Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

修行という撃沈釣行




釣りに行く事になり、



用意をする時間は楽しいものだ。



今回はジギングだったので、



当日使うであろうアシストフックを巻いたり、



ラインまで巻き換えたのだが。


















…自然界には天気というモノがある…。



雨男の持つ力は衰えず、



フルパワーを発揮してしまい、



日本海は大時化となり欠航になってしまった。



なかなか天気と仲良くなれない私である。



肩透かしを喰らった私とスタッフH…。



日本海がダメなら、



大平洋側へ行けば良いのでは?



と考えが思い浮かんだが



太平洋側も時化模様で船は出れそうもない。



アクションを確かめるテストサンプルが有ったので、



とりあえず海に行ってみることに。


















到着したのは愛知県知多半島の突端。



車を降りて堤防に立つと、



風が音を立てて過ぎ去っていく。



風速計が無いので分からないが、



テレビで台風情報のレポーターが一生懸命、



カメラに向かって何か言っている同じ状況だと



言えば分かって頂けるかもしれない。

















いそいそと用意を始めた。



こんな状況でも5〜6人近くの方が、



魚釣りをされていた。



到着したのが夕刻だったので、



皆さんはメバルを狙っている様子。



邪魔にならない位置まで移動して、



何本も用意したロッドを振り比べていく。



車の外気温計は摂氏2度となっていた。



風が強いので体感温度は



すでにマイナスに感じる。

















「うひょ〜」とか、



「あぁ…」など、



言葉にならない事を発しながら寒さ耐えてテスト。



小一時間ほど検証して一端休憩を取ることに。



食事をしたあと、メバルを狙ってみることにした。



たまたまH氏の計らいで、



ルナキア・マグナムが積んであったのが幸いした。


















しかし、この爆風である。



風裏のポイントを探しながら、



メバルからの反応をさぐる。



この日は天気だけでなく、



釣果にも見放された日であった。



ロッドのパワーを活かしきれないほどの、



小メバルが1匹だけ…。



















自慢出来るようなサイズでもないので、写真も小さくします。


















何か所かの港をまわったが反応は薄い。



潔くロッドを畳むこととした。



アクションを確かめるテストサンプルは、



なかなか手応えが良かった。



もう暫くしたら試作品をお披露目しようかと思う。



さて、次はどこに行こうかな。














Staff : Funaki






  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー