Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

ボートでのトラウトフィッシング




久しぶりに芦ノ湖へ。



芦ノ湖に通い詰めているベテランアングラー O氏と、



弊社スタッフMと ボートからトラウトを狙ってみることになった。



今年の大雪は大変な量だったらしく、



特別解禁の釣大会は中止になってしまった様だ。



水温もなかなか上がらず、厳しいとの前情報だった。























お世話になったボート屋さんは、



フィッシングショップ ノザキさん。



『グリグリメソッド』で有名な野崎氏のお店だ。



































日の出と共に、O氏の操船でスタートフィッシング。



気温は摂氏0度。



ボートの桟橋は霜でツルツルに凍っていた。



水温は6度ほどで、魚はボトム付近に居るとのことだ。



風が吹くまでワンド内で釣りをすることに。



O氏は試作のフライロッドを手に取り、



私たちはルアーで探ってみる。































































早速フライに反応が出たようだ。



タイプ4の#8ラインでカウントダウンを図り、



ボトム付近まで沈めて誘っているとのこと。



魚は多いようだが、かなりプレッシャーが強い様子。



小型のスプーンに変え、ボトムを探ってみる。



水深は8mほど。



岸に向けキャストし、ボトムを取ったらスローにリトリーブする。



カケアガリ付近でコツンとバイトがあった。



合わせるとマズマズの引き。



RZ68LMLが良い曲りをしている。











ランディングしたら40cm程のレインボーだった。




















その後はフライが優勢で、3ヒットほどあった。


























日が昇り、南西の風が吹き始めた。



湖面に波が立ち始めるとミノーが有効とのこと。



さっそく用意を始め、湾外に案内して頂いた。



各ポイントを回ったが反応が得られない。



午後になって1チェイスがO氏にあったのみ。



最後の望みを掛けて風下にあたる水門前まで移動。



船団ができていた。



風も強くなってきており、風速は体感で5mほど。
























キャストを始めるとフライに反応が出た様子。



O氏のロッドが曲がる。



上げてみると60cm程のレインボーだった。



その後もフライばかりにヒットが集中する。



風が強くなり、魚も散ってしまったのか



アタリが遠のいてしまった。
























最後は湾内に戻り、クールダウンの釣り。



スタッフMが1本キャッチしてストップフィッシング。



厳しいながらも、なかなか面白い日だった。



この日は、O氏の一人劇場でした。経験に勝るモノはありません。



また行きましょう!

















さぁ、次はどこ行こうかな。


















Tackle Data


【Lure】


Rod : Rayz RZ68LML


Reel : #2500class


Line : PE 0.6  +  Leader 6lb


Lure : Woodream Arbor 70F & Spoon 3.5g




【Fly】


Rod : Prototype   #8


Line : #8 type4


Fly : Secret pattern




Angler : Mr.O & Staff M   &   Funaki

























JUGEMテーマ:フィッシング




















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー