Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

新ヴォルテックスを更に詳しく -New Vortex-



以前に ヴォルテックス が出来るまでの経緯を紹介したので


 → 新生ヴォルテックス(前回ログ)


今回は機種別に詳細を紹介してきたい。








前作との違いから説明すると、


ヘビーリグのキャストや魚を根から引きずり出すなど


ラフな使用が考えられるため強度は落とさず


バランスを改善することによって、


軽く強いロッドに仕上げる考えだ。


ガイドも小口径のKガイドに変更し、モーメントの改善と


軽量化による感度アップにもなった。


ただし、小口径といっても


フロロラインとPEライン両方を扱えるガイド径に設定してある。


グリップも前作よりも細身のモデルになった。


さて、各機種の説明といこう。






RV71B-HH (Sonic Hooker)


近距離でのパワーファイトとボートでの取り回し、


そして瞬間的なフッキング性能を求めたモデルだ。


バスロッドのMagnaImpact MI71B-HHをベースに、


ショートバイトへの対応出来るソフトティップへ変え、


生い茂ったウィードの中からでも強引なファイトが出来るように


肉厚でネバリを重視したブランクへ仕上げた。


このネバリを出すと必然的に重いブランクになるが、


ガイドサイズとグリップ形状でバランスを整えた。


イメージしたフィールドは、


オカッパリでは漁港のテトラ帯と生い茂った藻場。


オフショアなら急深の岩礁帯やバース周りなど、


ピンポイントに打ち込み、積極的に掛けていくのが信条だ。


唯一グリップ脱着のモデルであり、


ロッドを仕舞う長さを考慮しながらも、


感度とパワーを両立できることを考えてデザインしている。






RV78B-HH (Rock Versatile)


旧モデル RV78BC-H の正統後継機種。


前作より少し重ためのリグ(1オンス程)を使い易くするため、


パワーをワンランク引き上げている。


全国のフィールドで様々な条件下でも、


バーサタイルに扱える機種としたかった。


北海道や東北エリアなら大型のアイナメ。


北陸や山陰エリアなら大型キジハタ(アコウ)。


海外なら10lbクラスのグルーパー全般が狙い目だ。


どこでも良い仕事をこなし、


個性豊かなシリーズの主軸となるアイテムとした。






RV85B-HH (Gori maki)


バーサタイル性能を求めたRV78B-HHをベースに、


遠投性能を引き上げた結果生まれた機種。


名前の通り『ゴリ巻き』仕様であり、


遠投して沖の根から強引に魚を引き出し、


常にアングラー側へ主導権を握ることが出来る。


遠投での最長飛距離はRV91S-Hに譲るとして、


やはり人が探れていないポイントで遠投し、


パワーを重視したいフィールドを想定している。


沖に広がる様々なヘビーカバーを攻略出来るアイテムだ。






RV76S-ML (Light Swimmin')


ライトでありながらパワーを持たせたモデル。


港湾エリアや地磯などで軽量なリグで遊べ、


オフショアではシャローエリアに点在するウィード間を


ジグヘッドリグなどで効率よく探ることが得意。


ティップはソフトでありながら、


ウィードを適度に切れる絶妙なパワーに設定。


バットは2〜3kgクラスでも余裕をもって対処できる


ネバリを重視したパワーを持たせた。


まさにライト&タフなアイテムだ。


使い方によっては、


フラットフィッシュなど様々なターゲットと遊んでみたい。






RV78S-H (Heavy Swimmin')


同じレングスのベイトタイプRV78B-HHとは両極の機種。


こちらは繊細さを求め、スイミング系のリグと相性が高い。


根の中よりも上に付く習性のハタ類には、


根の直上をスイミングさせると良い場合が多い。


深いエリアなどでヘビーリグを繊細に操作でき、


スイミングを意識した使い方に特化させている。


前作 RV78SP-H と同じアクションを引き継いでいるが、


ブランクをアンサンドになり、小口径ガイドを採用したことで


シャープさと感度が高めることが出来た。


繊細な操作とパワフルさを兼ね備えた


バーサタイルスピンに仕上げている。






RV91S-H (Exceed shot)


最後に行き着くのは、誰もが攻めたことないエリアを狙うこと。


飛距離を出すには細いラインとスピニングタックルが最も有効で、


遠くへアプローチ出来れば多くのアドバンテージを取れる。


エギングロッドのGC96MHをベースに、


リグの操作性とロックフィッシュ向けのパワーに改良した。


しかし遠投でのウィークポイントは、


ラインの角度が付き過ぎてしまい、根掛かりが多発しやすいことだ。


ソフトすぎるティップは根を交わし難いことから、


ティップには適度な張りを持たせ、遠投性能をあげるため


ブランクのしなりを活かしたレギュラーアクションに仕上げている。






各モデルともコアなモデルばかりだが、


全てはフィールドで叩き上げたシリーズであり、


ロックフィッシュ愛好者へ捧げる自信作となった。


2015年4月末頃リリース予定。ぜひお楽しみに。






















JUGEMテーマ:フィッシング






















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー