Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

ヘルティックという異端児




開発秘話 ヘルティック編 第3話












MH66B-LL

















コンセプトは、



『 スパルタンなベイトフィネス系ロッド 』



C・N・T素材 を使って得られるモノとして、



驚異的なネバリ強度という面だ。



一般的にフィネス系となると、



どこか弱さが目立つ場合がある。



そこで新素材を使って強いフィネス系を



作ってみようとプロジェクトは動いた。


















サンプルを重ねること計7回。



最初の3回はアクション出しをメインに、



後の4回は硬さの微調整のためだ。



全機種同時に発売したかったが、



このアイテムだけ遅れて発売となってしまった。



妥協すれば簡単なのだが、



そこは竿屋としての意地みたいなもので、



とことん磨き上げたい。



そんな事をしていたら半年も遅れてしまった。



(発売を待って頂いた方、スミマセン)


















最初の2本のサンプルは、



何か物足りないモノであった。



キャストするだけならOKなのだが、



ファイト時にパワーが無い。



40cm程度のバスに負けてしまう程だった。



想定では50cm程でも負けない、



強力なバットパワーが欲しかった。


















同時並行でテストしていたスピニングタイプ、



MH610S-XLのパワーが凄いとレポートがあった。



そこで、このロッドをベースに、



サンプルを作ってみようとなった。






















































上記写真は、以前のログ『打ち合わせ』で



最終4本の絞り込みの一場面だ。



どうしても気になって、



試作サンプルを片手に



片道400kmを飛んできたキムショー氏の



熱意があった。(もちろん打合せして日帰り)



そして、擦った揉んだして出来上がった。


















C・N・T素材



Magna flex製法



マイクロガイド



全て最先端の技術を詰め込んである。



スペックだけでは計り知れないモノがある。



使った人でなければ分からない。



異端児 (HERETIC) の名を捧げるに相応しいロッドだ。

















Magna-Impact HERETIC


MH66B-LL









  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー