Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

源流へ




6月の末、



その日は夜中から雨が降っていた。



朝4時頃、入渓点近くに車を停め、



雨が弱まるのを待っていた。





















ちょっと車外へ出るのが躊躇うが、



意を決して用意を始める。



天気予報では朝には雨が止み、



好天になると情報を得ていたが…、



少し外に出ただけで全身ズブ濡れだ。



同行して貰ったYAMATOのT氏は、



雨男の私を見て呆れた顔をしている。























今、向かおうとしているのは、



普段通っている河川の源流部。



いくら初夏とはいえ、



標高1,000mを越える場所は



濡れるとさすがに寒い。



木々の隙間から見える空が白み始め、



夜が明けてきたら出発だ。



林道沿いに30〜40分ほどのトレッキング。





















今回持ってきたタックルは、



最近出番が増えたパックロッド。



源流の場合、岩を越えたり



ブッシュの中を進んだり、



何かと障害物は多くなり



両手はフリーになった方が都合が良い。



パックロッド気になった方は



『クレイドル』をチェックしてみて下さい。






















川の水が白く濁っているのが気掛かりだった。



所々、昔起こった崖崩れによる



泥水が川を汚していた。



この時期、急な大雨で鉄砲水が流れ、



危険が伴うことが多い。



先日の台風被害も記憶に新しい。



事前に天気予報を確認して



万全の体制で挑みたい。



危ないと思ったら後退するのが良いですね。








































暫く歩くと雨が小降りとなり、



川の水も落ち着きを取り戻してきた様に思える。



さっそく釣りを開始する。



崖崩れより上流は澄んだ水が流れており、



晴れ間が覗くと景色は神々しさを増した。



先ほどまでの雨など忘れ、



最高の景観のなかでロッドを降った。














































そんなに数は出なかったが、



イワナが適度に遊んでくれる。



さらに上流へ進むと小さな淵があった。






















太陽光とのコントラストが、



言葉で表現できない程の景色となっていた。



ジブリ映画の『もののけ姫』に出てきそうな



そんなシーンを思い起こさせる場所だ。



結局これより上流は釣れなかった。



水温は摂氏9度、



手をずっと浸しておくと痛くなるほど冷たい。




































もっと季節が進んだら、この上流も面白いかも。



充分に遊べたので、この日は竿を仕舞った。





















Tackle Data


Rod : Cradle CD50UL-4


Reel : #500class


Line : MI207N 4lb


Lure : LureStadioYAMATO 5cm


   Woodrem Arbor 5cm


   ぷらぐ屋工房 5cm      


Wear : AnglersDesign WestHigh Wader


    AnglersDesign AdvanceWadingShoes


Angler :  Mr.T   &    Funaki
















JUGEMテーマ:フィッシング
























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー