Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

バフッ!の時期 Snake Head Game Rod 『MIZUCHI』



あの捕食音の時期がやってきた。


草いきれの中、気配を消し、


そっと彼らの呼吸音のする場所を探す。


敏感な彼らは少しの物音でも逃げてしまう。


キャストから誘いまで繊細な操作が必要だ。


そして、それまで静かだった水面が爆発する。


独特の捕食音と共に激しいファイトが始まる。


この静から動へのギャップが、


雷魚アングラーが虜になってしまう要因ではないだろうか。














さて、今回はスネークヘッド専用ロッドの紹介。


まだ水草が生えそろわないこの時期、


薄いカバー周りやクリークでのゲームが面白い。


湖沼や溜池などでは沖に広がる浮草や、


足元のベジテーションを狙うなど


遠近両方の攻略が必要になる。


そういった時にオススメなのが、


MIZUCHI MZ76MH RoundMaster』だ。


15g程の中・軽量フロッグを使い易く、


20g程にチューンしたサイズまで気持ち良く操作できる。


ガチガチのロッドでは無く、適度に曲がる様に仕上げ


曲がる事によりキャストが容易に出来るのが特徴だ。


以前販売していた GOLIATH(ゴリアテ) のモデルと比較すると、


同クラスのパワーを持った GO73MH よりも軽量に仕上げている。


富士社のリールシートTCS18を採用し、


ヘビーなロッドであってもライト感を持たせた。


狙いたい場所が決まっていない時や、


初めての場所であれば MZ76MH を持っていく事が多い。


とりあえずなら、このモデルがオススメと言える。









また、田園地帯を流れるクリークも面白い時期でもある。


灌漑用の用水路には餌となる小魚や小動物が多く、


適度なライトカバーがそろっている場合が多い。


ただし人が狙い易い場所も多く、


大概はスレて難しい場合が大半だ。


そんな場合、ライトなタックルで攻めたくなる。


バスロッドではパワー不足だが、


バスロッド並みの軽さであれば軽量のフロッグを使い易い。


そんな状況に合わせたのが『MZ73M CleekMaster』。


10g程の軽量フロッグでも扱い易く、


ショートディスタンスでテンポの良いゲームが可能だ。


流石にヘビーカバーや、超大型の雷魚には向かないが、


中型サイズの雷魚と遊ぶには面白いモデルとなっている。






話は変わるが、最近マナーの問題等で


釣りが出来なくなってしまった場所も多いと聞く。


野池や用水路などは灌漑用の施設となる場合が大半で、


農作業をされている方の傍らで遊ばせてもらっているに過ぎない。


私の地元では「何か釣れた?」などと話をしてくれる方が多いので、


上手くバランスが取れている。


地元の方に会ったら挨拶することで少しは違うかもしれない。


どうしてもポイントを目の前にしたら逸る気持ちは有ると思うが、


長く遊ばせてもらう事を考えたら、


まずは迷惑が掛からない事を先に考えるくらいのユトリも欲しい。


このユトリが釣果にも繋がるはず。


色々な釣りが面白い時期ではあるが、


どうしてもコノ時期になると行きたくなってしまうのが雷魚ゲーム。


息を凝らす探りと、強烈なファイト。


まだ未経験の方、このスリルを味わってみては如何だろうか。



Staff Funaki


















JUGEMテーマ:フィッシング
























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー