Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

マグナムの称号 続




前回にシリーズの説明を致しました。



まだの方はコチラ





  『マグナムの称号』





















今回は、ルナキア・マグナムの詳細を



明かしていこうと思います。



『マグナム』 のシリーズコンセプトとして、






ライト系マッスルロッドと定義しました。






ライトタックルでも大物と対峙できる…という事です。



大物のサイズは個人差があります。



基準として メバルなら30センチクラス とし、



シーバスだったら50センチクラス



チヌなら40センチクラスまでなら、



余裕を持った強さに仕上げています。





















それを可能としたのは、新設計のブランクにあります。



スムースな弧を描き曲がるアクションが力を分散させ



細いラインでも余裕を持ったやり取りを可能にするのです。



こういったアクションのブランクを作ると一様に



太くダルい物になりがちですが、



ソニックを作ってきた経験から



シャープで軽量に仕上げることが出来たのです。



勿論、ティップは マグナフレックス製法 を採用。



持った感はシャキっとしながら、



ジワ〜っと入るソフトなアクションです。



今作は3機種が初めに登場します。



それぞれにコンセプトを持たせてあり、



フィッシングスタイルに合わせて選べるように設計しました。



各機種を詳細しましょう。




















LKM74M



1グラムのジグヘッド単体を使うことを基準として設定しました。



いわゆるタダ巻きでアタリを拾うスタイルに合わせています。



3機種のうち、一番感度を求めたモデルです。



リトリーブ中に起こる、



「コツッ?」  「フッ?」  「フワァ?」  といった、



前アタリと呼ばれる違和感を感じ取り、



反転して根に潜られる前に



掛けていく事が可能になります。



ソニックの場合、フォールの感度を求めましたが、



このアイテムは、リトリーブ中のティップが若干入った



(潮の抵抗を受けティップが曲がる状態の)



感度とノリが良いと言えます。


















LKM78M



小型のミノーと、ジグヘッド単体との汎用性を高め、



効率よくラン&ガンすることが得意なモデルです。



テトラ周辺、ゴロタ場、潮通しの良い小磯など、



良い個体ほど一級ポイントに付きやすいわけですが、



活性が高いと小さい個体も多くなります。



そこでハードベイトなど、強めのルアーを入れ



大型の個体だけを絞っていくわけです。



そんな際に活躍するアイテムです。



しかし、良いポイントほど、



番狂わせ的なターゲットが出ることも多く、



思わぬ大物にも対処出来るパワーを欲しくなります。



そこで、少々強めのパワーを持たせました。


















LKM82M



基本的なコンセプトは、LKM78Mと同じですが、



ちょい長めが欲しくなる状況で活躍します。



沖のシモリをロングキャストで狙ったり、



潮に合わせてドリフトさせたり、



レングスを活かした釣りに対応します。



3機種のうち、一番トルクフルな機種となり、



ロッド全体のアクションを活かしきれば、



想像以上のサイズとのファイトが可能です。



無茶なファイトはオススメしませんが、



ライトタックルゲームとして、



面白い可能性を秘めたアイテムに仕上がっています。

 

 

 

 

 

 

 

最後に、強さを見て頂ければと思います。



写真のロッドは、LKM78Mです。











以下の写真は、決して保障出来ない行為です。


非常に危険ですので、真似はしないよう


宜しくお願いします。















500g負荷













1kg負荷














1.5kg負荷











メバルロッドとしては過剰なバットパワーです…。



ぜひ体感してみてください。















 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー