Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

『大鱒と書いてTaisonと読む』 Rayz RZ85MH-BC



『 Rayz RZ85MH-BC Taison 』



ベイトリールの技術革新は目覚ましく、


渓流でのベイトタイプの普及は、


ここ近年凄まじいモノを感じた。


キャストのテクニカルさと、


スプールが回ったぶん飛距離となるダイレクト感は


スピニングタイプとは違った面白さがある。


ベイトタイプの利点を他に挙げていくと、


太いラインとの好相性とドラッグ値の高さが考えられ、


それは大魚を狙うには必須の条件だ。











実は、このアイテムが出来るキッカケは


『Rayz RZ87H』の開発に関係してくる。


当時、何本ものサンプルを製作しテストしていた。


桜鱒を目的にバーサタイルに使えるロッドを求めたが、


どうしてもボツになった試作品が出てきてしまう。


それは何かにはピタリとハマったり、


別な何かには全く駄目であったり、


色んな側面を持った試作品があった。


その中の1機種を振っていた際に、


これをベイトタイプにしたら面白そう…と感じたのが


RZ85MH-BCの製作に繋がった。






大魚を求めると


硬く張りが強いロッドを作ってしまう傾向にあるが、


ブランク全体に張りが強いと、


ベイトタイプの場合キャスト時の『溜め』を感じにくく、


投げにくさを感じてしまう。


この溜めとはロッドにルアーのウェイトを感じながら


キャスト出来るか…という事。


適度にティップがフレキシブルに動いてくれた方が、


キャストが容易になるわけだ。


バットはシッカリとしていれば、


直進性を出しやすくキャスト時のブレは少なくなり、


強さに比例して大魚とのファイトが可能になる。


『しなやかなティップと、しっかり残るバット。』


この条件を満たしていたサンプルだった。


実際にベイト仕様でテストしてみると、


思っていた通りのアクションに納得。


そこからシーズンを通して、


大河を中心に湖などでもテストをしてきた。





(写真は北海道のK氏より)






想定したフィールドは、


九頭竜川、神通川、宮川、


天龍川、犀川、千曲川などの中〜大規模河川。


いずれも水量豊富で大物が潜む河川だ。


また天然湖やダム湖にも使って頂きたい。


ミノープラグの場合は、


8〜9cmクラスで10〜15g程度に合っている。


また、10〜20gのスプーンなどが使い易い。


スプーンを川底で転がす様な操作には、


非常に操作性の良さを感じる。


流れがキツイ場所では、


バイブレーションプラグなども使い易い。


ダウンストリームで逆引きする際、


ベイトリールの持ち味の高トルクが、


リーリングの抵抗を軽減してくれる利点もある。






利点の陰には欠点は必ずあり、このモデルの場合


軽いルアーへの対応は難しく感じると思う。


5gから適合とスペックは表示したが、


リールの性能次第で使い易さに差が大きくなる。


またキャストするにも適度な練習も必要だ。


軽いルアーを使うのであれば、


割り切ってスピニングロッドを持つか、


最新のフィネス系スプールのリールを使用するのが


トラブルなく遊べるのではないかと感じている。










ビンテージ系のリールを使うことで


トラディショナルなスタイルでの遊びも出来る。


昔、開高健氏の紀行を読んで憧れたスタイルだ。


個人的にはクラシカルリールに


ナイロンライン、それにスプーンを付けて


今季は遊ぼうかなと思っている次第。


スペックを活かし大物を狙っても良いし、


スタイルを重視しても面白い。


アングラー次第で様々な使い方が出来る。


釣りの質を求めるアングラーにこそ


使って頂きたいアイテムだ。








Rayz RZ85MH-BC


Length : 8'5"ft    Lure : 5〜25g    Line : 6〜14lb







JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー