Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

テストは上々。









テストしたいロッドが有ったので急遽船の予約を入れた。


お世話になったのは、敦賀のブルーズさん。






見た目はゴッツイが、初心者に優しい猪坂船長。







大型のシーバスが好調の様で、青物も混じっている様だった。


とりあえずジギングと、キャスティングモデルのプロトを用意。


今回は既存アイテムとの比較テストが目的だ。


それぞれがコンセプトロッドではあるが、


なかなか面白いロッドとなってきている。


実戦で鍛えて行くからこそ、


信頼度が高まっていくと思っている。


何にせよ机上では竿は出来ない。






さて、当日は好天となった。


風も優しく、ウネリも無い。


大概こんな日は釣りは難しい日が多く、


予想通り大変釣りが難しい日になった。






初めはシーバスのポイントへ。


何カ所か周ったものの、全くの無反応。


船中誰一人バイトを得られない。


根が荒いポイントへ移動。


ここでは根魚の他に、青物など色々な魚種が狙えるらしい。


スロー系のタックルで丁寧に探ると、


ポツポツとバイトが出始める。







全体としてキジハタが多いが、


他の方はレンコダイ等も釣れている。


ジグの大きさと自分の体長と同じ位のアジも釣れた。








スロー系ジギングは万能ではないが、


使い方次第で色々釣れるので面白い。


アタリが遠のいたので大きく移動。


遠くで鳥山が立っている。


かなり大きな規模でナブラが発生していた。







キャスティングのロッドに変え探ってみる。


どうやらシラス系のナブラの様で、


かなり小さいベイトを捕食している様子。


手を変え品を変え誘いを掛けたが、全くの無反応。


しばらくナブラを追いかけていたが、


同船者の方が1本イナダ級を釣っただけで終了。






なかなか手を焼いた日ではあったが、


色々考えながら釣りを展開できたので


テスト釣行として充実した日となった。


爆釣ばかりだとタックルは進化しない。


難しい状況でこそ良い道具は生まれるわけだ。


色々な場所でテストして行こうと思う。


さて、次はドコ行こうかな。






Tackle Data

Slow Jigging Type

Rod : HORIZON-SL HSL66B-ML

       HORIZON-SL HSL66B-M

       Prototype( 2 tackle )

Reel : RYOUGA 2025

        OCEA-CALCUTTA 300HG

        SALTIGA 10H

Jig : 100〜200g


Casting Type

Rod : Prototype( 3 tackle )

Reel : SALTIGA 3500

Lure : Pencil bait


Angler : Staff Funaki & Staff M

























JUGEMテーマ:フィッシング






















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー