Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

久しぶりのBIWAMASU

 5月の連休が過ぎ、ひと段落したころ、

F氏からビワマス・トロールのお誘いを受ける。







早速、琵琶湖へ出かけてみる 









ここのところ、サイズは出ないが、
20本程度、釣れているとの事だ。






前回は、
昨年の夏の終わり頃に訪れて以来、
半年ぶりの北湖だ。










いつもお世話になっているマリーナ、
『ファイブ・オーシャン』さんより、
朝4:30ごろ出船。









風は無いが、少し寒い。
気温計は13℃。
薄着しすぎたか…。







日中は24℃まで気温が上がるので
それまで、我慢。











先日の雨で、やや濁りが入っているようだ。








F氏の長年の経験から、
ファーストポイントより流し始めた。










…アタラナイ…









長い距離を流しながら、
やや浅いエリアまで移動。










1時間半ほど流しただろうか、
濁りが少なくなってきた。
次第とアタリが出るようになる。
















今回も使用したのは
Laguna ラグナ

もちろんダウンリガー専用の LN762L だ。



ラグナ






ここで、ダウンリガーのお問い合わせが多いので、
タックルの紹介です。
(ご存知の方は、飛ばしてください)








F氏から色々とご教授頂きました。








写真の通り、専用の機材にセットし、
シンカーによって、任意の水深まで棚を合わせる。











シンカーからクリップが出ており、
これでリーダーを挟む。
魚が掛かれば、クリップから外れるのです。












リグを順番にすると、


  メーンライン : PE2号

    ↓

  リーダー : フロロ 4号
 
    ↓

  ドジャー (集魚板)
 
    ↓

  リーダー : フロロ 3号
 
    ↓

  ルアー : スプーンなど





リールは、特別なモノでなくて良い。
PE2号を200m巻ければ良いでしょう。










このタックルの好きなところは、
シンプルなタックルなので、
魚とのダイレクトなファイトが楽しめるのだ。










60cmクラスともなると、
なかなかのファイトを見せてくれる。









さて、釣りに戻ります。










お昼頃になりました。

お弁当の蓋を明けてから…でした。
アタリが止まらなくなってきたのです。











1本を上げたら、次の魚を取り込む状況。
休む間もなく、次から次へと掛かる。












一端、仕掛けを全て上げ、お昼休憩。
このままでは、食事も出来ません…。
(贅沢なことですね…)












食事後、1時間ほど流して、早上がり。
充分なお土産が釣れました。











いつも船に乗せて頂き、Fさんアリガトウございます。
また、お願いします〜。


  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー