目 63m (最大値)


平均 56.8m






飛距離が伸びました。



GC106MHGC109MH の最大飛距離での差が



9mとなりました。



長さ、ガイド設定、反発力など、



全ての要素があっての結果でしょう。



この飛距離は釣果UPにおいて、



大きなアドバンテージになるでしょうね。

















今回は周囲への安全性をとって、



メインラインとリーダーを太く設定しました。



PE0.6号にフロロ2.5号リーダーに落とせば、



更なる飛距離UPが望めます。



この実験内容全てが正解ではありません。



セッティングや、キャスティング方法によって、



もっと飛距離が伸びるかもしれません。



ぜひ、皆さんもトライしてみて下さい。





































  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー