Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

ドラッグフォースのライトスペック


『 JIGZAM DraggForce JDF621S-2/3 』






この番手を待っていた方は多かったのではないだろうか?


食い渋る状況でライトなジグを使いたいが、


いざファイトとなると強引さを求めるような状況は多々ある。


今までのロッドではオーバースペックなタックルを使うか、


ライトタックルを無理に使うしかなかった。


そこに新素材が光明を差し込む。


『C・N・T』を活用することにより、


2ozクラスの細身でありながら、


驚異的なネバリを実現出来たのだ。


その恩恵は繊細さを手に入れることになり、


シビアになるほど真価を発揮し始める。








JDF621S-2/3 と JDF621S-3  2.5kg負荷

曲がり込んでいる方がJDF621S-2/3















機種名の表記の通り、


2ozクラスのロッドを思わせるブランクであり、


3ozクラスまでの幅広いウェイトをカバー出来るようにした。


JDF621S-3との違いはアクション(調子)。


前者はファーストであったが、


このJDF621S-2/3はレギュラースロー。


ジグを操作するポイントが違ってくる。


ファーストアクションの場合、


ティップでジグにアクションを加えることに向き、


キビキビとした操作に向いてくる。


対してレギュラースローになると、


ティップからベリー付近を意識して操作することになる。


ジグを暴れさせることが少なくなり、


適度な浮遊感をジグに与えやすくなる。


ジグの軌道が直線的な動きと、


曲線的な動きの違いと言った方が、


イメージして頂きやすいだろうか。










活性の高いターゲットや、


スイッチを意図的に入れてあげる様な場合なら


激しいアクションでも充分に喰ってくる。


しかし緩い潮の時など、


強いアクションだけでは反応が鈍いときこそ


よりナチュラルに誘うことでバイトを得られやすくなる。


アングラーからのプレッシャーを受けやすいフィールドこそ、


こういった誘いが必要になるわけだ。


一概には言えないのだが、


色々な船に乗っていて気付くのが、


釣れていない方ほどジグを過剰に動かしている傾向にある。


ジグを暴れさせてしまっている事が多いわけだ。


こういった時は、使っているジグのウェイトを少し上げるか、


ロッドのパワーを1番手下げることで、


ジグの暴れを防ぐことになり、釣果が伴ってくることが多い。










組み合わせるタックルのバランス例を挙げたい。


●ライト志向


 ジグ:100〜150g


 ライン:PE2号 リーダー35〜40lb


 リール:シマノ社製 5000〜6000番クラス


 ダイワ社製 3500〜4000番クラス

 
●強引さ優先


 ジグ:100〜150g


 ライン:PE3号 リーダー50lb


 リール:シマノ社製 8000番クラス


 ダイワ社製 4500番クラス










海域や船の流し方によってバランスは変化するので、


色々と試して頂き、お好みの設定を見つけて頂きたい。


2ozクラスだから…と表記で心配する方が多いと思うが、


実際に使ってみた時の安心感は驚くほど高く感じられる。


細いのに力持ちなロッド、ぜひ体感して頂きたい。



























JIGZAM DraggForce JDF621S-2/3


Length : 6'2"   1pcs


Lure : MAX150g   Best 100g


Line : MAX35lb


Drag : MAX5kg


Price : ¥46,000-(税抜)


2015年3月末頃リリース予定



















JUGEMテーマ:フィッシング










 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー