Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

春告魚 〜ヒトミ〜



富山の蔵野氏からレポートが届きました。


*******************








僕にとってメバルは春に会える恋人のようなもの。


まぁ、いつでも恋しいが(笑)


この時期の富山湾は季節の入れ替わり時期。


春に元気になる魚で賑やかになる。


クロダイ、シーバス、アジ、メバルなどなど。


そんな中でメバルはとりわけ深い思いのある魚。


僕はそのメバルの綺麗な瞳に魅了され、


敬意をこめて『ヒトミ』と呼んでいる。


クリクリのお目目に癒されたくてウェーディングしてきた。






水温と潮の流れを感じながらのウェーディング。


キャストしたルアーの先から感じる潮の流れも大切だが、


身体の五感や体感するもの全てを使って


海の中を頭の中でイメージしていく。


幸先よく25センチクラスがバイトしてくる。


このエリアは、


回遊性の強いブルーバックが出るのも大きな魅力。


バイトの仕方も荒っぽいが、


掛けてからのファイトも


ブルーバックはメバルらしからぬ姿を見せてくれる。


シンペン、ミノー、シャッドともに、ルアーを引ったくっていく。












ルナキアシリーズの中でも


メバルのような横の釣りに威力を発揮するのがマグナムだ。


今回はプラッキングと


ウェーディングということを考慮して


Lunakia-Magnam LKM78M (以下78) をチョイス。


78は開発当初からのマグナムのコアとなったモデル。


全国各地で多様化するメバリングに向けたアンサーロッドだ。


特にゲームの過熱化によりポイントが遠くなるような状況において、


キャストシーンにおけるアキュラシー性能と


ロングディスタンスでのバイトを感じる繊細さ、


そして、魚を掛けてからの力ではなく、


柔良く剛を制す絶妙なパワーバランスを高次元で実現したのがこの78。


蔵野のお気に入りモデルのひとつ。


ブルーバックの強烈なランをしなやかにいなしてくれる。






午後9時半から入水し、


散々ヒトミに癒してもらい気づけば午前0時半。


ヒトミの顔色を伺うよりも


妻の顔色を伺わなければいけない。


仕方なく岸に上がることにした。


仕事の合間を縫っての夜な夜な徘徊。


しばらく続きそうだ。






さて、北陸フイッシングショー2015が4月12日に行われます。


新製品、現行モデルの開発秘話も含め、


様々なお話ができると思います。


皆様のご来場をお待ちしております。






TackleData

Rod : Lunakia-Magnam LKM78M

Reel : LUVIAS #2506

Line : PE0.4

Leader : 8lb

Angler : M.Kurano
























JUGEMテーマ:フィッシング






















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー