Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

レッドフリップ 虎の巻(鯛ラバ編)







レッドフリップ


鯛ラバ向けに作った4機種について、


使い分けを詳しくお伝えしたいと思います。


さて、前回シリーズのコンセプトや、


各パーツ等を紹介致しました。



各機種についてご紹介して行きましょう。







まだ読まれていない方はコチラ。


赤いアイツ


鯛ラバ狂に捧ぐ、新型レッドフリップ












RF661B-L


細身に仕上げてあり、ロッド全体で曲がるアクションのため


ライト感覚で遊ぶことにバッチリのモデルと言えます。


45〜80g程の鯛ラバとの相性が良く、


比較的潮流が緩い時に活躍します。


潮流の強弱にもよりますが、


50m程までの水深での使用が使いやすく感じられます。






RF661B-ML


ティップだけの硬さは『L』に近い感はありますが、


ベリーからバットに掛けて張りがあります。


ノリの良さは『L』の方が分が高く、


針先を甘く掛け、フッキングをしっかり入れて


掛けていくことに長けた機種です。


乗せて掛けること、


『乗せ掛け』を意識したい方にオススメします。


やや張りがあり、感度という面ではこのロッドが


一番秀でたモデルとなっています。


潮流が速かったり深いエリアで、


やや重ためのウェイトの鯛ラバを


必要とする状況に活躍します。






RF792B-L


8フィート近い長さ故に、手返しこそ悪い長さですが、


ロッドの長さ(しなり)を活かして


ノリの良さは661B-L以上となっています。


感度やスリリング感を求めるなら661B-Lとなり、


ノリを重視したければ、この機種となるでしょう。


使いやすい鯛ラバのウェイトは、661B-Lと同じです。






RF792B-ML


ノリの良さを求めたいけど、潮流の影響や


やや深い場所、ターゲットが大きい場合なら


このロッドが活躍します。


661B-MLと同じく掛けていく事を意識しており、


ベリーからバットに掛けて張りを強調しています。






要約すると、


感度重視で軽いタイラバ用 → RF661B-L


感度重視で重めのタイラバ用 → RF661B-ML


ノリ重視で軽いタイラバ用 → RF792B-L


ノリ重視で重めのタイラバ用 → RF792B-ML


以上になり、システマチックなタックルを考えることが出来ます。









さて、お問い合わせの多い質問にお答えしていきましょう。






・初めて買うならどの機種が良いか?


661B-Lもしくは792B-Lをオススメしています。


アタリは有っても掛かり難いのが


この釣りの面白い所であり奥深さと言えます。


ノリの良さ求めていくのと同時に


鯛のアタリを明確に感じる事が


上級者への近道と思います。






・『L』と『ML』で迷っている。


使用する鯛ラバのウェイトによって


どちらも欲しくなります。


とりあえずは『L』を最初に選択して、


80〜120g程の重めの鯛ラバが必要になるならば


『ML』を増やすことが無難かなと思います。






・『ショート』と『ロング』で迷っている。


最初の1本ならショートタイプで良いでしょう。


取り回しが良く釣り易く感じられます。


既に6ft台のタイラバロッドを持たれているなら、


ロングタイプをお薦めします。


取り回しを捨てて感度とノリを両立させた


レッドフリップの真骨頂を感じて下さい。










簡単に書きましたが、まずは初歩的な説明でした。


もっと、ディープでマニアックな世界が待っています。


次回は、マダイジガーを紹介したいと思います。


お楽しみに。

























JUGEMテーマ:フィッシング































 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー