Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

雨男 ときどき 晴れ



いつもの様にであった








予報では・・・。








梅雨時期でもあるし、天気予報は当てにならない。

久しぶりに、晴れた日に出掛けることになった。








前日、スタッフHと作戦会議。








H 「 しばらく釣りに行けてなかったので、まず釣りたいです 」

F 「 それなら、前半は数釣りして、後半に大物を狙いますか?」

H 「 それなら、●●川ですね? 」

F 「 そうだ、●●川にしましょう。」











…と、いうことで。










一路、●●川へ。











天竜川の支流、上流部へ行ってみた。

先週の台風で一時は増水したようだが、

水量は、だいぶ落ち着いた様だ。















いつもの様に、サクっと準備して、パパッと入渓。

















今回は、イワナ狙い。

季節的にも、虫を模したルアーが釣れ始める頃なので、

フローティングタイプのプラグをメインとしてみた。

ロッドは、お気に入りの レイズ RZ53UL






















入渓間もなく、すぐにバイトが出始める。


水面まで飛び出るほどのバイト


サイズはどうであれ、トップウォーターの釣りは楽しい。



















スタッフHは、シンキングミノーで釣り上がっていく。

1つの渕で、1〜2匹づつ出てくる。

彼も、掛けてはバラシ。掛けてはキャッチしている。

かなり楽しんでいるようだ。











途中、あちこちに獣の足跡を多く見つけた。













釣り人の足跡も有ったが、だいぶ古い様で、

しばらく入っていなかったのだろう。














もう少し、上流まで行きたかったが、

途中から釣り客が入渓してきたらしく、

上流に人影があったので、このへんで退渓した。


















サイズこそ望めなかったが、

数が多く出たので充分堪能出来た。


















小腹が空いたので、いったん下界に戻る。













後半は、サイズ狙い



















天竜川本流、大型のアマゴを狙ってみる。












まぁ、結果は空振りでしたが・・・。

そんなに簡単には、釣れてくれませんね。















釣れる時もあれば、釣れない日もあるわけで、

これも『釣り』のうち。











虫系のルアーで楽しめた一日だった。

ちょっとした、課題も見えてきた日でもあった。

しばらくは、山岳渓流で虫の釣りを突き詰めてみようかな。









タックルデータ

●ロッド : レイズ RZ53UL

            RZ56L

●リール : 2000番台

●ライン : TENRYU MI207N 4lb

●ルアー : エルフィン グラスホッパー(タックルハウス社)

        クリックホッパー(レーベル社)

        試作フローティングミノー などなど

●アングラー : スタッフH・H

          スタッフY・F


























  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー