Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

SW71ML  開発秘話  vol.1

SWATロゴ3 






SW71ML  Jerkin'







釣りがマンネリ化したアングラーへ送る

ジャーキング特化型、マニア向けロッド。





SW71ML







このロッドを開発するにあたり、
当初は簡単に出来るモノだと考えていた。










それが、シリーズ中で一番長い時間と、
多くの試作を作るモノとなってしまったのです。










企画を考える発端は、
北陸のカリスマアングラーからの提案でした。










「 ジャーキングのロッドが欲しい 」









面白い!
こんなロッドを作ってみたかった。









しかし、既に他メーカーでも同じような
コンセプトのロッドは存在していた。










同じようなモノなら要らない。
作りたいのは、

現代版のジャーキングロッドであり、

唯一無二のモノである。








まず、3つの要素から。


・感度よりもルアーの 『 動き 』 を重視したアクション。


・連続するジャークによる負担を少なくするバランス。


・太目のラインシステムや
 ナイロンラインの使用も考慮した大口径ガイド。







このファクターを盛り込み、試作を作る事となったのです。











ガイド比較
左が71ML  右は83LML
ガイド径の大きさの違いが分かる













試作とテストを繰り返し、
理想に近づいたモノが出来きた。









長さとして 7ft ほど、パワーとして MLクラス。
何本もの魚をキャッチし、
OKを出す寸前で ストップ が掛かる。









それは、 2ピースだということ。
持ち運びを考えて
センターピースのモノを作っていたのだが、
ここで、考えが浅かったのに気づく。










上記に上げた要素のうち、

『 動き 』 を重視したアクションを求めていた。











それは、1ピースなら

更に良いアクションを出すことが
出来ないだろうか?…ということです。










どんなロッドでも、1ピースが理想である。
だが、持ち運びなどを考えて 『 継ぎ 』 になる。









今回の長さを考えると、
センターピースにする必要が無い。





バスロッドに例えると、
7ftクラスで1ピースのモノは多い。
それは、理想を突き詰めていくうち、
自然とそうなったのではないだろうか。










ブランクを作れるメーカーであって、
ここは妥協したくないところだ。










これが、開発を長引かせる事となる。








鉄芯(マンドレル)からの調整が必要になってくる。
むしろ全てが最初からになるのです。
既に開発が始まって、1シーズンが過ぎていた…。





→ vol.2 に続く。
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー