Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

ロッドの選び方(スパイク)

 

 

今回は、問い合わせの多い内容について説明していきたい。

 

 

 

 

キハダ向けのタックルについて

 


各地でキハダマグロを狙うアングラーが増え、

 


それに伴って、どれを選んでよいのか?と聞かれることが非常に多く、

 


特に多いのが10〜30kgクラスを狙う際のタックルについてだ。

 


使用するルアーの幅が広く、1タックルだけでは全てカバーするのは難しい。

 


最低でも2セットを用意していきたいところだ。

 


そこで、使用するルアー(ベイトサイズ)を基準にロッドを選んで頂きたい。

 

 

 

シンキングペンシル(30〜50g) & 誘い出し系ペンシル(40〜80g)


SK802TN-L(操作性 重視)

 

 SK862TN-L(飛距離 重視)

 

 

 

誘い出し系ペンシル(60〜100g)


SK832TN(サンマ、シイラ等ベイトが大きい場合に選択)

 

 

 

誘い出し系ペンシル(80〜120g)


SK812TN-H(大型のベイト、短時間勝負をしたい場合に選択)


 SK872TN-H(大型のベイト、短時間勝負、遠投重視)

 

 

 

大概は『ボイル撃ち』がメインで、雰囲気があると『誘い出し』でも探る事も多い。

 


いちいちルアーを結び変えていると時間もないので、2セットを持ち込むようにしている。

 


またライントラブル等も考えると、出来れば3セットあると安心だ。

 

 

 

 


ターゲット別タックルセッティングについて

 


下記には基本的なバランスについて記載してみたが、

 


遊漁船や地域のルールによってタックルや投げ方に制限がある。

 


必ず乗船する前に、船長に持ち込むタックルについて聞くことが重要だ。

 

 

 

シイラ、カツオ、イナダ等(5〜6kgクラス)


SK672BN-L

 

リール:D社3500-4000番 S社4000-6000番


ライン:PE1.5-2.5号(※)


ルアー:20−40g

 

 

 

シイラ、カツオ、ワラサ等(10kg以内)


SK722BNSK782BN


リール:D社3500-4000番 S社4000-6000番


ライン:PE1.5-2.5号(※)


ルアー:40−60g

 

 

 

ワラサ、ブリ、ヒラマサ等(10kg以内)浅場で比較的ドラグを強めに設定したい場合。


SK682YT-LSK772YT-LSK812YT-L


リール:D社3500-4500番 S社5000-8000番


ライン:PE2.0-4.0号(※)


ルアー:40−60g

 

 

 

 

ブリ・ヒラマサ等(20kg以内)浅場で比較的ドラグを強めに設定したい場合。


SK732YTSK802YT


リール:D社4000-5000番 S社8000-14000番


ライン:PE3.0-5.0号(※)


ルアー:60−80g

 

 

 

マグロ・ヒラマサ等(30kg以内)


SK802TN-LSK862TN-L


リール:D社5000-6000番 S社8000-14000番


ライン:PE3.0-5.0号(※)


ルアー:30−80g

 

 

 

マグロ等(30〜50kgクラス)


SK832TNSK812TN-HSK872TN-H


リール:D社5500-7000番 S社10000-20000番


ライン:PE4.0-6.0号(※)


ルアー:80−120g

 

 

 

 

マグロ・GT等(〜80kgクラス)


SK832TN-HH


リール:D社5500-7000番 S社10000-20000番


ライン:PE4.0-6.0号(※)


ルアー:80−150g

 

 

 

※ラインの太さは参考数値としています。


其々の機種にドラグ値を設けていますので、ロッドに合ったラインとドラグ設定を行ってください。

 

 

 

 

Staff Funaki

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー