English site

Rayz   RZ53UL  Twitchin' | TENRYU|天龍 釣具事業部 スタッフブログ


ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

Rayz RZ53UL Twitchin'

 

Rayz

RZ53UL Twitchin'
RZ53UL

ホームページやカタログのコンセプト文を
読んで頂いて、まだ「?」の方も多いことでしょう。



もしかすると、管理釣り場向けのソフトなロッドを
想像される方も多いかもしれません。



企画するにあたり、開発陣に伝えたことは、

「細く、しなやかなブランクに、ピンとした金属的な張り」

…と伝えました。



昔から釣り人が釣竿に求めることは、
「細・軽・ピン」と表現してきました。
その言葉を具現化したモノを作りたかったのです。



コンセプトは
『ライトウェイト級、トゥイッチングロッド』



なぜ、ヘビーウェイト系ミノー全盛の時代に、
ライトウェイト向けか?



それは、名作と呼ばれるミノーに合った
ロッドが数少なくなってしまったからです。



近年のトラウトロッド(ストリーム向け)を見ると、
5cm程度の小型ミノーでも、
5gと重くなる傾向になり、
それに合わせたタックルバランスを求められてきました。



弊社製品においても、硬くなったことは否めません。
今シリーズにおいて、ヘビーウェイト専用として
RZ56Lがあります。
この説明については、別記で書きたいと思います。



今作の焦点を当てたのは、4〜5cmクラスで
3gにも満たない ミノープラグ。



列記したら書ききれないほどの
星の数ほどあるルアー達、
それもライトウェイト系のモノを使いたかったのです。



開発で難航したのは、

『テイスト』=味わいを如何に表現するか…

と、いったところです。



柔らかいとキャスティングにおいて、
ルアーのウェイトを感じやすく投げやすいのですが、
ミノープラグを躍らせるにはダルさが残る。



気持ち良くライトウェイトのプラグを操作でき、
なおかつ魚との駆け引きも楽しめるようにしたかったのです。



テイスティングと呼べばよいのでしょうか。
アクションに辿り着くよう心掛けました。



このロッドで現代のミノーを全般的に
カバーするには不可能だと思います。
それでも良いと思っています。



時には昔買った、もしくは使わなくなったルアー達を掘り起こし、
もう一度使ってみるのも面白いことです。
遊びかたの1つとして、お試しください。

RZ53UL

0
    • -
    • -
    • にほんブログ村 釣りブログへ


    カレンダー

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << August 2014 >>

    アーカイブ

    ブログ内検索

    モバイル

    qrcode このブログは、お持ちのケータイ電話からもアクセスできます。
    左のQRコードを読み取るか以下のURLをケータイに入力してアクセスしてください。
    「http://blog.tenryu-magna.com/」
    テンリュウ SNS facebook Google+ Twitter
    2014年 TENRYU FISHING CATALOG
    オンラインショップ
    ジャパンフィッシングショー 2015 みなとみらい・パシフィコ横浜 財団法人 日本釣振興会社団法人 日本釣用品工業会
    全国釣竿公正取引協議会 World BASS SOCIETY
    アングラーズアイドル2014 ワームの「環境協力シール」について



    © 2014 TENRYU Corporation.All Rights Reserved.